猫森集会・プログラムD
日時:2017年9月23日(土ミリ日(日) 17:30〜 19:ひひリ日(日) 13:00〜 16:1540
場所:新宿・全労済ホール・スペースゼロ
観客数:両日共500人(ほぼ満席)



タイミングが肝心じゃ!
何日も前に告げれば、その当日まで、毎日繰り返し愚痴られる(´_`。)
当日に告げれば、ご飯の支度をしてたのにと怒られる(´_`。)
じゃからベストタイミングは前日の午前中なんじゃ・・・

そして、あれは忘れもしない9月16日(土)のことじゃった・・・

今日こそは妻に言わなければなんない・・・
「明日は出掛けるので、お昼ご飯と夕ご飯はいらない、帰りは随分遅くなる」
そう告げなければならないんだぁヽ(*`3´)ノ

心臓がバクバクする(´_`。)
酷いこと言われるだろう(;ω; )

案の定、そうだった(;>ω<)/

また逢いに行くのね(-`Д´-;)!
いい歳して、真子ちゃ〜〜〜んって恥ずかしくないの?!
正直、おもいっきりキショイわぁ〜〜〜
ほとんど変態よぉ!!

うっ・・・(;>ω<)/
耐えねばなんない、どんなに酷い事を言われても・・・(;>ω<)/
オラは30分、妻の愚痴に耐え続けた(;ω; )

それからだ・・・ふとニュースを見ると、明日は大型台風が近畿地方を直撃すると言っている
もしかして・・・飛行機も新幹線も止まってしまうかもしんない@o@;

どうしたもんじゃろ@o@;
真子ちゃんに逢えなくなってしまうのはもちろんじゃし、イベントレポートを書く事も出来ない@o@;
万が一、明日飛行機も新幹線も止まった場合に備え、シュウ君にレポートをお願いしよう!!
シュウ君は本日、土曜日の猫森集会に参加する筈なんだ!

オラは速攻! シュウ君にLINEを入れたヽ(*`3´)ノ

「あの〜〜〜 台風で明日は参加出来るかどうか解らないので、本日開催される猫森のイベントレポートお願いしても宜しいですか?」

オラは丁寧な内容のLINEを送った・・・

すぐに返信が入った・・・

「レポートを書くのは構いませんが・・・管理人さん、一週間、間違ってますよ!」

(;>ω<)/ >┼○ バタッ

シュウ君の言う通り、オラは1週間繰り上げて勘違いしていたぁ!
猫森集会は9月23日(土)・24日(日)の二日間だった(;>ω<)/
オラは危うく東京まで出掛けてしまうところじゃった(;>ω<)/

オラの勘違いを正してくれたシュウ君に感謝しなきゃなんないが・・・
問題が生じている・・・

オラは妻に、明日出掛けると言ってしまっている@o@;
もちろん、一週間、勘違いしていたと理由を述べたのじゃが・・・
その一週間、愚痴を言われ続けて、オラはヘロヘロになってしもうたヾ(@~▽~@)ノ

そして、針のむしろの一週間をオラは耐え抜き、9月24日(日)の朝を迎えた!!

好天じゃ! 秋晴れじゃ!
いつものように徒歩で大阪空港に向かう・・・25分の道のりじゃが、途中、マンションの植え込みの中にゴソゴソと動くものが目にとまった・・・

(・_・;? なんじゃろ (・_・;?

手のひらに乗りそうなぐらい小さな仔猫じゃった!
よく見るとその後ろに、あと二匹いる!

おいで!おいで! と手招きすると、植え込みから一匹出て来た・・・
頭や背中をなでてやると、コロンと裏返った・・・
今度はお腹を優しくなでてやった・・・
すると残りの二匹も植え込みから出て来て、オラの足元で裏返った!
三匹のお腹を交互になでてやった・・・
一匹がおらの足の周りをグルグルと周り始めた・・・
オラのジーンズに顔を擦り寄せながらグルグルと周る・・・
残りの二匹も周り出す・・・
オラがしゃがみこむと、一匹が膝に這い上がって来た・・・
残りの二匹も真似て、オラの膝に登ってくる・・・

なんて可愛いんただろう(^O^)v

いつの間にか仔猫と遊んでいて、随分時間が経っていた・・・
腕時計を見ると・・・@o@; 飛行機の出発時刻が迫っている・・・@o@;

オラは仔猫を膝から降ろし、空港に向かって早足で急いだ・・・┌(;・_・)┘トコトコ
早足では間に合いそうになさそうだった・・・小走りで向かった・・・┌(;・_・)┘トコトコ

走りながら考えた・・・猫森集会に向かう途中、自宅を出たばっかりで三匹の仔猫に遭遇した・・・
なにか・・・ 因縁めいている

仔猫、可愛かったな〜〜〜
ショルダーバッグに詰め込んで、東京まで持って行って・・・
真子ちゃんの楽屋にお届けしたら、喜んでくれたかな(・_・;?

そんなことを考えているうちに、ボーイング777は羽田に着陸した

京急の快速特急に乗ると、僅か15分で品川駅だ!
品川からは山手線で新宿に向かえばイイ(^O^)

頃合いよく、山手線のホームに電車が停車していた・・・
もちろん乗り込む・・・
1分、2分、3分・・・ 電車は扉を閉めず、動きもしない・・・

車内アナウンスが流れた

「東京駅で人身事故のため、山手線全線で当分の間、運転を見合わせます」

ヾ(@~▽~@)ノ どげんして新宿まで行けばいいんじゃヾ(@~▽~@)ノ

こういう時、田舎者のオラは、うろたえる(;ω; )

地下鉄かなんかを乗り継げば、新宿まで行けるだろう・・・
じゃが、何度も乗換するのが面倒だ・・・

@o@; もしや、路線バスがあるかも!

高輪口のバス停に行くと・・・新宿駅西口行きのバスがあったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
終点が新宿駅西口なので、間違いなくそのバスでOKだぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そして、その都営バスでに乗車した・・・

お客が多くて、すし詰めだった・・・ 両足を床につけることが出来ない・・・
オラが片足立ちのまま、バスは発進した・・・

オラは片足立ちのまま、仔猫のことを考えた・・・
もし、仔猫をショルダーバッグに詰め込んでいたら、このすし詰めの車内で、間違いなく三匹とも圧迫死していただろう・・・
仔猫をさらって来なくて良かったと思った・・・

さて、20分ぐらいで新宿に到着するかな(・_・;?
20分が片足立ちの限界だ(´_`。)

1時間10分かかった(;>ω<)/

急いでヨドバシカメラに向かう・・・
なぜなら、角刈り君達と午後3時に、そこで待ち合わせしていたからだ・・・

腕時計を見ると3時50分・・・
1時間近くも遅れてしまい、もう彼等はいないだろうと思ったが、角刈り君、シュウ君、それに常連さん達がオラを待っていてくれた(涙)

遅れてゴメンネm(_ _)m
皆に詫び、急ぎ足で居酒屋の門を叩いたヽ(*`3´)ノ

命の水を、したたかに補給したのは言うまでもないが・・・
角刈り君達に、いろいろと昨日の模様を教えてもらった・・・

どうやら昨日の猫森の観客比率は・・・9対1だったそうだ(´_`。)
皆は真子ファンが9だと思うだろうが・・・
9は谷山浩子さんのファンじゃヾ(@~▽~@)ノ

当然、真子ファンは1割ってことだぁ(´_`。)

それに至極、お行儀の良いライブだったらしい・・・
観客は皆、静かに曲を聴いていたそうだ・・・

そして、真子さんが謡われた曲目、トークの内容・・・
それら、もろもろの事を詳しく仲間達から聞いた・・・

ほう〜〜〜 それなりに参考になった・・・
オラが調べたところによると、もう何十年も続いている「猫森集会」は、そもそも谷山浩子さんのファンクラブの集いの名称だったらしい・・・
しかし、もっと一般の人達にも谷山浩子の素晴らしさを知ってもらおう!
そういうことで、ファンクラブに入っていない人達に間口を広げたらしく、現在はファンクラブのイベントは「猫森集会 Limited」と名付けて開催しているそうだ・・・

そういう訳で「猫森集会」には歴史がある!!
初回からずぅぅぅぅっっっっと通い詰めている、熱心なファンもおられる・・・
そして、そういうコアなファンが谷山浩子さんと共に築き上げて来た大切なイベントなんだ!
ということを・・・ちょびっとだけ、予備知識としてオラは持っている・・・

郷に入っては郷に従え・・・
そもそも・・・観客は9対1だぁ(´_`。)
間違っても谷山浩子さん達が築き上げてこられた、猫森集会の場を汚しちゃなんねぇ!!

さて、そろそろ開演時刻が始まっている!
全労済ホールスペース・ゼロに急ぎ足で向かった┌(;・_・)┘トコトコ

既に午後5時から入場が始まっているので、入場を待つ観客の列は無かった・・・
チケットのモギリを終え、入場すると、そこは近代的なコンサート会場のロビーという雰囲気だった・・・
真新しい市民会館のロビーと変わりない・・・

しかし、スペースゼロという名称に興味が湧く!!

ちょびっと調べると、全労済♪が設立30周年の記念し事業としてコンサートホールを建設することになり・・・
そのコンサートホールを運営をする、全労済♪の100%子会社が「株式会社スペースゼロ」なんだそうだ・・・

ロビーを抜け会場に足を踏み入れると、普段目にしない光景が広がっていた・・・
センターステージだ! 以前にもこういう形式のステージで真子さんが謡われたことがある!
2015年3月にアベノハルカスの袂(たもと)の近鉄アート館で開催された、後藤ひろひと氏の「Drunken Songbook 禁酒法時代」がそうだった・・・

正確にはそれは「オープンステージ形式という分類の中の、アリーナステージ形式」というらしい
ステージが真ん中にあり、それを取り囲む様に四方に客席が配置されている!

この場合、客席が4つのブロックに分断されるので、後列であってもステージまでの距離が短くなるのが利点だ!
比較的小さな劇場で行われるコンサートであっても、チケットを買ったら後列で歌い手の顔が見えなかった(´_`。)
そういうことが解消される!!
それに最前列のチケットを手に入れる確率も4倍になるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

但し難点もある! 登壇者は常に四方に気くばせしなきゃならないし・・・
ステージの袖というものが存在しないので、舞台セットを袖に準備しておくことが出来ない、袖に隠れてなんやかんやしている筈の演出家の居場所もない・・・

他方・・・オラ達が知っている通常の劇場形式は「プロセニアム・ステージ」というらしい
緞帳(だんちょう)と呼ばれる大きな幕を降ろせば、ステージのセットを変更出来るし、出演者が袖から自由に出入り出来る・・・

そういうものだが・・・ この猫森集会が始まり、しばらくしてオラは気付いたことがある・・・
音響が濁る!! 通常のプロセニアム・ステージではステージの左右にスピーカーが配されているが、本日のアリーナステージ形式では、ステージ四隅の真上の天井から、スピーカーが4つ吊るされている・・・
だから4方向から音が出るのだが・・・どうやらそれが、ぶつかりあって、音響に透明感がない(;ω; )
Youtubeで幾度も聴かせて頂いた谷山浩子さんの歌声も、耳慣れた真子さんの歌声も・・・
抜けが悪いというか、やっぱり濁る(;ω; )

ミキサーかなんかで調整すれば、なんちゃーなるのかもしんないが、オラはそれがとても残念に思えた・・・

そして、改めてよく観察すると・・・天井が無数の照明で埋め尽くされている!
まるで宇宙船みたいな光景だ!!
端から数えよう! 100まで数えて、面倒になって辞めてしまったが、おそらく500ケ以上のスポットライトが天井を埋め尽くしていた! たぶんリモコンでその照明を操作できるんだろうが、この照明を設備するだけで数千万とか1億とかかかりそうな雰囲気だぁ@o@;

ステージの説明をしよう・・・

真四角のステージがある、もちろんホールのど真ん中にだ!
一辺は10メートル或いは12メートル、その程度の正方形をしている
そしてステージのセンターから、やや端にヤマハのグランドピアノ、その対面の端にシンセサイザー、ほぼ中央に椅子・・・

もちろん黒光りしているグランドピアノは谷山浩子さんが自ら演奏され、シンセサイザーは石井AQさんという男性のアーティストさんが操られ・・・
椅子にちょこんと座られるのが真子さんの筈なんだが・・・
じつはまだ、オラ達真子隊の4名は会場を彷徨って(さまよって)いた(;ω; )

何故なら指定席なのだが、オラと角刈り君とコンパ君は3連番だが、シュウ君だけ席が遠く離れている・・・
狼でコールする手筈になっているのに、席が離れているのは都合が悪い・・・

なので後ろの方の客席の方に、席を変わっていただけませんかm(_ _)m
そうお願いしてまわっているのだが・・・ことごとく断られた(;>ω<)/

どうすっぺぇ、仕方ないから離ればなれでコールしようか(´_`。)

そう諦めかけていたが、最後列が1列、まるっぽ空席のままだった!

もしかして、ここは誰も来ないのかな〜(・_・;?
勝手に座ってもいいのかなぁ〜(・_・;?
係員さんに断ってからにしたほうがいいのかなぁ〜(・_・;?
たぶんチケットに記載されている座席に座れと言われるやろな〜(;ω; )
やっぱり勝手に座ってしまおうかなぁ〜(・_・;?

真子隊4名、最後列に無許可で着席(^O^)v

やっと居場所を確保出来たオラ達だが、会場ではピアノのしらべが奏でられている・・・
谷山さんの曲なのかな(・_・;? それともクラシックかなんかの有名な曲なのかな(・_・;?
もちろん・・・解らない(´_`。)

17:30きっかり・・・照明が徐々に落とされ、アリーナステージは漆黒の闇に閉ざされた・・・
いよいよ「猫森集会2017 プログラムD あの日のきみがここにいる」大千秋楽が始まるヽ(*`3´)ノ

客席から拍手が沸き起こった・・・

しかしステージには誰もいない(・_・;?

視線をずらすと会場の四方にある入り口のひとつに緩くスポットライトが当たっており、そこに女性のシルエットが浮かんでいた・・・

谷山浩子さんの登場だ!!

さて・・・主役が現れた訳だが、いま幕が開いた「猫森集会」の、その意味がよく解らない・・・
もともとファンクラブのイベントだったという事は前述しているが、なぜ「猫森集会」と呼ぶのかが理解出来ない(´_`。) 猫森ってなんなんじゃヽ(*`3´)ノ

その訳を探ろうとネットで検索すると「猫森集会」というタイトルの単行本が40年ほど前に発売されていることが解った・・・ もちろん作者は谷山浩子さんだ! 1カ月程前、それを手に入れた・・・

乙女チックな可愛い表紙のハードカバーの本だった・・・

谷山浩子さんの分身「ネムコ」が空想の世界を旅する・・・
そう説明すると、さもロマンティックな内容だろうと皆は思うだろうが・・・
全く違うヽ(*`3´)ノ 発想が奇抜過ぎてついて行けない(;>ω<)/
たぶん・・・岡本太郎さんぐらいしか、この本を評価出来ないだろう!!

結局、その本を読み終えたが、猫森集会という言葉の意味は解らずじまいだった・・・

ただオラは、主人公のネムコのことが少しだけ気に入った(^O^)
変な少女だが、愛嬌があってイイ!!  そう感じた(^O^)

なので・・・以後、このレポートでは谷山浩子さんのことを「ネムコ」とお呼びしようと思う!!

観客の拍手に包まれたネムコさんがステージに登られる・・・
清楚なモノトーンの花柄のワンピース姿だが・・・サイズは13号だろう@o@;

ネムコさんはピアノの傍らに進まれ、着席されると、ピアノを奏でられ始めた・・・

♪1曲目・・・きれいな石の恋人

ノスタルジックな曲をネムコさんはピアノを奏でながら歌唱される・・・

曲が終わるとMCを為さった・・・

「ようこそおいで下さいました・・・今年は4つのプログラムですが、本日はDプログラムの2回目、千秋楽です! はじめてお越しの方もある筈ですが、お家と同じ様に身体の力を抜いて、デレーとして聴いて下さい・・・ゲストは真子さんですが、それはもう少し後です・・・」

ネムコさんは解りやすい言葉で、ゆっくりとMC為さった・・・

学校の先生みたいだな(^O^) オラはそう感じた・・・
小学校の先生が、ゆっくり噛み砕いて生徒達に話す様な、そんな喋り方だった・・・

MCが終わると再び弾き語りが始まる・・・

♪意味なしアリス
♪城あとの乙女
♪のらねこ

どれもこれもオラは初めて聴く曲ばっかりだ(´_`。)
単行本の猫森集会を読む時間があったら、Youtubeで予習しとけば良かったと後悔した(´_`。)

3曲続けて演奏して下さると、客席から割れんばかりの拍手がネムコさんに浴びせられた!!

ネムコさんは立ち上がり四方の観客、それぞれに向かい深々とお辞儀される・・・

4度のお辞儀が終わるとMCを為さる・・・

「3曲続けて聴いていただきましたが・・・♪意味なしアリス、♪城あとの乙女、♪のらねこ、それぞれの頭で・・・い・し・の・・・ですね!」

@o@; 曲のタイトルの頭文字で「い・し・の」と続けたんだぁヾ(@~▽~@)ノ
凄いことするなぁ〜〜〜ヾ(@~▽~@)ノ
お茶目といえばそうだし・・・ ふざけているとも言える(;>ω<)/
だが、そこが・・・ネムコさんなんだぁ(^O^)v
因に・・・単行本によると、ネムコの妹は「キムコ」っていうんだぞ(;>ω<)/
それはイイ・・・ MCが続く・・・

「ねぇ! 石野真子と石巻って似てない? 石巻の皆さん、こんにちは! 石野真子です!って盛り上がらないかしら?! 私は盛り上がると思うんだけどなぁ!」

「ところで昨夜、ファンの方のTwitterをチェックしていたら、まもる君という曲を私が謡い出したら・・・真子さんのファンらしき方が・・・エッ@o@; って絶句してたって書いてあって・・・」

絶句する曲って・・・(;>ω<)/
オラは「まもるくん」という曲に、とてつもなく興味が湧いたぁヽ(*`3´)ノ
大場久美子さんのスプリングサンバを聴いたとき以上の衝撃を感じるのだろうかヽ(*`3´)ノ
ちょびっとそれは意味が違うな(´_`。)
とにかく「まもるくん」を聴きたいヽ(*`3´)ノ

ネムコさんが「まもるくん」の演奏を始め、謡い出された・・・

新宿の地下道の 壁から出てくる まもるくん〜〜〜
壁からはえてる ななめにはえて笑ってる〜〜〜
ヒザのところに顔がある くるくる回る顔がある〜〜〜

@o@; 著作権の都合で最後まで歌詞をお伝え出来ないのが残念じゃが・・・

警官の制服の肩から出てくる まもるくん〜〜〜 とか
建売住宅の屋根から出てくる まもるくん〜〜〜 家族は気絶〜〜〜 とか

まったく意味が解らんヾ(@~▽~@)ノ バカげちょる >┼○ バタッ
人前で謡う曲なんじゃろうか(;>ω<)/
ネムコさんの脳みそは、どうなってるんじゃろか((“o(>ω<)o”))

オラは隣に着席しているシュウ君を覗き込んだ・・・
彼の顔には生気(せいき)がなかった・・・
その隣のコンパ君の表情までは暗くて確認出来なかったが・・・
そのまた隣の角刈り君は・・・グッスリご就寝中だった@o@;
奇曲を耳にしなかった角刈り君は幸せ者だと思った・・・m(_ _)m

ラップだったら、あるいはそういう歌詞もありかも知れない・・・
バカげた曲で気を惹くのもありかも知れない・・・
じゃが!! 繊細なピアノの弾き語りで「まもるくん」は酷い(;>ω<)/

ネムコさんは真剣に鍵盤を叩きながら、淡々と謡っているし・・・
加えて観客もクスッと笑うことなく、ただただ静かに「まもるくん」を聴いている(;>ω<)/

異様な光景だった・・・@o@;

そして、それは「まもるくん」が終わっても引き継がれてしまう・・・

続いてネムコさんが演奏をはじめたのは「恋するニワトリ」という曲だった・・・@o@;

タイトルからして変じゃ((“o(>ω<)o”))

恋するカナリアとか・・・ 恋するウサギとか・・・
女性だったら可愛いタイトルをつけるだろう!

なんでニワトリなんや(;>ω<)/

もちろん歌詞も凄い・・・

はれたあさの ニワトリは
げんきがないの ごめんなさい
トサカ サカサカ さかだちしても
かなわぬおかたに 恋をした

ココ コココ ココ ココ コココ

あの人 りっぱな かざみどり
わたしは 小さなニワトリよ

ピアノで演奏する曲じゃなかろうヾ(@~▽~@)ノ

バカげているにも程がある!!

「恋するニワトリ」の演奏が終わると、会場は大きな拍手に包まれた・・・

ヾ(@~▽~@)ノ 拍手するかぁ〜〜〜 ヾ(@~▽~@)ノ

「まもるくん」と「恋するニワトリ」を聴いて・・・感動するかぁ〜〜〜ヾ(@~▽~@)ノ

理解できん!! ネムコとネムコのファン達の心理が理解できんヾ(@~▽~@)ノ

ネムコさんは立ち上がり、四方に向かい深々とお辞儀する・・・

再び客席から万雷の拍手がネムコさんに浴びせられる・・・

ヾ(@~▽~@)ノ だから違うやろ〜〜〜 ヾ(@~▽~@)ノ

盛大な拍手が鳴り止むのを待ち、ネムコさんがMCを為さる・・・

お待たせしました・・・ 本日のゲスト、石野真子さんです!!

スポットライトが入場口を照らすと、見慣れた女性のシルエットが浮かび上がった!!

真っ黒なワンピース! 左の胸元にキラキラと輝くクリスタルの大きなブローチ!
微笑みをたたえながら、ゆっくりとステージに向かい歩まれる真子さんヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さんが低いステージに、ヨッコラショと登られると、再びネムコさんがお話をはじめられた・・・

ファーストアルバムで私の曲を3曲、真子さんにご提供してますが・・・
その時は直接、お逢いしていないんですよね・・・
それからレコーディングの時に一度(Cafe Memories?)
それから渋谷で偶然バッタリ(笑)
その2回しかお逢いしてなくて・・・

私はいつも真子さんのドラマを観ていて・・・
あのね! ドラマ観るの大好きなんです(^O^)
サスペンスドラマが大好きなんです(^O^)

崖に追いつめて・・・ 私の母が亡くなったのは、あなたのせいよ〜〜〜って
グサッ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

そういうの大好きなのよ(^O^)v

(真) そうですね・・・ 崖もありましたね・・・
いろんなところでロケしてましたね・・・

では、真子ちゃんがアイドルだった頃の曲をお願いしましょうm(_ _)m

ネムコさんがピアノの準備を整えられると、耳慣れた狼の前奏が奏でられた!!

出番ですヽ(*`3´)ノ ネムコさんのけったいな曲に振り回され、意識レベルが低下していたオラ達じゃが・・・
狼の前奏でアドレナリンが3Lぐらい放出されたヽ(*`3´)ノ

心地よく居眠りしていた角刈り君も立ち上がった!!
オラも立ち上がる!!

最後列、真子隊4名起立ヽ(*`3´)ノ

場所柄をわきまえ、特攻服こそ纏っていないが・・・額に深緑色のハチマキ!! 右手には黄色のメガホンが握りしめられている!!

そして周囲のお客さん達には、予め真子さんが謡われる時に大声で応援しますが宜しいでしょうか?
そうお断りして、了解もとりつけている!!

遠慮は無用だし! 本日のコールは、この「狼」一曲のみと事前に取り決めされている!!

燃えなきゃなんないヽ(*`3´)ノ

ネムコさんにも、ネムコさんのファンの方々へも・・・いかに真子さんのデビュー曲「狼」が素晴らしいか!!
それを知って頂く為に、精魂を込めて応援しなきゃなんないヽ(*`3´)ノ

前奏に続き・・・ 真子さんが伸びやかな歌声を発せられた!!

あなたも狼にかわりますかぁ〜〜〜♪

ラブリー ラブリー ラブリー マコちゃ〜〜〜んヽ(*`3´)ノ

3分15秒 たった3分15秒だが、オラ達は懸命に真子さんと一体となるべく吠えた!!

あと半年すれば、この曲が世に出てから40年が経過する!
40年を経ても色あせない真子さんのデビュー曲「狼」
そして40年の歳月を真子さんと共に過ごして来た石野真子親衛隊!!

大切な・・・ 大切な「狼」を謡われる真子さんを精一杯応援したヽ(*`3´)ノ

狼がエンディングを迎えると、真子さんは深々とお辞儀される・・・

およそ500名の観客から激しい拍手が真子さんに長く贈り続けられた!!

ネムコさんがMCを為さる・・・

Twitterで・・・ 昨日、親衛隊のひとたちが反省会を開いていた・・・って書いてあって・・・
どうして反省なんてしてるのかな? と思ってたら・・・ 今、わかりました(^O^)v
私も私のファンも珍しいものを見せていただきましたm(_ _)m

どうやら昨日より今日の方が、オラ達のコールに迫力があったってことをネムコさんは仰っておられるようだった・・・

ネムコさんのMCが続く・・・

若い時から作詞・作曲家になるのが夢で・・・
阿久悠さんみたいになりたかったけど、真子さんの狼を聴くと、私には出来なかったなぁ(笑)

ネムコさんのMCが終わると、真子さんが再び謡われる雰囲気だ!!

ネムコさんが前奏を奏でられる・・・

本日の猫森集会8曲目は・・・アルバム「しあわせのレシピ」の8曲目に収録されている「Cafe Memories」
もちろん皆もご承知のように作詞・作曲はネムコさんだ(^O^)

見慣れた町 いつもの
角を曲がると ふいに
ゆらりと 眩暈(めまい) 景色がゆれた 

切なげな曲を、真子さんは両肩をゆっくりと振りながらは訥々(とつとつ)と謡って下さった・・・
そして、なぜか謡い終えると小さく舌をだされた!

もしかして、歌詞間違えたの(・_・;?
オラはそうは感じなかったが、もし真子さんが舌をちょっぴり出された理由をご存知の方があれば知らせて欲しいm(_ _)m

謡い終わられると、真子さんはクルッと方向転換為さった・・・

@o@; 今の今までオラの方に正面を向いて謡って下さっていたのに・・・
B面の真子さんになった・・・@o@;

後ろ姿の真子さん、こういう光景は滅多にお目にかかれないので、オラは双眼鏡でつぶさに観察を始めた( ̄ー ̄)ニヤ

てっぺんから行こう!
栗色の髪が肩より少し下まで、程よく伸びたロングヘアーヾ(@⌒ー⌒@)ノ
レイヤーカット為さっているので、軽々とふんわりしていてイイヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ブラックワンピースの幅の狭い華奢(きゃしゃ)な背中はセクシーさを感じるヾ(@⌒ー⌒@)ノ
そして、なにより立ち姿が綺麗ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さんがMCを為さる・・・

どうゆうように謡えばいいのかなぁ〜〜〜
いろいろ悩んでしまって・・・

どうしてそう仰ったか、オラのメモがグチャグチャで、読み取れないのだが、とにかくそう仰った・・・

続いて「私はオレンジ」の前奏が流れる・・・

真子さんはオラに後ろ姿を見せたままオレンジ、そして「イカルスの子守唄」を謡われた・・・

うっ・・・(;>ω<)/ 真子さんのB面しか見えん(;>ω<)/
真子スマイルが・・・見えない(;ω; )

これは一大事だぁ! アリーナステージ(センターステージ)には、こんな欠点があったとは(;ω; )

不運としか言いようがないが、観客の1/4はそういう不運に陥ってしまう(;ω; )

しかたなかっぺぇ・・・ オラは真子さんのオレンジとイカルスを聴きながら、観察を始めた・・・

ホールの天井の真ん中に設置されたミラーボールに反射した光が天井や壁一面に星を作っていた・・・
そして、ミラーボールが回転を始めると、星もグルグルと回り、流れ星になった!!
まるで銀河の中で真子さんが謡い、ネムコさんが演奏されているようだった(^O^)

イカルスがエンディングを迎えると、会場から盛大な拍手が真子さんとネムコさん、それにシンセサイザーを操っている石井AQさんに贈られた・・・

ネムコさんが口を開かれた・・・

(ネ) そもそも真子さんはスター誕生がきっかけですね!

(真) ハイ! どうしてもテレビの中に入りたかったの!

(ネ) スタ誕では、どなたの曲を謡われたの?

(真) えっと・・・ えっと・・・(・_・;?

真子さんのピンチだぁ! お救いせねばなんねぇ!!

ダニエルビダル〜〜〜ヽ(*`3´)ノ オラは叫んだぁ!!

2週前の秋田に続き、1カ月で2度、真子さんを救出できて少し嬉しい(^O^)v

(真) そっそっそっ・・・ダニエルビダル(^O^)
ダニエルビダルさんの「天使のらくがき」を謡わせていただいたんです!

(ネ) 私もダニエルビダルさんが大好きで、レコードも持っていましたよ!
でも、真子ちゃんがそれを謡ったのは戦略ですね!!

(真) ハイ! ちょっとでも目立つ様にしたかったので・・・戦略です(^O^)

(ネ) スタ誕のオーディションでは音源とかどう為さっていたの?

(真) 横森良造さんが、即興で演奏して下さるんです!

(ネ) 楽譜もないのに弾いて下さるって凄いですね!

因に・・・予備知識だが、日本を代表するアコーディオン奏者の横森良造氏のお誕生日は、真子さんのデビー記念日と同じ3月25日だ・・・これもなにかのご縁だと思う

(ネ) 真子ちゃんはスタ誕で凄い点数で合格されたんでしょ?

(真) そんなことないんですよ・・・ 全日本歌謡選手権っていうのに出たときは散々で(;ω; )
あなたは歌手にむいていないって言われて(;>ω<)/ でもスタ誕で拾って頂いて(笑)

ネムコさんと真子さんの長いMCが終わると、ネムコさんが演奏の準備を始められた・・・

懐かしいイントロのメロディーを、ネムコさんが力強く演奏される

馬鹿みたい あたしって 馬鹿みたい〜〜〜♪
この店でもう四時間も
あ〜〜〜 待ちぼうけぇ〜〜〜♪

当時と同じ様に、投げ捨てる様に謡われる真子さんの後ろ姿を拝見していると、記憶がおぼろげながら蘇る(よみがえる)・・・

発売日の前日、39年前の昭和53年7月24日(月)の午後だった・・・
商店街のレコード屋に予約していた真子さんのファーストアルバム「微笑」を引き取りに行った・・・

まず!!! ジャケットの可愛さに感動したぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ
予約特典のポスターにも激しく感動したぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

感動の対価として、伊藤博文さん2枚、岩倉具視さん1枚をレコードやのおばちゃんに手渡した・・・それはオラの全財産だった(;ω; )

自宅に戻り、レコードプレーヤーにLPを乗せ、そっと針を落とす・・・
感動の40数分だったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

全財産をはたき出して遊びにも行けないから、夏休みの期間中、朝から晩まで・・・数えきれない程「微笑」を繰り返し聴いた・・・

その中で、奇抜な曲だと感じたのが「待ちぼうけ」だった・・・
他の収録曲と明らかに毛色が違う・・・リズムもそうだし歌詞もそうだ・・・

歌詞カードをながめると・・・作詞・作曲・谷山浩子と記してあった

おなじアルバムに収録されている「イカルスの子守唄」も、「私はオレンジ」も同様に谷山浩子さんのお名前が記されていた・・・

谷山浩子(・_・;? 阿久悠さんや森田公一さんと同じ様に有名な先生なんじゃろか(・_・;?
12曲入りのアルバムの中に3曲も、真子さんに楽曲を提供してるんだから、偉い先生なんじゃろなぁ〜〜〜(^O^)

ずっ〜〜〜と、そう思い続けていたが、とりとめて谷山浩子さんという偉い先生に興味を抱くことはなかった・・・
真子さんに楽曲を提供して下さっているが・・・阿久悠さんや森田公一さんに興味が湧いたりしないのと同様だ・・・

だが10年ほど前のことだった・・・
新しく親衛隊に入隊した仲間がギターが趣味で、谷山浩子さんのライブに学生時代通ったことがあったと話をしてくれた・・・

へぇ〜〜〜 谷山浩子さんって、作詞や作曲の偉い先生だと思っていたのに、シンガーソングライターだと初めて知った・・・

それから5年ほど経過してから、親衛隊の仲間達が騒ぎ出した・・・
新しく発売された真子さんのアルバム「しあわせのレシピ」に谷山浩子さんの楽曲が収録されている!!

なるほど〜〜〜 確かに歌詞カードに「Cafe Memories」作詞・作曲・谷山浩子と記載されている・・・

聴いてみた・・・ ノスタルジーな曲だった・・・
タイトルがCafe Memoriesなので、もちろんカフェでの彼氏との想い出を詠った曲だが、歌詞の中では「目の前に懐かしい扉 あなたとよく通った喫茶店」とある・・・

「待ちぼうけ」も喫茶店っていう設定だったなぁ〜〜〜@o@;
もしかすると・・・待ちぼうけしていた彼と、なんかの弾みでうまくいって!!
しばらくお付き合いしてたんじゃろか(・_・;?
でも結局、うまくいかなくて別れてしまって・・・
それがCafe Memoriesという曲なんじゃろか(・_・;?
「待ちぼうけ」と「Cafe Memories」は繋がっているんじゃろか(・_・;?

どうでもいい事なのかも知れないが、そんなことを、あれこれ詮索した・・・

さて、真子さんが「待ちぼうけ」を謡い終えられるとネムコさんが口を開かれた・・・

(ネ) 一日中喫茶店って・・・女って重いよねぇ(´_`。)

(真) うんうん・・・重い(笑)

(ネ) 喫茶店にしたら迷惑だよね(笑)

突如! 客席から男性が立ち上がった・・・@o@;
男性の両手には大切そうにアルバム「微笑」が握られている!!
その「微笑」を真っすぐにステージに見せるよう、かざしながら喋りはじめた!!

(男) 待ちぼうけの入っているCDを我々は購入出来ない状況なんですヽ(*`3´)ノ

よく通る、大きな声で男性はそう述べた・・・@o@;

(ネ) あっ、そうなんだ・・・ 真子ちゃんそうなの??

(真) (・_・;?

(ネ) ねぇ、真子ちゃんそうなの??

(真) (・_・;?

(ネ) レコード会社、どこでしたっけ?

(真) (・_・;?

(ネ) ビクターだったっけ??

(真) うん(^O^)

(ネ) そっかぁ〜〜〜 じゃ、なんとかして貰わなきゃねぇ!
それで「待ちぼうけ」が新たにCDになると・・・私にも印税のお小遣いが・・・( ̄ー ̄)ニヤ

したたかなネムコさんであった・・・(笑)

先に「狼」も謡われているし、ネムコさんが真子さんに提供為さった作品4曲、それが全て終わってしまった・・・
ゲストで猫森集会に招かれた真子さん・・・
今日は合わせて5曲・・・ オラは十分に納得した
後の1時間ほどはネムコさんが謡われるのだろう・・・

と・思っていたが・・・MCが終わると、真子さんは再び譜面台の置かれた椅子に着席為さった・・・@o@;

谷山さんがグランドピアノの鍵盤を優しく弾かれる・・・
初めて聴くメロディーだ、もちろん真子さんの曲じゃない、ネムコさんの「OYASUMI」という曲らしい・・・

真子さんが譜面をペラリとめくられた・・・@o@;

真子ちゃん・・・ 謡うの (・_・;? (・_・;? (・_・;?

謡ったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

続けて「なおちゃん」という曲も、ネムコさんが演奏し、真子さんが謡われたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

曲が終わるとお二人は客席に向かい深々とお辞儀され、ネムコさんのMCが始まった・・・

(ネ) あのね〜〜〜 今、私・・・平尾昌昭さんや森田公一さんの気持ちになっているんです(^O^)
私が自分の曲を弾いて、真子ちゃんに謡って貰って!
なんだか嬉しいなぁ〜〜〜(^O^)

(真) うん、うん

(ネ) 新しくアルバムを作るときは、私にも声を掛けて下さいね(^O^)

(真) そんなぁ〜 そんなぁ〜(笑)

(ネ) ねぇ真子ちゃん・・・ 今までのドラマで印象に残っていることとかある?

(真) とても寒い時に、琵琶湖にロケに行くことになったんですが・・・
名取裕子さんが寒いからって毛布をくださって・・・
朝早くて、ホントにかじかんで・・・風も強くて・・・
寒さで、ろれつがまわらなくなって・・・
そうしたら名取裕子さんが・・・「どうして私達って、こんなことしてるんでしょうね?」って仰って(笑)

(ネ) 共演者で恐い人もいましたか?

(真) そんなにはありません(´_`。)

(ネ) 本当はあるんでしょ?!

(真) それは・・・ その・・・(´_`。)

(ネ) 教えてほしいなぁ〜( ̄ー ̄)ニヤ

(真) それは・・・ その・・・(´_`。)

ネムコさんに崖っぷちへ追いつめられた真子さんだった・・・(笑)

興味深いトークが終わると再び演奏が始まる・・・

@o@; 軽快なピアノのしらべが流れる・・・
聴いた事があるというか!! ネムコさんが弾いた最初の音で解った!!
ネムコさんこと谷山浩子さんの代表曲!! 「カントリーガール」だヾ(@⌒ー⌒@)ノ

フォークの名曲中の名曲!!
今もギターで弾き語りしている方達が好んで謡われている名曲だ!!

にぎやかな都会の景色は 変わる万華鏡♪
いつでも きみを驚かせる 七色プリズム♪
きみは おふるのスカートを はじらうように♪
それでも 瞳を輝かせて 街を歩いていたね♪
カントリーガール♪

素晴らしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ 感動するぅヾ(@⌒ー⌒@)ノ

きみの目の中で 夕日が燃える♪
カントリーガール♪
きみのほほえみは 草原のにおいがする♪
好・き・だ・よ! ♪

メロディーが繊細で鳥肌が立つぅヾ(@⌒ー⌒@)ノ
歌詞を読み上げるだけで、胸が締め付けられるぅヾ(@⌒ー⌒@)ノ

「まもるくん」と同一人物の作品とは思えん(;>ω<)/

続いて「河のほとりに」という曲をネムコさんは演奏され始めたが・・・
真子さんはオラ達に背を向けているのでよく解らないけれど、ところどころ真子さんとネムコさんが一緒に謡われたり、パートごとに謡われたり・・・ そのように為さっているみたいだった・・・
前曲の「カントリーガール」もそうしておられたのか? 「OYASUMI」と「なおちゃん」もそうだったのか? よく解らないが、そのようだった・・・

ネムコさんと真子さんが「河のほとりに」を謡い終えられると、客席から割れんばかりの拍手が二人に贈られた!!
もちろんオラも名曲「カントリーガール」を聴かせていただいた感動を拍手で表現した!!!

そして長く続く拍手が静まるのを待ち、ネムコさんが口を開かれた・・・

(ネ) ありがとうございます・・・ あっと言う間ですね・・・ 最後の曲です
最後の曲は真子ちゃんの曲です(^O^)v

真子さんは傍らのお水を口に含まれた・・・
その様子を窺っていた(うかがっていた)ネムコさんは、真子さんがお水をゴックンするのを確認してからピアノの鍵盤を弾き出された・・・

季節感には欠けるが・・・「春ラ!ラ!ラ!」

アレンジを変えてネムコさんが演奏して下さっている筈なのだが・・・
オラの頭と胸と、両手と両足・・・ 即ち全身にカントリーガールの余韻が残っていて、どういうアレンジだったのか、さっぱり記憶していない(;>ω<)/

とにかく・・・「春ラ!ラ!ラ!」をネムコさんがアレンジして演奏され、オラからすると後ろ向きの真子さんは、おそらく微笑みを称えながら謡っておられる筈だ!!

曲がエンディングを迎えると、二人は立ち上がり、それぞれ四方に向かい深々とお辞儀為さってから退場される・・・

もちろん四方の客席から盛大な拍手が二人に、そしてシンセサイザーの石井AQさんに浴びせられる・・・
三人の姿が出入り口に消えると、拍手が手拍子になった・・・ 徐々に手拍子の速度が上がる
2分ほど経過した後、ネムコさんを先頭に真子さんと石井さんが現れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

(ネ) どうもありがとうm(_ _)m
あのね・・・グッズを作りました! ロビーで販売しています!
真子ちゃんのお気に入りのモバイルバッテリーもあります(^O^)
お家に何個ぐらいあったらカワイイだろう?
親衛隊の人達も、まとめて買って下さるかな(^O^)v

(真) うんうん! もちろんですよ( ̄ー ̄)ニヤ

(ネ) @o@;・・・エッ!! そういう関係なの・・・@o@;

(真) うんうん( ̄ー ̄)ニヤ

(ネ) うちはお客の方が強いから・・・(´_`。)

商売上手なネムコさんと、親分肌の真子さんだった・・・

さて、アンコール曲の演奏が始まった・・・
柔らかなメロディーだった・・・「同じ月を見ている」

タイトルからしてイイ!

それに愛が詰め込まれた歌詞にネムコさんの優しさが感じられるし、スローな美しいメロディーも抜群にイイ!!

今夜 同じ月を♪
違う場所で見てる♪
たぶん一度も 会うことのない♪
あなたとわたし♪
伝えたい 元気でいると♪
伝えたい 元気でいてと♪

真子さんは立ち上がり、グランドピアノを挟んで、ネムコさんと向かい合い、お互いに目を合わせながら二人で謡って下さった!!!

それは素敵な光景だった・・・
スモークが流れるわけでもなく、照明が特殊な効果を与えるわけでもなく・・・
素朴に佇まい(たたずまい)、二人の女性が謡っている、ただそういう光景だったが・・・
限りなく美しく、彼女達から発せられる透き通った歌声と、ピアノのしらべが観客の胸に染み入っていく・・・

素敵だぁ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ブラボーだぁ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

曲が終わるとオラは手が腫れる程、力一杯にネムコさんと真子さんに拍手を贈った!!

再び二人は四方に丁寧にお辞儀をし、退出された・・・

拍手はやまない・・・  拍手が手拍子に変わり、速度をあげる!

スポットライトが出入り口を照らした!

ネムコさんはお一人で現れた・・・

@o@; エッ・・・@o@; 真子さんは・・・(・_・;?

どうやらダブルアンコールは、ネムコさんおひとりで謡われるみたいだ・・・(;ω; )

オーラスは「窓あかり」という曲だった

どういう曲だったのか・・・ 真子さんが現れなかったことに呆然として、全く記憶にない>┼○ バタッ

ハッと気付いた時には、拍手に包まれながら退出されるミムコさんの後ろ姿が見えた・・・
オラも遅ればせながら精一杯拍手をしてネムコさんを見送り、猫森集会2017の大千秋楽は終演した。

ロビーに出ると壁に貼り紙が一杯してあった・・・
記載されたアンケートが貼り出されている・・・@o@;

真子さんのライブでもアンケート用紙は配布されるが、それを公開したりはしていない・・・
だが谷山浩子さんの場合はガラス張りにオープンに為さっているみたいだ@o@;

谷山浩子さんご自身が全て目を通されるのはもちろんだろうが、訪れたファンも他の観客の感想や意見を知り、互いに知恵を出し、よりよいライブ空間を創ろうと為さっているようだ・・・

@o@; すんばらしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お土産を一杯貰ったイベントだった!!
繊細な谷山浩子さんの曲群、そしてイタズラなネムコさんの創り上げた楽曲の対比の愉しみかた。

また、このイベントレポートを通じ・・・
ネムコさんには、白馬に乗ったポトトが一人ではなく、大勢おられることを知った・・・
一週間開催された猫森集会に参加されたたポトト達・・・
その場に来る事が出来なかったポトト達も・・・
ネムコさんには大切に想ってくれる大勢のポトトが居ることを知った・・・

うまくは言えないけれど・・・
そういう「愛し方」、そういう「アーティストとファンが共に成長する術(すべ)」
それらが素敵だと感じた・・・(^O^)


おわり
ねんりんピック秋田・音楽文化祭
日時:2017年9月10日(日) 13:00〜 16:15
場所:秋田県民会館
観客数:1,680人(満席)



元真子隊・関西支部のオラ達3人を乗せたJAL2171便は加速し、3000メートルのB滑走路の中程で離陸した。
澄み渡った空は視界が良かった! 5分ほど飛行すると眼下に京都御所が見えた、続いて琵琶湖の先っぽ、そのずっと先には若狭湾が広がり、能登半島が見えて来た・・・
こういうパノラマな景色を目にすると、それだけワクワクしてしまう(^O^)
これでスッチーが可愛かったら申し分ないのだが・・・それは期待外れだった(;ω; )
窮屈な機内は満席で、オラ達と数名を除いて、あとは全て老人ばかりだった・・・
老人達は皆、ねんりんピックに参加するか、知り合いを応援に行くみたいだ。
老人会のバスツアーに同乗したような雰囲気の機内だった(´_`。)

秋田県上空に達すると、一面が雲に覆われていた・・・
機体が徐々に高度を下げると、小さな窓を雨足が打ち付け、飛行機はズッタンバッタンと揺れる。
初秋の秋田は雨模様だった。

空港のロビーには1時間程前に羽田から到着していた角刈り君が出迎えてくれた。
彼いわく、常連さんがワゴン車で会場まで送って下さるらしい(^O^)v

車を用意して下さったのは宮城のエリカ嬢だった!
3列シートの一番後ろにはお母さんも同乗されている@o@;
親子で真子ファン! しかもお母様はミモザ君やシュウ君と同い年ヽ(*`3´)ノ

ちょびっとややこしい・・・
そもそもエリカ嬢が真子さんのファンで、それに吊られてお母さんも真子ファンになったらしいが・・・
20代ギリギリ後半のエリカ嬢がなぜ真子ファンなのかというと・・・
元々は井上真央ちゃんのファンで「花より男子」を観て、真子さんのことが好きになったらしい!
やや変わったいきさつのエリカ嬢とお母さんだが、ワゴン車は順調に秋田市内に入った・・・

車はビジネスホテルの駐車場で停まった・・・
そこにはゴロ塚先生がいた・・・
いつもと同じひょうひょうとした態度の彼は、オラ達を屋台の並んでいる広場に案内してくれた・・・
時刻は午前10時、イベントが始まるまで随分と時間があるから、それまであなた達はここで酒びたって下さい! そういう意味らしい(´_`。)
そして彼はエリカ嬢とお母さんを伴って、会場に向かった・・・

置いてけぼり感たっぷりだが、どうせオラ達は最後列と決まっているので、今から何時間も列んでも仕方ないし、ゴロ塚先生のご好意に感謝して祝宴を張ることにした(^O^)v

幸い天候も回復し、雲の隙間から青空がのぞいている!
よし! 3時間か4時間! たっぷり飲むぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

たっぷり飲み過ぎた(´_`。)
ミモザ校長は既に出来上がっているし、酒豪の角刈り君も顔が赤かった。
じゃが! ただ単に酒をあおっていた訳ではない!
有意義な議論も多少は交わした!

角刈り君が問題を呈した・・・

「大きな会場の後方でコールすると、真子さんに私達の声援が届くのが遅れてしまうので、それをなんとか工夫しなきゃなんないと思うんです」

皆はそれを聞いて (・_・;? の筈だろう・・・ 解りやすく説明する

ステージの真子さんとオラ達の距離が70メートルあるとする
スピーカーは真子さんの真横に配置されている

真子さんが演奏に合わせて謡い出される・・・
真子さんの歌声が70メートル先のオラ達の所に到達するのに0.2秒かかる
なぜなら音速は秒速になおすと340メートルなので、そういう計算になる!
そしてオラ達がダミ声でコールし、それが真子さんに届くのに、同じく0.2秒かかる

という事は・・・ステージ上の真子さんには、0.4秒遅れでコールが聞こえることになる訳だ!

それでは真子さんが謡いにくかろう! せっかくの真子コールが台無しだ!
そう角刈り君は申している訳だ!

唯一それを解決する方法がある・・・
演奏や真子さんの歌声より0.4秒、コールするタイミングを早めれば良いのだ!

@o@; しかし! そんなことは無理だろう(;>ω<)/

なれど、鍛錬をつめば出来るのかもしれない・・・

されど・・・それには厳密な測距が必要になる!
スピーカーからの距離を正確に測ることが不可欠であり、50メートルなら0.3秒、70メートルなら0.4秒、100メートルなら0.58秒、120メートルなら0.7秒、正確にコールを前倒ししなければならない(;>ω<)/

そんなこと無理やろ(;>ω<)/ そもそも測距儀買わなあかんし、それを持ち歩かなあかんやろ(;>ω<)/
議論は紛糾したまま、飲み過ぎで思い足を引きづりながら会場の秋田県民会館にたどり着いた・・・

広々とした立派なホールでは地元の学生さん達の演奏が行われていたが・・・
会場はほぼほぼ満席で、オラ達4人が列んで座れる座席が無さそうだった(;ω; )

もうちょっと早く来れば良かったかなぁ〜〜〜(´_`。)
せめて真子さんが登場されるまでは座っていたかったなぁ〜〜〜

悔いても仕方が無いので、あきらめて2階席最後方で立ち見しながら、真子さんがステージに登られるのを待ち続けた・・・

15時25分、ようやく秋田ねんりんピック・音楽文化祭の2部の幕が上がるヽ(*`3´)ノ

オラ達は準備万端だぁ! ハチマキに特攻服、メガホン! それに最近出来上がった腕章!
オラの手作りの真紅の肩章も、それぞれの特攻服の両肩に飾られている!
更にオラは30倍の双眼鏡を首からぶら下げ、メモ帳の準備も整えている!
フル装備完了ヽ(*`3´)ノ

階下を見下ろすと、最前列に陣取った常連さん達がオラ達を見上げ、手を振って下さっていた・・・
頑張って応援しろよ! そういうことなんだろう・・・
もちろん精一杯応援すっぺぇヽ(*`3´)ノ オラ達も最前列の彼等に向かい大きく手を振り返した!

司会の女性が現れ、真子さんの経歴をアナウンスされる・・・
そして「春ラ!ラ!ラ!」のイントロが流れ、スポットライトを浴びた真子さんがステージに現れた!

コバルトブルーのハンカチーフドレスを纏った(まとった)真子さんは、ラ!ラ!ラ!のイントロと共に軽快な足取りでステージに向かい歩まれた!
そして、ステージのセンターに辿り着かれたと同時に爽やかな歌声を発せられる!

もちろんオラ達は大声で、目測70メートル先の真子さんに向かいコールを贈る!
遠方ゆえ、たった4名しか揃わなくて申し訳ないが、その分、力強くコールしたヽ(*`3´)ノ

唐突に発したオラ達のダミ声に驚いたのだろうか? 1階の観客数十名が振り返り、2階席を見渡していた・・・

一応申し上げておく! 全てのお客さんに申し上げることは出来ないが・・・
ご迷惑にならないよう、驚かせないよう、オラ達は事前に周囲のお客さんにお願いとお断りを申し上げている・・・

スンマソン、真子ゃんが謡い出したら大声出して応援してもご迷惑になりませんか? 大丈夫ですか?
そうお断りとお願いを低姿勢で行っている・・・

99%の確率で「ああ構いませんよ! 応援頑張って下さいね!」そういう反応が返って来るが・・・
稀に「えっ〜〜〜 迷惑だな」と言われることもある(;>ω<)/

そういう場合は移動するしか無い(;ω; )
会場を彷徨い(さまよい)別の場所を探す(;ω; )

一応、そういう気遣いというか、心がけというか・・・そういう配慮を行っているし、今回もそうだ! 周りの観客の方々の了解を得て、大声を発し応援している(^O^)v

さて、そういう訳なので、遠慮もなしに大声でラ!ラ!ラ!を謡われる真子さんにコールを贈ったヽ(*`3´)ノ

謡い終わられると真子さんはMCを始めて下さった・・・

「こんにちふぁ〜〜〜 今日はお招き頂いてありがとうございま〜す」
「小中学生の素敵なステージを拝見して感動しました」
「私ももうすぐ、ねんりんピックに出れる年齢になるわぁ〜」
「今、春ラララという曲を謡いましたが、ちょっと続けて皆さんも若返って頂ければと思います!」

オラはMCを為さっている真子さんを、倍率30倍の双眼鏡で凝視した!
もちろん肉眼より大きく見えるのだが・・・お顔の表情までは解らない(;ω; )
おそらくオラが期待するほど拡大されるものとなると、100倍とか200倍の双眼鏡でなければ無理なのかもしんない(´_`。)
そしておそらく、そんな倍率の双眼鏡は製造されていないだろう・・・

なれど、幾つかの難点を克服しなきゃなんないが、天体望遠鏡ならそういう倍率の物がある!
逆さに映るのを我慢すればイイ(´_`。) どうやって持ってくればイイのか解らないが、車ならなんとかなる(´_`。) 会場への持ち込みを拒否されるかもしんないが、バラバラに分解して、仲間達と手分けして持ち込んで組み立てたら、なんとかなるかもしんない(´_`。)

そういうバカなことを考えているオラだが、会場の両サイドの壁に配されたスピーカーからプリティーの前奏が流れ出した!

最近の曲も名曲ばかりだが、アイドル時代の曲が続くと胸が躍る!
当時の出来事も思い出す!
真子さんがシングル5曲目のプリティーを謡われた頃から劇的に隊員が増えた事を鮮明に記憶している!
プリティー以前も当時のファンクラブの会員は数千名を超えていたし、親衛隊に入りたいという者も大勢いた筈だが・・・親衛隊への入隊方法が解らなかったらしい・・・
そこでスーパーマーケットの屋上で催されたイベントの折に「親衛隊に入りたい方いませんか?」と大声を張り上げたら・・・一気に50名ぐらい入隊した事があった@o@;
当時のスーパーマーケットの催しは、場所を移動して2ケ所で行われる・・・
そこでも大声を張り上げたら・・・やっぱり50名ほど入隊した@o@;
用意していたノートには、びっしりと住所・氏名・電話番号が書き連ねられたいた・・・

こんな簡単に隊員が増えるのなら、もっと早い機会に大声を出していたら・・・と悔やんだものだが、イベントのたびにそういう事を繰り返していると、関西支部だけで500人の大所帯になったし、まだまだ隊員は増える一方だった!

親衛隊の世界で500人が多いか少ないかといえば・・・間違いなく! 絶対に! 多いヽ(*`3´)ノ
支部だけで500人超ヽ(*`3´)ノ 本部や他の支部を合わせたら2,000人を超えようヽ(*`3´)ノ
他のアイドルの5倍ヽ(*`3´)ノ 10倍だヽ(*`3´)ノ

なので、歌番組の収録などで他の隊と顔を合わせても、デカイ態度が出来たし、優越感を感じたものだ(^O^)v

それで、現在だ・・・ 今日もたった4人(;ω; )
落ちぶれたものだと思うし、真子さんに申し訳ないと感じる(;ω; )

でも気落ちしていてもはじまらない・・・
たった4人でも力を合わせて応援し! 真子さんを励まさなきゃなんないと思っているヽ(*`3´)ノ

そういう訳で、気魂をこめてプリティーを謡われる真子さんにコールを贈った!

プリティーに続いて首領のイントロが流れた!!
首領は飛ばなきゃなんないヽ(*`3´)ノ
それは真子ファンの常識だが・・・オラ達真子隊はコールしながら飛ばなきゃなんないので、それなりに大変だ(´_`。)

とにかく飛ぼう! 真子さんとの距離は70メートルあるが、高く飛び上がったら真子さんの目にもとまるだろう!

真子さんの歌声に合わせ、大きく垂直跳びするヽ(*`3´)ノ

角刈り君も! ミモザ校長も! 元ヤンのシュー君も! オラも! 一斉にジャンプしたヽ(*`3´)ノ

が・・・ 最前列に固まっている常連さん達が、誰一人としてジャンプしない(;>ω<)/

皆、膝を痛めたのだろうか(・_・;? 腰痛だろうか(・_・;?
それとも後列の観客に配慮して飛ばなかったんだろうか(・_・;?

全く理由は解らないが、会場で飛んでいるのはオラ達だけだった(;>ω<)/

首領がエンディングを迎えると、司会のお姉さんが真子さんの傍らに現れ、お話を始められた・・・

司会者のお姉さんがお話を始められる・・・

わぁ〜〜〜盛り上がってますね!
真子さんは先月はディナーショーで、そして昨年も秋田のイベントにお越しでしたね!
秋田にはしょっちゅうお越しになっておられますね(^O^)
美味しいものを召し上がられましたか?

ふぁ〜〜〜い、美味しいお魚や日本酒の「出羽桜」も戴きましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
それに紅葉が始まっていて、綺麗でした! 秋田は素敵なところですね!
それにもっと遡ると、二十歳の頃に「ハチ公物語」という映画に出演して、そのハチ公は秋田出身なんです!

真子さんは以前から秋田に縁があったんですね(^O^)

司会者と真子さんの数分間のやりとりが終わると、パンチの効いた日ストのイントロが流れ出した!

ラララ、プリティー、首領と、たて続けに3曲コールし、正直、息が上がっていたオラ達だった・・・
しかし、司会者と真子さんが数分間お話して下さったおかげで、多少体力が回復している!
エネルギー充填30%ぐらいだぁヽ(*`3´)ノ

その30%を全て使い切ってよいものか(・_・;?
そのあたりが難しい・・・

因に昔のコンサートは2回公演だった・・・
真子さんも大変なご苦労だったろうが、オラ達も正直、クタクタになった(´_`。)
声は枯れるし、加えてアリババを踊ったりしなきゃなんないし・・・
そもそもコンサートの始まる前に「コール練習」してるし(;>ω<)/
コンサートの2部が終わった頃は精根尽き果てていた >┼○ バタッ

しかし! その疲労感がたまらなく良かったヽ(*`3´)ノ
大声でコールし、真子さんと一体になったと感じる、それが素晴らしいから親衛隊を続けていたヽ(*`3´)ノ

し、しかし・・・ 夏休みになると・・・
今日は大阪、明日は神戸で、次の日が京都、奈良、和歌山、姫路、彦根・・・
なんてことがあった・・・ 正確には記憶していないし、ひょっとしたら間に数日、間隔があったのかも知れないが・・・
そういう無茶なコンサート・スケジュールがあった@o@;

毎日、真子さんに逢えて嬉しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
毎日、コールして・・・ 真子さんと繋がって・・・ こんな素晴らしいことはない!

若さだ! 喉が枯れて、まともに会話することが困難になって・・・
小遣いを遣い果たし、切符を買えず駅の改札をダッシュで切り抜けて・・・
そんな青春時代が懐かしい(^O^)v

でも、今は・・・それは出来ない(´_`。)

たった今、3曲コールしただけでも息があがっている・・・
もうオラ達も50歳半ばなんだ(´_`。)

数分のインターバルを得て、エネルギー充填30%ののオラ達は、日ストを謡われる真子さんに向かい、懸命にコールするヽ(*`3´)ノ

おそらくこの曲が終わると、ウルトラマンのピコンピコン状態になろうが、そういうことには構っていられない・・・全力でコールしたヽ(*`3´)ノ

無事に日ストのコールを終え、ピコンピコン状態のオラ達だが・・・
係員さんが息をあげながら、角刈り君に話しかけて来た・・・
おそらく2階席まで階段を駆け上がって来たから、息があがっているのだろう・・・

あの〜〜〜 お気持ちは解るんですが・・・

係員さんはモジモジしながら角刈り君に、そう言った・・・

もしかして、客席から苦情があったんですか?

オラは係員さんに尋ねた・・・

そうなんです、とても申し訳ないのですが・・・

((“o(>ω<)o”)) なんでアカンねん ((“o(>ω<)o”))
2階席の一番後ろで壁に張り付いてコールしてんだぞぉヽ(*`3´)ノ
それで迷惑な筈なかろうヽ(*`3´)ノ
周りの観客には事前にお断りとお願いもしてんだぞぉ!
苦情を言ってるその神経質な観客、ここに連れてこんかい(-`Д´-;)!

とは言わない・・・(;ω; )

ハイ解りました・・・
ご迷惑おかけしました・・・m(_ _)m

そう係員さんにお詫びするしかなかった(;>ω<)/

角刈り君は不機嫌になって、特攻服を脱ぎ始めてしまったが、最後までちゃんと真子さんを応援して差し上げなきゃなんないヽ(*`3´)ノ

しかたなく、ミモザ校長やシュウ君と相談し、手拍子で応援することにした・・・(´_`。)

2階席の最後列でゴチャゴチャしているオラ達だが・・・
階下では真子さんのライブでバックバンドを勤めて下さっている「ホットパンツ」のバンマス武藤さんと、キーボードの西池さんがステージの袖から現れ、武藤さんは上手の椅子へ、西池さんは下手のグランドピアノに向かわれる・・・

ステージには元々、グランドピアノが置きっぱなしにされていた・・・
それは真子さんがご出演になる前のステージで、コーラスグループや他の演奏者達の為に用意されていたものだが・・・
まさか真子さんが武藤さんと西池さんを伴って秋田に来られていたとは想像もしなかった@o@;

両氏が着席されると、真子さんも傍らに用意された椅子にちょこんと着席される。
武藤さんがギターの弦を弾き、西池さんが小気味よく鍵盤を叩かれると、耳馴染みのある軽快なイントロが流れ出し、満席の秋田県民会館を包み込んだ・・・

続いて真子さんが美声を放つ・・・

最近の仕事はどう〜♪ 毎日の暮らしはどう〜♪

素敵だぁ! 声量のある、柔らかく透き通った歌声!
まさか生演奏で「Friend」を聴かせていただけるとは思ってもいなかったので、オラ達は金縛りにあったように感動した(^O^)

Friendがエンディングを迎えると、真子さんは短くお話を始められた・・・

次の曲は武藤さんが作って下さった曲です・・・
「もしも時を戻せるとしても今を選ぶ」その歌詞の部分が好きです!

6曲目、アルバムしあわせのレシピ収録の「カナリア」

真子さんは引き続き着席されたまま謡い始められる・・・

Aメロはノスタルジー感たっぷりなメロディーだが・・・
Bメロのパワフル感がイイ曲だ!

それに、やっぱ歌詞も素敵だ!

昨日よりも、少し早い夕暮れ〜♪
改札へと夕日に押される人々たち〜♪
カフェの窓に飛びたりないカナリア〜♪
背伸びをする、あの日の私みたい〜♪

昨日よりも少し早い夕暮れ♪ ・・・ 春じゃないよね! 季節は秋だよね!
仕事を終え、大きな夕日に押される様に、家路へ急ぐ人達・・・
それをカフェで眺めている自分だが、窓辺の窮屈な(きゅうくつな)鳥かごの中のカナリアは、飛び足らず羽を広げて背伸びしている・・・
まるで夢が見つからず、或いは家庭に縛られて悶々としていた、若い頃の私みたいだ・・・

歌詞の最後までひもときたいが・・・歌詞を全て掲載するとJASRACに通報する親切な方がおられる筈だからそれが出来ないのが残念だ・・・とにかく素晴らしい曲だヾ(@⌒ー⌒@)ノ

尚、皆にもこの機会に注意を促しておく!
歌詞にも著作権があり、無許可で掲載すると著作権法違反となり刑罰を受ける!
だが実際には個人のブログやなんやらに歌詞を掲載した程度では、書類送検されないことの方が多い!
だが親切な方が「JASRAC」に通報すると・・・請求書が送られて来る(;>ω<)/
あなたはご自身のブログに作詞家○○さんの曲の歌詞を無断で掲載していましたね!
しかも5曲も10曲も・・・ 更にそれを5年も10年も・・・ 2週間以内に50万振り込んで下さい( ̄ー ̄)ニヤ

嘘みたいじゃが本当の話だ(;>ω<)/
そして当然のごとく芸能人の画像や動画もそういうことになる・・・
ただ、そっちはJASRACの管轄範囲外なので、ザルのような取り締まりしかしていないが、万が一通報されて、著作権者、肖像権者が重い腰を上げて訴訟になると @o@; みたいな結末が待っているので、ブログやSNSに芸能人の画像や動画を貼付けている方はくれぐれも注意しなきゃなんない!!

暗い話になってしまったが、ステージでは真子さんが着席されたまま美声を披露しカナリアを謡い終えられ「次の曲も大好きなんです」短くそう仰ると、立ち上がられた!

グランドピアノが・・・タンタンタン! と軽快なリズムを弾き出す!

7曲目は「Life is beautiful」

そもそも Life is beautiful はCDではピアノの伴奏になっている・・・
しかしライブの折にはピアノが用意出来ないので、キーボードで西池さんがこの曲を演奏している訳で、オラ達もキーボード演奏の Life is beautiful しか生では聴いたことがない(;ω; )
だが本日は幸いにもとても立派なグランドピアノで演奏して下さるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ありがたや〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ キーボードより迫力が5割り増しだヾ(@⌒ー⌒@)ノ

だが! なんか足らんお〜〜〜! 打楽器! ドラムが足らん!

ドラムがないと臨場感に欠けるお〜〜〜(;ω; )

@o@; 手拍子があるやんかヽ(*`3´)ノ オラ達4名はドラムの代役を果たすべく、懸命に手拍子する!!

真子さんのお手伝い! ご奉公だぁヽ(*`3´)ノ

グランドピアノの伴奏の Life is beautiful を初めて聴かせて頂いて感動しきりのオラ達だが、曲が終わり深々と客席に向かって真子さんは、お辞儀を為さるとMCをはじめられた・・・

最近はドラマの撮影が多くて、謡う機会が少ないんですが・・・
皆さんは「定年女子」というドラマ、ご覧になられていましたか?

客席から「みてたよ〜〜〜」と声がかかる

楽しいドラマだったでしょ(^O^)
それでね、主演の・・・ えっと(・_・;? えっと(・_・;? え〜〜〜っと(・_・;?

真子さんは南果歩さんのお名前が出て来ないようだった(;>ω<)/
こういう場合、親衛隊は真子さんをお助けしなきゃなんない!
オラは「み・な・み・か・ほ〜〜〜」と叫んだぁヽ(*`3´)ノ

ステージまで70メートルも距離があるので、自分の声が届くかどうか疑問だったが、ちゃんと聞こえたようだ・・・

あっ、そうそう! み・な・み・か・ほさんよね(^O^)v
その主演の南果歩さんは、いろんなことに立ち向かって行く、とても力強い女性なんだけど・・・
私は亭主の愚痴ばかり言っているの(´_`。)
それでね、定年女子の小道具の方が秋田が故郷らしくて、今日はわざわざこの会場まで来て下さっているの(^O^)
では続いて「幸せになりましょう」という曲を聴いて下さいm(_ _)m

ギターの音色で始まるスローな前奏・・・
続いて、けだるそうに訥々(とつとつ)とした真子さんの歌声が流れ出す・・・

いつの間に風は〜〜〜♪ 秋の色〜〜〜♪
暑かった夏がうそみた〜〜〜い♪

この曲も初秋を現している! 季節感バッチリだぁ(^O^)v

観客は静寂の中に鳴り響くギターの音色と真子さんの歌声に、ただただ感動している・・・

アイドル時代のキャッチーな曲もイイけれど、こういう胸の中に染み込んで行くスローな曲もイイよね(^O^)v
けれど、それは・・・ 並外れた歌唱力があってのことだ!!
真子さんだからこそ、難曲であっても、いとも簡単に謡いこなしてしまう(^O^)v

「幸せになりましょう」を謡い上げた真子さんは、再び客席に向かい深々とお辞儀し、お話を始められる・・・

今年は阿久悠先生が亡くなられて10年なんです・・・
私のデビュー曲は阿久悠先生と吉田拓郎さんが創って下さって・・・
でも、デビュー曲にはもう一曲、候補の曲があって、この曲でデビューしてたら、どうなってたんだろう? なんて思うこともあります・・・ では聴いて下さいm(_ _)m

9曲目「ぽろぽろと」

ギターの前奏が映える曲だ!
5年ぐらい前までは、真子さんがご自身でギター演奏しながらこの曲をオラ達に聴かせて下さったのを懐かしく思う・・・
今、目の前で武藤さんがギターを弾いて下さっているが・・・
真子さんもギターを1本持参して、武藤さんと共に演奏し、弾き語りして下さったらなぁ〜〜〜
そう感じながら、名曲「ぽろぽろと」を拝聴した・・・

続いて10曲目は真子さんのお気に入り「金木犀の香る頃」

皆の暮らす街でも、金木犀が黄色い花をつける季節になっている・・・
季節感バッチリの選曲だぁ(^O^)v

グランドピアノの前奏が奏でられる・・・

@o@; もしかすっと・・・ ピアノ伴奏の生・金木犀も初めてかもしんない @o@;
きっとそんな気がする! 武藤さんのバンド、ホットパンツではキーボードだし、チャペルの山梨バンドは桑山さんがアコーディオンで演奏しているし・・・

だが・・・ キーボードでもピアノと同じ音色を出せますよ! という仰る方もあろうが・・・
しかし今、こうして生で聴いていると・・・明らかにグランドピアノの伴奏の素晴らしさが、素人のオラにも解る! 得した気分だぁ(^O^)

軽快に金木犀を歌い上げられた真子さんは客席に向かい、お辞儀為さってから・・・

次の曲が最後の曲です
皆さんとお会い出来て本当に良かった・・・
ありがとうございました!
元気でないと笑顔で謡えないの・・・
皆さんもお元気でね!!

オーラスは「狼なんか怖くない」

(;>ω<)/ 真子さんのデビュー曲なのに、つい先程係員さんからご静粛にと注意されたばかりだ(;>ω<)/
コール出来ない(;ω; ) 小声でこっそりしようか(´_`。)

しかし、そんな姑息(こそく)なことは宜しくなかろう・・・
手拍子で応援するしかなさそうだ(;ω; )

4人で手拍子を真子さんに贈っているが・・・
@o@; 真子さんがステージ中央から歩み出された・・・┌(;・_・)┘トコトコ
そして、謡いながら客席に降りて行かれる・・・@o@; ┌(;・_・)┘トコトコ

嘘でしょ! ディナーショーでしか、そんなことしないよね@o@;
もちろん観客は大喜びだぁ!
通路側の観客は握手したりハイタッチしたりしているようだ!

真子さんは下手側の通路を歩んで行かれると、2階席のせり出しに隠れオラ達にはお姿が見えなくなってしまった@o@;

きっとそのまま真子さんは真っすぐ歩まれている筈だが、2階席にも来て下さるだろうか?!
1階席のお客さんだけ得するんだろうか@o@;
それはあまりにも不公平だぁ(;>ω<)/
2階席の観客こそ、真子さんが小さくしか見えていないのだから、近くに来て下さって真子スマイルを拝ませて頂きたいヽ(*`3´)ノ

オラは一心不乱に念じた!!
真子さんが2階席に来て下さいます様に!!
幸いオラ達のすぐ後ろに扉がある!!
この扉を開けて、真子さんが現れます様に!!

1分ほど念じただろうか・・・ 真子さんのお姿が1階席の上手の通路に見えた@o@;
そして、そのままステージに登って行かれた(;>ω<)/
>┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ ←4名

真子さんが狼を謡い終えられると、司会のお姉さんが真子さんの傍らに現れてお話を始められた・・・

素晴らしい石野真子さんのステージでしたね(^O^)
ではフィナーレは出演者全員で「世界にひとつだけの花」を合唱致しましょう!

上手から、下手から音楽文化祭に出演された方々、およそ150名がステージに現れた!
広々としたステージが、ギュウギュウ詰めだ!

司会のお姉さんが再び喋られた・・・

「世界にひとつだけの花」を合唱する前に、全員で記念写真を撮りましょう(^O^)v
ハイ! 皆さんカメラマンの方を向いて下さい(^O^)

150名の記念撮影が終わると、SMAPの「世界にひとつだけの花」の合唱が始まった!
真子さんはステージのセンターで謡っておられるし、他の出演者達も謡い、観客も大声で謡った!
素晴らしい合唱だったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

無事に、ねんりんピック秋田・音楽文化祭は終演した

1曲だけってことはなかろう・・・
3曲ぐらいかな(・_・;? 5曲だったらラッキーだな(^O^)
そう思っていたが、11曲+合唱、計12曲も真子さんの歌声を聴かせて頂いて、加えて貴重なグランドピアノの Life is beautiful や 金木犀も拝聴出来て素敵なイベントだった(^O^)v
サマーライブ2017
日時:2017年8月6日(日) 16:30〜 18:22
場所:新宿ReNY
観客数:520人(満席+立見)



今回のライブレポを担当させていただきます。 か Yです。よろしくお願いします。

2017 08 06 16時38分〜バンドメンバーの後に真子さんご登場。オープニングは…?
・Smile For Tears
・Life is beautiful
ようこそ新宿ReNYへ。待ってました。今日は楽しみましょうね。最後までよろしくね。じゃあ この曲から。
・キティーキャット
・I'm on vacation
ここでバンドのメンバーを紹介します。今日、一緒にサポートしてくれるバンドメンバーです。
ドラムス小宮山純平さん
(じゅんぺえさぁん)
ベースただなおとさん
(漢字がわかりません、すみません) (なおとさぁん)
キーボード西池達也さん
(たつやさぁん)
そしてバンマス、ギター武藤良明さん
(よしあきさぁん)
このメンバーで今日はお届けしたいと思いますよ。
もう どうやったら皆さんに楽しんでいただけるかということを 一生懸命考えてきました。(ありかとう) ウフフフ。なので是非 楽しんでいただきたいこの曲も。 これはアルバムの曲なんですけど、10代の頃のアルバムの曲ですが、このメンバーでしか演奏できない。
わかるかなぁ〜この感じ、びっくりすると思うんだけどタイトル言わないで、では・・・

・心の片隅に
え〜今度 谷山浩子さんの45周年。今年は 谷山よ…浩子さんが45周年なんっでっすけど、くちがまわらな〜い(場内大爆笑) ライブに呼んでいただきまして、ゲストでって言ってくださって、何と本当に久しぶりに 御一緒させていただきます。ファーストアルバムでネ、何曲も書いていただいたり、「幸せのレシピ」の中にも書いていただきました。なので すごく ご縁があって 一緒にに歌えるのが幸せです。ひさしぶりに歌う

・イカルスの子守唄
・私はオレンジ

いやいや懐かしいね〜。皆さん よく来てくれましたね。昨日 「思い出のメロディー」(見ました!)ありがとう。(かわいかった!)嬉しい! 緊張したけどね生放送で。NHKホール大きいから、ドキドキして階段とか踏み外したらどうしょう〜とか 思いつつ…。でもね、ああいう番組にも呼んでいただいて、阿久悠さんが遠いとこに逝かれて 10年経つんですけど 「スター誕生」の怖〜い審査員の先生で、デビュー曲、アルバム曲 たくさん書いていただいて 今年また 没後10年ということで、そういう機会に呼ばれて また 歌えて嬉しいなあ。「先生ありがとう」とおもいつつ、阿久悠さんの特集コンサートにも呼んでいただいて 色んな所で歌わせていただいて 嬉しいんですけど、阿久悠さんがね「歌はね、その時、流れてイイネ、カッコいいね、とか言われるのが、一番なんだけど、何10年かして、その時代の想い出の扉を開けるものが歌であればいいな」って そんなところで この曲を。 昔を 時代を思い出していただけたらいいなと思います。
(客席にむかって人差し指をくちびるにあて、静かに、のサインの後)
・狼なんか怖くない(アコースティックっぽい?jazzっぽいアレンジで、静かに歌唱)

・カナリア
・空色パドル

やっぱり楽しいなぁ歌は。ハハハ。何だかニコニコしてしまうの。ずっとここんとこ、去年の ええと 12月も ライブできなくて、舞台やってて、ドラマで頑張って、今夜もNHK BSで10時からよ!
(そう言えば衣裳の説明がまだでしたね。「ウォンテッド」の衣裳を緑色にした感じを想像してください。胸元にアクセサリーが輝いてます)
「定年女子」観てよ!
建設会社で地味〜な経理やってるんだから観てよ!
この格好で出たいよね。
(場内大爆笑) ありかとう。もうさあ ん… やめとく! 年の話はさ〜 もうしない。
でも次に歌う曲は、女の子が初めて社会に出て 独り暮らしをして
あ〜どうしよう、と仕事を始める中 何なんだろ、彼女の日常は 空白なんですけど、定年女子とは かけ離れて でも これも〜 覚えてるかな〜
タイトル言わない方がいい?
内緒?
OK!
内緒で2曲ネ。
ひさしぶりよ〜。

・ドロシーの日常
・雨垂れはイヤリング
(曲中にミラーボールが輝きます)

本当に久しぶりだわ〜 もう記憶にございません。レコーディング以来 初めてってことで、キーボードの西池さんの娘さんがね、この曲 大好きなんだって。すごく嬉しい。7歳なの。お父さんが練習してたら、この曲 「いい」って! 頭から離れないって!ひさしぶりに歌えて最高です。
ちょっと懐かしんでいただこうかな。
・帽子(間奏でご本人のハーモニカ演奏が入りました)
・めぐり逢い
・ガラスの観覧車
覚えてた? またまた歌う機会をたくさん作っていきたいと思っているので、是非 足を運んでください。
(今後の年末までの告知)

では、終盤に差し掛かって来ました。
思いきり楽しんで 、ハハハハハハ。
(会場の雰囲気を見て)
なんて素直なの〜?
じゃ この曲から

・日曜日はストレンジャー
・プリティープリティー
・ワンダーブギ
(会場は最高潮の盛り上がり、もちろん総立ち)
本当に「あっ!」という間の時間でした。今回はあと1曲で…(え〜〜?)
本当に楽しみに待っていてくださって 今日の日を迎えられて最高です。残念だけど あと1曲で盛り上がって。では ありがとうございました。 相変わらず 下手ねMC。
ホントに皆さん ありがとうございました。
では、最後はこの曲で

・ハートで勝負

〜ENCORE〜
L O V E GO GO MAKO
約3分程 続けたでしょうか
黄色い衣装に変身した真子さんが、髪に緑色の 飾りを付け ステージに戻ってきてくれました。

18時10分
・バーニング ラブ
遠くから 足を運んでくれて感謝してます。
皆がいるから私は歌えるんだなあ と 本当に思っていて 今日 スタッフ バンドメンバーも 本当に
石野さんを歌わせよう!
そういう 熱い思いで 集まってもらいました。
皆の笑顔も見られて幸せ。
近いうち また会いましょうね。
本当にありがとうございました。

・GOOD-BYEは旅立ち

ありがとう〜
(会場から歌のプレゼント)
「感謝の気持ちを込めて」
君と出会えた ただそれだけで 贈りたいよサンキュー ソ〜ング
この世に生まれてきたことが 何でこんなにも 愛おしいの
君と出会えた ただそれだけで 贈りたいよ サンキュー ソ〜ング

せーのー 真子ちゃ〜ん

何度もコールして 出演者の皆さんを送りました。
18時22分 終了。

〈セットリスト〉

Smile For Tears
Life is beautiful
ーーMCーー
キティーキャット
I'm on vacation
ーーメンバー紹介ーー
心の片隅に
ーーMCーー
イカルスの子守唄
私はオレンジ
ーーMCーー
狼なんか怖くない
カナリア
空色パドル
ーーMCーー
ドロシーの日常
雨垂れはイヤリング
ーーMCーー
帽子
めぐり逢い
ガラスの観覧車
ーーMCと告知ーー
日曜日はストレンジャー
プリティープリティー
ワンダーブギ
ーーMCーー
ハートで勝負
ーーENCOREーー
バーニング ラブ
ーーMCーー
GOOD-BYE は 旅立ち
〜会場から歌のプレゼント〜

会場の皆さんは笑顔でした。もちろん真子さんも!
以上で、レポを終了させていただきます。誤字脱字 ありましたらごめんなさい
。タイトルに何度も
「Re」が入り 中途半端なタイトルになったこと お詫びいたします。
実際の 真子さんは もっとしゃべってます。メモが追い付く範囲でしか書けず すみません。
表情や、仕草のレポも読みたかったですよね。あれが精一杯でした。
ここまで 読んでくださった方 ありがとうございました。
イオンモール宇城・ミニライブ (熊本県)
日時:2017年6月25日(日) 1部:12:00〜 2部:16:00〜
場所:イオンモール宇城・ツタヤ書店
観客数:1部2部共に300人超



6月25日、日曜日、熊本イオンモール宇城のインストアライブは、久しぶりに春ラララ組の智恵ママがレポートさせていただきます。

九州では大雨になるかも? という天気予報を聞きながら、あいにくの梅雨空、折り畳み傘をバックに入れ午前5時にウキウキしながら自宅を出発!
今回で3度目の熊本遠征ですが、初めてリッチな気分で新幹線の利用です。
博多で初めての九州新幹線に乗換、このまま鹿児島まで行ってみたいなぁーと思っていると、熊本駅に僅か30分で到着。

予定通り10:00に宇城イオンに到着したのですが…ファンクラブのお知らせをちゃんと見ていなかったせいか、ステージが見当たらず、よくよく聞くと、ツタヤ書店前で行われるとの事。
ツタヤ書店はイオンから少し離れた敷地にあり、慌てて外に出て隣の建物へ…(いつも優しい気遣いをして下さる管理人さんから、転んで骨を折る年齢なので、ダッシュ禁止と通告が出たばかりなので、早足にしました)。
早足を3分ほど続けると、蒸し暑くスッキリしないお天気のせいか、汗をかきながら、やっとツタヤへ到着。

書店の入り口の前に少し広いスペースがあり、そこにステージが設置されていました。
席に近づくと東京の常連さんをお一人発見!
見知らぬ土地で常連さんがいらっしゃると、やはり「ホッ」とします。
最前列の横がまだ空いていたので、そこへ座らせてもらうことにしました。
隣に座られていたご夫婦にご挨拶すると、地元の方で、なんとマコミックスに入会されているとのことでした。
ご主人が真子さんの大ファンのようで、去年の神戸のライブにもいらっしっゃていたとの事、その時も私のすぐ近くに座られていたのだと聞き、なんともご縁があるようで、楽しくお喋りさせて頂きました。
聞くところによると昨日熊本はどしゃぶりの雨で今日は曇り、今日は皆の行いが良かったのか、雨がやんで一安心。

しばらくすると、角刈りさん、奈良のショウさん、広島産も揃い、4人でツタヤ書店の中へ入って行くと、特設コーナーが出来ていて…なんと真子さんミニライブのお知らせや、今まで発売されたCDが全て飾ってあり、真子さん特集になっていました。
ツタヤさんのアイデア、そして真子さんのCDをたくさん飾って頂き、本当に嬉しく思います。 今後本を購入するときはツタヤ書店をご贔屓にしようと誓いました。

13:00からのインストアライブまで、まだしばらく時間があるので、少し早いですが皆でランチをとることに…。
イオンのフードコートに行き、熊本らしい食べ物はないかとキョロキョロ…探すと1g1円というバイキングがあり、地元のおばさま達で賑わっていました。
私もそこで南国らしいごーやチャンプルやヘルシーな野菜料理をよそい、席へ戻ると男性はチャンポンやラーメンなど、太りやすい炭水化物を美味しそうに食べていました。
「健康診断には行っているのか」「タバコをやめたら太ったのでお酒は休肝日を作っている」「糖尿病になると大変みたいだ」と話題は健康の事で花が咲きます。
「体は老体だが、心はいつまでも10代でいよう」と皆で話しているうちに、そろそろ12:00、真子さんのリハーサルが始まりそうなので会場へ戻りました。

会場ではCDの販売が始まっていて、2枚購入し、サイン会の準備もOKです!
椅子席も満席になっていて、立ち見の方もかなりいらっしゃり、人数は300人ぐらいで、私達と同世代の方がほとんどだったと思います。
ほどなくすると私服の真子さんがステージに登られ、リハーサルが始まりました。
お衣装はオフホワイトの半袖のトップス、インナーは裾がフリルのレースのキャミソール。そしてスリムな濃紺のジーンズ。靴はルコラインの「Rマーク」の入ったキラキラ光るおしゃれなスニーカー!
色白の真子さんにオフホワイトのトップスがよく映えて、いくつになられてもフリルレースがお似合いです。足なんてカモシカのように細く長く溜め息が出る程素敵なんです。
周りからも「綺麗!」「細い!」とチラホラ声が聞こえて来ます。

「しあわせのレシピ」の曲が流れ、途中まで歌われると「1時からもこの曲を歌うから来てねー」と仰り、すぐにリハーサルは終了してしまいました。
司会のお姉さんから、真子さんの紹介が始まり、前列に座っていた私に「首に巻いている、赤いタオルは何ですか?」と質問され「真子さんのファンクラブのタオルです」と答えました。

そして13:00になり、真子さんご登場!

〈第1部〉 お衣装は初めてだと思われる袖がフレアーになっていて、清楚な感じの白いブラウス、スカートはサーモンピンクのテールスカート(中央が短くなっていて、両端が長めのフレアースカート)に青い花や葉っぱの模様が入っています。
ピンクのハイヒールがサーモンピンクのスカートにコーディネートされ、またもや溜め息が出る程、素敵な真子さんでした。
髪型もふんわり内巻きにされていて、両サイドは後ろでヘアクリップでとめられていたのですが、今日の様なふんわり内巻きが、真子さんにはお似合いだなーと思いました。私はこの髪型が大好きです。

〈1曲目・しあわせのレシピ〉 「せーのぉー」「真子ちゃーん」今回は天井が低かったせいか3名しかいない親衛隊の声援が大きく響き渡り、真子さんもビックリされたような表情を一瞬されましたが、振り付け付きでキュートに歌われます。

「皆さんこんにちは、石野真子ですイオンさんに呼んでいただき、皆さんに逢えることになりました。リハーサルはジーパンでしたが乙女の姿に変身して来たわ」 盛大な拍手! 可愛い!
「今日は少しでも楽しい時間になればと思います。宜しくお願いします」

〈2曲目・ガラスの観覧車〉 謡い終えられると、高音を謡いきり「ホッ」とされた表情。 盛大な拍手!

「嬉しいわ、笑顔で迎えて下さって、朝、飛行機で来たんだけど私の前の飛行機が飛ばなくて…熊本でUターンして福岡まで帰る事になったの… お願い飛んでーと祈っていたら、私のは飛んでくれて、お天気もよくなって嬉しいわー」

会場を指差し「あちらに昔のアルバム持って来て下さっている方がいらっしゃるわー」(ファーストアルバム・微笑を持参されていました)
「ありがとうございます。あの頃は10代だったのよね、懐かしいー。また機会があればどんな所へも飛んで行きたいわ…。アルバムで、私の好きな曲があるので聞いて下さい」

〈3曲目・あなたがいるだけで〉 感情をこめて謡われ、優しいまなざしをされました。

真子ちゃんありがとうーとファンの方から言われると「お礼を言われちゃった」と嬉しそうな真子さん。
「遠い所からハチマキつけて応援に来てくれているので、昔の歌を謡います。皆さん楽しんでください」と親衛隊を気遣って下さった心優しい真子さんです。

〈4曲目・日曜日はストレンジャー〉 4曲目にしてコール曲です。
L・O・V・E・L・Y LETS GO ゴーゴーレッツゴーと親衛隊の渾身のコールが始まり、会場からどよめきが起こり、真子さんもコールに応えるかの様にノリノリで歌って下さいました。

歌が終わり「何十年前のことでしょう。私も来年で40周年を迎えます。本当に頑張ったなぁーって思いますが、これからもポチポチ頑張って行きたいと思いますので、テレビを観たら応援して下さい」と仰ると、会場から大きな拍手です。
「この曲も10代の大好きな歌です。聴いて下さい」

〈5曲目・めまい〉 細い身体でパンチがあり、高音もしっかりと出されていて、聴きごたえのある謡い方です。
「皆さんお元気で、ありがとうございました」とステージを後にされました。

隊員のアンコール、アンコールの連呼に会場のお客さんも一緒に手拍子です。アンコール10回連呼で真子さんが再登場されました。

「ありがとうございます。まるでライブよ!! 良かったわ、皆さんに喜んでもらって」
「今度NHK BS The Coversという歌番組で、リリーフランクさんが司会なんですが、私が何故か出演します。スタジオでオケで謡わせてもらいましたので、是非是非ご覧になって下さい。また、ボク運は終わってしまいましたが、定年女子というドラマの収録中です。4人の大学の同級生の話で、とても楽しい話です。NHK BSで7月9日から毎週日曜日22:00から始まります。それではCoversという番組で謡ったデビュー曲です。聴いて下さい」

〈6曲目・狼なんか怖くない〉 イントロ曲はプリティーが流れだし、しばらくするとメロディーは止まり、狼なんか怖くないが流れ始めました。
仕切り直しで、せーのー 真子ちゃーん。 狼を歌われ間奏では、一瞬ではありますが真子さんの瞳がウルウルされ、必死でこらえていました。
3名しかいない親衛隊のコールも、20名ぐらいで応援しているかのように炸裂中です。

最後の歌が終わり「皆様ありがとう、また笑顔でお逢いしましょう」と真子さんがステージを降りて行かれ、第一部は終了となりました。

〈第2部〉 16:00になり、盛大な拍手で真子さんご登場! お衣装は、東京・神戸の真子カフェでお召しになられていた鮮やかなブルーのドレスに、足元はメタルピンクのサンダルなのですが、10センチ以上ありそうな厚底の部分に赤や緑など、様々な色がちりばめられ、ビーズで出来た花柄の模様になっていて、厚底のサイドの部分が一種のアートのように素敵でした。

(せーの 真子ちゃーん)

〈1曲目・Life is beautiful〉 私の苦手とする裏ハクの手拍子が周りから聞こえて来ます。歌い終わりの時、貴族のレディーのようにスカートをつまんで、片足を後ろに引かれ、お辞儀をされました。 とってもキュート!

「こんにちは、石野真子です。今日はありがとうございます。こんな時間に立ち止まっていただいて、本当に嬉しいです。1部にいらっしゃった方、どのぐらいいらっしゃいます?」

(数名の方が手を挙げられると)

「ありがとうございます。今日私が初めてという方もたくさんいらっしゃると思うので、短い時間ですが、ぜひぜひ楽しんで頂けたらと思います。イオンさんに呼んで頂いて、今日は私も楽しみにして来ました。まさか皆さんとこんな近い距離で歌わせて頂けるなんて! とても嬉しいです」

〈2曲目・Friend〉 流暢に英語の部分を歌われています。

「どうもありがとう」

真子さん、満面の笑顔です。

「1部の時、ファーストアルバムを持って応援して下さった方がいらっしゃったのだけど、2部も来て下さったのね。ありがとう。40年前のアルバムを大切に持っていて下さって嬉しいわ」
「それでは17歳の頃の歌を歌いますね」

会場のお客様から首領?と聞かれると…

「ごめんね、違うのよ」と真子さん

「失恋記念日という歌を聴いて下さい」

〈3曲目・失恋記念日〉 しっとりと歌われました。

「一緒に口ずさんで頂いてありがとうー。懐かしいね。昔の歌、聴きたいねーという方がいらっしゃると思うのですけれど、時間の制限があるので、3曲の中から、これがいいというのを、皆さんから聞こうと思うの、昔の曲ねー」

「えっ、まだ最後じゃないの? あと2曲歌えるんだって!」(と嬉しそうな真子さん)
「じゃー昔の曲を最後に残して、この曲もこの時期だからいいかなぁーと思って選びました。彼が初恋」
(えっ!! この時期に彼が初恋ってどういう意味と私は思いました?? 初夏が一番だと思っていたのにー)

〈4曲目・彼が初恋〉 間奏のセリフ「あなたと別れて伸ばしはじめた髪も、もう肩まで届きました」と、背中までを肩までと変えて歌われました。

「あらもう次が最後の歌? 早いねー、この間、女優の黒木瞳さんが監督も為さっているのですが、私ださせていただいて、ネットのショートムービー「わかれうた」と検索して下さると見れますので、是非ネットで検索して観て下さいね」

中島みゆきさんのわかれうた「♪道に倒れてだれかの名を呼び続けたことがありますか♪」と真子さんが謡い出されました。
私も凄く覚えている歌で、ちょうど昭和53年〜55年、その頃の話です。甘酸っぱい気持ちに帰ってみて下さればと思います。
「私もその頃デビューしたてで、必至で歌っていた頃です。では、この3曲の中でどれがいーい? ワンダーブギ・ハートで勝負・首領・・・どれにする?」と真子さん

会場から(全部謡ってー)とリクエストされましたが、皆それぞれリクエスト曲が違うので、私とジャンケンをしましょうー!」

数名でジャンケンが始まりました。
ジャンケンポン! 負けちゃったーと真子さん
何名かの方と真子さんがジャンケンをされ、最後のに最前列の常連さんが勝利を勝ち取られました。
真子さんからリクエスト曲を聞かれましたが「真子さんの歌いたい曲を歌って欲しい」と謙虚に答えられ、真子さんは本当に「えー難しいわー、何にしようかしらー」と悩まれていました。
「では夏に向けてワンダーブギにしようかしら、皆さん掛け声かけて下さる? 私が真夏はゆかいと言ったら、真夏はゆかいと絶対返してくれる? 返してもらわないと、とっても寂しいの、頑張って歌うから絶対返してね!いーい?! では皆さんを信じて、最後の歌です。ワンダーブギ」

〈5曲目・ワンダーブギ〉 「M・A・K・O ウーレッツゴー」
・・・・・・・真夏はゆかい・・・・・・・
会場の皆さんが、真夏はゆかいと大きな声で返されます。素晴らしい一体感です。

謡い終わられたところで「せーの 真子ちゃーん」
「ありがとうございました、遠くまで来て下さって!」と仰りながらステージを後にされました。

9回目のアンコールで真子さん再登場です。
「こちらの方にはなかなか来れないので、今日歌わせて頂けて嬉しいわー、これからも頑張って行きますので応援して下さい。今日は時間を作ってくださってありがとうございました。これにて私は帰りますが、皆さん是非、是非お身体には気をつけてお過ごし下さい。感謝の気持ちをこめて、皆さんと出逢ったデビュー曲、狼なんか怖くないを謡います」

〈6曲目・狼なんか怖くない〉 「せーの 真子ちゃーん」老体の親衛隊、力を振り絞ってのコールです。
会場の皆さんも笑顔で手拍子されています。
「皆さんありがとうございました」と真子さんが手を振りながらステージを後にされましたが、お客様の顔を窺うと名残惜しそうに皆さん真子さんをお見送りされていました。
会場を出られる同年代の女性が「本当に来て良かったわ、可愛かったわー」と感慨深そうに話をされているのを聞いて、私もとても嬉しく、熊本まで来てよかったなぁーと思いました。
そして、真子さんのお見送りです。皆から「真子ちゃんー、真子ちゃんー」と声をかけられ、笑顔で帰られて行きます。
私も「お疲れさまでした」と言うと「気をつけて帰ってー」と真子さんが一言仰って下さり、天にも昇る程の幸せな気分になりました。
真子さん、楽しい時間をありがとうございました。
ドラマに映画に歌番組、充実されたお忙しい毎日でしょうが、くれぐれもご自愛下さいね!次にお逢いできる日を楽しみに、私達も真子さんに負けないよう日々頑張ります。
ボートレース戸田・スペシャルライブ (埼玉県)
日時:2017年5月6日(土) 1部:10:10〜 2部:13:25〜
場所:ボートレース戸田
観客数:2500人



5月6日朝6時スマホの真子さんアラームで爽やかに起きた私はそのままスマホを見る
すると通知バーにLINEマーク有り
奈良のシュウさんが電車に乗ったのLINEとは別に常連さんから戸田競艇に並んでます!のLINE
確か入場はギリギリでわ?と思ってビックリ!
さぁ私も昨日用意した装備品を持って駅に向かいます
駅に着く前に24時間営業のスーパーへよりポカリと少々のおつまみを買い込んで駅へ
電車が遅れているとのアナウンスだが1本早い電車なので内心焦りながらも来た電車のボタンを押して乗込みます。一応都内ですが電車に乗るときはボタンを押さないとドアが開きません(>_<)
武蔵野線、埼京線と乗継いで戸田公園駅に到着
辺りをウロウロと偵察、まだ誰も来ていないようです
そうしているうちに角刈りさんが駅から、車でコンパさんと奥様もう一台にボギーさんとブーちゃんさん、徐々に集まって来ました
東京駅で新幹線から3分で乗換えをしたミモザ校長とシュウさんを待ち車で戸田競艇場へ
駐車場に着くと橋を渡り建物へ、案の定開場は10時、なので建物をバックに集合写真をパシャパシャ
時間が有るのでイベント会場に近い入口へ移動、そこでもパシャパシャと写真
有る程度の人が集まったからなのか?ガラス扉が開いて通路の中へ
その先に100円を入れるコインゲートが有りゲートの右にイベント会場のホールが!
いやーーーすんごいホールです1000人入る!とは聞いていましたが・・・
例えるならば渋谷公会堂って感じです、広い!椅子も立派(あまり椅子使わないけど・・・)(笑)
開場が10時、10時10分には真子さん登場です
先に入った方々はCDを買ってますが我々は準備に掛かります
特攻服に鉢巻(私は今回より長鉢巻です)メガホン
いつもだと何歌うかなぁ?とかシンキングタイムになる時間ですが今回は全然余裕ナシ!(^_^;)
即、司会のお姉さんが登場し真子さんのプロフィールのご紹介が始まりました、プロフィールの後は真子さんの御光臨の時間なので支度を急ぎます
時間きっかり10分に真子さん御光臨!ブルーと白?裾がギザギザの(詳しくは真子さんのブログのお写真を)
このイントロは・・・

1 春ラ!ラ!ラ!

朝早くからお集まり頂いたようで・・・(^_^;)
どんな方々が(キョロキョロ)女性も大勢いらっしゃって・・・
でわ次は10代の歌を歌います


2 めまい

ありがとうー!
思い出してくれました?
じゃあね次も10代のコレで紅白にも出ました


3 ジュリーがライバル

あの頃は可愛いかったわー(今もー!と会場から掛け声に)言って欲しかったのよ(笑)


4 プリティー・プリティー

いやー嬉しいわー、これからも頑張るわー
GWは色々な場所へ行って、何十年ぶり、37年とか39年ぶりとかいう方もおられて歌うって良いわー
(土)10時からのドラマ「ボク、運命の人です。」の5、6話を収録したりしました
今日は・・・(ココまで言った瞬間に私には次の曲名がわかりました)日曜日では無いですが・・・


5 日曜日はストレンジャー


次は・・・アレ?(^_^;)
終わりだぁ(^_^;)
44分にはレースが始まるのよ(^_^;)
アンコールする?(しますがな)じゃあ一回引っ込むわね(^_^;)
と、チョイと脇へ行きアンコールをコールしました
(時間が無いとはいえあのアンコールは無いですな、幾ら何でもコールが早すぎます。前の常連さんから掛かったと思いますが基本は真子さんが見えなくなってから、真子さんがアタフタしているようでした)


アンコール
狼なんか怖くない


10時35分1部終了
(今回は2部が短いのでこのまま続行しレポートします)
CDを買って無いので購入する所へ並びます
毎回毎回握手の時に何を話すか?で寝れなくなる私ですが今回はバッチリ
平八郎のCDにカップリングされている曲「笑顔の花」
此方が初披露されたのが一昨年の新宿のライブででしたその時に同時に初披露された曲がもう1曲有ります。皆さん覚えていますよね?「空色パドル」
此方のがポップでアップテンポなのでCDにするなら此方だろうと思っていました
ところがCDになったのは「笑顔の花」「空色パドル」はその後歌われていません(>_<)
一昨年のライブでのみ歌われたあの「空色パドル」を是非CDに!と真子さん、マネージャーさんに伝え、レコーディングがダメならば是非ライブで再び!とお願いしておきました
あ、「私はオレンジ」ばかりでは無く「苺になるな野いちごよ」も聴きたいな(^_^;)

さて、サイン会も終わりましたのでご飯です
場内のフードコートで栄養を(ゴクゴク?)


予定の13時25分
少し右側にオフセットし準備万端開始を待ちます
28分司会のお姉さん登場
お待たせしましたー、皆さんこんにちはーーー
30分スタート


2-1 めまい


2部のお衣装は白いタンクトップにキラキラとスパンコールの付いた物と、座ると刺さる?と思われるスパンコールのマーメイドスカート(コークの瓶のような形の)
戸田ボートさんに呼ばれて(戸田ボートさん、私達よりもありがとうございますm(_ _)m)本日は来ました
あ、今回は15分しか無いのよね(^_^;)
私もね教えてもらって(舟券)買ったのよ、5レース?
後2曲ね(えーーー)(^_^;)
続きは8月のライブでね!(それまでイベント無いのか?)(>_<)
急遽裏から別の歌詞カードを持ってセットし次の曲へ


2-2 あなたがいるだけで
8月に新宿でライブやりますから来て下さいねー!
最後はこの曲で・・・

2-3 狼なんか怖くない


アンコールをダメもとでするも・・・
真子さん即両手でバッテンマーク
何故だか?貴重だからか?バッテンマークする真子さんが可愛いかった


そして親衛隊はボートレースへと・・・

終わり
イオンモール日根野・ミニライブ (大阪府)
日時:2017年5月3日(水・祝) 1部:12:00〜 2部:15:00〜
場所:イオンモール日根野1F・であいの広場
観客数:1,600人



5月3日、ようやく衣替えをしても良さそうな快晴で暖かい日が続くゴールデンウイークの真っ只中、それでも朝は、半袖だとまだ肌寒い感じがして…。

そういう時にも、(三人揃って?♪)春ラララ組用にカジュアルで腰に巻いたりすると普段にも使えそうなパーカーは便利ですよ!今回のは先月のクルーズイベントから着用しています。

開店時間より少し早めに向かったつもりが、既にお店は開いていて、数名のファンの方々が腰掛けておられました。

今回はレポート担当だから、私も座って拝見させて頂きます…てな感じで座り込むともう立ち上がらずに、数名の真子ファン達と和気あいあい楽しい時間…。

そうこうしていると、CD、DVDの販売の準備が整い、ずら?っと長蛇の列になるのは分かっているので即座に私は5番目に並びました。

マイクテストが整い、私達がお待ちかねの真子さん、ニッコリ百万ドルの微笑みを浮かべ、リハーサル登場です!

まずお衣装…メモ帳にデッサンしているのですが、薄手の黒のパンツスーツに薄手の白い長袖のカチッとした羽織…もしかすると上は外側と内側、一着になっているかもしれません。
靴は最近よくお見かけするRの文字の入ったスニーカー。

右手にマイク、左手はズボンのポケットに入れ、真子さんがリラックススタイルをされた様子をメモでは描いています。「Dreaming Girl」を1コーラス程歌われましたよ。

洋菓子?をファンの方からプレゼントされた真子さんは、私達に手を振られ戻って行かれました。

ぼんやりとステージの後ろを眺めていると…面白い発想をしてしまいます。私も思い付いたので、私が言い出したか?常連さんに言われたかは覚えてないのですが、コールする時、お客様の最後列じゃ背の高いメンバー達でさえ真子さんが全然見えないので、ステージの後ろのエスカレーターからコールすれば真子さんの後ろ姿が良く見えるんじゃない?
真子さん時々後ろを向いて手を振って下さるし…。
段々に並んでコールし、上がり切ったらまた降りながらコールする…
上り下りを繰り返せば素敵!?
(ここだけの話、指揮者は居ないけれどバック演奏みたいになるし、インストアライブならではで斬新!→まろんの意見)

…って数人で喜んでいるのも束の間、男子メンバーに伝えると、だーめ…目立ってはいけないの!

…そうかなあ?

綺麗にカッコ良くコールが揃うと、素敵よ…(今回歌って下さった「彩りの季節」は特に…あっ、この話は後でしますね)

司会の方が真子さんのプロフィール等を紹介された後、真子さんの御登場!

第一部

ステージでは初めてだと思われる一部のお衣装、透け感のある生地にピンクのグラデーション、ブルーのグラデーションが雲を描いたような柄の膝下丈のワンピースです。
ウエストは勿論くびれが出たスタイルでGoodですね。
私達、特に女子達には有難い刺激を頂けます…はい。
途中ですが思い出した事、真子さんのイベントには、女子に限らず男子も真子さんとデートをする様な気持ちで、お洒落をして来て貰えたらなぁ…という意見を聞いた事が有りますよ。
ピンクのハイヒールの靴はワンピースにコーディネートされてて素敵。
ネックレスは何連にもなったゴールド、イアリングはよく見えなかったけれど、握手会の時に確認したら花の形をしていました。

(1)恋のサマーダンス

真子さん「皆さんこんにちは、石野真子です。こちらには初めて来ました。短い時間ですが宜しくお願いします。え?…ドラマもやってますが歌も歌ってます。ではアルバムの中から…えっと…(譜面台を見ながら)…ダンシング…

(真子さん!ダンシングはさっきサマーダンスを歌ったでしょ?Dは合ってるけどDreamingだよ!)

もう?ぼけているの
昨日はドラマの撮影でママ、今日は歌手、明日はまたママ、覚えなきゃいけない台詞もあるけれど、今日は楽しく歌います」

(2)Dreaming Girl

しなやかな動きの出るワンピースなので、左右にゆらゆら揺れ、夢を見る少女を可愛く演じられて良いですねぇ。歌い終わりの時、エレガントにワンピースの裾を摘みお辞儀をされました。

このお辞儀…とっても好き!

真子さん「皆さんの中にも10代の頃の私を良くご存知の方もいらっしゃるんじゃないかと…5歳でデビューしても45才ですね、冗談じゃないくらい時が経ってしまいましたが、次は10代の頃の曲を聞いて下さい」

(3)めまい

♪サンタナの歌に合わせ♪

この後の2拍で時々、裾ををひらりと動かす振り付けを為さいますが、今回はこの振り付けで、カッコ良いです。

真子さん「ありがとう、懐かしく思い出して頂けましたでしょうか?小学生の同級生が訪ねてきてくれて、
50代にもなりますとね…笑うんじゃない!(笑顔)…懐かしい気持ちになったりします」

(4)ハートで勝負

真子さん「笑顔になってくれて、口ずさんでくれてありがとう!次の曲が最後になりますが、貴重な時間を私にくれてうれしいです。感謝を込めて私の首領」

(5)私の首領

私達は周りを見ながら小刻みに首領ジャンプ!(一列目と二列目辺り)初めてお越しの方も、慣れてくるとジャンプしたくなるはずです。

真子さんはステージを降りましたが、勿論、アンコールで再登場を待ちますよ。

ソーレソレソレアンコール!アンコール!アンコール!…

程なくして真子さんの御登場!

真子さん「えっとね…デビュー曲を聞いて下さい」

(6)狼なんか怖くない

歌い終わられると、あちこちから真子ちゃーん!って惜しむ歓声でいっぱいです。

第二部

まず、お衣装は、過去にもお召しになられていた…透け感のある黒のワンピース、勿論ウエストはくびれを出して素敵!黒いハイヒールでイアリングは長めで青くキラキラしています。ネックレスはオレンジの様なベージュの様な石とシルバーが混ざった感じで肌馴染みが良く素敵です。

颯爽と現れた真子さんの最初の曲は軽快でノレる選曲です!

(1)VIVAサンシャイン

あまりにも可愛くて方々から真子ちゃ???ん!と声が鳴り止みません

真子さん「皆さんありがとう?真子ちゃんでございます…懐かしい曲を歌います」

(2)彩りの季節

この曲について、皆さんにとって色々な思いがある様で…一人ずつ聞いてみたい様な気持ちにもなっているのですが、別の機会にでも…

そんな事より、まさか?の事件が起こりました!
私は前の席に座っていてコールがちっとも聞こえないんです。
私が聞こえないなら真子さんにも届かないよ!
後ろを向き、耳に手を当て集中しましたが全く…。

♪吹く風のーひそやかさがわかるー♪のところから明るく転調するのですが、ここにこそ、パーカッションの様に明るい張りのあるコールが短く一音一音入ってると更に元気な雰囲気を感じられるのに!

真子さんに、この曲が出た頃、引退されるのが寂しかったけれど、再デビューしてくれてありがとう!の気持ちを乗せて、しっかりコールしなきゃ!

って熱くなっちゃった…。

歌い終わられ、またまたスカートの裾を持ってお辞儀…ホントに素敵!

真子さん「久しぶりに歌ってドキドキしました。次の曲は…20歳になってたかな?アルバムの中から…」

(3)ガラスの観覧車

真子さん「初めて来たよって方も沢山いらっしゃるので、懐かしい曲にしました」

(4)日曜日はストレンジャー

「お母さんの役とか映画とかコツコツ続ける事が出来て、ライブもファンクラブの集いもあります。これからもいろんなところで歌っていきたいです。最後にこの曲…」

(5)あなたがいるだけで

真子さん「(涙ぐまれ)ありがとう」

ステージを降りる

ソーレソレソレアンコール!アンコール!アンコール!

お鼻の真っ赤な真子さん登場

真子さん「みんながニコニコしてくれるから嬉しくて涙が出てくるのよ、それではデビュー曲を聞いて下さい」

(6)狼なんか怖くない

途中から歌えなくなった真子さん、そうなると、女子も男子も恥ずかしげも無く真子さんを助けたい思いが歌わせる…何人かは久しぶりに狼を歌って喉が枯れたって…それも全部素敵な思い出になる…。

沢山の思い出をありがとう真子さん
40周年に向けて、これからも楽しく無理なくぼちぼちと進んで行きましょう!

レポート担当まろん
イオンモール高の原・ミニライブ (京都府)
日時:2017年4月30日(日) 1部:12:00〜 2部:16:00〜
場所:イオンモール高の原2F・平安コート
観客数:2,400人



Mako`s Cafe東京サンセットクルーズ、Mako`s Cafe神戸ランチクルーズ。
そして今日4月30日(日)イオンモール高の原インストアライブと、真子さんに毎週逢えるなんてこんな幸せなことはない?

11時58分。JR高の原駅に到着。駅から歩いて1分程度のイオンモール高の原2Fの平安コートに向かう。

すでに会場には多くのお客様で大混雑。CD・DVDの購入者の列は、50人以上の方の大行列が出来ていた。

親衛隊メンバーと合流し、リハーサルの開始を待っていた。

12時20分。ステージ上の机に真子さんが使用されるであろう、水(いろはす?)とタオルをマネージャーさんが用意。そしてマイクテスト。

12時30分。まるでSPに囲まれて移動する安倍総理のように、ガードマン5人に厳重に警備され、真子さん登場。

Dreaming Girlでリハーサル開始。
そして、恋のサマーダンス。途中で終了。
真子さんは、司会のお姉さんと音響担当の方によろしくと言い退席。

そして、13時きっかり。真子さん登場。
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ
1曲目 恋のサマーダンス
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ

曲が終わり、真子さんが何か話をされているが、全く聞こえない。
メンバーの一人:「ミモザさん、本日イベントレポート担当ですよね。全く聞き取れないけど、どうするの?」
僕:「前の席に一部のメンバーがいるので後で、概略を聞くよ」
ということで、後で聞いたことですが...
前の席に小さい子供がいて、真子さんが心配をして「迷子じゃないよねって」心配していたとのこと。

2曲目 Dreaming Girl
親衛隊では、昔の曲のみコールをするルールなので、コールなし。手拍子で一生懸命応援する。

真子さんの話、全く聞こえず。

3曲目 めまい
この曲は、昔の曲ですが静かな曲なのでコールなし(昔は、コールしていたのですが...活動歴の長いメンバーは、小さな声でコール。)

真子さんの話、ちょっぴり聞こえた。
真子さん:「たくさんの人が来てくれてありがとう。」

4曲目 ハートで勝負
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ
やっと、コール曲だ!精一杯頑張る。

真子さんの話、ちょっぴり聞こえた。
真子さん:「最後の曲になりました。本日は本当にありがとうございました。16時からもう1回、ミニライブを開催しますので、よかったら来てくださいね?」

5曲目 あなたがいるだけで
真子さんの曲は、全て知っているが曲名が出てこない。
隣のメンバーに、
僕:「曲名なに?」
隣のメンバー「わかりません?。歌詞の一部を書いておけば?」
僕のメモ:「どんな時も諦めない...」
僕の心の叫び:「後で調べるの大変やん!」
ちょっとしたら、
隣のメンバーが教えてくれました。ありがとう!よかった!

真子さん:みなさんありがとう。舞台を降りる。

アンコール。アンコール。アンコール。アンコール。アンコール。
アンコール。アンコール。アンコール。アンコール。アンコール。
ちょうど、10回目の時に真子さん登場。
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ

真子さん:呼んでくれてありがとう。

6曲目 狼なんか怖くない
あなたも狼に変わりますかー
(ラブリーラブリーラブリーマコちゃん)
(LOVEキュティーエンゼルMAKOレッツゴーマコちゃん)
初めてのルージュの色は赤すぎてはいけない♪
 (マコちゃん)
精一杯コールをする。

真子さん:皆さんありがとう。まったね? と舞台を降りる。

真子さんの衣装を、どのように表現したらいいのか全くわからないので、女性隊員に教えてもらったところ「黒の半袖のシャツに赤のプリーツスカート」のことでした。

いよいよ握手会が始まった。
約10分後。やっと僕たちの順番になった。
親衛隊メンバー:「新しいCDを発売の予定はあるのですか?」
真子さん:「出したいですね」
僕:「サマーライブは、関西では開催しないのですかー?」
真子さん:「う?ん。新宿で2回できたらいいのにね。」

真子さんのサインを頂いた。今までに何十枚もらったかわからない。
でも、最近は会場で購入したCDまたはDVDのみ。
またいつか、私物にもサインを下さいね。

1部終了。

15時10分。司会のお姉さんが、真子さんの今後の予定をアナウンス。
 5月3日(祝) イオンモール日根野・インストアライブ
 5月6日(土) ボートレース戸田・スペシャルライブ
 8月6日(日) 新宿ReNY石野真子 SUMMER LIVE 2017
 があります。
僕の心の声:「ん?、秋田もあるよ?」
石野真子&早見優サマーディナーショー
 日時:8月20日(日) 1部13:00〜 2部18:00〜
 場所:ホテルエクセルキクスイ
    秋田県にかほ市平沢町田108-1
    TEL 0184-37-3333

15:50 1部より多い約350名の観客。
親衛隊メンバーは、いつもと同じ最後列に。準備完了。

16:00 2部スタート。
真子さん登場。
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ

またまた、衣装の事をどのように表現したらいいのかわからないので、メンバーに教えてもらったところ「ターコイズブルーのノースリーブドレスとピンクのハイヒール」とのこと。

1曲目 詩生活
2曲目 KISS KISS KISS
3曲目 ガラスの観覧車

4曲目 日曜日はストレンジャー
(LETS GO!)
天使よりー♪
(ゴーゴーレッツゴーー
精一杯コール。ここで管理人さんが痛恨のコールミスをおかす?(笑)

5曲目 あなたがいるだけで
2部も真子さんのお話はほとんど聞こえず。

真子さん:「ありがとう」舞台を降りる。

親衛隊が音頭をとり、会場のみんなで再度真子さんが登場してくれること願い、
 アンコール。アンコール。アンコール。アンコール。
 アンコール。アンコール。アンコール。アンコール。
いつもは、僕も一生懸命に「アンコール」って叫ぶのですが、今日はイベントレポート係。
回数を数えていました。8回目で再登場。

アンコールの回数は、1部が10回、2部が8回で、真子さんが再登場していただきました。でも、ライブの時には何十回も叫び続けることも有り

せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ

6曲目 狼なんか怖くない

ライブが終了し、再度握手会。

僕:「ゴールデンウィークは、お休みあるのですかー?」
真子さん:「微笑みながら、ないでーす」
そばにいたマネージャー:「僕が悪いんで?す(笑)」

CDにサインをいただき、両手で握手をした。
僕の心の声:「ん?熱い。体調を崩されているのかも...」
先週行われたMako`s Cafe 神戸ランチクルーズで、真子さんとハイタッチした時とは、あきらかに違う。

マネージャーさんにお願いですー
真子さんに、お休みとってあげてくださいねー(笑)

その後、常連さん3名を含む11名で宴会をし、解散。

おしまい
Mako`s Cafe 神戸
日時:2017年4月23日(日) 12:00出港
場所:神戸ハーバーランド「コンチェルト」
観客数:120人



東京から一週間が経ち、ここ神戸ハーバーランド コンチェルトでの真子カフェレポートです
今回は給食のおばさんと真子友で給食のジャムおじさん(byアンパンマンミュージアム)がお届けします

青い空と青い海に注がれる、春の柔らかい陽ざしがすごく気持ちのいい朝です
ハーバーランドでは真子カフェの会場になる真っ白なクルーズ船コンチェルトが停泊しています

後方の対岸は周りの白い建物と海と空の青が赤いポートタワーをくっきりと浮かびあがらせ、ついに真子さんの地元、神戸の海にやって来ました!

東京には参加できなかった私は、出雲のイベントで真子さんにお逢いしてるのに、1か月過ぎるともう遠い昔のように感じます

今回参加したお仲間は若干26歳の男性のご新規さんを含めて13名!
真子さんへのお花は円音さんがご担当でした

先週の東京に続いての真子カフェも今年で4年目になり、今回は海上でしかも参加120名と今までで最大のファンイベントになりました
(40年目の記念ファンイベントはまさかの温泉旅行か?)

ファンイベントも4年目になると、ファン会員ばかりなのでコンチェルト乗船受付の周りはご常連のお知り合いの方々をはじめ、どこかでお見かけしたことのある方ばかりです

たまにはいつもとは違う真子友の方々と大好きな真子さんのお話しで盛り上がりたいそんな気持ちにさせてくれます

いよいよ乗船の受付が始まり、私は120人中84番でした 
仲間では80番、96番、111番と数字の大きい番号が多い中、シュウさんはなんと5番です
なんだろうこの差別感は・・・誰がどのようにして番号を決めているのか判りません

真子隊男性陣は緑ハチマキを首に掛けて・・・
女性の春ラララ組(円音さん、智恵ママさん、アキココさん)は春らしい桜色のMAKOと書いた文字が背中に入った薄い緑のパーカーを着て・・・
番号順に並んでコンチェルトへ乗り込みました
(一部のお仲間からは割烹着はどこへいったのか?とのご質問がありましたが無視されていました)

船内で一番下のダイヤモンドのお部屋に誘導され、私たちは真ん中の一番後方に陣取りました

バイキングではグラタンや肉料理、サンドイッチ、串揚げ デザートにカレーもあり盛りだくさん
約30分の食事タイムでは角刈りさん、ミモザさん、シュウさん、広島産さん、ひさぴょんさん、平八郎さん、和尚さんと私は宴会と間違うくらいに飲み食いして、お腹いっぱいなのとお酒でべろべろで真子さんに合わす顔がありません
(管理人さんがいたら絶対に叱られます カレーとグラタンが美味しかった?)
Tさんはお連れの女性の方とご一緒で、ラララ組3人は近くの別テーブルで、ご新規さんはあれれ?姿がありません

大阪の真子カフェではおなじみの司会フジサワさんが潜水艦が見えるだの、重工さんの造船所が大きいなど・・・お仲間は見向きも聞きもしないで飲み食いしているうちに、さていよいよ真子さんがご登場して、ファンイベントが始まろうとしてます

真子船長のご登場で?す
 
司会のご紹介があると角刈りさんとミモザさんのすぐ後ろ、この部屋の入口からグレーのストライプシャツと黒いパンプス姿でドラマ出演のために体を絞っておられるのか、
プリティとかキューティではないダンディでかっこいい真子さんがすぐ近くをステージに向かって風のように通り過ぎていかれましたー

真子さんが登場するとグダグダのテーブルが一瞬でシャキッとしたように思います

まずはいつもの質問コーナー
真子さんが箱から質問の紙を取りあげて、しばし沈黙が・・・・・
めがねをかけられて一言「見えない」

なんと最初の質問はご新規さんでペンネームはレオさんです
ご新規のレオさんはどこかなと思ったら一番前のテーブルですぅーって、びっくりしました

質問(1)「真子さんの好きな映画は?」
真子さんはローマの休日、風と共に去りぬと超有名な名画のあと「ショーシャンクの空に」と
ちょっと聞いたことのない映画を挙げられました

調べてみると冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマンドラマで私の大好きなデパルマ監督のキャリーやスタンドバイミー
で有名なスティーブンキング氏の原作だそうです

逆に真子さんがレオさんへ好きな映画を質問すると、スターウォーズが好きと答えて
真子さんはベイダーとかロボットとか出るのは知っているようでしたが観たことはないご様子でした

司会からお勧めについて聞かれると、エピソード4とレオさんが言うとあらすじを一生懸命説明していましたが、レオさんには悪いけど、たぶん真子さんは観ないかな?と感じました・・・

質問(2)「ドライブルートはどこですか?」
最近淡路島をドライブされ、サンセットロードを行ったりして島を一周回ったそうです

淡路島で真子さんに出会ったら、それこそたまげますね
あとは湘南や鎌倉を語られて、134号?246?・・・ん?数字きらい!
とまるでハクション大魔王のようなご発言が

由比ガ浜に行って道が分かれたらどっちに行こうかなとか、気分まかせで決めるそうです

次に真子さんが引き当てたのは悲しきエンジェルさん
真子さんがどこの誰か探していると、えーっ!アキココさん?なの

はーいと返事すると角刈りさんが「給食のおばさん」と後ろから叫んでます
アキココさんが角刈りさんを鬼の形相でにらんで・・・
ホラー映画よりも恐ろしいものを見てしまいました

でもなぜ「悲しきエンジェル」さんだったのでしょう
「アキココ」でも「給食のおばさん」でもなく謎が深まります・・・

質問(3)「真子さん今恋をしてますか? 次の人が運命の人です」
なんだかストレートな凄い質問です

真子さんから会場の皆さんへ僕運命の人ドラマ 観てる?・・・と語りかけドラマについてあれこれ話されてから、「何でしたっけ質問?」でズルっとこけました

真子さんからまじめに「自分よりも応援する側にいたい。おせっかいおばさんかな?」
とお答があると、角刈りさんが「給食のおばさん?」と言ったのを聞き逃しませんでした

質問(4)「神戸で食べたいスィーツは?」
神戸プリン、クッキー、パン・・・神戸の名がつくと美味しい感じがする by真子

質問(5)「車の色は?」
濃いむらさき その前はチャコールグレー 白 薄いブルー ・・・
紫色がラッキーカラーだそうです

質問(6)「40周年 デビューから現在までの写真集がほしいです」
いつも誕生日やデビュー記念日と2回も皆さんからお祝いされて、39周年は出雲で歌いました

なかなかその日にその場で歌えるなんてないし、いいパワーをいただきました
来年3月の40周年 がんばるからね まさにサンキュー!
笑顔の真子さんに会場は大きな拍手に包まれました
写真集は無いのかな?

つづいて真子さんが引き当てたのは、にゃ?んと自分です 僕です 俺です 
いろいろ言いかえても私でした

質問(7)「カラオケで歌う曲は?親衛隊のコール練習に参加してみませんか?」
真子さんからはひとりでボイトレのためにカラオケを使われるそうです

イヤホンで自分の曲を聴いてマイクで思いっきり歌うだけ
行きつけのカラオケでライブが近くなるとよく行かれるとのことです

コール練習は真子さんから「高いわよ?ん」と言われました
ということはお金出せばきてもらえるということ?夢は膨らみます(^^♪
お金持ちの親衛隊のみなさん! 思い出にいかがでしょう?

ここで前半が終了し真子さんが一旦ご退場です
満面の笑みの真子さんが出口前の我々のテーブルへ接近してきます

ドキドキしていると、ス?っと真子さんがすり抜けて行かれ振り向くと
真子さんは角刈りさんとミモザさんとハイタッチ!

コンチェルトもそろそろ明石海峡大橋に差し掛かるころ
ランチクルーズは後半の折り返しです

そう言えば、真子カフェ1回目の抽選を前に円音さんのミニライブが
明石海峡大橋の架橋上にあるプロムナードで開催され
管理人さんと私とで応援に行った帰りに3人で舞子浜の温泉
へ行き風呂上りに真子カフェの当選を祈りながら打ち上げしたことを思い出します

あれから4年が経つとは、まさに光陰矢のごとしですね

そしてお待たせしました 我らが真子船長のご登場です
東京と同じブルーとグレーのドレスでステージにご登壇されました
(詳しくはシュウさんのMAKO'S CAFE vol.04 東京湾サンセットクルーズ-最終回レポートをご参照ください)

さてさてリクエストです
本日は43曲の中から(誰かが39曲じゃないんだ・・・とつぶやきました)乗船順の番号で抽選だそうです

当たったらレアな曲にするか、コールして盛り上がる曲にするか頭の中がうごめきます

1曲目 私のDJ うれしいことに「おやすみなさい」セリフ付きでした

2曲目 出ました 日曜日はストレンジャー

私たちは立ち上がり、一番後ろに並んだところで角刈りさんの統制で
せーのー 真子ちゃーん
L・O・V・E・L・Y LETS GO! 大コールが船内に響きますぅー
日曜日はストレンジャー♪ C U T E L A D Y

3曲目 96番の方・・・角刈りさんは97番でニアピン残念
空飛ぶお嬢さん

真子さんがワンダーブギのB面よーって仰いました
でも大好きな曲で、たぶん初めて聴けたと思うので大満足でした
真子さんも歌い終わって久しぶりだーとニコニコされていました

4曲目 112番の方・・・今度は111番のミモザさん 残念! あんたもか!
角刈りさんと残念コンビなのだ・・・
だけどちょっと待って! リクエストは私の首領だぜ!

再び後ろに整列して 角刈りさんの統制一発!
せーのー 真子ちゃーん

♪真子ちゃん ♪真子ちゃん LOVE MAKO レッツゴー真子ちゃん♪
わたしのドン・・・みんなでポーズしてジャンプ

大コールとジャンプで会場の盛り上がりは最高潮に達しました
真子隊だけでなく、会場の皆さんみんなノリノリです

5曲目 ご常連のまいまいさんのお友達のようです
リクエストは 曲名にしーんと 注目します
狼なんか怖くない 出た!出ました!やりました!

みたび後ろに整列する私たち・・・
またまた角刈りさんの統制が入ります
せ?の? 真子ちゃ?ん

♪ラブリー ラブリー ラブリー 真子ちゃん 
♪LOVEキューティーエンジェルMAKOレッツゴー真子ちゃん

コールの最中にコンチェルト船内スタッフの方と何度か目が合いましたがそこは恥ずかしがらずに、真子ちゃーんと力いっぱい絶叫しました♪

真子さんが狼を歌い終わると、リクエストはここまで しゅうーりょうーでーす
なぬ! 精一杯コールしたわりには、物足りなさも残りました・・・

真子さんの告知があり(byシュウさんの東京編をごらんください)
なにやら真子さんの声が詰まり始めました・・・

昔から住んで親しんだ海の上 (真子さんの涙が光ります)
神戸の海 いろいろな思い出が・・・ (真子さんの言葉が詰まります)
神戸が好きだわ 今日は素敵な思い出ができました 
(真子さんの目は真っ赤です)

40年目もここにいる
自分のふるさとで歌える・・・涙もろくて
(真子さんの真珠の涙がこぼれ落ちました)

集まってくれて、ありがとぅー

真子さんの感極まるお姿を見て、感動して言葉になりません
大きな拍手で真子さんに感謝の気持ちをこめて応えます

真子さん 
真子さんがいるからみんな集まって 
真子さんが歌うからみんな応援して拍手して
真子さんだからみんな40年間ついてこれました
これからも真子さんのペースで
真子さんのままで、その笑顔を私たちに振りまいてください

2時間はあっという間でした
真子さんとまたまた楽しい思い出ができました
お天気が良くてよかったし、さらに真子さんの笑顔と感動をいただきました

真子さんとのカラオケ♪実現出来たらいいなぁー

帰りに真子さんと握手した時、またまた「高いよー」と言っていただきました

お金貯めて出直してきます!
それまで気が変わらないでいてくださいね

コンチェルト到着までの約10分間
仲間とデッキで記念写真を撮って、ランチクルーズもフィナーレとなりました

船を下りて仲間のみんなと事務所のワンボックス(えー東京から事務所の方々は車で?)
に乗り込む真子さんに本日のお礼とお見送りをしました
なんと広島産さんはここでも真子さんとハイタッチ うらやましー

このあとはみんなでカラオケに行き、
真子さんはいらっしゃらなく残念ですが、
打ち上げで命の水の補給とコール練習(もどき?)を
3時間みっちりと仲間の親睦を深めて?解散しました

参加されたみなさま、本当にお疲れ様でした

おしまい
Mako`s Cafe 東京
日時:2017年4月15日(土) 16:20出港
場所:東京湾・日の出埠頭「シンフォニー・クラシカ」
観客数:160人



天気は良好、視界よし!!
今日は真子ちゃんと一緒にお船の中で朝までフィーバーやぁーー「ン(*^▽^*)
真子ちゃんと私達を乗せた一隻の船は大島に向け東京湾を出航した…

今回のレポートはシュウが担当させて頂きます、宜しくお願い致します。

血気盛んな頃、私たちは真子ちゃんと共に大型客船さんふらわあ号で大島沖一周の旅に出た、当時10代半ばの私達にとってそれは夢のような旅だった、憧れの真子ちゃんと1つ屋根の下で一夜を明かせる事に参加者全員が歓喜の声をあげた、そしてその表情は喜びに満ちあふれていた。
そんな若かりし頃のさんふらわあ号の想い出は、今でも私の心の中に焼きつき色褪せる事は無い♪
あれから37年が経った現在、再び真子さんとフェリーの旅に出れるなんて誰が想像しただろう、そしてそんな機会を与えて下さった真子さんに感謝したい!(*^▽^*)

ある日、Mako mixから一通のメールが届いた、それはMako's cafeの開催を知らせる幸福のメールだった。
そのメールに打ち込まれたクルージングの文字に、そんな熱かった青春時代を思い出し私の胸は高鳴った、誰しもがそうだったに違いない、、

その幸福の知らせに私の妄想は自然と膨らんでいった…

昔のように真子さんを囲んでコールや記念撮影が出来るのかなぁ…♪
参加者一人ひとりに名前入りのサインを書いて下さるのかなぁ…♪
アリババを歌って下さるのかなぁ…♪

と、私の頭の中はフル回転だった!(*^▽^*)

前置きが長くなってしまったが、クルージング当日の朝がやって来た。
私は何時ものように早朝から身支度を整え数時間後に訪れる癒しの時に備えた。
普段よりも軽めに整えたカバンを片手に、東京行きの新幹線に乗り込むとマロンさんとの待ち合わせ場所である品川駅へと向かった、品川駅に着くと程なくしてマロンさんが到着、次いでひさぴょんさんと合流すると目的地である日の出埠頭・シンフォニー乗り場へと向かった。

ひさぴょんさんは用意周到に少し大き目の丸筒を2本用意して、これから始まるMako's cafeに備えていた…

そして3人を乗せたゆりかもめは新橋駅を出て日の出駅へと向かった、駅の改札口を出るとほんの5分程で日の出埠頭に到着した。

今日は好天とは言えない、どんよりとした曇り空…
風もそれなりに強く、いつ雨が降り出してもおかしくない、傘は用意しているが出来る事なら使いたくないのが心情だ…

私達はあまり歓迎できない天候のなか、整理券の配布が始まる少し前にシンフォニーの待合室に入った、その頃には既に仲間たち7名と常連さん数名が到着されているようだった。

待合室は観光客や結婚式のイベントの方々でごったがいし、仲間たちを見つけるのは容易では無かったが、なんとか仲間たちを発見し無事に合流、しばらくして黒のスーツで身を包んだミモザさんが到着し、これで仲間たち11名が揃った(*^▽^*)

14時30分をちょい過ぎた頃に小林マネージャーの対応で整理券の配布が始まった、他の観光客でごったがいするなか、真子ファンはお行儀良く列をなして整理券の配布を待った長蛇の列である、整理券の配布が終了するまで1時間は優に掛かっただろう、因みに私の番号はキリの良い50番だった…

乗船時刻まではまだ少し余裕が有る、その時間を有意義に使おうと客船シンフォニーをバックに記念撮影を行った、その脇ではマロンさんとひさぴょんさんが船員のコスプレでその場を和ませていた…(-ω-;)ウーン

16時15分頃にスタッフIさんの掛け声で乗船が始まった、1番ー20番、21番ー40番と順に手際よいスタッフIさんの合図で総勢159名が、はやる気持ちを抑えゆっくりと足を進ませたC= C= C= ┌(;・_・)┘トコトコ

シンフォニーに架けられた、そう長くはないスロープ状のタラップを上がり船内へと足を進めるとメイン会場である一室にたどり着いた、そこには白いクロスが掛けられた円形のテーブル15卓程が綺麗に配置され、テーブル後方には料理が並び、まるでウエディングパーティーかディナーショーを想わせる、これまでのcafeとは全く違った様子にいっそう期待が膨らんだ(*^▽^*)

皆が席に着いた16時30分頃に司会の松本ユカさんから16時50分に真子さんが登場されます!とアナウンスがあり、登場されるまでの20分間がディナータイムとなるわけだ、バイキング形式ではあるが先程も記したように、まるでディナーショーのような雰囲気を醸し出している。

会場には料理も豊富に用意され、何より命の水も飲み放題なのがとても嬉しい♪(*^▽^*)

料理を美味しく頂いていると司会のユカさんからアナウンスが…
間も無く16時50分です石野真子さんが登場されます!と、席に戻るように促すアナウンスが流れます。

程なくして司会のユカさんからイベントスタートのアナウンスが入ります。

ユカさん
それではご登場いただきましょう、Mako's cafe店長の石野真子さんですー
大きな拍手でお迎えしましょー♪

会場からは割れんばかりの拍手が真子さんを包み込み、会場のあちこちから真子ちゃーーんと声がかかるなか、角刈りさんの真っ赤な統制棒ならぬ黄色のメガホンが空を切った!

そして私達はお出迎えの統制3発を真子さんに贈った。

せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ

観客の大きな拍手で迎えられ、登壇された真子さんはMCを始められた…

真子さん
皆さーーん!
船の上は如何ですかー♪
今日は雨が降らないように電話をしておきました…??(笑)
デッキは気持ちが良くて最高でした、皆さんも如何ですかー

このあとユカさんと真子さんとのやり取りが続き、ユカさんから今日のスケジュールの紹介が始まります。

質問コーナー → 自由時間 → リクエストライブのコーナーの流れで説明がありました。

ここで真子さんのお衣装の紹介です、半袖のシャツブラウスをパンツで合わせ上下をブラックのモノトーンで統一、腰には多色ストライプ柄のスカーフをさり気なく巻かれ、真子さんらしいセンスが光ります♪(*^▽^*)

ユカさん
それでは早速、質問コーナーから始めたいと思います。

四角いサイコロ状の抽選箱の中から、参加者が予め書いておいた質問用紙を真子さんが引き抜き選ばれた方の質問に真子さんが答えられます。

質問-@
真子さんは2日酔いになられた事は有りますか?

真子さん
酔っ払う自信がありません…
日本酒や梅酒をいただくくらいです♪

質問-A
新曲のリリースの予定や好きな曲は有りますか?

真子さん
リリースの予定は有りませんが、有ればお知らせします…
その時の雰囲気によって、昔の曲でも今の曲でも一番好きだと思って歌っています。

質問-B
東北に来られる予定は有りますか?

真子さん
予定は無いの…ゴメン
行く事があればお知らせしますのでお越し下さいね♪

質問-C
4つ目は幸運にもKimちゃんが引き当てられました♪
ライブをお願いします。

真子さん
8月6日の日曜日にライブしまーーす♪
新宿ReNYでやりまーーーす♪
その日に2回やりまーーーーす♪

なかなか日曜日は取れないの…

それと…

4月30日は京都のイオン高の原でインストアライブ…♪
5月3日は大阪の泉佐野のイオンで…♪
5月6日は埼玉県のボートレース戸田でミニライブをしまーーす♪

真子さんからの、突然のライブの告知に会場は大盛り上がりで大きな歓声が上がります♪(*^▽^*)

質問-D
白洲次郎さんは芦屋の方ですか?

ごめんなさい…
いきなりのライブの告知に仲間たちと盛り上がってしまい、真子さんの話を全く聞いていませんでした、真子さんゴメン…(;ω;)

質問-E
ドラマの子供たちの名前を言えますか?

真子さん
あすか…
奏(かなで)…
晴子…

質問-F
歌ってきた曲で一番好きな曲は有りますか?

2番目の質問と重複していたので、真子さんは同じような内容で答えられていました。

質問-G
来年は40周年でイベントお願いします。
40年で何が変わりましたか?

真子さん
よく働きましたーー♪
皆さんもですーー♪
皆さんと同じ時を過ごした訳ですから…
何が変わったか気づかずに過ごしてますけど、いろんな経験が何かしら糧となって…
多少の事ではビクともしないぜ!!
という感じですー♪

このような事を沢山お話しされましたが、メモ帳を見てもミミズの痕跡ばかりで解読不能でした…m(_ _)m

質問コーナーが終了すると真子さんは客席からの大きな拍手に見送られ控室へと下がられました。

ここで前半が終了し、5時15分〜5時30分まで、15分間の自由時間となりました…

間も無く5時30分になりますので、リクエストライブのコーナーがスタートします、席にお戻り下さーい♪
と、ユカさんからアナウンスが入ります。

ユカさん
皆さん、盛大な拍手でお出迎え下さい!
石野真子さんですーー

真子さんは大きな拍手に包まれて軽やかな足取りで登場されます。

そして私たちは前半と同じく統制3発でお出迎えです!

せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ
せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ

お着替えをされた真子さんは、めちゃくちゃチャーミングで、前半とは全く違ったブルーのドレスでご登場され胸元にはシルバーのネックレスが輝きます♪

お衣装は、「マチャアキ・ひろみのふたりのビッグショート」でお召しになられたブルーのドレスです♪

ユカさん
それでは後半のリクエストライブを始めたいと思います。
皆さん、お手元に整理券をご用意くださいね!

四角いサイコロ状の抽選箱の中から番号の書かれた紙を真子さんが引き抜き、そこに記載された番号と同じ整理番号の方にリクエスト権が与えられます。

そして、テーブルの上には真子さんの楽曲が書かれた用紙が置いて有り、その中からリクエストをすると言う流れです。

では、リクエストされた曲を順に…♪

@日曜日はストレンジャー

ここは当然、私たちはマジなコールで盛り上げますーーー

LETS GO!!
天使よりー♪
ゴーゴーレッツゴーーヽ(`・ω・´)ノ

A私はオレンジ

B恋のジョギング

Cわたしの首領

リクエスト権を得たのは、ボギーさん♪

壇上に上がる際、足を踏み外すふりをして真子さんの前で吉本新喜劇ばりのコケ芸を観せてくれたボギーさん、そしてリクエスト用紙には記載のないアリババをリクエストしてくれる等、サービス精神旺盛だ、そんなボギーさんには頭が下がる…m(_ _)m

だが関西人としては、ここで負けるわけにはいかん!ヽ(`・ω・´)ノ
関東人には負けてられへん!ヽ(`・ω・´)ノ
真子さんの前で何かせなあかんでミモザさん!!ヽ(`・ω・´)ノ

と言いたいところやったが、壇上に上がるにはリクエスト権を獲得せんとあかんのや…(;ω;)

気をとりなおして、皆でコール爆裂ーーーヽ(`・ω・´)ノ
皆でドンジャンプやーーーヽ(`・ω・´)ノ

♪ーー♪ マコちゃ ん ♪ーー♪ マコちゃん
L・O・V・E MAKO レッツゴーマコちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ
わたしの首領とよばせてくださいーーー♪
わたしのーー♪
レッツゴー!ヽ(`・ω・´)ノ
わたしの首領とよばせてくださいーーー♪
ラブリーマコちゃん!ヽ(`・ω・´)ノ

会場内は私達と真子ファンのドンジャンプですっごーーく盛り上がった♪(*^▽^*)

Dカナリア

カナリアを歌われるちょうどその時、出航前の曇天が嘘のように晴れわたり、黄金色のサンセットの光が客船シンフォニーを包み込むと、船の窓から差し込むその光源はスポットライトとなり真子さんを照らします。

真子さんがカナリアを歌われる姿は天使のような輝きを帯びてとても美しかった…(*^▽^*)

Eガラスの観覧車

F狼なんかこわくない

男性の方がラスト曲を獲得され、狼をリクエストして頂けました♪
ファンを代表し、本当にありがとうございましたm(_ _)m

私たちは会場後方に整列し、今日のラストを飾る狼をありがとうの気持ちを込めたコールで真子さんを盛り上げます。

あなたも狼に変わりますかーーー♪
ラブリーラブリーラブリーマコちゃん!ヽ(`・ω・´)ノ
LOVEキュティーエンゼルMAKOレッツゴーマコちゃん!ヽ(`・ω・´)ノ
初めてのルージュの色はあかすぎてはいけない♪
マコちゃん!ヽ(`・ω・´)ノ

ラスト曲が終了すると、渾身の力を込めて統制1発!

せーのーー ! 真子ちゃーーーんヽ(`・ω・´)ノ

アンコール!アンコール!アンコール!アンコール!
アンコール!アンコール!アンコール!アンコール!

ここで私たちは、アンコールを入れますが時既に遅し…

時間どうりにシンフォニーは港に着岸…

時間切れとなりました…(;ω;)

真子さん
アンコールは次のライブでねー♪
皆さーん、楽しんで頂けましたかーー
今日は皆さんやスタッフの方の協力の元、開催することが出来ました。
楽しい一日になりました、ありがとうございましたー♪

今日はお土産が有ります、クリアファイルに絵を描きました♪
この絵を見て、今日の日を思い出して頂ければと思いいます♪
ありがとうございましたーー♪

真子店長は今日参加された159名のファン一人一人と握手を交わし、Mako's cafe vol.04は終了した。

青春時代の感動を再び呼び戻すことは出来なかったが、真子さんと過ごすひと時はこの上ない至福の時となり、新たな感動を胸に刻むことが出来た楽しい旅となった。

P.S ひさぴょんさんが用意した少し大き目の2本の丸筒は最後まで陽の目を見ることはなかった…(;ω;)


おしまい
出雲大社御奉納ライブ
日時:2017年3月25日(土) 17:30〜
場所:出雲大社・東神苑
観客数:1,600人



あなたのお家の宗教は?

そんな質問をされることは滅多に無い筈だが・・・
多くの日本人は、仏教或いは浄土宗とか天台宗というように、仏教の宗派を答えるだろう・・・

それは正しい。

しかし、私達日本人は仏教徒という以前に、この国に生まれた時から自動的に「神道」の信者になっている。

エッ・・・@o@; 神道に入った覚えはないのに・・・(´_`。)

それはそうだ・・・ なにしろ「自動的に」信者になっているんだから、申し込み用紙に住所氏名を書いた覚えも無かろうし、会費も払ってない・・・

だが、誰しも一度は初詣(はつもうで)に行った事があろう・・・
初詣に行く=神道の信者の証し
初詣に行かずとも=強引だが、とにかく神道の信者

そんじゃ、神道とはなに(・_・;?

神道とは日本の土着した宗教だ。
神話に現れる神々、そして山や川、海や草木、偉業を成し遂げた人物・・・それらをご神体として尊ぶ宗教なんだ。
だから、日本の国土自体、そこに生まれ暮らしている私達やご先祖様・・・
それら全てが神道の源と言っていい。

それは即ち「感謝の気持ち」なのだろうと私は思う。

生まれて来た事に感謝する
産んで下さったお母さんに感謝する
遡ってご先祖様に感謝する
ご飯をいただけることに感謝する
健康でいられることに感謝する
恵みを与えてくれる大地に感謝する

感謝して、とてもとても感謝して・・・
感謝の気持ちが、めちゃくちゃ募ったら・・・
それが鉛筆でも、動物でも、自然現象でも・・・
それがあなたの「神様」だ!

仏教やキリスト教、その他全ての宗教と神道が決定的に違うところは・・・
あなたが「ありがたい」「感謝したい」そう強く思ったなら・・・
それをあなたの「神様」だと嵩拝(すうはい)し、大切にしなさい。

神道とは、そういう大らかな信仰なんだ。

さて、真子さん達が出雲大社で「御奉納ライブ」を為さる・・・

先に述べた様に、日本には8万余りの神社が存在するが・・・
出雲大社は「大社」だ!

もしかして、大社は偉いのか(・_・;? 凄いのか(・_・;?

という疑問が自然と湧いて来る・・・

答えは・・・ 偉いヽ(*`3´)ノ 凄いヽ(*`3´)ノ

皆も承知の通り、一番偉いのは「伊勢神宮」だが・・・
出雲大社は、その次に偉くて凄いヽ(*`3´)ノ

現在は「春日大社」や「住吉大社」「伏見稲荷大社」など・・・
「大社」を名乗る神社が24あるが、それは戦後の事で・・・
戦前、大社と名乗れたのは「出雲大社」と「熊野大社」の2社に限られた・・・

そして、明治以前、即ち江戸時代迄は大社と名乗れるのは「出雲大社」1社のみだった・・・

どうして大社が増えたの(・_・;?

そういう疑問が更に湧くだろうが・・・それを説明するのは、ちょびっと大変だ、好奇心を抑えて頂こうm(_ _)m

説明が中途半端だが、とにかく出雲大社は伊勢神宮に次ぐ、格式と威厳に満ちた、有り難い神社なんだ。

そんなめちゃ有り難い出雲大社へ向かうため、オラは大阪空港に向かった・・・
出発ロビーには奈良からお越しのシュウ君が既に待機していたし、滋賀県からお越しのミモザ君も程なく現れた・・・

搭乗したのは日本の翼「JAL」グループの、日本エアコミューター「JAC」のプロペラ機だ!

年期が入ってた飛行機だった。
塗装はところどころ禿げているし、機内も薄暗く、路線バスよりオンボロの感じだ・・・

おそらく機齢20年、或いは30年・・・こんなんでホンマに飛ぶんかいな・・・(´_`。)

しかも、スッチーは40過ぎで小太りやし・・・(´_`。)

だが、ジェットタービンのエンジンは快調だ!
13時ちょうど、出雲空港に降り立った。

到着ロビーには岐阜からお越しの金ゴン君が、オラ達を待っていてくれた。
合わせて4人でタクシーに乗り込む・・・

オラは運転手さんに伝えた・・・

スンマソン・・・ とにかく出雲大社まで急いでお願いすっぺぇm(_ _)m

タクシーの運転手は無表情に頷いた・・・

既に12時30分から「出雲フェスティバル」が始まっている

なにがあろうと真子さんが登場為さる14時迄には到着しなきゃなんない!

特段、タクシーは急いでくれた訳でもないが、順調に出雲大社の鳥居の側に到着した(^O^)

松林の参道を早足で、会場の東神苑へ向かう・・・

東神苑という芝生広場の周囲は黒い幔幕で覆われていた。
入場すると、ガラガラとは言わないが・・・ パイプ椅子の座席の1/5ぐらいしか埋まっていない@o@;

先着して最前列付近に散らばっている仲間の周りにも、空席がいくつもあった・・・
そこにオラはどっかりと腰を据えた・・・

凄いという程、立派なステージではないが、スチール製の大きなステージが据えられ、そこで中学生の合唱団が謡っている。

だが風が強い・・・ 譜面台が倒れたり、マイクに風音が入ってゴーーーーーーとなったり・・・

するとオラの後ろに着席したミモザ君がニヤリとした・・・

どうしたの???

風が強いと真子さんのスカートがめくれあがるだろう( ̄ー ̄)ニヤ

とミモザ君は言った・・・

それを想像して彼は興奮しているようだった(;>ω<)/

本日は欠席しているようだが、青森のキャバ王と似たり寄ったりの思考回路だ(;>ω<)/

ステージでは中学生の合唱団の歌唱が終わり、入れ替わりに男女の高校生達が現れた・・・

予定では、高校生達と真子さんがコーラスを為さると聞いている・・・
もう間もなく、真子さんも登場為さるだろう!

そして、風はますます強さを増して来た! ミモザ君の興奮も最高潮に達しょうとしているヽ(*`3´)ノ

高校生達のコーラスが始まったが・・・真子さんはまだご登場為さらない(;ω; )

真子ちゃん早く出て来てくんしゃい!
風が収まらぬうちに・・・( ̄ー ̄)ニヤ

高校生のコーラスが3曲続き、いよいよ出雲フェスティバルはフィナーレを迎えようとしている!
司会のお姉さんが・・・では!フィナーレを飾って下さる石野真子さんをお呼びしましょう!

司会者に促され、ステージの袖から真子さんが現れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

純白のフリルブラウス! そして・・・肝心のスカート丈は・・・
ミモザ君のスケベな下心を打ち砕くロング丈 >┼○ バタッ

ロング丈にもいろいろあろうが、くるぶしまである真紅のスーパーロング丈スカート >┼○ バタッ >┼○ バタッ

風速40メートルでも、めくれあがったりはしないだろう >┼○ バタッ >┼○ バタッ

司会者が真子さんに尋ねた・・・

司:真子さんは出雲は初めてですか?

真:以前に旅番組で伺っていますε(ヲ????)ノ

司:風が強くて大変でしょうけど、大丈夫ですか?

真:ハイ! 対策済みですε(ヲ????)ノ

司:中高生と合唱為さったことはありますか?

真:なかなか機会が無いので、楽しみにしてましたε(ヲ????)ノ

司会者とのお話が終わると、ステージ上でスタンバイしている高校生、中学生のコーラス部の面々、合わせて40名程の最前列の隅に真子さんが加わられた!

幸いにもオラの正面だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

久しぶりに間近で見る真子さんは・・・
お顔が小さくて気品があって、それでいてお優しそうで・・・
ウエスト位置も高く、プロポーションも良くって・・・
やっぱオラ達の天使だなぁ〜〜〜と、つくづく感じてしまうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

スーパーロング丈のスカートは、びくともしないが・・・
風になびく髪は・・・レディースアートネーチャーのCMみたいに爽やかでイイヾ(@⌒ー⌒@)ノ

うっとりと真子さんに見蕩れていると、合唱が始まった!

曲目は竹内まりやさんの「愛しきわが出雲」

有名な話だが、この出雲大社の参道に面して、竹内まりやさんのご実家がある!
風格のある純和風の建物なんじゃが・・・それは旅館だ!
もしかしたら、その旅館の若女将になっていた筈だったかもしんない、竹内まりやさんが故郷の為に作詞・作曲なさった曲が「愛しきわが出雲」らしい(^O^)

https://www.youtube.com/watch?v=t0pLbTzyD5E

合唱が始まった! 真子さんも背筋をピンと伸ばして謡い始められた!

合唱なので、真子さんの歌声だけを拾い出す事は困難だが、きっと伸びやかに謡われている筈だ!
その証拠に! 学生さん達の誰よりも、真子さんが一番大きく口をパクパク為さっている(^O^)

先程まで強く吹き付けていた風が、真子さん達の合唱を邪魔しない様、柔らかくなった・・・
そよ風だ! そよ風が真子さんの前髪を持ち上げる!
オデコがちょこっと覗く! う〜〜〜ん、可愛いヾ(@⌒ー⌒@)ノ

またそよ風が前髪を持ち上げる!
オデコがちょこっと覗く! う〜〜〜ん、天使ぃぃヾ(@⌒ー⌒@)ノ

オラは出雲のそよ風に感謝したし、この1シーンだけでも出雲に来た甲斐があったと感じたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、雄大な曲と表現すれば良いのか・・・
そもそもコーラスする事を前提に作曲されている曲「愛しきわが出雲」の素晴らしい合唱が終わる・・・

司会者が現れ、次がフィナーレの曲になりますと紹介して下さった・・・

もちろん大トリは・・・本日デビュー39周年を迎えた石野真子ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

曲目は Life is beautiful ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

中高生の合唱団と生演奏が真子さんを引き立てて下さる(^O^)

もちろんオラ達は手拍子で盛り上げる!!!

曲が終わると深々とお辞儀を為さる真子さんと合唱団・・・

真子さんも学生さん達もあんがとねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

オラ達は精一杯拍手して、ステージをはけられる彼等を見送った。

時刻は14:40 御奉納ライブが始まる17:30まで3時間近くある・・・

よし! 腹ごしらえしようヽ(*`3´)ノ お神酒(おみき)もしようヽ(*`3´)ノ

そうオラは提案したが・・・ 角刈り君が異を唱えた・・・@o@;

先にお参りした方が良くないっすか???

そりゃそうだぁ! 日本で2番目に偉くて凄い出雲大社にお参りするのを忘れちゃなんねぇ@o@;

親衛隊11名と常連さん達数名で出雲大社の拝殿に向かった・・・┌(;・_・)┘トコトコ┌(;・_・)┘トコトコ

皆、深々と頭を垂れてお祈りしている・・・

それぞれに祈りごとはあろう・・・

オラも幾つか願い事をしたが、もちろんそのひとつに、真子さんがいつまでもご健康でありますように・・・と願った

仲間達も同じ筈だ(^O^)v

さぁ! お祈りも済ませたし・・・
心置きなく・・・腹ごしらえすっぺぇヽ(*`3´)ノ お神酒(おみき)もすっぺぇヽ(*`3´)ノ

2時間少々・・・オラ達は蕎麦屋、居酒屋とハシゴして、真子さんを肴に、酒に溺れた(^O^)
しかし、そろそろ開演の時刻が迫っている・・・
今一度、東神苑に戻らねば・・・┌(;・_・)┘トコトコ ┌(;・_・)┘トコトコ

会場に辿り着いたのは開演の15分程前だった・・・

オラ達は最後列センターに陣取ったが、前方にピンク色の一団の後ろ姿が見えた・・・

@o@; あれは伊代隊・・・

オラはその時になって、二日前のLINEのやりとりを思い出した・・・

真子隊と伊代隊、一緒に記念写真を撮りましょう・・・オラがそう言い出すと・・・

では、開演の1時間前に到着する様、会場に向かいます・・・と伊代隊の隊長さんが返答して下さった・・・

そんじゃオラ達も1時間前には会場に到着する様にしときますね(^O^)
オラはそう約束していた・・・

じゃが・・・ 酒に溺れて、その約束を見事に破っていた事に、今、気付いた(;>ω<)/

もしかして・・・ヤバイかも(;>ω<)/ ねじ込まれるかも・・・(´_`。)

更に、皆がご存知かどうかは知らないが・・・
爽やかなタイプのオラとは違い、伊代隊の隊長さんは・・・かなり強面(こわもて)なんだ(´_`。)

嫌な予感がする・・・ 挨拶するのやめとこうかなぁ〜〜〜(´_`。)

じやが・・・ そんなことじゃ、なんねぇ・・・
仮にも伝統ある石野真子親衛隊をお預かりしている管理人がコソコソする訳にはいかぬだろうヽ(*`3´)ノ

オラは遅刻した事をスルーすることにした・・・( ̄ー ̄)ニヤ

そしらぬ振りで「おはようすぅぅぅ〜〜〜」と空元気で挨拶した!

伊代隊の隊長さんも笑顔で挨拶して下さった・・・

開演も迫っているので、短い挨拶だけ交わして、その場は収まった・・・

ラッキー ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 命拾いした ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、伊代隊は前方で準備万端の様だ!
オラ達も支度をしよう!

純白の特攻服を纏い(まとい)、緑のハチマキを額に強く巻く!
入場口で戴いたホカロンも30回振って、尻のポケットに入れた!

皆、横一文字に列ぶんだよ〜〜〜!

最後列センターに11名で居並んだ・・・

時刻は17時25分、開演5分前・・・
角刈り君の右腕が、暮れ始めた出雲の空めがけて突き上げられ・・・
統制棒が振り下ろされる・・・

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

予定では・・・ 伊代隊が続いて統制する筈なんじゃが・・・
反応無し・・・@o@;

前方でなんかあったんじゃろか(・_・;?
しかし、距離があるので、なにがどうしたのか解んない・・・

しばらく伊代隊の統制を待ったが、やはり反応がない・・・

仕切り直そう・・・・

再び、角刈り君が右腕を突き上げ統制棒を振りかざす・・・

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

一呼吸置いて・・・ 伊代隊の統制が始まった・・・

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
伊代ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
伊代ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
伊代ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

見事に真子隊と伊代隊のコラボが完成した・・・

じゃが・・・ なんか足りないような・・・(・_・;?

@o@;・・・ちえみ隊はどうした・・・???

会場のどこにも姿が見えない・・・@o@;

もう数分で御奉納ライブが始まるというのに・・・
ちえみ隊はどうしたんじゃろう・・・(・_・;?

開演時刻より5分遅れて、17:35・・・・
ステージの両脇からスモークが流れ出し、それが客席にまで満ちて来た@o@;
大袈裟に表現すると・・・雲の中に居るようになった・・・@o@;

そして、スポットとライトに照らされ、出雲大社に歌声を奉納為さる三名が現れた!

真子さんの衣装は・・・キラッキラッのゴールドのチューブ・ドレスだ!
(チューブ・ドレスとは、ウエストのくびれ等がなく、ストンとした長方形のロングドレスを言う)
そして、伊代ちゅんは・・・真紅のドレス
ちえみちゃんは・・・パープルのドレス

そして・・・懸案のスカート丈じゃが・・・
間違いなく、真子さんが一番長い(;>ω<)/

続いて、伊代ちゃんが長く・・・(´_`。)

ちえみちゃんは膝丈で・・・(^O^)

@o@; にゃんと・・・一番スカート丈の短かったのは・・・
司会のお姉さんだった・・・>┼○ バタッ

その司会のお姉さんは、地元のテレビ局の島津久美子さんと仰るらしいヽ(*`3´)ノ

純白のワンピースなんじゃが、明らかに膝上10センチヾ(@⌒ー⌒@)ノ
大腿部の肉付き良好ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

明らかに真子さん達より目立っている・・・((“o(>ω<)o”))

最後列からはお顔立ちがハッキリと解らないのだが・・・
かなりの美形の様に推察出来た・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

じゃが、じゃが・・・イベント終了後、前列に着席していた常連さんに尋ねると・・・
そうでも無かったよ・・・

という返答を戴いた・・・ 念には念を入れて・・・ ネットで画像検索したら・・・
ほぼほぼ・・・常連さんの仰る通りだった・・・(´_`。)

まぁ、それはそれとして・・・
もしかしたら、司会の島津さんが少しお話というか・・・
真子さん達、三人のことをご紹介為さったのかもしんないが、オラのメモ帳にはそれらの記載が無い・・・
たぶん・・・太ももに見蕩れていたのじゃろう(;>ω<)/

ステージの左右に配された大型スピーカーから、メロディーが流れ出した・・・

登場為さって早々に、真子さん達は謡って下さるようだ!

御奉納する第1曲目は・・・真子さん達三人で・・・キャンディーズさんの代表曲「春一番」

観客全員が手拍子で三人を盛り立てる!!!

「春一番」がエンディングを迎えると、堀ちえみさんのソロステージが始まった・・・@o@;

どうやら、ちえみちゃんから順番に、ソロで数曲謡うという進行のようだ・・・

トップバッター・・・ちえみちゃん・・・
じゃが・・・@o@; ちえみ隊がまだ到着していない・・・

そんな筈はなかろう! どこかに居るんじゃろ!

しかし・・・ちえみちゃんが謡い始めても、コールは聞こえて来ない・・・@o@;

仲間達がざわついた・・・ なにかあったのかな(・_・;?

皆、ちえみ隊の人達の事を心配している様だ・・・

なにか不都合があって、会場に来る事が出来ないのじゃろか(・_・;?

でも・・・とにかく・・・ステージでは、ちえみちゃんが「潮風の少女」を熱唱されている・・・

どうしたら、いいんじゃろ・・・(´_`。)

オラ達が「潮風の少女」のコールを知っていれば・・・コールしてもいいんじゃが・・・
もちろん、知っている筈はないし・・・
もし、知っていたとしても、コールして良いのじゃろうか(・_・;?

事前に頼まれていたのなら、それはそれで構わないだろうが・・・
勝手にしてコールして良い筈もないじゃろうし・・・

当然のごとく、ちえみ隊の面々が現れるものと思い込んでいたオラには想定外だった(´_`。)

そして・・・ちえみちゃんの熱唱される潮風の少女はエンディングを迎えようとしている・・・

右横に直立している角刈り君をチラ見した・・・
すると、彼もその事を気にしている様だった、オラに目で合図して来た・・・

意味は解る・・・ 統制だけでもしよう(^O^)

横一文字に居並んでいる仲間達に、ちえみちゃんに統制するぞヽ(*`3´)ノ と伝えた・・・

潮風の少女がエンディングを迎えると、角刈り君が右腕を突き上げた!

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
ちえみちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

一発だけの統制だが、皆、精一杯に大声で叫んだ(^O^)

ちえみちゃんは、続いて「東京sugar town」「夏咲き娘」を謡われた・・・
オラ達はエンディングで、同様の統制を贈った(^O^)

もしかしたら、余計なおせっかいだったかもしんないが・・・
そうせずにはいられなかったし、正直、そうしたいと思った・・・

堀ちえみちゃんは「夏咲き娘」を謡い上げられると、ステージの上手(客席から見て右)にハケられた・・・

代わって松本伊代ちゃんがスポットライトを浴びながら、ステージセンターに向かって歩んで来られる・・・

もちろん前列に控えていた伊代隊が吠える・・・

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
伊代ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

オラ達、真子隊の角刈り君は右手に真っ赤な統制棒をひとつ握りしめているだけだが・・・
伊代隊の隊長さんは・・・3本持ちだった・・・@o@;

伊代ちゃんの歩みに合わせ、スピーカーから前奏が流れ出しす・・・
伊代ちゃんの1曲目は・・・「ビリーヴ」続いて・・・「TVの国からキラキラ」
そして「悲しくてやりきれない」合わせて3曲を、甘い歌声で出雲の神々に奉納して下さった(^O^)

もちろんその間、伊代隊は、ここぞとばかりに懸命にコールしているヽ(*`3´)ノ

伊代ちゃんがステージで懸命に謡われている最中じゃが・・・
日が暮れて、空が真っ暗になると・・・急に冷え込んで来た・・・(;ω; )

コールしている伊代隊は、胸が熱く燃えているじゃろうから、それを感じないかもしんないが・・・
最後列で遠望しているオラ達は、寒くて仕方ない・・・(;ω; )

真子ちゃん・・・ 早く出て来てケロ!
オラ達のハートを暖めてくんしゃい(;ω; )

オラは出雲の神様に、そう願いをかけたヽ(*`3´)ノ

すると、どうだろう・・・
伊代ちゃんが3曲謡いきると、真子さんが上手からスタスタと現れた┌(;・_・)┘トコトコ

たぶん、オラが神様にお願いしなくても、そういう順番なのじゃから、真子さんが登場為さるのは至極当然じゃが・・・(´_`。)

とにかく! 真子さんがステージに向かい歩み始められると・・・
満を持して、角刈り君の一本持ちの赤い統制棒が半弧を描き振り下ろされる!

すると、本日結成39周年を迎えた! オラ達、真子隊11名が吠えるヽ(*`3´)ノ

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノ

渾身の統制だぁヽ(*`3´)ノ

真子さんがステージのセンターに辿り着かれた・・・
衣装は変わらず、キラッキラッのチューブドレスだった!
そのドレスは長袖になっている!
おそらく、ドレスの下には厚手のヒートテックが2枚重ねであろうし!
ロング丈の下には、同じくヒートテックのパッチを履いておられようヽ(*`3´)ノ

本日、芸歴39年を迎えられた真子さんなので、寒さ対策は万全の筈であろうが・・・
それにして深々と冷え込む・・・

オラはふと思った・・・ ヒヨコのことを・・・

子供の頃ヒヨコを貰った・・・ それは真冬の事だった・・・
箱にタオルを敷き詰め、裸電球を引き込み、そこでヒヨコを飼っていた・・・
裸電球が熱を発して、暖房の代わりになる(^O^)
本来なら親鳥に暖めてもらう筈のヒヨコ達は、裸電球のおかげで無事に冬を越した(^O^)

もしかしたら・・・ 真子さんも・・・ ヒヨコになれるんじゃなかろうか(・_・;?

ステージに設置されているスポットライトというのは、結構な高温になる筈だぁ!
それなら・・・ 真子さんも暖かくなる筈じゃろう(^O^)

じゃが・・・ テクノロジーの進化は目覚ましい・・・
ステージの前後、左右、上下に設置されているスポットライトは、ことごとくLEDじゃった(;>ω<)/
遠目に見ていても、色でそれが解るし、終演後、念のために確認したら、間違いなくオールLEDだった・・・(;>ω<)/

きっと真子さんもブルブルだった筈だ・・・

そんなブルブルの状況下、ヒートテックのインナー2枚重ね&ヒートテック・パッチの真子さんが、出雲の神々に歌声を捧げようと為さっている・・・

曲目は「春ラ!ラ!ラ!」

軽快なイントロが出雲大社・東神苑に溶け込んで行く・・・
そして、真子さんが美声を発し謡い始められた・・・

春という字は♪ ゴーヽ(*`3´)ノ 三人の日と書きます♪ マコちゃーんヽ(*`3´)ノ
あなたと♪ ヘイヽ(*`3´)ノ 私と♪ ヘイヽ(*`3´)ノ
そして誰の日♪ L・O・V・Eヽ(*`3´)ノ

真子さんの歌声と、オラ達のハーモニーヾ(@⌒ー⌒@)ノ
真子さんと繋がっているように感じる、この瞬間がたまらないヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ラ!ラ!ラ!を謡い終えた真子さんはMCをして下さった・・・

寒い中足を運んで下さって有り難うごじゃりますぅε(ヲ????)ノ
ねぇー こんな寒い中なのに、春ラララって・・・(笑)

短いMCが終わると、アップテンポなメロディーが流れ出した・・・
2曲目は「プリティープリティー」ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

プリティーのコールは長めの前奏の頭から始まる・・・

ゴーゴーレッツゴー ゴーゴーレッツゴー L・O・V・E レッツゴー マコちゃんヽ(*`3´)ノ

少しぐらいうまくいかないことがあったって♪ ゴーーーーヽ(*`3´)ノ
そんなにふくれることはないじゃないか♪ レッゴーーーヽ(*`3´)ノ

真子隊のコールには「ゴー」とか「レッツゴー」というのが異様に多い・・・
なんでじゃろ(・_・;?
作った人に聞いてくれ(´_`。)

でもさぁ・・・真子隊のコールって、結構センスあるよね(^O^)
前奏や間奏の部分もそうだし、真子さんの歌声と被せる部分のコールも、全く音楽に無知だったら考えつかないだろう・・・
なんか参考にしたんじゃろか(・_・;?
そもそも親衛隊のコールというのは、いつが始まりなんじゃろ(・_・;?

それは定かではない!

半世紀以上前・・・都はるみさんがデビューされた折り、一人の観客が「はるみちゃーーーん」と絶叫したのが元祖だという者もある

その後、百恵さんや淳子さん、キャンディーズさん、それに西城秀樹さん、郷ひろみさん・・・
それらのファンが「百恵ちゃーーん」とか「秀樹ぃぃぃぃ」とか「ひろみぃぃぃ」と吠えていた・・・

じゃが、それは名前を叫ぶだけの・・・俗にいう「ネームコール」というものだ

楽曲のメロディーに乗せるコールを開発したのは、ピンクレディーの親衛隊ではなかろうか? というのが定説だ!

そして、ピンク親衛隊のコールをボリュームアップ、即ち増し増しにしたのが、コメットさんの親衛隊だ!

なので、コメットさんの親衛隊のコールは、真子隊のそれに近しいものがある!
但し、コメットさんは音程が安定しなかったので、さぞ親衛隊はコールしにくかったろう(´_`。)

その点、真子さんは音感抜群!
抜きん出た歌唱力の真子さんの歌声と、練りに練られた真子隊のコールは、ベストマッチした訳だヾ(@⌒ー⌒@)ノ

とにかくオラ達は、郷ひろみのファンと、北川景子さんに負けないぐらい力強く「ゴーーーーー」と吠えた!

プリティーを謡い終えられた真子さんは、再び客席に向かいMCを為さる・・・

ありがとうごじゃりますぅm(_ _)m
40年前にタイムスリップして、楽しんで頂ければと思います・・・

ほんの一言、二言の短いMCだった・・・
そして「日曜日はストレンジャー」のメロディーが流れ出した・・・

L・O・V・E・L・Y LETS GOヽ(*`3´)ノ
天使より♪ ゴーゴーレッツゴーヽ(*`3´)ノ
人の心迷わす 悪魔の方が魅力的ね♪ ゴーヽ(*`3´)ノ
特に月の夜は♪ L・O・V・Eヽ(*`3´)ノ

やはりオラ達は・・・ゴーゴーと叫んでいる(^O^)v

真子さんが日ストを歌い上げられると、司会進行のミニスカアナウンサー、島津さんがステージに現れた・・・

石野真子さん、可愛かったですねぇ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ここで吹奏楽部の皆さんにご登場して頂きましょう!!!

司会者に促され・・・吹奏楽部というか、マーチングバンドの学生さん達が現れた・・・

人数が多い・・・@o@; およそ50名
広々としたステージが、一瞬でマーチングバンドの学生さん達で埋められた・・・

彼等がステージに整列されると、島津アナは、出雲は吹奏楽が盛んで、全国大会でも好成績をおさめているのだとアナウンスして下さった

そして、吹奏楽というかマーチングバンドの演奏が始まる!

マーチングバンドってなに(・_・;?

歩きながら、行進しながら楽器を演奏する一団のことだ!
鼓笛隊(こてきたい)のことだぁヽ(*`3´)ノ
元々は西洋の軍隊の、軍楽隊が凱旋パレードの折に、行進しながら演奏したのが始まりじゃろう・・・

しかし! そのマーチングバンドが素晴らしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
一糸乱れぬ息の合った演奏と行進だぁ!
ステージをグルグルと、時計回りに回転しながら行進を続ける!

それに衣装がカッチョィィ!
フランス国旗のトリコロールカラーの衣装が、めちゃ鮮やかだ!

実は・・・オラは入場前に彼等をみかけていた・・・
ステージ後方で、50名程の彼等はスタンバイしておられたが・・・
もちろん、野外なのでそんな大人数を収容出来る施設が無い・・・
彼等は寒さに耐え、立ったまま出番を待っていた筈だ(;ω; )

お気の毒じゃ・・・(;ω; )
もちろんギャラもなかろう・・・(;ω; )
せめてお弁当ぐらいは出たのじゃろうか(・_・;?

約10分間、マーチングバンドの演奏は続いた・・・
彼等の労をねぎらい、オラ達は懸命に拍手した!

続いて、マーチングバンドと入れ替わりに、ちえみちゃんがステージに現れ「白いハンカチーフ」を謡われる!
曲のエンディングでは、再び角刈り君が右腕を突き上げ、統制棒を振りかざした!

せぇーーーーのぉーーーーーヽ(*`3´)ノ
ちえみちゃーーーーーーーーんヽ(*`3´)ノ

オラ達の統制が漆黒の闇に吸い込まれ、消え去ると・・・伊代ちゃんが現れた!

伊代ちゃんが「恋のknow-how」を謡い始められると、前列の伊代隊がペンライトを振りかざしながら盛んにコールを始める!

その光景を最後列から遠望しているオラ達だが・・・
やっぱり寒いおーーー(;ω; )
ゾクゾクするおーーー(;ω; )
手の感覚が軽く麻痺してるおーーー(;ω; )
足の指先の感覚がないおーーー(;ω; )

どうしてこんなに寒いんじゃろ(・_・;?
あれっ? ケツのポケットに押し込んだホカロンの熱気を感じない・・・
確かめてみると、オラのホカロンは全く発熱していなかった(;>ω<)/
稀にそういう不良品がある・・・(;ω; )

それに皆も寒そうだ・・・
ホカロンのおかわりを貰って来よう・・・
伊代ちゃんが謡われている最中に失礼だが、オラは受付にダッシュした┌(;・_・)┘トコトコ

すんまそん・・・ ホカロン、人数分11ケ下さいm(_ _)m

品切れですm(_ _)m

うっ・・・・((“o(>ω<)o”))

こうなったら真子さんに暖めてもらうしか、なかっぺぇ
真子さん、早く現れてオラ達のハートを暖めてくんしゃい(´_`。)

伊代ちゃんが謡い終えると、真子さんがひょっこり現れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

しかも、曲目は・・・「サンキューソング」ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

オラ達11名は緑色のペンライトを掲げ、メロディーに合わせ、ゆっくりと左右に振る!
身体も一緒に左右になびかせる(^O^)

デビュー記念のその日に、真子さんは39年間、応援を続けてくれたファンへ感謝の気持ちを込めて・・・サンキューソング

デビュー記念日のその日に、オラ達は39年間、真子さんが美しいままでいて下さったこと、再び謡い始めて下さったことに感謝して・・・サンキューソング

ええ! めっちゃくちゃ! ええ! 感動のシーンやヽ(*`3´)ノ

もちろんオラ達は、真子さんの歌声と共に合唱するヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ダミ声で申し訳ないけれど・・・精一杯合唱させてもらったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

出雲の神々に真子さんとオラ達の合唱によるサンキューソングのご奉納が終わると、真子さんと入れ替わりに掘ちえみちゃんが現れ「リボン」を謡って下さった・・・
続いて伊予ちゃんが「センチメンタルジャーニー」を歌唱される(^O^)

じゃが・・・やっぱ寒い(;ω; )
凍える・・・(;ω; )
サンキューソングで暖めて頂いたばかりだが、日本海側の夜半の寒さはハンパない(;ω; )
真子さん暖めておくれぇーーー(;ω; )

センチメンタルジャーニーを謡い終えられた伊代ちゃんが、ステージの上手へハケられる・・・

真子さんの登場だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ と思いきや・・・ミニスカの島津アナが現れた・・・

島津さんがお話を始められる・・・

せっかくの桜の季節、ここ出雲大社の周辺は桜が美しいので有名なんですが・・・
三人が、桜の様に美しく飾って下さいますね(^O^)

前奏が流れる・・・

耳慣れた前奏・・・「Life is beautiful」ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さん上半身を左右に揺らし、前奏にリズムをとっておられる・・・
オラ達も真子さんに倣い(ならい)身体でリズムをとり、手拍子をするのじゃが・・・

@o@; 早くない(・_・;? 明らかに早い(・_・;?
2割増ぐらいアップテンポだ・・・@o@;

だから手拍子がうまく出来ない・・・元々、裏に入る手拍子で難しいのに、尚更だ(;>ω<)/
仲間達も難儀している様だった・・・

じゃが・・・2割増のLife is beautifulを、ステージの真子さんは意気揚々と、なにごとも無い様に謡い続けられている・・・@o@;

凄いヽ(*`3´)ノ 偉いヽ(*`3´)ノ さすが年期の入った芸歴39年ヽ(*`3´)ノ
リズムが早かろうが、遅かろうが・・・揺るぎもしない歌唱力ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
昭和53年の大型新人ヽ(*`3´)ノ 金の鳩賞受賞者ヽ(*`3´)ノ
さすがの平尾昌昭音楽スクール卒業生ヽ(*`3´)ノ

なにかの手違いなんじゃろうか(・_・;?
2割増のLife is beautifulを、さらりと歌い上げられた真子さんに脱帽だぁm(_ _)m

さて、ステージに再びミニスカの島津さんが現れ、お話を始められた・・・

本日は出雲大社さんのご許可を頂き、小児難病の子供達の為のご募金を募っているのですが・・・
真子さんから一言、メッセージをお願いしますm(_ _)m

そうですねぇーーー
相談したくても、誰に相談したらいいんだろう?
言い辛いとか・・・もあるし・・・
そういう相談のできる世の中になったらいいですね(^O^)

真子さんは、そう仰った・・・
要するに助け合い、互助の精神が大切なのだと申されている訳だが・・・

参加為さった方は覚えておられるだろう・・・
2015年5月に香川で開催されたシンポジウムを!
あの折りのテーマが、認知症の高齢者をいかに地域で支えるか?
それにはご近所の互助、即ち助け合い、心のふれあいが最も大切なのだということだった・・・

そのシンポジウムの折のことを、今、真子さんは思い起こして発言為さっているのだろう・・・(^O^)

真子さんのお話が終わると、オラ達にはもっとも耳慣れた前奏が流れ出した!

ステージには堀ちえみちゃん、松本伊代ちゃんも整列されている・・・

@o@; 謡われようとしている曲目は前奏の一小節で解っているが・・・
@o@; もしや・・・三人で謡われるのかもヾ(@⌒ー⌒@)ノ

まさかの・・・ 真子さん、ちえみちゃん、伊代ちゃん、三人の合唱で「狼なんか怖くない」ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ここは見せ場だぁヽ(*`3´)ノ 真子さんのデビュー39周年を祝して、ちえみちゃんと、伊代ちゃんがお祝いで謡って下さるんだ・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

彼女達も完璧な振り付きで謡って下さっているヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そもそも・・・オラはこのお二人が好きだ(^O^)
何故好きなのかというと・・・お二人とも「真子さんに憧れて歌手になられた」と公言しておられるからだヾ(@⌒ー⌒@)ノ
聖子ちゃんに憧れて・・・と言わないお二人がイイヾ(@⌒ー⌒@)ノ

割愛してしまったが、この奉納ライブの序盤、堀ちえみさんはMCで「憧れの真子さんと、同じステージで謡う事が出来て光栄です、とっても嬉しいです」そうお話して下さっていた・・・

そういうこともありぃので・・・オラ達はステージの三人へ猛烈にコールを贈ったヽ(*`3´)ノ

三人による「狼なんか怖くない」がエンディングを迎えると、ミニスカの島津アナがステージの上手に現れた・・・

ホント素敵なステージでしたね・・・(^O^)

@o@; にゃんとなく・・・御奉納ライブが終わってしまうような口ぶりだし、腕時計を見ると、そろそろ2時間が経過しようとしている・・・

いつものように・・・アンコールヽ(*`3´)ノ って叫べばいいのかな(・_・;?

少しオラ達は思案していたが・・・ そんな必要は無かった(^O^)

島津アナが・・・ それではアンコールにお応えします! と仰ると・・・

マーチングバンドの学生さん達が現れた・・・@o@;

エッ・・・@o@; あなた達・・・ もしや、アンコールの為に、屋外でスタンバってたの(;ω; )

寒かったでしょう・・・(;ω; )
メチャクチャ、お気の毒だぁ・・・(;ω; )
温かい飲み物と、お弁当は出ましたか(・_・;?

とにかく、およそ50名のマーチングバンドと、真子さん達で「JPOPの春メドレー」というのを披露して下さるらしい!

1曲目・・・イルカさんの「なごり雪」
2曲目・・・スピッツさんの「チェリー」
3曲目・・・誰かさんの「赤いスィートピー」
4曲目・・・再びキャンディーズさんの「春一番」

マーチングバンドの学生さん達が、どの曲も生き生きと演奏して下さるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

演奏がイイと・・・歌い手もノルヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さんも、ちえみちゃんも、伊代ちゃんも・・・寒さを忘れているかのように、楽しそうに4曲、歌い上げられたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

し・か・し・・・客席のオラ達が我慢出来ないぐらい凍えているのじゃから、ステージの真子さん達も寒かったろう(;>ω<)/

そんな場面でも・・・笑顔で謡わなきゃならないのが、プロの歌手だぁ((“o(>ω<)o”))

真子さんも、ちえみちゃんも、伊代ちゃんも・・・そしてマーチングバンドの学生さん達も・・・
ホントにホントにご苦労様でしたm(_ _)m
くれぐれも風邪ひかないようにねm(_ _)m

真子さんを統制でお見送りし・・・19時40分、終演となった。

どうしよ(・_・;? 皆で記念写真撮る???

仲間達の誰も頷く者は無かった・・・

一刻も早く暖かい場所に移動したい・・・(;ω; )

皆、同じ思いだった・・・ それぞれ車に分乗して、出雲市駅前のホテルに向かうことになった・・・

オラは名古屋から下道で12時間かけて遠征された、和尚さんの車に乗っけてもらう事になった・・・

駐車場まで10分程歩く事になった・・・

松の参道を抜けて駐車場にたどり着くと、仲間達が・・・星が綺麗! と言った・・・

事実、都会ではお目にかかれない様な星空が広がっている・・・

星々の中で、オリオン座が南の天空に一際堂々と輝いている・・・
真子さんの星座の「水瓶座」はどこじゃろ・・・(・_・;?

探したが見つからないのは解っている・・・(;ω; )

何故なら、水瓶座は1月21日から2月19日生まれの方の星座じゃが・・・
その期間、水瓶座は太陽の方角にある・・・
太陽の近くに水瓶座は位置している訳だ
なので、昼は明るいから水瓶座は肉眼では見えない(;ω; )
水瓶座が南西の夜空に現れるのは8月の前半からだ・・・
水瓶座に限らず、生まれ月の全ての星座は、ほぼほぼ半年後に夜半に観測出来ると覚えておこう(^O^)

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2017/03/index-j.shtml

とにかく夜空が綺麗だった・・・
真子さんも夜空を見上げているかなぁ(・_・;?
もし、そうでなかったとしても、こんなに素晴らしい星空の下の近くに、真子さんもいらっしゃるのだという・・・
それだけでオラは心が暖まった(^O^)

出雲市駅前のホテルのロビーにオラ達は集合した・・・
日帰りで参加した者は帰ってしまったが、常連さん達を加えて14名で酒宴を張ることになった・・・

じゃが、盛り場はどこもかしこも満席で、やっと見つけた居酒屋の座敷は、14名が座るには余りに狭い(´_`。)
皆で肩を寄せ合って酒を酌み交わす・・・
3月25日に酒宴を張れるなんて滅多にないことだ!
呑もう! 真子さんのデビュー記念日・・・
そして石野真子親衛隊結39周年を祝して、大いに呑もうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

零時半まで呑み続けた・・・(´_`。)
ホテルに戻るとバタンキューだった・・・>┼○ バタッ

翌朝、二日酔いでシュウ君は辛そうだった・・・

大丈夫(・_・;? 飛行機でゲロ吐かないでね(;>ω<)/

正午、にゃんとか座席を汚す事無くオラ達は大阪空港に降り立った・・・

やっぱり帰っちゃうの(・_・;?

オラが問うと、シュウ君は頷いた・・・

じつは・・・数日前、親衛隊のコールの先生こと円音(まろん)嬢から矢の様な督促があったんだ・・・

私のボーカルスクールの生徒が、大阪城の近くで「狼」を謡うから!
必ず日曜日の午後3時に来いよ・・・(-`Д´-;)!
スッポかしたら、たたじゃおかないよ(○`ε´○)

そういう督促だったし、オラだけでなく、シュウ君やミモザ君にも同様の連絡が入っていたらしい・・・

その日曜日というのが今日だ・・・

シュウ君は息子さんと約束があるらしく、大阪城へは行けないらしい・・・

仕方ないのでオラは一人で大阪城へ向かった・・・
途中、雨がポツリポツリと降り出した・・・
雨天ならイベントは中止だと聞いていたが、小雨ぐらいなら行われるだろう・・・

大阪城公園駅を出ると歌声が聴こえる・・・ その方向に向かった┌(;・_・)┘トコトコ

男性がギターを弾きながらラブソングを謡っており、道行く人達が30人程、足を止めて彼の曲を聴いていた・・・

円音さんの生徒のHaRUちゃんの出番迄、まだ20分程あるようだった・・・

オラは雨傘をさして突っ立ったまま、HaRUちゃんの出番を待った・・・

ようやく男性が謡い終えられ、少し大柄でふっくらした女子高生のHaruちゃんが現れたが、にわかに雨足が強まって来た・・・@o@;

ステージには屋根がない・・・ 
早く謡わせてあげないと・・・

じゃがミキサーさんの段取りが悪いのか、HaRUちゃんの用意した音源が、なかなかアンプと繋がらない・・・

5分・・・ 10分・・・ 
HaRUちゃんは雨に打たれながら、曲の流れるのを待っている・・・

やっと曲が流れ出した!

オラは全く初めて耳にする曲だったが、AKBっぽい曲だと感じた・・・

HaRUちゃんは元気に謡い始めた・・・

@o@; すると・・・デジカメやビデオカメラで撮影を始める者達が数名現れた@o@;

AKBのファンの様に、独特のパフォーマンスをしながら応援している者もいる・・・@o@;

しかも、年齢層と客層が半端なくワイドだぁ・・・@o@;

そろそろ年金をもらっていようと言う60台半ばの男性2人連れ・・・
スキンヘッドでサングラスをかけ、耳に大きなピアスをした30台の男性・・・
傘もささず、直立し微動だにせず、HaRUちゃんを見つめている40台の男性・・・

オラは全く知らなかったが、HaRUちゃんは既に幾度か小さなライブハウスで謡った事があるようで・・・
ちゃんとファンが付いているんだ・・・(^O^)

続いてHaRUちゃんは、真子さんの「狼」を謡い始めて下さったが・・・
雨足が更に強まり、本降りになって来た・・・

せっかくお洒落して来られたであろうお洋服も、髪もびしょ濡れになりながら狼を謡われる・・・

円音先生が教え込んだのだろう・・・ 振り付けも完璧だ(^O^)

懸命に狼を謡い踊られるHaRUちゃんを見ていると、オラは胸が締め付けられた・・・

コールしてHaRUちゃんを励ましてあげようヽ(*`3´)ノ

真子さんのデビュー記念日の翌日に、大雨の中、狼を謡われる少女に、コールせずして親衛隊員と言えようかぁヽ(*`3´)ノ

じゃが・・・ たった一人でコールしたら、それは明らかに奇人だし・・・
HaRUちゃんも驚いてしまうだろう・・・(´_`。)

いつのまにか取り巻く観客は50名程に膨れ上がっていた・・・

HaRUちゃんがずぶ濡れになって謡っていたこともあろう・・・
真子さんの狼を懐かしく感じ、立ち止まり聴いている者もあろう・・・

曲が終わると、50名の観客から盛大な拍手が彼女に贈られる

拍手を一杯戴いて・・・ HaRUちゃんは泣いてしまった・・・(;ω; )

HaRUちゃん、あんがとね!
今度は仲間達を連れて、あなたの歌声を聴きに行くからね!
だから、いつまでも真子さんの曲を謡い続けてね・・・

オラは親衛隊と真子ファンを代表して、心から彼女に感謝した・・・


おわり
NHK「うたコン」公開生放送
日時:2017年2月7日(火) 19:30〜
場所:渋谷・NHKホール
観客数:3,000人(満席)



2017年2月7日(火)
今年初めての生真子ちゃんです(´∀`艸)しかも生放送!!
私はいつものようにボギー君と一緒に会場に向かいます。仲間と合流し少し時間があるので近くのファミレスでくつろぎました。
かるく命の水を飲み、会場時間もせまってきたので移動しました。
NHKホールは3000人入るそうで気がつけばけっこうな行列になっていました。大半が女性かな・・??
そして会場です。
今回は親衛隊4人と常連さんのてっちゃんとコンパさんの奥様との6人です。座席は3階の中央でした(´;ω;`)
公演までまだ時間があるのでいっぷくをしに行きます。喫煙所まで行くのに階段を下りるのですが、階段にはたくさんの人が座って軽食を食べているからびっくりです!!(゚Д゚ノ)ノ!!確かにホール内は飲食禁止だけど・・・キ(・Д・・)みなさんとてもなれてる感じでした。
放送時間も迫ってきた所で、ディレクターさんからの注意事項・音の調節・番組を盛り上げるための振り付けなどなどがあり、司会者2人が軽くトークをして退場。
スタート1分半前になり出演者の紹介を拍手でしそして本番です。
今回のテーマが『昭和歌謡の巨人 阿久悠大ヒット曲sp』ということで、阿久悠さんのVTRから始まりました。
そしてやっとやっとやっと真子ちゃんやその他の出演者の人達が出てきました。
いやぁーしかし3階は真子ちゃんが遠いですねキ(´゚ω゚`*)
今日の真子ちゃんは、黒のドレスに胸の真ん中に白い薔薇のコサージュをつけて、とても綺麗ですL(*OεV*)E
阿久悠さんのヒット曲が思い出話とともに6曲
西田敏行・堺正章さんと続き、沢田研二・都はるみさんの歌を今をトキメク??歌手の人達が歌います。
そして、氷川きよしさんが西城秀樹さんの「ブーメランストーリー」を歌います。♪ブーメラン ブーメラン♪のところで片手を頭の上で回します。
しかし氷川きよしさんはスゴイ(ヲn_ヲn)!!名前が紹介されただけで会場の雰囲気がいっきにアガリマス↑↑
さすが演歌界のアイドルですキ(゚◇゚///)ドキュ→ン
次は、大竹しのぶさん
紅白の時の舞台裏のようすのVTRを見てから「The Rose」を熱唱♪さすが大女優、世界に惹きつけられます。
その後も阿久悠さんのヒット曲を聴き
いよいよです(*´艸`*)
昭和アイドルのVTR流れ始めました。
真子ちゃんは「わたしの首領」「失恋記念日」が流れ司会の谷原さんが、デビュー前に阿久悠さんからもらった言葉を
『可愛いだけでは愛されない。優しいだけでは愛せない。
歌えるだけでは通じない。歌うことによってこの無い無いづくしの答えを見くけてほしい』
を読み上げます。
真子ちゃん「答えが知りたかった」と入ってましたね。
さぁ、まちにまった歌です!!
まずは、渡辺麻友・柏木由紀さんでピンクレディーのメドレーです。私も子供のころ踊ってました♪
そしてそして真子ちゃん「狼なんか怖くない」曲が流れたと同時に
角刈りさんの統制一発 せーのぉー まこちゃーーん
LOVEキューティーエンジェルMAKOレッツゴー真子ちゃん(*´u*)
私達は精一杯コールしました(*´u*)
今年一発目、真子ちゃんに届け♪───O(≧∇≦)O───♪
想いよ届け♪───O(≧∇≦)O───♪
せーのぉー まこちゃーーん せーのぉー まこちゃーーん

続いて、岩崎ひろみさん
な・な・なんと!ひろみさんにも親衛隊からのコールが・・・私達よりも下のほうから聞こえます。
ひろみ親衛隊もやるなぁーォオ?!!(゚Д゚ノ)ノ
その後何曲か続き放送終了しました。
本来はアンコールがあるらしいのですが、今回はロングバージョンの放送だったためなしだそうです。

軽く打ち上げをし帰りました。
角刈りさんが真子ちゃんは私達のこと気づいてくれたと言っていたので良かったです。
最後に、真子ちゃんが阿久悠さんの言葉の答えを知りたかったと言っていましたが、
私はアイドル時代の石野真子をほとんど知りません。が、今の真子ちゃんにひとめぼれしました。私のようなファン。それにデビュー当時からの熱烈なファンの人達がたくさんいます。。
たくさんの人から愛されている!!!
それもひとつの答えなのでは?と思います。

なんちゃって┏〇ペコッ

おしまい(*・_・*)ゞ
グッバイエレジー・プミア上映会
日時:2016年12月12日(日) 13:00〜
場所:井筒屋小倉店・新館パステルホール
観客数:200人超(満席)



久しぶりにレポートを担当します。 レポートは超嫌いですが真子ファンの皆さんに少しでも昨日の状況が伝わればいいのですが。

私事ですが今年は真子さんお会いする機会が少数だったので真子さんにお会いしたくてプレミア上映会に行ってきました。 最初は日曜日に真子さんが来られるとの事で、何の
気がねをすることなく真子さんにお会い出来るなぁって思っておりましたが、1週間前の管理人さんからの11日は登壇されない旨を聞きゲェマジィ
超ショック!!!
一度は諦めかけた気持ち、どうしても真子さんにお会いしたくて行くことを決意。

道中の渋滞を心配して朝5時に出発したのですが何の問題もなく8時前には到着です。腹ごしらえの後、会場である井筒屋に行くとシュウさんと常連さんのてっちゃんさんが先着
されていて正面玄関前で真子さん談義に花を咲かせながらOPENを待ちますが、ここで疑問が・・・。

オープン10分前になっても入り口前には私達以外に他1名しかお客さんが居ません。
上映会以外のお買物のお客さんの姿もありません。月曜日ともなるとこんなものなのか? 上映会のお客さんは集まって来るのかと内心不安が頭をよぎるが、オープンと同時に
会場である8階にエスカレーターで向う途中でふと、途中階を見ると先程居た他1名の人が6階を歩いてる
ではないか、あっ!そうか 全然いないと思っていたお客さんは別の入り口からエレベーターを利用したんだぁと気付き先走る気持ちを抑えながらエスカレーターを小走りに
上がっていったのですが、エスカレーターが7階までしかなぁい。
えっ?8階にはどうやってと辺りを見回すと別に8階に上がるエスカレーターがあったので向うと8階に上がるエスカレーターは稼動していない。
ん?何故?エスカレーターの前には立て看板があり、今しばらくお待ちくださいと書いてあった。が、デパ入り口に一番乗りをした時位は会場までも一番乗りしたくなるなるのは
私だけじゃないと思うが、しかし、その場所には私達以外には誰もいない。
なぬぅ エレベーターは8階まで行きエスカレーターは7階止まり? 上の階に人影が、 どう見ても係員には見えない。
やばいエレベーターで大人数の人達が先着してるのかぁ と立て看板を無視して駆け上がるとそこには、そこには、そこには・・・
2名の男女がいらっしゃっただけでした。(ちなみにエレベーターのボタンを押しても8階は動いてなかったです。)
会場入口で順番に並び気持ちの動揺が落ち着くにつれ昼ご飯が気になりだした。そう、上映開始が1時だから列に並んでると食べている暇は無いから早弁ということでデパ地下に
買い出しにみんなで向う。食い物はゲットしたがこの季節、ホットの飲み物が欲しいがデパ地下には冷えた物しかない。仕方なく外に出て自販機で好みの物をかうが、お茶一つ買うにも人それぞれ好みが違うのも面白い。
ちょいお茶談義をしながら、8階ホールに帰ったが、そこにはしっかり自販機が設置してあった。(笑)
早い昼食を終わらせる頃にはスタッフの方々が受付の準備や今日の流れ確認やらで、にわかに慌ただしくなってきたし、お客さんも50名位は並んでいるだろうか。

スタッフから12時開場としますの声が聞こえ時計を見ると30分前だが、ここで少々問題が・・・
何と私達はチケットを持っていなかったのです。 まだ一人会場入をしていない角刈りさんがみんなのチケットを持っていたのです。
ちょい前のメール連絡だと何処かで食事をしているらしい。
隊員の一人が早く来て!もうすぐ開場になります。とメールを送ると、ほどなくして角刈りさんも到着です。
これで今回参加する全員が揃ったわけだが、今日は月曜日、ひっきりなしに仕事の電話が各々にかかってくる。
ふぅ、何とも気ぜわしいい中、それでは開場しますとスタッフの声。周りを見ると先程の倍以上の方々が並んでおられた。
席に着き一息つく中、続々とお客さんが入って来られている。
席を数えると240席が見る見るうちに埋まっていく。
ん?席はたりるの?と内心心配していると、スタッフが席が不足なので今しばらくお待ちくださいと言いながら雛壇席とステージの間が3メートル位は空いてる所に折りたたみ椅
子を並べ始めた。
ワォ、大入り満員御礼だぁ!

ほどなくして進行役の女性が壇下に現れ、それではプレミア上映会を始めさせていただきます。
上映会の後は三村監督、吉田栄作さん、石野真子さんのトークショーも有りますのでお楽しみに!と告げて、それでは三村監督さんをお呼びしましょう。
三村監督が壇下に登場です。
今日は、ようこそお越しくださいました。全てが小倉ロケで撮影しました、どうぞお楽しみくださいと言われ、監督のロケさながらの「よ〜い、スタート」の掛け声と共に上映会
が始まりました。

映画の内容は、ここでは伏せておきますが、小倉弁が随所に出て真子さんも小倉の女になられてましたよ。
映画の後半に個人的にはプンプン・モヤモヤ・ワァオのシーンもあったりで、間違いなく主演女優の真子さんでした。

WC休憩を挟み舞台幕が開き、いよいよ御三方の登場です。
壇上には、ちょい低めのソファー椅子が4脚。

それではゲストの方をお呼びしましょう。
はじめに吉田栄作さん、そして真子さん、最後に三村監督さんと一人ずつの登場です。
真子さんが登場された時には会場からは「うわ〜」と言う声が聞こえた。初めて見る真子さんは想像以上の美しさだったのでなかろうか。
でも今日の真子さんも本当に一段と輝いてお美しい! 自分でも思わず声が出てしまった。

真子さんのお姿は、何とも 説明しがたいのですが、上着はセーターの様に見えるのですがシルバーメタリックの様な色合いを基調に胸の部分のみ首元から裾まで赤のラインと黒のライン、袖口辺りにも赤のラインが入っていてビー玉よりひと回り大きなまん丸いボタンが胸元の上から下へ、スカートは真っ赤なプリーツ、足元は黒色の少し高めのハイヒール。

真子さん
皆さん、こんにちは。
昨日小倉に来たのですが帰ってこれて嬉しいです。と挨拶をされました。
映画では可愛い女で、さりげなく愛するサバサバした女を演じました。
司会の方が、吉田さんと石野さんは初めて共演されたのですか?と問われると、吉田さんが、そうなんですけど、「初めまして」の挨拶からすぐに子供を作ろうのセリフだったんですよって言われると、そうそうと真子さん。

司会の方がラブシーンがありましたが、あのシーンはいかがだったんですか?と問われると、吉田さんが本当は背中の刺青だけを撮る事になってたのですが監督さんがワンカット増やそうって事になりあのシーンを撮りました。

撮影場所では何処か良い所はありましたか?
ムラサキ川(映画に出てきます)も素敵でした。
故郷を題材にした映画を作れるなんて素敵です。と真子さん

監督さんが真子さんが撮影中に昭和館に一人で映画を見に行かれたんですと言われると、真子さんが雰囲気のある素敵な映画館でしたとおっしゃった。

大変だった事は何ですか?の問いに、真子さんが漁船(柳丸)の撮影では舟が揺れて大変でした。神主さんもひっくり返るし(笑)。でも操縦がかっこよかったです。とおっしゃった。
後は方言が大変でしたと真子さん。北九州は語尾が下がるんですよ。とおっしゃると司会の方が、上手に発音されてましたよ。と言われると会場からもお褒めの声が・・・。
真子さん、ワァー嬉しいと会場に顔を向け満面の笑みです。メッチャクッチャ可愛い真子さん。

司会者が吉田さんが真子さんに伝授した事があったとお聞きしましたが。
吉田さんがセリフとは全く関係ない物でも自分で覚えやすい物をイントネーションとしてセリフにあてはめるんです。 そうすればセリフの語尾が上がったり下がったりで覚えやすいと言われると、真子さんがデビルマンとかと言われました。真子さんはご理解されてましたが、素人の私には???

ここで最前列の席の人がおもむろに立ち上がり歩き始めました。
真子さんやゲストの方、私も何?何?何? とその方に目を向けると、飛行機に間に合わなくなるので失礼しますとの声。
司会者がどちらから?と問われると北関東からです。
真子さんが気をつけて帰ってね。と優しい言葉をかけられました。
羨ますぃい?

それでは会場の皆さんから何か質問などありましたら伺いましょう。と司会者
何方か質問などありませんかぁ?
静まり返る会場。
2度目の何方かいらっしゃいませんか?
誰も手を上げない。
この空気めちゃくちゃ長く感じてしまう。
ヤバイ、場を盛り上げる為にも何かを質問しなくてはと思うのですが、思えば思うほど何も出てこない。妙に緊張してしまう。
「初めに言っとけよなぁ司会者」と心で思う。
すると静まり返る会場に一人の女性が手を挙げた。智恵ママさんです。
おぉ、このままだと質疑応答無しで次に進むところだった。と一安心するダメ男。

真子さん演じる和代さんは実在する女性ですか? との質問

実在はしませんが三村監督さんの奥様のお名前です。
すると司会者が藤吉久美子さん演じる順子さんのお名前は?と聞かれると三村監督さんが照れくさそうに初恋の人の名前です。と答えられた。

他に質問ありますか?と司会者。
智恵ママさんの挙手のおかげで会場から手が上がり女性の方が私、三村監督さんの同級生ですと言われると三村監督さんが必死に思い出そうとする顔をされています。質問の内容
は覚えてないのですが、その方が順子さんだったかどうかは定かでない。

それでは最後に一言づつと司会者。
真子さんは小倉愛の詰まった 皆さんの心に残る映画になったと思います。と述べられて一礼され手を振りながら壇上を後にされました。

3/25から日比谷と小倉、昭和館で映画は封切りされますので皆さん是非とも足を運んでくださいませ。
場所については個々にお調べください。
秋ナイスガイ in ニューヨーク・大阪公演
日時:2016年12月4日(日) 正午開演
場所:サンケイホールブリーゼ
観客数:600名(満席)



一部

入浴…いや違う、ニューヨークだ。

舞台は電話が中央に置かれたリビングの様…最初はプレイボーイのアランが…そしてチャイムが鳴る度に、今回の他の出演者が中央の奥の扉から登場する事になる。

役名がアラン、バディ、コニー、ペギー、何とも覚え難い上に皆さん、早口でセリフを噛む事無くお腹の底から出せて凄い!
私も最近、ラジオのオープニングで早口言葉に楽しく取り組んでいるところだが、及ぼない程だ…彼らの頭の中を覗いてみたい…素早く言葉、会話が飛び交ってもう…ダメだこりゃ!ついていけないって感じ。

役名以外にも、台詞の固有名詞にカタカナが多そう…何?バーモント…ん?カレーライスが頭をよぎる。
ローザイク…えっ?何だって?野菜を?…あぁ農作業?をアメリカの広い土地でされているのね?…でも話がよく分からなくなった…。(後で解ったのですが、実際にはローザイクと聞こえたのは蝋細工だったらしい)

口をあんぐりしたまま観てた気がする。

でも客席の笑い声は絶えない…。

隣に座っている仲間三人の様子は?
あまり反応が無い…良かった。
変な満足感を抱きながら…真子さんはいつ御登場されるかだけを思っていたら、いつの間にか、ギュッと握りしめていたメモとペンを持つ手が解れた。

イメージが膨らまないまま、ストーリーは続く。

もういいや!楽しもう!

そうそう!お洒落だなあと思ったのは演奏の演出…大きな窓の薄っすらカーテンの向こうにベース、ドラムを演奏されているのが観える。
ピアノは隠れて私からは見えなかったが、アランが歌うシーンになると窓の向こうにスポットライトが当たる。

一部の最後にチャイムが鳴ってやっと真子さんの御登場だ、あら!くりくりパーマ…でもカワユイ!
それまで、まるでやる気無くもたれていた私の背筋がグイっと伸びる。
あら!そこで終わった…まるでテレビの、続きはCMの後で!みたいな感じ。

休憩が長く感じる…。
真子さんの子供になった気分で私達四人は、お母さぁん…御飯まだぁ?みたいな感じ…。

二部

くりくりパーマヘアで、白地にスイートピーの柄?のワンピースに赤いカーディガンを羽織った真子さんは、周りの共演者達とは逆に、スローテンポでおっとりしたお母さん。

次男の息子バディとのやりとりがあり、バディはお母さんの帰りのタクシーを呼ぶ為に出て行く。

その後のお母さんの一人電話のシーンは、実際の真子さんの30年後?位を想像させる様で、それを、いち早く拝見出来た様で何より嬉しい…。
真子さんの事はもっと細かく書けるのですが、東京公演を御覧になる方々の為にやめておきましょ。

そしてお母さんが出て行った後、やって来たのは女優の卵ペギー(愛原実花さん)(開演前にプログラムを予め買って読んでおき、皆さんの顔写真と配役をしっかりと予習をしておくと良さそう)、一部にも登場されたが、超ミニスカートで、くねくねと動きながら演じる姿に、漸く私も慣れてきたところだ。

お父さん役の高橋克実さんのヘアスタイルも、一部では分からなかったが…よく見ればただのカツラじゃない、最初から気付けばもっと面白く感じたと思うが、世界を賑わすソックリさんを演じている。
世界を賑わすもう一人のネタもやって見せる。
お父さんが動きながら話す為に、そのカツラが時折ズレるのだが、段々感情が激しくなると、可笑しげな感じの形になって会話が逸れて成立しなくなる。
会場が埃っぽいのか?そのうち咳が出て止まらない状態のまま頑張られ、会場が笑いでいっぱいになる。

コニー(吉岡里帆さん)は、プレイボーイのアランにとって、たった一人の特別な女性という事だが、コニーには信じて貰えない。

そんなこんなで…どんな展開で何がどう進んで最後はどうなったのか?はお伝えしませんが(把握しきれなく、お伝え出来ない…と言うのが正しいのかも)お馴染みのネタを断片的に笑えた私です。

何よりホッとしたのは、真子さんが殆ど完璧に台詞を覚えられて演じて下さった事です。

おわり
秋田プラチナ世代博
日時:2016年10月22日(日) 1部:10:15〜 2部:14:30〜
場所:秋田県立武道館
観客数:2,000人超



秋田と言えば「秋田美人!」
その秋田美人について調べていると、面白い記述を発見したので皆にもお伝えしておこう・・・

今から400年ちょび前・・・関ケ原の戦いで西軍に加担したとして、水戸(50万石)を治めていた大大名の佐竹氏は秋田(20万石)に移封(領地替え)させられた・・・
即ち・・・ 佐竹氏は徳川幕府に領地を減らされ、更に茨城から秋田へ引っ越せと命じられたのだ(;ω; )

その折に、徳川家康へのあてつけとして・・・佐竹氏は水戸領内の美人をごっそり秋田に連れて行った・・・

それに激怒した徳川家康は・・・ なんてことすんねん(-`Д´-;)! 美人を返せ(-`Д´-;)!

と激怒した・・・

佐竹氏は・・・ ハイハイ、解りました・・・ 家康さんの仰る通りに致します( ̄ー ̄)ニヤ

と言いつつ・・・ 秋田のブスの女を選りすぐって、水戸に届けた@o@;

故に・・・ 秋田はブスが居なくなり、水○はブスだらけになったヾ(@~▽~@)ノ

結果・・・ 水○は日本三大ブスに数えられるヾ(@~▽~@)ノ

※注釈 日本の三大美人・・・秋田美人、京美人、博多美人
    日本の三大ブス・・・水○、名○屋、仙○

この逸話が真実かどうかは解らないが、昔のことわざや格言というものが、全くのデタラメという筈もあるまいヽ(*`3´)ノ
秋田に行けば、必ず美女が山盛りの筈だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

秋田美人を一目見ようと、早朝の大坂空港に4人のスケベが集まった!

スケベな順に・・・ミモザ君! ゴロツカ先生! シュウ君! ・・・管理人!

飛行機に乗り込むと秋田迄僅か1時間30分! ひとっ飛びだった!

秋田空港に到着すると、羽田から先着していた角刈り君がレンタカーを準備してくれていた

彼の運転で、イベント会場の「秋田武道館」に向かう訳だが・・・
オラ達の乗っているレンタカーは、スバルのワンボックスカーだった・・・

ご承知の方も多い筈だが、スバルという自動車を作っている富士重工業の前身は「中島飛行機」だぁヽ(*`3´)ノ

九五式艦上戦闘機! 一式戦闘機「隼」という戦闘機、月光や銀河という爆撃機・・・
数々の名機を生み出した、日本一の航空機メーカーだヽ(*`3´)ノ

なので、スバルに乗るとミリタリーなオラは血が騒ぐヽ(*`3´)ノ 

しかし! 運転しているゴールド免許の角刈り君は至極、安全運転だった・・・

左側車線をトロトロと走る、次々と後続車が追い越し車線を駆け抜けて行く・・・

スバルに! そして中島飛行機に失礼だぁヽ(*`3´)ノ

こんな運転してたら、武道館に着く頃には日が暮れちまうぞぉ!
アクセル、ベタ踏みしなよヽ(*`3´)ノ

オラは角刈り君にそう進言したが・・・ 彼はあくまでも安全運転だった(;ω; )

そういう訳で、随分時間を要して秋田県立・武道館に到着したのは、真子さんがステージに登られる30分前だった・・・

既に会場に用意された600人分の長椅子は全て満席、立ち見の観客も同じく600人程、更に今もぞくぞくと観客が増えつつある・・・

埼玉から夜行バスで到着したコンパ君とひさぴょんが君の姿が最後列に見えた!

お〜〜〜い、彼等の手招きする場所へと向かった・・・

最後列センター! それは親衛隊の不動の定位置だが、ステージまで随分と距離がある@o@;
オラはステージまでの距離を歩測で計測した・・・ 40メートル程だ・・・
おそらく真子さんは親指ぐらいの大きさにしか見えないだろう(;ω; )

仕方なかっぺぇ(´_`。)  計測のついでに懸案の秋田美人の捜索をしたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

秋田美人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 秋田美人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

オラはブツブツと、つぶやきながら会場をくまなく捜索する・・・

し!か!し! 年齢層が高すぎたぁ〜〜〜ヾ(@~▽~@)ノ

平均年齢確実に60オーバー!
過去の秋田美人ばっかだったぁ((“o(>ω<)o”))

オラが秋田美人を求めて会場を彷徨って(さまよって)いると、ステージ上が騒がしくなって来た・・・
そろそろ真子さんが登場される雰囲気だ@o@;

慌てて最後列に戻り、特攻服を纏とい(まとい)、額にハチマキを締めるヽ(*`3´)ノ

真夏には暑くて酷な特攻服だが、北国秋田ではコート代わりに具合が良い(^O^)v

ステージ上では司会のお姉さんが、真子さんの略歴を紹介されている!

そして、それが終わり、いよいよ真子さんが現れる!

角刈り君も統制棒を握りしめ準備万端の様子だし、特攻服に身を包んだオラ達も真一文字に居並んだぁヽ(*`3´)ノ

今! まさに真子さんが登場されようとしているが、ここで、あきたプラチナ世代博と会場となった秋田県立・武道館について説明しなきゃなんない!

「あきたプラチナ世代博」とは・・・秋田県、秋田市、秋田放送さんが中心になり、毎年稲刈りの終わったこの時期に開催されるイベントで・・・プラチナのように輝き続ける元気でアクティブに活動されている方々へ、役立つモノ・コトを紹介する行事なんだぁ(^O^)
言うなれば・・・高齢者向けに、いろんなものをセールスしたり相談に乗ったり、そういう事をする催事で、リフォームの相談や健康相談、地域の地酒の紹介・・・そういったブースがステージの周りに並んでいる(^O^)
そして、会場となった「秋田県立・武道館」は大小さまざまな武道場があり・・・柔道場、剣道場、弓道場、それに相撲の土俵まであるらしい@o@;
しかもスケートリンクまで隣接しているし、秋田県がスポーツに力を注いでいる事が伝わって来る(^O^)
それに建物が素晴らしい! 一見してコンクリートの箱作りなのは、他県の大型体育館と同じだが・・・天井の梁(はり)に秋田杉が使われている!
建築の定石だと、梁は鉄骨というのが相場だが・・・苦心して地元の木材を利用しているところがミソだし・・・
木材では強度が足らないからなのか、太いワイヤーを駆使して、天井のグラファイト屋根の加重に堪えるようにしている!
2020年の東京オリンピックの舞台となる「新国立競技場」も国産の木材を多用した建物になるらしいから・・・その先駆けみたいなものだぁ(^O^) 凄い(^O^)

さて・・・ 700坪強の面積がある、広々とした秋田県立・武道館の大道場には、およそ2千人の観客が詰めかけていた!
その観客の全てが・・・昭和53年の新人賞多数を獲得し! 翌54年の金の鳩賞を受賞し! 54年、55年と2年連続紅白に出場し! 平成23年にはワコール美胸大賞を受賞し! 近頃は画伯として活動を始めた石野真子の歌声を、固唾を飲んで待ち望んでいるヽ(*`3´)ノ

それが、ひしひしとオラには伝わって来たぁヽ(*`3´)ノ

たぶん秋田放送の女子アナなのだろう・・・司会のお姉さんが満を持して、真子さんをお呼び下さった!

「それでは! 秋田スズキプレゼンツ! 石野真子ショーの開催です!!!」

角刈り君の右腕が縦横に掛けられた秋田杉の梁を目指して突き上げられるヽ(*`3´)ノ

せぇーーーー のぉーーーー!!!

真子ちゃーーーーんヽ(*`3´)ノ

たった6名の統制だが、コンクリートの壁に共鳴して、武道館に大きく響く!

それと同時に軽快な「しあわせのレシピ」のイントロが会場を包む!

そして、真子さんはステージに向かって右手、即ち上手から足取り軽く現れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

余談だが・・・ オラは数日前、真子さんのプログにこう書き込んでいた・・・

「今から間に合うかどうか解りませんが・・・11年前のリバイバルコンサートの折りの、真紅のドレスを着て、秋田で謡って下さい」

リバイバルコンサートを観ていない者には???なんだろうが!
言っておくが、その真紅のドレスは・・・尋常じゃないぐらい素敵なんだぁヽ(*`3´)ノ
ウエストがキュッと締まっていて、スカートがフレアーで! しかもスカート丈が膝丈で!
もちろん肩が露な(あらわな)ノースリーブで!
天使というものが実在するとしても! その何万倍も真子さんを美しく仕立ててくれるドレスなんだぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そういう事情もあって、オラはステージの上手から現れる真子さんを凝視したぁヽ(*`3´)ノ

どうか! 神様! 真子さんが真紅のドレスでありますようにヽ(*`3´)ノ
オラの願いが通じます様にm(_ _)m

軽快にステップを踏みながら上手から現れた真子さんは・・・・
オフ白のベース生地に、ロココ調の小花がプリントされたワンピース姿だったぁ >┼○ バタッ

オラの願いは聞き届けられなかったが・・・しあわせのレシピのメロディーに合わせ、肩を揺らす真子さんの立ち姿は限りなく美しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

肩が露になったワンピースから伸びる両腕は、雪国の秋田美人より色白であろうし!
何よりパランスが良い!
ウエストが締まった華奢なスタイル・・・ワンピースに覆われてはいるけれど、長い足!と程よい肉付きの太ももに、ワコールさんお墨付きの美胸ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
そして、典型的な八頭身の小顔!
更に目尻がタレてはいるが、パッチリとした瞳ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
それにだ!!! 後、数秒後に奏でられる美声ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

青春時代に憧れていた可愛くも美しい女性が、40年近く経過した現在も、このように美しい状態で保たれているというのは・・・ほとんど奇跡だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ 真空パックだぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

スポットライトを浴びるステージの真子さんに感動ひとしおのオラだが・・・
おや@o@; 真子さんの頭上にプロジェクターが映し出されている@o@;

最後列立ち見のオラ達のポジションからは、真子さんは親指とまではいかないが、10センチぐらいの大きさにしか見えない(;ω; )
そのオラ達の為に、どうやら秋田放送さんがテレビカメラで映したものを、ステージ上部の白い壁に映し出して下さっているんだヾ(@⌒ー⌒@)ノ

純白のスクリーンではなく、白い壁だし、武道館の照明が落とされている訳では無いので、クッキリ鮮明とはいかないが・・・
真子さんの上半身のみ大写しにして下さっているので、随分と迫力があるし、真子さんの表情もよく解るヾ(@⌒ー⌒@)ノ
秋田放送さん、ホントにありがとさんです(^O^)v

そういう状況をメモしているオラだが、仲間達は、しあわせのレシピのメロディーに合わせ、盛んに手拍子を贈っている・・・
オラも手拍子しなきゃ(´_`。)

アップテンポで短いイントロが終わると、いよいよ真子さんが謡い始められた!

https://www.youtube.com/watch?v=0WXc4iGpdqg

親衛隊の仲間達は懸命に手拍子を贈る!
前列の常連さん達も同様の筈だぁ!

多くの場合・・・ 否! 絶対に! 必ず! 100%の確率で!
オラ達が手拍子を始めると、それが観客に伝播するヽ(*`3´)ノ
最初は観客の数人が・・・ そして次第に大勢の観客が真子さんの歌声に合わせ手拍子するものだ(^O^)

が・・・ 会場は静まり返っていたヾ(@~▽~@)ノ

正確には、曲が流れ、真子さんが歌い、オラ達と常連さんの手拍子だけが武道館を支配している(;>ω<)/

2千人程の観客はお行儀よく、それを聴いているのみだぁ(;>ω<)/

多くのイベントのように「まこちゃ〜〜〜ん」という掛け声もかからない(´_`。)

やっぱ、ファーストソングは、アイドル時代のヒットメドレーの方がよかっぺなんじゃろうか???
初めて聴く楽曲だと、感情移入が出来ないのかなぁ〜〜〜(´_`。)

ともかく、こんなシーンとしたイベントは宜しかろう筈がねぇヽ(*`3´)ノ

真子さんも謡いにくかろう! オラ達は懸命に手拍子した!

が・・・ 結果は好転せず・・・ 観客からの手拍子のないまま、しあわせのレシピはエンディングを迎えた(;ω; )

きっと心の中では、この状況にビックリポンな真子さんの筈だが、曲が終わると、気丈にMCを始められた!

真子ちゃん! いいMCしてねヽ(*`3´)ノ
秋田県民の心をグッグっと掴むMCしなきゃなんないよぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

どうも皆さん、お早うございますぅ〜〜〜ε(ヲ????)ノ
秋田は久しぶりでして・・・旅番組では以前に来ましたが、歌では何十年ぶりになりますε(ヲ????)ノ

お行儀よく無難な話題からMCを始められた真子さんだ!
それで! そっから! グッグっと秋田県民のハートを鷲掴みにすんだよヽ(*`3´)ノ
ちゃんと話題は考えて来てるよねヽ(*`3´)ノ

スピーカーからMy Friend〜旅に出よう〜のイントロが流れ出した@o@;

短いMCだった >┼○ バタッ

結局、真子さんは最後迄この事に触れられなかったが・・・
オラは映画「ハチ公物語」のことをお話すれば良かったと、つくづく思っている!

昭和62年に上演された「ハチ公物語」続いて平成21年に全世界で上映されたリチャード・ギア主演の「HACHI 約束の犬」で大学教授の元に送られて来た子犬がハチ公というのは皆もご承知だろうが・・・
そのハチ公は秋田県大館市の斎藤さんというお宅で飼われていた子犬という設定になっている!
なので、渋谷駅にハチ公の銅像がある事は有名だが・・・大館市にもハチ公の銅像がある!
そのことを秋田の人達は誇りに思っているらしい!

だから・・・せっかく映画「ハチ公物語」で準主演を為さっているのだから、その話題に触れられたら・・・と思い残念だぁ(;ω; )

ステージでは My Friend の前奏が始まっている・・・

キャッチーな My Friend の前奏に合わせ、真子さんはリズムをとる・・・
オラ達も真子さんに倣い(ならい)リズムをとりながら手拍子する(^O^)v

長く親衛隊をしていると、その行為だけでも一体感を感じてしまうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

壁に映されたプロジェクターの映像と、ステージの真子さんを見比べ、足でリズムをとる!
My Friend は手拍子を裏に入れなきゃなんないので、この曲がリリースされた頃は、皆、揃わなくて苦労したものだった・・・
けれどもう何十回もそうしていると、仲間達全員、乱れる事無く手拍子出来る(^O^)v

だが・・・ 2千人の観客は・・・ お行儀よくしている((“o(>ω<)o”)) 

真子さんが精一杯謡って下さってるんだぁ!
秋田の方々! ここは手拍子で盛り上がってケロ(;>ω<)/

オラはそう願いながら、手拍子を贈るのだが・・・
どうやら通じず、観客は沈黙を守り抜く(;>ω<)/

続いて真子さんが謡い出されたのは「Friend」・・・
以前にも幾度かあったが「My Friend」に続いて「Friend」
My Friend は アップテンポで元気一杯な感じの曲だが・・・
Friendアカペラに近い訥々(とつとつ)としたメロディー・・・
同じフレンド=友達という意味が曲のタイトルだが、その対比が面白い(^O^)

どう対比が面白いのかというと・・・それは、歌詞をよく聴いてケロ!
きっと、どうして真子さんが My Friend に続いてFriendを謡われるのか、理解出来る筈だ(^O^)
そして、そこにこそ・・・石野真子の深みがある(^O^)v

それはさておき・・・ Friendを聴いていると、グローリアチャペルのギター弾き語りのシーンを思い出すのは、オラだけではなかろう・・・

以前は熱心にギター演奏をオラ達に披露して下さった真子さんだが・・・
ここんとこご無沙汰だぁ(;ω; )

べつに・・・ギターを弾いてくれなくても・・・
目の前で謡って下さるだけで、オラ達は十分幸せなのだが・・・

贅沢を・・・ 我が侭(わがまま)を・・・ 言わせて頂けるのなら・・・
そういった、大変な事をわざわざして下さる・・・
それが嬉しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ ファン冥利に尽きるヾ(@⌒ー⌒@)ノ
愛を感じるヾ(@⌒ー⌒@)ノ 一生、この女性についていこうと感じさせられるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そういう訳なので・・・ お忙しいとは思うが、真子さん気張ってケロm(_ _)m

さて、真子さんがFriendを謡い終えられると、司会を為さっている男女のアナウンサーさんがステージに現れた・・・

(司) まぁ〜〜〜なんて素敵な歌声なんでしょう!
ステージがマシュマロみたいにとろけそうでしたねぇ〜〜〜(^O^)
そして、一番後ろには応援団の方々も大勢お越しですねぇ!

(真) ふぁ〜い、いつも遠くから必ず応援に来てくれるんです!
昔の曲を謡うときはコールしてくれるんですよ(^O^)
だから昔の曲を謡わないと、あの子達、泣いちゃうんです( ̄ー ̄)ニヤ

(司) 真子さんは秋田のどんなところがお好きですか?

(真) 私は昨日、秋田に到着したんですが・・・
大館とか武家屋敷とか素敵でしたぁ(^O^)
それにキリタンポも食べましたぁ(^O^)
東京とは温度差があるので、ダウンもしっかり持って来てます!

(司) 歌手に女優にお忙しい真子さんですが・・・
今後のご予定などお知らせ下さいませんか?

(真) 夏には梅沢富美男さんと明治座で舞台をしたのですが、12月には「ナイスガイ in ニューヨーク」というミュージカルをするんです(^O^)
バタバタ劇みたいな楽しいミュージカルになりそうなんですよ!
でも、まだ台本も脚本も出来ていなくて・・・セリフを覚えなきゃなんないのに、困ってるんです(;ω; )
応援団にカンペのセリフを持ってもらおうかしら(´_`。)

(司) あの〜〜〜 私的な事なんですが・・・
ジュリーがライバルの・・・バーンバッバッバッーン! の早撃ちの振り付けが大好きなんです(^O^)

それでは4曲目は司会のお姉さんが大好きだと仰る、早撃ちシーンが見物の「ジュリーがライバル」

パンチの効いた前奏が流れ出す!

オラ達の出番だぁヽ(*`3´)ノ

LETS GO!ヽ(*`3´)ノ
ライ・ラ・ラ・ライ・ライ・ラ・ラーイ♪ ライ・ラ・ラ・ライ・ライ・ラ・ラーイ♪
Come on and take a chance♪
Love me tonignt♪
ゴーゴーゴーゴー レッツゴー マコちゃんヽ(*`3´)ノ

手拍子もいいけど・・・ やっぱ真子さんの歌声に乗っけるコールが最高だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ
真子さんとの一体感が半端ないヾ(@⌒ー⌒@)ノ 

オラも仲間達も、渾身の力を振り絞ってコールするヽ(*`3´)ノ

この場で申しああげるべき事かどうか・・・
稀に! オラ達がコールしていることを「パフォーマンス」だと勘違いしている者がいる!
自分達が目立ちたいだけだろう・・・とか!
ストレス発散の為だろう・・・とか!
事務所やテレビ局からバイト代もらって賑やかにしてんだろう・・・とか!

全部違う(-`Д´-;)!

人間という生き物は! 恋して! 愛して! それがギューーーーゥっと圧縮されて!
高まって! どうしようもなくなったら! 大声で叫びたくなるんだぁヽ(*`3´)ノ

しかも! あんなに素敵な真子さんだぁ!
だから・・・ 腹の底から大声出して応援したくなるんだぁ(-`Д´-;)!

それで・・・ 会場はというと・・・

最前列付近の観客の中には、真子さんのフリを真似ている女性の後ろ姿が僅かに確認出来たが・・・
((“o(>ω<)o”)) 2千名の観客は、相変わらずお行儀よくしている(;>ω<)/

ここは! 盛り上がっていいんですよヽ(*`3´)ノ
真子ちゃーーーんって! 叫んでいいんですよ!
せめて! 手拍子だけでもしてケロ(;>ω<)/

しかし・・・ オラの切ない願いは通じない(;ω; )

ジュリーを謡い終えられると、真子さんは次曲の紹介をして下さった・・・

昔のレコードはA面、B面があったんですが・・・
今、謡いましたジュリーがライバルのB面曲を謡います(^O^)

柔らかな前奏に続いて・・・伸びやかな歌声で、真子さんが謡い出された・・・

秋の風が窓を叩く 悲しみを見つけたのね♪
想い出が渦まく わたしの胸の中に♪

きっちりと直立して謡われる真子さん・・・サビでは腰をかがめ、声を振り絞り謡われる
その透き通った美声が、秋田県立・武道館に、そして観客の胸に浸透して行く・・・

曲が終わると、一際深々と客席に向かいお辞儀を為さい、短くMCをされた・・・

あっという間でしたが、最後の曲になりましたm(_ _)m

親衛隊の仲間が大声で・・・ えっーーーー と叫んだ!

ふっふっ、それじゃアンコールしてね(^O^)

アンコール確定ヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

数秒おいて、スピーカーから狼のイントロが流れ出す!

デビュー曲というものは神聖なものだとオラは思う!
初日の出も、初詣もそうだろう・・・ファーストキスもそうだし・・・
初カツオもそうだ・・・
何事も始まりを大切にする国民性なんだ(^O^)
そういう訳で、初カツオみたいな処女曲なんじゃから、大切に謡ってもらわなきゃなんない( ̄ー ̄)ニヤ
そして! 処女曲には一際力強く応援しなきゃなんないのは、もちろんだぁヽ(*`3´)ノ
それに! 狼ならば! 沈黙の観客達も大喜びすっぺぇ!
まさか・・・真子さんの狼を知らずして、わざわざこの会場迄、足を運ぶ筈がなかっぺぇヽ(*`3´)ノ

曲が始まる!

真子さんの歌声にかぶせ! 精魂を込めてコールする!

しかし・・・オラ達と最前列付近の常連さん達は、大いに盛り上がっているのだが、2千人の観客は相変わらずだぁ(´_`。)

狼では、しばしば真子さんは観客にマイクを向けられる事もあるが・・・
一緒に謡おう・・・ そういう雰囲気じゃない(´_`。)
だから、それもなかった(´_`。)

とにかく曲が終わってしまった・・・
真子さんはお行儀よくお辞儀為さってから、軽い足取りでステージの上手へハケていかれる

その後ろ姿が見えなくなるのと同時に、オラ達は「アンコール! アンコール!」と叫び始めるヽ(*`3´)ノ

アンコールの連呼は、非常なまでにエネルギーを消費する
真子さんお願い! じらさないで・・・ 早めに戻って来てくんしゃい(´_`。)

20秒程して、再び真子さんは現れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

いつもの事だが・・・ アンコールで登場される折の笑顔が素敵だぁ(^O^)v

やっぱ、アンコールされると嬉しいのかな(・_・;?

そういう疑問がわいたりする・・・

もう10年近く前の事だ・・・
ライブでアンコールするのは当然の事として、オラ達もアンコールを連呼していたが・・・
本日のようなミニライブであったり、インストアライブの際は、そういう事をしていなかった・・・
何故なら、そういう短時間のイベントで、アンコールを督促するのは不適当だと、誰もが感じていたからだし、誰もそれを疑わなかった・・・

しかし・・・ 当時のマネージャーさんから「どうしてアンコールしないの?」
角刈り君がそう問われたそうだ・・・

アンコールしてくれなきゃ、出ようにも、出れないよ!
こっちは、もう1曲用意してたのに・・・

@o@; 目からウロコだった・・・@o@;

以後、どんなイベントであろうと、真子さんが謡われる折には必ずアンコールを連呼しているオラ達だが・・・
歌い手にもよるのだろうけれど、どうやら真子さんはアンコールされると嬉しいタイプなんだとオラは思っている!
だから、アンコールで再びステージに戻って来られる際に、あんなに幼い素敵な笑顔を見せて下さる(^O^)v

ステージのセンターまで歩まれた真子さん・・・

えっーーーっと、今日は日曜日じゃありませんけど・・・
「日曜日はストレンジャー」を謡いますm(_ _)m

短くアンコール曲を紹介して下さった真子さんだが、ディスコティックな前奏が始まると一瞬お顔が引き締まる!
そして最初は右足から! 続いて左足! キャミソール・ドレスの裾に隠れて見えはしないが、程よい肉付きの足を揺らして振り付けをなさるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

アンコール曲の日ストが終わり、深々とお辞儀される真子さん・・・

ここで会場から満場の拍手が沸き起こった!!!

@o@; 沈黙していた観客が一斉に、真子さんへ拍手を贈る!!!

@o@; 秋田はそういうルールにゃんだろうか(・_・;?

ショーの最中は静かに曲を聴き・・・
ショーが終わると拍手や喝采を贈る・・・

そう決まっているんじゃろうか(・_・;?

とにかく、観客の盛大な拍手に見送られ、真子さんはステージから退場された(^O^)v

真子さんがハケられると、オラ達は大急ぎで特攻服を脱ぎ、ハチマキを取らなきゃなんない・・・
何故かというと、真子隊ではそういうルールになってる
真子さんが登場される直前に準備を行い、真子さんのステージが終わると、直ちに片付けする!
間違っても、特攻服を着てウロついたり、不要に目立っちゃいけない!
数年前にそういうルールが出来たので、仲間達もオラも大急ぎで片付けを始める・・・

し!か!し! 片付けをしているオラ達を、めざとく見つけて駆け寄って来る人達がいる・・・
どこの会場でもそうだが、やはり秋田も同様だった・・・

どっからござっしゃった?(どこから来たのか?)
いつ、ござっしゃた?(いつ来たのか?)
何でござっしゃた?(なにで来たのか?)
いっつも応援にいぐの?(いつも応援に行くのか?)

まるで宇宙人への質問の様だが、必ずそういう事を尋ねられる・・・(´_`。)

こういう場合も、暗黙の約束で、オラ達は目立っちゃなんねぇ・・・
得意げに、いつも応援に行くんですよ!
石野真子の応援に命を賭けてますから!
そういう自慢話などしちゃなんねぇ・・・

だから、控えめに、尋ねられた事だけに、簡素に小さな声で答える・・・

無愛想だと思われても仕方ないが「目立っちゃなんねぇ」というルールがある以上、仕方なかっぺぇ(´_`。)

さて、片付けは終えたが、真子さんの2度目のステージまで4時間程ある・・・

宴会すっぺぇヾ(@⌒ー⌒@)ノ

おーーーーい皆! 各自、命の水と食料を調達して、中庭に集合だよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

具合よく、秋田県立・武道館の中庭には、幾つもの屋台とテーブル席が並んでいる!

もうすぐ冬になろうとしている秋田の風は冷たかったが、真子さんの話題で盛り上がるオラ達だ!
それに常連さん達も加わり、増々話に花が咲くヾ(@⌒ー⌒@)ノ

オラは瞬く間に生ビールを飲み干し、ホットドッグときりたんぽを胃袋に叩き込んだぁ!
だが全く飲み足らないヽ(*`3´)ノ 即座に、おかわりに行く┌(;・_・)┘トコトコ

青森県民のキャバ王が言い出した!

「地酒の試飲をやってるから! タダで酒が飲めるぞ!!!」

なんてセコイこと言うんだ・・・(´_`。)

キャバ王に連れられ、数名が地酒の試飲に向かった・・・┌(;・_・)┘トコトコ

確かに地酒の試飲会が催されていたし、もちろんタダで飲ませてもらえる(^O^)v

試飲が終わり、その場を立ち去ろうとしたが、キャバ王は、もっと飲ませろ!と、おかわりを連発する@o@;

酒造会社の方があまりに気の毒だぁ(´_`。)

「あのね! キャバ王君、そんだけ飲んだら十分だろう・・・罪滅ぼしに1本買ってあげなよ!」

おらが進言すると、意外にも気前よく、キャバ王は大吟醸を1本購入した!

その大吟醸を中庭に持ち込み、宴は盛り上がる!

瞬く間に1本、空いた@o@;

追加でもう1本! そしてもう1本! さらにもう1本!

大吟醸、4本、飲み尽くしたヽ(*`3´)ノ

オラも軽く酔ったし・・・ ひさぴょん君は服を脱いで、今にも踊り出しそうな雰囲気だぁ@o@;

酒宴は盛り上がっているが、まだまだ時間がある・・・
会場をウロウロしていると、血圧測定のコーナーがあった!

仲間達を連れて行く・・・┌(;・_・)┘トコトコ

お母さーん! みたいな過去の秋田美人の看護師さんが、一人一人測定して下さる!

では、結果発表ヽ(*`3´)ノ

管理人 上115 正常値
ミモザ君 上135 正常値ギリギリ
角刈り君 上147 高血圧
キャバ王 上175 超高血圧(余命半年)

長い中休みが終わり、真子さんが2度目のステージに立たれる!

14時30分キッカリ! Life is beautiful の前奏と共に真子さんは現れた!
衣装替えを為さって下さっていた・・・
ペールトーンのピンク色の豪華なハンカチーフドレスだ! 
アカデミーショーの授賞式・・・そんな折にハリウッドの女優さん達が着ている、そんなゴージャスなドレスだぁ(^O^)

さて、会場はどうなんじゃろ(・_・;?

もちろん椅子席はギッシリと満席!
立ち見も3重、4重、5重・・・@o@;
観客総数、1部より2割増ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
それに Life is beautiful の前奏に合わせ手拍子もチラホラだ(^O^)v

秋田のお客さんに負けちゃなんねぇヽ(*`3´)ノ
オラ達も懸命に真子さんへ手拍子を贈る!

微笑みを称えながら、美声を披露して下さる真子さんがステージ上部の壁面に大写しされる!

やっぱ! 綺麗わぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ
顔立ちが端正なんだねヾ(@⌒ー⌒@)ノ
顎のラインがキュッと締まってるとこがいいよねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

曲が終わると短いをMCを為さった・・・

今日はじめてお目にかかる方も、久しぶりの方も、本日は宜しくお願いしますm(_ _)m

お行儀よくご挨拶された真子さん、そして2曲目の前奏が流れ出す・・・

@o@; バーニングラブ(定価700円)のB面曲! ボンボンブーケヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ちょびレアな曲を謡い始められた真子さんだが・・・
何故か、オラのメモには以降、曲目だけしか書いてない事に、たった今、気付いたぁ(;>ω<)/
メモ帳を何度めくっても・・・ 曲目だけしか書いてない((“o(>ω<)o”))
なんでじゃろう(・_・;? ボンボンブーケに感動しちまったからなのか?
それとも・・・大吟醸のせいなのか(・_・;?

そういう事情で、まっこと申し訳ねぇが・・・曲目のみお伝えすっぺぇ(´_`。)

プリティー

春ラ!ラ!ラ!

私の首領

狼なんか怖くない(アンコール)

あっと言う間に30分が経過し、真子さんのステージは終わってしまった・・・

片付けをしていると、また何人か駆け寄って来る人達がいた・・・

いつもは謙虚に、簡素に、彼等に応対するのだが・・・
大吟醸のせいだろう・・・ その時のオラは多弁だった(´_`。)

石野真子が一番だべさぁヽ(*`3´)ノ
あげな素敵な女性は、他にはなかっぺぇヽ(*`3´)ノ
石野真子親衛隊が一番なんでげすヽ(*`3´)ノ
聖子ちゃんの親衛隊なんて、足元にも及ばねぇでがんすヽ(*`3´)ノ

聞かれもしない事をペラペラと喋っちまったぁ(´_`。)
しかし、集まった数人の観客は・・・

んだべぇ! んだべぇ! そっちゃある通り! 真子ちゃんが一番だべぇ!

皆、笑顔でそう応えてくれた(^O^)

地域性なのか・・・秋田の人達は盛り上がりに欠けると思っていたが、皆、真子さんのことが大好きで、温かい方達ばかりなのだと、しみじみと感じた(^O^)

さて、真子さんのイベントは終わってしまったが・・・
今日の感動を更に強く胸に刻む為に、宴会に行かなくっちゃなんないヽ(*`3´)ノ
酒を酌み交わし! 真子さんのことについて、互いに語んなきゃなんないヽ(*`3´)ノ

いざ行かんヽ(*`3´)ノ 北川景子風に! GO!!!

集合場所は秋田駅西口!

オラ達の乗るレンタカーのハンドルを握るのは、往路同様、安全運転の角刈り君!

途中、エリカ号に乗車しているゴロツカ先生からLINEが入った!

真子さんを乗せた黄色いワゴンタクシーが、そっちに向かっています!!!

@o@; にゃんと! オラ達はキョロキョロとあたりを見渡す・・・・

黄色のワゴンタクシー!  黄色のワゴンタクシー!

後部座席のコンパ君が発言した・・・

黄色のワゴンタクシーなら、さっき追い越し車線を走って行きましたよ・・・

うっ・・・(;>ω<)/(;>ω<)/(;>ω<)/

バカヤロー(-`Д´-;)! トロトロ左側車線、走ってるから追い抜かれたんだろ(-`Д´-;)!

オラはハンドルを握っている角刈り君に噛み付いたぁ!
アクセル! ベタ踏みせんかぃーーーーヽ(*`3´)ノ

しかし、角刈り君の運転技量では、黄色のワゴンタクシーに追いつく事は出来なかった(;ω; )

しかたなかっぺぇ(;ω; ) 

だが・・・ 真子さんを乗せたタクシーが、秋田駅に向かっている事は間違いない!

キャバー王がスマホで秋田新幹線の出発時刻を調べる!

今からでも新幹線の出発時刻に間に合いそうだと、キャバ王は言った・・・

皆! どうすんの??? 新幹線の入場切符買って、真子さんに逢いに行くの???

真子さんに逢いたい気持が無かろう筈が無い!
だが、皆、躊躇している・・・

お疲れの真子さんに気の毒かも・・・(´_`。)
ゆっくりさせて差し上げたい・・・(´_`。)

そういう想いが伝わって来る
なんて優しい奴らなんだぁ(;ω; )

最後に真子さんにお会いする事は出来なかったが・・・
懸案の・・・ 秋田美人はこれからだぁヽ(*`3´)ノ

常に宴会の場は、親衛隊が仕切ることになってんだが・・・
今回は珍しく、常連さん達が場を選んでくれた(^O^)

きっと! すっげぇ! 秋田美人が山盛りなんだろうぅぅぅぅヾ(@⌒ー⌒@)ノ
久しぶりに乱れるぞぉぉぉぉヽ(*`3´)ノ

常連さん達の選んでくれた宴会場は、繁華街からえらく外れた場所にあった・・・
薄暗い通りを長く歩き、やっとそこに辿り着いた・・・

@o@; 外観が凄かった・・・@o@;

昭和30年代の木造の建物そのままだ・・・
暗がりでなく、明るければ、建物が傾いているのが解った筈だ・・・

どうやら居酒屋のようだった・・・

し!か!し! こういうレトロな風情の居酒屋にこそ!
秋田美人が居る筈だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ
もし、そうでなければ、わざわざ常連さん達が案内する筈がなかろうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

期待が高まったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

汚れた、のれんをくぐった・・・

@o@; 老婆が一人居た・・・ >┼○ バタッ

他に客は居なかった・・・ オラ達15名で貸し切り状態だ・・・

老婆がせわしく働く・・・

しばらくすると、可愛らしい手伝いの女の子が現れた!

エプロンの下にセーラー服を着ているのが見えた・・・

それを目ざとくキャバ王が見つけた・・・

あっーーーそれ セーラー服だよね ( ̄ー ̄)ニヤ
あっーーーそれ セーラー服だよね ( ̄ー ̄)ニヤ
あっーーーそれ セーラー服だよね ( ̄ー ̄)ニヤ

キャバ王は幾度も大声で連呼した・・・

セーラー服に過敏に反応するキャバ王がウザイ(;>ω<)/

おい! 恥ずかしいからやめろよ(-`Д´-;)!

オラはキャバ王に怒鳴ってやった!

店はボロかったが・・・ 料理はうまい! 真子さんの話に花が咲く(^O^)v

宴もたけなわという時、セーラー服姿の手伝いの女の子は帰って行った・・・
キャバ王の卑猥な目線に堪えられなかったからなのは明らかだ!

代わりに・・・ 老婆がもう一人現れたぁ >┼○ バタッ
老婆+老婆の2ショット・・・>┼○ バタッ

後に教えてもらった事だが・・・ その居酒屋は韓流ドラマのロケで使われたお店らしく、地元では有名な老舗の居酒屋なんだそうだ(^O^)

さて、真子さんを凌ぐ秋田美人には出逢えなかったが・・・
真子さんの歌声を聴き! 仲間達と再会し! 秋田の人達の人情に触れ! 至極楽しい遠征だった(^O^)


おわり
越谷・イオンレイクタウン・インストアライブ
日時:2016年9月17日(土) 1部:14:30〜 2部:17:00〜
場所:埼玉県・越谷・イオンレイクタウンMORI
観客数:およそ2,000人



武蔵野線にて越谷レイクタウン駅に11時少し前に到着し人の波に乗ってトコトコと歩いて行く
駅から一度ロータリーに出て直ぐにイオンへの上りエスカレーターに乗り建物内へ
人の流れが真っ直ぐだったので何も考えずそのまま歩いて行く
夜勤開けで歩きながら寝ていたのか?普通に歩いて行く私
広場はイベント会場は何処か?一階へ降りて探し始める
奥の方に広場の様な物が見えて来た
ステージの裏側が見えて来た。早足で駆け寄る私
アレ?割と椅子が少ないなぁ?人が殆ど居ないぞぉー?ステージへ回り込む
ポスターが貼ってある、アレ?着物のポスター?ん?ポスターに近ずく
すると真子さんでわ無い!誰だ?(^_^;)演歌の方だ
えーっと真子さんの会場は何処だ?ココは何処?
よーく見ると「KAZE」と書いてあるのが見える
真子さんの会場は「MORI」だよね?(^_^;)恐らく逆だー!!
急いで歩き出す
途中スバル360やハコスカ、CB750K(Kだから4本マフラーですね)それとトラ(トライアンフ)、新車のハーレー等を見て歩きます
途中椅子が15個ほど出ているミニ広場へ出て、そこでもアレ?アレ?と時間を取られました
もう少し進むと広場が見えて何人か知った顔を見て安堵します
ちなみにTwitter等見ると椅子が空いて無かった、と言う書き込みを結構見ますがその位混んでましたねー
しばらく色々な方と談笑しながら他の隊員を待ちます
少し奥に行くとトヨタ2000GTが展示されていたのでパチリと写真を撮ってたりしました
何でも億越えの車両とか?
そうそう途中SR311(フェアレディ)も有ったなぁ
しばらくするとボギーさんとブーさん、コンパさんと角刈りさん登場、本日は5名です
今日の真子さんは大衆演劇の劇団魁さんと同じステージを時間差で使用すると言うスタイルなので恐らくリハは魁さんの後で有ると判断しフードコートで腹ごしらえです
皆様カレーを注文するのですが昨夜カレーだった私は窯焼きピザを注文
皆様カレーを食べ終わる頃に漸くピザが焼けてアツアツのマルゲリータを食べます、美味かったですよ
会場へ戻ると劇団魁さんのステージが始まります
なんと流れて来た音楽はジュリーの「時の過ぎ行くままに」でした(^_^;)
私はもしかしたら?今日はジュリーを歌うかも知れない?と思いました
劇団魁さんのステージが終わりマイクセッティングが変更されました
そろそろかな?と思うと真子さん登場黒い半袖のお召し物
リハの曲は「Life is beautiful」嬉しい事も悲しい事も足跡残しながら、コレから先も旅は続くSo Life is beautiful
真子さんの喉の調子は良い様です(*^_^*)
さぁ久々のインストアライブです
セットリスト
第1部
1.日曜日はストレンジャー
2.恋のハッピーデート
3.白いオルゴール
4.ジュリーがライバル
5.Life is beautiful
アンコール
狼なんか怖くない

第2部
1.日曜日はストレンジャー
2.プリティー・プリティー
3.彼が初恋
4.めまい
5.金木犀の香る頃
アンコール
狼なんか怖くない


14:34女性司会者が登場し真子さんのプロフィールを紹介します
37分真子さん登場、角刈りさんの統制棒が唸ります
「せーーーの!」「真子ちゃーーーん」
コールが生える日曜日はストレンジャーです
しかし、我々の所からは背伸びして漸く真子さんのお顔のみが見え隠れする程度(^_^;)
しかも歌い終わってMCに入りますが、き、聞こえません!
真子さんのお話が聞こえません(>_<)(>_<)(>_<)
ずっとこんな感じでMCが聞こえずメモはほぼ曲名のみ
ここのMCでは「懐かしい」の単語だけ何とか聞こえました
恐らく懐かしい歌を歌って・・・とお話されたと推測
恋のハッピーデートをお歌いになる真子さん
歌い終わりココは全くお話がわからずメモは無し
白いオルゴール
ココのメモは「B面」「ミュージックデー、最年長?」「先日、最年少」と有りました(^_^;)
恐らくジュリーのB面(今はB面って言わないよねー)と言っていたと思う(^_^;)
ミュージックデーでは最年長、NHKでは最年少だったとお話されたと思います(^_^;)
ジュリーがライバル
私の予測通りジュリーが来ましたねー(笑)
次が最後の曲になります「えーっ」と皆さん
で、何故かココでメモには「シンゴジラ」
にがくてあまいの事を宣伝したのかしら?シンゴジラで無くにがくてあまいへ行ってね!と
真子さんはしきりにあまくてにがいと言っていたと最後列の私には聞こえましたが
ココは良く聞こえ無かった!としておこう(^_^;)
Life is beautiful
拍手が難しいですね
さあアンコールしますよ「せーの」「アンコール」「アンコール」・・・
アンコールは狼なんか怖くない
目一杯のコールを真子さんへ
そしてインストアライブ最大のお楽しみサイン会と握手会の時間です
特攻服を素早く脱いでCDを開けて列へ並びます
過去多かったのは姫路のイオンとかかなり並びましたが、それをも凌ぐほどの行列
流石埼玉県民の誇り、日本一のショッピングモールの越谷レイクタウンです*(^o^)/*
しかし、次の劇団魁さんの時間が迫ってます
ステージ中央にてサインをしていましたが魁さんの時間になってもまだまだ列は続いてます
なので客席左手に場所を変えステージは魁さんの準備に入ります
20分遅れで魁さんがスタートしてもまだまだ列は途絶えません
魁さんの30分のステージが終わりしばらくして真子さんのサイン会が終わります
続の真子さんのライブまでもう余り時間が有りません(>_<)
我々は指定席の最後列へと向かいます
特攻服を着てハチマキをして真子さんの御光臨をお待ちします
2部は17時スタートと比較的遅いのでほんの少し観客は少なくなりましたが、コレでいつも位に
17時02分司会者の女性が登場、しばしお待ち下さいねー
17時05分真子さんの再登場です*(^o^)/*
1曲目は1部と同じく日曜日はストレンジャー
お客様は少なくなったのに相変わらずMCは聞こえず(>_<)
次は、プリティー・プリティー
その次は、彼が初恋
その次は、めまい
そして1年ぶり?平八郎をお披露目したイオン鎌取以来?(記憶違いはご勘弁m(_ _)m)
金木犀の香る頃
常連さんが前で拍手を扇動してくれるので一般の方もほぼ間違い無く拍手してくれますねー(*^_^*)
そして、アンコールは
狼なんか怖くない
最後の力を振り絞ってコール

さて、素早く特攻服を脱いでCDを持ってサイン会に並びます
1部の半分チョイでしょうか?
いよいよ真子さんが大きくなって(近ずいて)来ました
そこで私はアル事に気が付きました
「アレ?真子さんカチューシャしてるね!」と
すると前の方で見ていた常連さんから・・・
「1部からカチューシャしてますよ(^_^;)」と
げ、げ、げ(^_^;)
最後の最後に気が付く私_| ̄|○
最後にこんなオチで越谷レイクタウンのインストアライブは終わりました(^_^;)
映画・にがくてあまい 初日舞台挨拶
日時:2016年9月10日(土) 09:30上演 場所:TOHOCHINEMAS新宿



久しぶりにレポートします。映画の舞台挨拶で内容を伝えるのは非常に難しいのですが、分かりにくい部分は多々有るかと思いますが、ご容赦下さい。
それでは、レポート開始します。
さあ、明日は真子さん出演の映画「にがくてあまい」初日舞台挨拶です。
新宿、板橋、港北と3カ所で朝早くからの活動なので、前日から調整が必要ですが、前々か ら約束が有って、ちょっと銀座ではじける会合が・・・
とは言っても、りっぱな和風懐石と、それとちょっとおしゃれなクラブで。。。
勿論そんなに早い時間で終わる訳も無く、帰宅は午前様で翌日を迎えました。
朝は、ちょっと二日酔い気味で6時半に目覚ましで何とか起き、お花の準備が有るので、1時間後の7時半には自宅を出発し、まずは新宿歌舞伎町へお花を引き取りに行き、1カ所目の舞台挨拶会場のTOHOCINEMAS新宿へ。
親衛隊メンバー、常連さんの方々は既に到着されており、9時前に無事に合流。
とは言っても、ひさぴょん、ゴロツカ先生、てっちゃんの3名ですが…
早速パンフレットを購入しようと、売店に行きましたが、あっさり「パンフレットは有りません」と。
どうや ら、何も無いようです。
9:30開始という事で、今日の3カ所の追っかけはどうするかの相談が始まりました。
新宿、板橋は、舞台挨拶が終わったら、速攻で次に移動し、最後の港北でゆっくり映画鑑賞することに。
9:20分、新宿の開場の時間です。自分たちの席でそれぞれ待機します。席はほぼ満席です。
前方には写真撮影のカメラマン、後方にはテレビカメラが。。。
司会の伊藤さとりさんが9時半丁度になり登場。
それでは、にがくてあまい初日舞台挨拶、監督、キャストの皆さんの登場です。
桜田ひよりさん、淵上泰史さん、林遣都さん、川口春奈さん、中野英雄さん、そして我らが石野真子さん、最後に草野翔吾監督の順に入場。
まずは川口春奈さん、林遣都さんの 挨拶から、、、順番に、それでは石野真子さんと。
はーい、えー、みなさんおはようございます。お越し下さいまして有難うございます。今日は初日という特別な日なので、楽しんで行ってください。
みんなのフリートークでは、川口さんの事をクレオパトラみたいとか、茶碗蒸しが美味しかったとか、中野さんから、真子さんの事を「大先輩なので、すべて、はいと返事をしてました」とか…撮影はどうでしたかとの問いに真子さんは「とてもおだやかな現場でしたぁー」って。
そして、この映画の中では、娘がホントにキュート!!と絶賛。
川口さんからは、とてっもおだやかな現場でした、と。
草野監督はホントに厳しく妥協しないとみんな口を揃えて言われる場面 も。
司会の伊藤さとりさんより、にがあまエピソードを聞かせて下さい、と。
川口さんは生がきが苦手だったのが、かきの天ぷらを食べてから克服できた、林さんは梅干しが苦手とか、淵上さんは、一切料理はしないがナシの皮を剥こうとしてザックリ切っちゃたとか、桜田さんはピーマンが苦手だったけどピーマンの肉詰めで克服できたとか、中野さんはキャベツと納豆でダイエット続けているとか…。そして、真子さんの番です、半熟卵が苦手で、生卵とか半熟のスクランブルエッグとかは大丈夫なのに、まだ克服出来てません…と。
草野監督は、男性を撮るのが苦手だったが、この映画を通じて克服できたと。
司会の伊藤さとりさんよりすてきなお知らせが…。
それ と、香港では今年の10月、韓国、台湾では年内の上映が決まっているのとシンガポールでの日本映画祭、ハワイでの国際映画祭に正式招待されています、と。
草野監督:昨日知ってビックリしています。映画はそうやって広がっていくんだなぁ?と。
ここで、パネルをみんなで持っての撮影会が始まり、草野監督の最後のご挨拶が。
脚本を読んだのが、2年前の9月に、撮影したのが去年の9月で、今日を迎えられて光栄です、と。
そして最後にお花を準備したのでと、草野監督よりキャストの皆さんへ。
花束はただの花束では無く、野菜の実が付いた花束でした。
最後に、花束を持っての写真撮影を終え、今日の新宿での初日舞台挨拶が終了。
ここで、速攻の退場、いざ板橋(東武練 馬駅)へ向かいます。
時間は10時10分、イオン板橋には11時前には到着し、まずは早めの昼食。
そして12:20に開場。
新宿と同様に自分たちの席でそれぞれ待機します。席は新宿とは違い、チラホラと空きが。。。
司会も新宿と同様に伊藤さとりさんが12:30に登場。
取材も入っていないので、アットホームな挨拶になればと思います。
それでは、にがくてあまい上映前、初日舞台挨拶でーす。
桜田ひよりさん、淵上泰史さん、川口春奈さん、我らが石野真子さん、最後は草野翔吾監督が入場。
林さんと中野さんは、残念ながらこの場にはいらっしゃいませんでした。
川口春奈さんから挨拶が始まり、淵上泰史さん、桜田ひよりさん 続いて真子さんの挨拶。
これからを楽しみにしていてくだ さい。すごっく楽しい映画です。今日は有難うございます、と。
昨日は緊張で昼からずっと飲んでいたんですけど、今日も午前が終わって、インターネットに感想が出ていて、安心しました、草野監督。
撮影はどうでしたか、選ばれた時はどうでしたか?等
川口さん、淵上さん、桜田さんのコメントが終り、それでは石野真子さんに聞きたいと思います、と。
はぁーい、先ほどまでいた中野さんが旦那さんで、撮影現場はどうでしたか?
そうですねぇー、美味しい野菜を作っている夫婦だったんですが、春奈ちゃんと餃子を作ったんですよね。草野監督は、撮影することを忘れていました、と。
普通に親子になっていて、あんな事は無かった。それほど自然体だった。
作ってみたい料理 は有りましたか?と司会の伊藤さん。
川口さん、淵上さんのトークがほとんどで、真子さんは頷いてばかり。
石野さん、出てきた料理の中でよかったものは有りましたか?
みんな作ってみたいお料理でしたぁー。
着物でバイクに、、、と川口さん。
言っちゃったねぇ?、着物のところが大好きなところでした、と真子さん。
そうこう会話も弾んでましたが、アッという間に最後の挨拶へ。
最後は、川口さん、草野監督の締めの挨拶で約20分で終了。
新宿同様、舞台挨拶が終了すると、スタッフさんのように、速攻で退場し、ひさぴょんとは途中でお別れし、3名で港北(センター北駅)へ。
時間も13時になろうとしていて、港北への到着を調べたところ、最短でも14:18到着がやっとで す。
港北では、上映を見てからの舞台挨拶なので、14:15から映画の上映が有ります。
14:18着では、最初の場面は見られないかと、、、止む無く。。。
予定通り、センター北駅へは14:18到着。急いでイオンシネマへ。
14:30頃、無事に入場し、自席で上映を見ます。
入った時には川口さんがカレーを食べているところでした。
そして、16時前には上映が終了。
そのまま、終了後、そのまま舞台挨拶が始まりました。
新宿、板橋と同様、司会は伊藤さとりさん。上映後の本日最後の舞台挨拶でーす。
登場されたメンバーは板橋同様に桜田ひよりさん、淵上泰史さん、川口春奈さん、我らが石野真子さん、
草野翔吾監督が入場。
そして、川口さんからの挨拶が始まり、
皆さん、こんに ちわ。足を運んでいただいて有難うございます。クスって笑えたでしょー、キュートな映画だと思っています、と真子さん
キャストの皆さんに出来上がりを見てどうだたっか聞いてみましょう、と司会の伊藤さん。
川口さん、淵上さん、桜田さんの話が有り、
真子さんは、何気ない日常の風景とかも映画ってすてき、大きなスクリーンで見ると、改めて、映画はいいなあって、娘の春奈ちゃんが可愛かったなぁー、とってもすてきだなぁーって。
印象に残っているシーンは、どこしょうか?と司会の伊藤さん。
真子さんは、、、久しぶりに帰って来た娘をお父さん(中野さん)がカマ持って追っかけるシーンがとっても好きでした。
それ以外だと、娘がブルーの着物来て、バイクで、スローモ ーションになって、キューン、キーってところがすっごい好きですねぇー。
ホント大変でした。行っては戻って、行っては戻って。パブリカをかじるところを何度もやったところですね、
キャッチするところは一発で決まったんです、これはすっごいビックリでした、と草野監督。
監督からこうしてくれってのは有りましたか?と、司会の伊藤さん。
はーい、有機野菜で大事に育てた母さん役でしたが、害虫の勉強をしろって言われました。。。
(笑いながら)言ってないですねぇー、と真子さん。
そして最後に、川口さん、草野監督からのご挨拶で無事に今日の舞台挨拶終了。
映画の内容は、省略しますが、真子さんの言う通り[クスっ]て笑える内容で、想像したよりとっても面 白い映画でした。
このレポートを読まれた方は是非とも「にがくてあまい」の映画を見に出かけて下さい。
よろしくお願い致します。
サマーライブ2016・神戸公演公演
日時:2016年8月24日(火) 19:30開演 場所:神戸チキンジョージ
観客数:およそ300名(満席) チケットSOL OUT 当日券の販売不明




イチゴ「レモンちゃん…まろん先生、頭がキリキリ痛いからレポート頼まれたよ、二人で頑張りましょう?」

レモン「え?…イチゴちゃん、まあろん先生に頼まれたって、何が有ったの?まあろん先生、大丈夫?」

イチゴ「まろん先生、1年前に入隊された平八君(ニックネーム)他、生徒達の歌の発表会を1週間後に控えて、準備で頭を抱えているみたいなのよ」

レモン「あ…平八君って、今回初めて特攻服に袖を通したんでしょ?袖口には刺繍で平八って入ってるんだって?」

イチゴ「そうみたいね…まろん先生達には、楽しい仲間が首領首領増えているよね」

レモン「私達の様に、真子さんを大好きな人が増え続けていて、ライブチケットも直ぐに完売するんだって…嬉しいよね」

イチゴ「いつも円音のまろやかタイムを聞いて下さっている、今回新宿レポート担当ひさぴょんさんからのバトンを繋げなければね」

レモン「バトン?…リレーみたいね、オリンピックはこないだ終わったけれど…私達は1位で金メダルが良いね」

イチゴ「レモンちゃん何言ってるの?…あっ金メダルと言えば、真子さんのお衣装はキラキラゴールドだったわね」

レモン「そうそう…今回はイチゴちゃんと二人でまあろん先生の鞄から拝見出来たから色々レポート出来るね」

イチゴ「セットリストは新宿と同じだから、私達の感想もレポートしましょうよ」

まろん「どうやらレモンとイチゴもこの場に入って来ました、今回は3人でレポート担当します、宜しくお願いします。
会場にて、ファン達はお互いお話が弾んだり、ドリンクを購入されたりと…私まろんは、智恵ママと前列の端に座りました。
真子さんの様子も、ファンの皆さんの一際嬉しい様子も両方拝見出来て良いです。
今か今かと待ちわびていたら…ホットパンツの皆さんが登場、拍手でお迎えします。
最後列の角刈りさんが、セーノ!!
同じく最後列の仲間達が、真子ちゃ?ん!!セーノ!!真子ちゃ?ん!!セーノ!!真子ちゃ?ん!!
程なくして、アルバムではお馴染みの、柔らかい音色のイントロが流れ…涙が出てきそうになります。
B♭mのキーなんだけれど、Amで分かり易くメロディーを表記すると ♪ レーーードーーーシーーーソーミーラシラシラーーーーーソーーーーーーー ♪
1分程のイントロが流れた後…真子さん登場!!
イメージ通りの登場の仕方で嬉しくてなりません。
ドラムスティックの四つの鳴りの後 ♪ ソソソドミーラソー ♪ で真子さんは揺れ始め『恋のサマーダンス』を歌って下さいました。
体を揺らすとゴールドのイアリングが真子さんと共にキラキラ揺れます。
仲間達のコールが、L!O!V!E!と真子さんへの思いで響き始めます。」

レモン「続いて元気な曲『キティキャット』…この曲ではねぇ、印象に残るポーズをされましたねぇ… ♪ キティキティキティキャット ♪ のタイミングで右手を猫の耳を表現され頭にちょこん!もお…可愛いかったよお!」

イチゴ「次はしっとりと『夕なぎ』イントロから高音域を奏でられ、既にとろけてしまいそうな心に真子さんの柔らかい歌い出しで、もう何て申し上げたら良いのでしょう…。まろん先生によく言われるAメロは語る様にって…真子さん語る様に歌われていました。」

まろん「この後に真子さんはご挨拶をされてましたね」

真子さん「皆さんこんばんは!ようこそチキンジョージへ!今日も笑顔で楽しく過ごしましょうね!」

レモン「ゴールドのハイヒールは初お目見えかなぁ?その足を肩幅に広げて、パワフルに歌われた『初夏が一番』ドラムがカッコ良い曲だね」

イチゴ「ファンの皆さんの手拍子が活き活き…私も皆さんを見様見真似で手拍子した『淑女はスリルがお好き』真子さんは ♪ 後で悲しくなるの ♪ の所で、横のテーブルに置いてあった大きめのハンカチを取り、可愛いタレ目、右目の目尻を押さえる仕草を為さいましたね」

真子さん「イェー楽しいよー!次は皆さーん立ってハイビスカスを持って踊ってくれる?2番の歌詞の ♪ 赤い花を?髪に飾って? ♪ の所でポーズを決めてね!」

まろん「赤い花での『ドリミネシア』を歌い終わり客席に花を投げられた真子さんも私達も更にテンションが上がってきた…次回のライブでもワクワクする企画で私達を待ち遠しく感じさせて下さいね真子さん!」

真子さん「26日(正確には27日)に思い出のメロディーという番組でジュリーがライバルを歌うので観て下さいね、懐かしいスタ誕の先輩の城みちるさんや、内藤やす子さん、ゴダイゴの皆さんともお会いできて良かったです」

イチゴ「真子さんは数字に弱くてって子供の頃、お母さんに物差しを持って怒られたって仰ったけれど…真子さんのスケジュールは、ファンの皆さんがしっかり覚えて下さってるから大丈夫なんですよね?…次の歌は『詩生活』でしたね」

まろん「真子さんその次の『いたずら』の ♪ 思うのでしょう ♪ の時に、高い音なので、人差し指を高い位置に上げて音程の正確さを出されていましたね、意識が高まりそう…表情を上げたり胸を上げて高音の響きが良くなる事もありますね」

レモン「そんな難しい事は円音のまろやかタイムで言ってよぉ…まあろん先生!頭痛は良くなったの?」

まろん「あれ?…いつの間にか治ってる」

イチゴ「どんどんレポート進めていきますよ、真子さんは、ビクター時代のLPの中にも素敵な曲が沢山有ります…と仰って『ダンシングドール』では、キーボードの上に手をついて佇む様に歌われていましたね、完成度の高いキーボードとギターだけの演奏で…引き続き『愛をひとりじめ』もしっとり歌って下さいました」

まろん「小さな子供、男の子かな?真子ちゃーん!って言われ…真子さんは嬉しそう、1年ぶりに来たよ、そう!私の事好きになってくれたの?って真子さんの言葉に微笑ましくて全員で拍手…昨日は初日で今日が千秋楽です、LPの中でこれは歌いたいって思っても、聞くのと歌うのとでは違う!そう感じた曲を聞いて下さいって仰ってまろんの大好きな『白夜』そして『夢でもいいの』『何度さよなら』を歌われました」

真子さん「初めて生で歌ったんだよ、凄いよね私!沢山の人にコールや手拍子を頂き、元気を頂いたので私も皆さんに元気になって貰いたいです!」

レモン「この後は、私が思わずドラムの叩く真似をしたくなる『ジグザグチェイス』『ジーパン三銃士』だったね」

イチゴ「このステージに立てて良かった…みんなに逢えて良かった…こんな声で良ければまた歌います、最後の曲になりましたって仰られても全員で、えーーーっ!ですよね『明日になれば』この曲はくせのないシンプルな曲調なので、コールが有っても良いという意見を聞きましたよ」

まろん「真子さんの歌声…昔から殆ど変わらない、可愛らしさに艶が加わったし、ホットパンツの皆さんとの息もピッタリ…この後にパンド紹介ですが、本当に感謝しています、これからも真子さんと長く共演して頂きたいです」

レモン「ホットパンツの皆さんと真子さんが退場された後は、仲間達のゴーゴーゴーゴーレッツゴー!真子!って呼びかけが始まりまぁす、ひさぴょんさんから、呼びかけの回数を教えてもらったのよねぇ?まあろん先生」

まろん「真子さんじゃないけれど、数字には拘り(こだわり)が無いので数えていなかったけれど、1回目43回だったみたいね、真子さんはブルーっていうか、シックな青で花の形を編んだ様な生地で肩ひものロングワンピースドレス、ネックレスは太めになって靴はお馴染みのページュのハイヒール、アンコール曲は2曲『私のDJ』そして『バーニングラブ』ね」

イチゴ「再度真子さんに呼びかけ、今度は13回でステージに戻られ真子さんはこう仰いました…12月も来るから舞台観に来てね、こうやって皆さんの顔を見ているとまた歌えそうな気がします、皆さんと出逢った歌を歌います『狼なんか怖くない』
真子さんが歌い出すと、一人立ち上がられ、まろん先生も立ち上がり、程なくしてオールスタンディングで全員で大合唱、真子さんが時々マイクを客席に向けましたね」

まろん「素敵な時間はあっという間ね…皆さんが思い思いに真っ子ちゃ?ん!ってありがとうの思いをステージに向けて叫んで…勿論私もその日の最長のロングトーンで真子さちゃ?????ん!ってね」

レモン「後ろからも仲間達のサンキューソングが奏でられたのを私は聞き逃してないよ、これからも沢山の真子さんを大好きな仲間達が増えて皆さんでもっともっと真子さんをニッコニコの微笑み真子ちゃんにしちゃおうよ」

まろん「そうね、それで私達も豊かな気持ちになれるものね、次回の歌のイベントは来年以降?なのはちょっと淋しいけれど…ん?
真子さんのバースデーイベントが有るって噂…ディナーショーだと良いな?またお洒落して大好きな真子さんに逢えるのなら、それを励みに私達ファンも日々笑顔で…
いやあ、がんばりまっす!」

おわり
サマーライブ2016・東京公演 日時:2016年8月23日(火) 19:30開演 場所:新宿ReNY
観客数:およそ400名(満席) チケット早々とSOL OUT 当日券の発売なし




8月23日(火)待ちに待った真子さんのライブの日です
そしてもう一つ私が待ってたのは…
管理人さんの家を舞台におこなわれる宿泊遠征時の奥様の怒涛の攻撃(^_^;)
あの石倉三郎さんを「物凄ーーーく」怖くした管理人さんがシュンと毎回なると言う恒例の行事です
私が心配してラインを「松潤か桜井君とかでました?」(嵐は来ました?の意味)と聞いたら…
「今度、泊まりに出掛けたら…
石野真子に手紙を書く!」と言われたそうな(^_^;)
メールでは無くて手紙と言う所が良いですね(Good Job!管理人奥様)
そんなこんなでJRに乗り込みます
が、乗り込む前にひと騒動
最寄の駅のコインパーキングが平日なので全滅で1日500円は有りません(^_^;)
何ヶ所廻っても空いてません(>_<)
3駅程探しているとたまたま入り込んだ路地に新しいコインパーキングが有り24時間700円で停めました
東京なのに「開く」ボタンを押して電車に乗ります(笑)
JR新宿駅に到着、大分早いので色々と付近を探索
管理人さんに「靖国参拝しているのですか?」とラインを入れると
「ホテルへ到着しシャワーしてからコール練習へ行く」との事
しかも「汗臭いと真子さんに失礼なので…」と
アレ?我々1番後ろだよね?(^_^;)
でもこう言う所が、強面でも真子愛に溢れる所が管理人さんの良い所ですね
私はコール練習場と駅の中間地点で誰か来るのを待ちます
ミモザ校長先生がお見えになりシュウさんを待ちますが
「ラインをしていたらいつの間にか着いてしまった」との事でミモザ校長先生と向かいます
カラオケボックスに入って練習を開始します
真子さんのカラオケは全曲がカラオケになっている訳では無いので
今回は前回のミュージックデーにてタッチさんに用意して頂いたのと同じ方式のスマホとスピーカーを用いて練習をします

広い部屋でも良いように、Bluetoothスピーカーを2つ用意して………

ココで少し時間を戻します
少し詳しい方は「ピン!」と来たと思いますが…
スピーカーをペアリングしようとしていたら…Bluetoothスピーカーって…
同時に2つ使えないんですよぉ(>_<)
なので当日は有線で普通に2つのスピーカーを繋ぎました

さて、まず最初にアイドル時代後半の曲を練習します
「恋のハッピー・デート」「思いっきりサンバ」「彩りの季節」「恋のサマー・ダンス」「バーニング・ラブ」
一通り終わると、やはり話題は「今日は何歌うかなぁ?」となります
季節柄「サマー・ダンス」だよね ?
との事でもう1度「恋のサマー・ダンス」を練習します
「バーニング・ラブ」は無いかなぁ?「私のしあわせ」位無いかもよ?
でも?先日のイベントでリハーサルで流れ無かったっけ?
いやいや、曲が流れただけだよ…などなどこのリスト予想もコール練習の楽しみですね
ではココで今回のセットリストを先に発表します!!

(2016サマーライブのセットリスト)
1.恋のサマー・ダンス
2.キティ・キャット
3.夕凪ぎ
4.初夏が一番!
5.淑女はスリルがお好き!
6.ドリミネシア
7.詩生活
8.いたずら
9.ダンシング・ドール
10.愛をひとり占め
11.白夜
12.夢でもいいの
13.何度サヨナラ
14.ジグザグ・チェイス
15.ジーパン三銃士
16.明日になれば
アンコール
17.私のDJ
18.バーニング・ラブ
アンコール2
19.狼なんか怖くない
20.サンキューソング(合唱)

今回平日なのでご都合が合わずに断念された方!
ズバリ!セットリストを見ていかがでしょうか?
このリストから歌手石野真子の本気を汲みとって頂けるでしょう
近年イチ、ニと言える内容で有ったと私は思ったし、事実色々聞いた限り皆様最高だ!との声、声、声!
私が一言で今回のライブを表すとしたら…「怒涛」と言う言葉がぴったりと思います
6曲目でハイビスカスを使うのですが…
スタートからそこまでMAKO7のオンパレードですよ、コレだけで相当なのがわかって頂けると思います
余り書くとMC以外は衣装も含めほぼ同じなので…
私の後にスタンバイしているマロン先生がお書きになる内容が減ってしまうので
後は、新宿のみと言いますか神戸と違った所のレポートを書いて行きたいと思います
初MCは3曲目「夕凪ぎ」のあと
そして5曲目の「淑女はスリルがお好き」では
新宿では「電話」の所で真子さんグルグルと指を廻してました
昭和ですなぁ(笑)設定はきっと黒電話ですな(^_^;)
それとこれは新宿神戸共通ですが、2番のサビで物販のハンカチで涙を拭く振り付けをして下さいました
6曲目の「ドリミネシア」ではハイビスカスを会場皆でスタンディングして「フリフリ」
歌い終わりでハイビスカスを「ぽーん」と
7、8曲目は「微笑み」から
「いたずら」では歌うまえに歌詞の朗読を披露しました
私の愛の(私の愛の)、告白を(告白を)ってコールと言うか
ワンダーの「真夏はゆかい」みたく民謡で言う合いの手を入れたかったですなぁ
新宿ではココで椅子に腰掛けるのですが…
神戸ではステージのスペースでしょうか?椅子は有りませんでした(^_^;)
で、新宿ではアイドル時代のレコーディングの話になります
当時のレコーディングは仕事が終わってから夜中に行っていたそうです
当時レコーディングスタッフの中には新婚さんがいてきっと恨まれているだろうなぁ…(^_^;)
と、言う話を新宿ではして下さいました
9、10曲目はベースとドラムが袖に下がり、シンセのピアノとアコギの2人体制で演奏されました
両方座ってしっくりと歌って下さいました
「愛をひとり占め」のイントロが流れた瞬間会場から「あーーっ」聞こえました
しっくり歌い終わり、「座ったら立てないわー」とか
「今年の石野さんは頑張りました」と言って
「ドラマは外なので暑くて大変」とか
「小倉で漁船にゆらゆら揺れて撮影した」とか
「タコが美味しい」とかお話されました
そして………「後はこの難関を乗り越えるだけよ!」「38年ぶりはキツイーー」(笑)
11曲目「白夜」では間奏で拍手が入りました
13曲目「何度サヨナラ」この曲はノリノリですね(*^^*)
私は新宿も神戸もジャンプしながらペンライト振らして頂きましたよ
そしてココのMCが良かったですね
「今日はね、沢山沢山来て頂いて、
後ろで何時も何時も何処でもコールして応援して下さる人がいて、
拍手をして応援して下さる人がいて、笑顔で応援して下さる人がいて、
貢ぎ物を持って来てくれる人がいて(笑)
本当にどうもありがとう!」
14、15曲目
次が最後になりました(えーーーーー、と会場)
16曲目「明日になれば」
統制3回、真子さんステージから下がる時に統制5回
そして………翌日の神戸まで少しヒビいたアンコールのお呼び出し(^_^;)
LOVE! GO!GO!MAKO!!………
最後列の皆が顔を遭わせる(^_^;)「今夜は長くない?」と
54回のコールの末真子さん登場、最後列は虫の息(>_<)
でもね、お着替えをした真子さん見たら………疲れなんか
コレから何日か?もしかしたらカップ麺生活かも知れない強面の管理人さんも喜んでおります*(^o^)/*
17曲目「私のDJ」
18曲目「バーニング・ラブ」
バーニング・ラブ無い!って言ったの誰だーーー!(笑)焦る最後列の親衛隊(^_^;)
ココで一旦真子さんはステージの袖へ
再びアンコールのお呼び出し(^_^;)
12回で直ぐに真子さん登場
大ラスは「狼なんか怖くない」
コール曲は3曲目なのに異様な喉の疲れ、懸命にコール!
そして統制の後、バンドメンバーとカーテンコールの様にしている所で
管理人さんを先達に「サンキュー・ソング」
明日は「バーニング・ラブ」をシッカリ練習するぞーーーと誓ってライブは終わりましたとさ
2016年7月27日 新宿・パティオライヴ



数日前に管理人さんからLINEで連絡がきた。パティオライブのレポートをお願い出来ないかと、しかしながらここの所仕事がとても忙しくて、参加出来るかは当日までわからない状況にあった。管理人さんにその旨と伝え、参加できない時には他の方にお願いするようにして、レポートを受けることにした。それにしても、西日本と北陸は梅雨が明けて天気が良くて暑いのに、関東は梅雨も明けずに気温も上がらず雨の日が続いている。今日も曇りの天気ではあるが、時折雨がぱらついている。それでも強い雨にはならないようなので安心した。それで今日のイベントに参加することを決めた。
数日前から頑張って前倒しで仕事をして当日は15時30分に会社を抜け出ることに成功した。(さぼりですが)四ツ谷より地下鉄に乗って会場のある西新宿に向かった。LINEで連絡が来て、タッチさんと角刈り君はすでに到着しているようです。16時少し前に会場のパティオに到着した。会場の広さとしては面積660平方メートルで屋外なので、200〜300人くらいは入れるくらいかと思われた。本日は案内で見るよりテーブルや椅子は片づけてあり、スペースがかなりあるように思えた。会場を1周していたら常連さんから声を掛けられた。タッチさんと角刈り君は定食屋に行っていると教えてくれたので、自分も急いで定食屋に向かった。ボギーさんとブーチャンとも合流して命の水を飲みながら食事をした。食事が終わって話をしていると、常連さんからリハーサルが始まるとの連絡あり、急いで会計をして店を出てすぐの会場へ向かいました。
16時35分ライトグレーの衣装に、黒のカーデガン姿の真子さんが出てきました。我々の方を見てとてもうれしそうに微笑んでくれました。これからリハーサルをさせていただきます。リハーサル1曲目、日曜日はストレンジャーです。我々5名は手拍子でリズムをとります。2曲目は青い自転車です。屋外なのでスタッフが色々な位置で音がどのように聞こえるかチェックをしております。16時45分にリハーサルが終わり、真子さんがこの後18時からミニライブをやりますのでよかったら聞いてくださいとアナウンスして控室に帰っていきました。リハーサルが終わって少しすると、ひさぴょん君がかつ丼を食べてパワーを全開で登場です。(鞄からカレーパンも出して食べたような)それから10分くらいたってミモザ校長が「ちょっと出てくる直帰」と会社のボードに書いて京都よりグリーン車で駆けつけました。そうこうしていると参加の予定ではなかったマロンさんが関東の天気予報を見て新幹線でやってきました。今日参加の親衛隊員は8名になりました。
18時のライブ開始までおしゃべりをしながら待ちました。会場に来た時には20から30名しか人がいませんでしたが、18時に近づくにつれ、会社帰りにサラリーマンも含めてかなりの人出会場が埋まってきました。我々も会場の後方を陣取り真子さんの登場を待ちました。
18時を少し過ぎたところで司会の篠原匡朱子(しのはらまさこ)さんが登場して真子さんのプロフィールを紹介しております。石野真子さんはスター誕生でデビューして・・・・・・新人賞を多数受賞して、最近では女優業としても活躍されておりますが、今日は歌声が聞けます
と紹介があり、それでは登場していただきましょうか石野真子さんです。
銀色のスパンコールの衣装で登場です。統制1発せぇ〜〜〜 のお〜〜〜まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)、1曲目「めまい」です。コール禁止曲ですので、8名手拍子でしっかり応援です。歌い終わると真子さんが、本日は忙しいところ集まってくれてありがとうございます。短い時間ですが楽しんでいってくださいね。今日は雨が降らなくて良かったわ。今九州でドラマの撮影をしていて、昨日も九州にいたのよ。今日のライブのために1度戻ってきたようです。明日にはまた九州に戻るようです。それで次は昔のアルバムの中に入っていた曲を歌うはね2曲目「私はオレンジ」曲が始まると手拍子で精一杯の応援です。ありがとうと一言、続いて3曲目「青い自転車」会場に来ている人はこの曲は知らない人が多く、盛り上がりにちょっとかけているように思われましたが、我々は一生懸命に応援です。歌い終わると真子さんが、この曲はね10年前くらい前に再度歌い始めた時に歌った曲なの。周りを見るとみんなそうなのか見たいな感じの顔をしていました。4曲目「詩生活」歌い終わると司会の篠原匡朱子さんが登場されて、今日はお天気が持ちましたね、真子さんの行いがいいからですよと言われて嬉しそうな真子さんです。司会の篠原さんから、ここで真子さんに少しお話を聞きたいですけど、皆さんよろしいですかと言われると会場全体から大きな拍手が起こりました。篠原さんからさらに、今日は屋外の会場ですが普段ライブではあまりありませんかと質問されると、真子さん屋外は気持ちが良くて歌うのは大好きですけどあまりないですねと、まさかこんな新宿のど真ん中で歌えるとは思ってもいませんでしたと答えます。真子さんはとてもうれしそうな顔で話しております。最近はドラマでも活躍されておりますが、先日もお迎えですドラマで福士蒼汰君のお母さん役をやっておられましたが、顔合わせの時に家族の感じを作るのですかの質問には、まあそんな感じですねみたいなとあいまいな回答でした。次の質問は、夏のツアーについて来月の22日23日に東京・神戸でライブをやられるんですよね。そこで神戸のチケットについてはすでにSOLD OUTです、東京については今残り2枚になっておりますと、司会の篠原さんが言ったところ会場からウオーと大きな歓声が上がりました。昨年の暮れのディナーショーと同じバンドメンバーとやるんですレコーディングだけして今まで歌ったことのない曲も歌うから楽しみにしてねと真子さんが答えます。さらに質問が続き、真子さんは夏バテしないですかの質問には、しますけど何とかしないで乗り切れるか考えていますと答え、食欲がない時には何を食べますかと聞かれて、即答でラーメンと答えました。昨日も九州の空港で塩ネギラーメンを食べたの、担々麺も好きなんだけど食欲がない時にもラーメンが食べられるんだから真子さんは凄いです。九州でのドラマの撮影はまだ残っているようで、明日はまた九州の戻ると言っておられました。特に深夜の撮影も残っておられるようでした。今日のライブのために東京と九州をとんぼ返りのとてもハードなスケジュールです。
先日の日本テレビのTHE MUSIC DAYの質問をされ、ワンダーブギを一緒に歌ったメンバーのことを聞かれると真子さんは全く忘れていてNMB48のことを思い出せなくて、司会の篠原さんに言われて、アーMBLとかMLBとか最後まで真子さんはNMB48とは言えませんでした。会場中が大きな笑い声で一杯でした。最後に司会の篠原さんから、ドラマの撮影を乗り切って、ツアーも頑張って下さいと言われ、真子さんが有難う御座いましたと答えます。司会の篠原さんが、それではまた歌で楽しんでいただきますようとアナウンスがありました。
真子さんがそれではデビュー曲を歌うわねと、5曲目「狼なんか怖くない」親衛隊8名が待ちに待っていたコールの始まりです。統制1発、せぇ〜〜〜 のお〜〜〜 まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)続いてラブリーラブリーラブリーマコちゃんと親衛隊員で声を振り絞ってのコールをしています。角刈り君は喉を痛めていて昨日までは声が出ないと言っていましたが、さすがに根性で声を出しています。会場内の観客は真子さんよりも我々の方を見ている人も多数見受けられました。
狼に続いて6曲目「わたしの首領」です。角刈り君の声で統制1発せぇ〜〜〜 のお〜〜〜 まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)に続きコールの始まりです。首領のところでみんなジャンプをして頑張ります。次の7曲目はコール禁止曲の「失恋記念日」なので少し休憩も含めてペンライトやうちわでの応援です。歌い終わると真子さんが、懐かしい歌で新人賞をもらったことを思い出して歌ったのよと嬉しそうな真子さんのコメントの後、8曲目「日曜日はストレンジャー」統制1発せぇ〜〜〜 のお〜〜〜まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)続いてLOVELY LETS GO
天使より ゴーゴーレッツゴーみんな精一杯のコールをしています。
続いて9曲目に入ります「プリティープリティー」です。親衛隊員みんなで頑張ってコールしますが、仲間たちも若くはありません少し疲れが見えてきていますが、真子さんも一生懸命に歌っていますので我々も頑張らなくてはいけません。そんな中真子さんが2番の歌詞を間違え慌てて譜面台のところで確認する場面がありました。我々には分かりましたが、今日も結構間違っていました。歌い終わり統制1発せぇ〜〜〜 のお〜〜〜 まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)
真子さんが暑いでしょ、みんな大丈夫、真子さんも大丈夫と会場からの声、暑い中本当にありがとうございました。次で最後の曲だから、会場からえーと大きな声が上がりました。
それでは、この前テレビで歌ってきた歌を歌うわね。みんなで歌いましょうと言って10曲目「ワンダーブギ」MAKOウーレッツゴー ブギウギ・シュワッチ ブギドゥワー歌は続き、真夏はゆかいで真子さんがマイクを会場の方に向けて、みんなで一斉に真夏はゆかいで大合唱になりました。歌い終わり統制1発せぇ〜〜〜 のお〜〜〜まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)
真子さんがまたお会いしましょうね、さようならと控室に下がっていきました。
角刈り君の声に合わせてアンコール・アンコール・アンコール・アンコール続けること50回くらい声が枯れてきたところで真子さんの登場です。
紅白歌合戦に出た時の曲を歌うからと、アンコール曲「ジュリーがライバル」参加の親衛隊員8名で力を振り絞ってコールです。アンコール曲を歌い終わり、真子さんがまたお会いしましょうね。元気でねと言われ控室に戻っていかれました。戻るまでの間、角刈り君の声で統制せぇ〜〜〜 のお〜〜〜 まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<) せぇ??? のお???まこちゃ???ん(ノ*>□<)
せぇ〜〜〜 のお〜〜〜 まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<) せぇ〜〜〜 のお〜〜〜 まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<) せぇ〜〜〜 のお〜〜〜 まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)と5回続けてお見送りをして約1時間のミニライブは終了しました。
天気は曇りでしたが、あまり暑くなく最高のライブでした。会場は晴天でした。
終了後は近くの居酒屋に移動して、今日のライブの話や来月のライブの話など大変に盛り上がりました。
そして、ちょっと出てくると参加したミモザ校長は最終の新幹線の時間が近づき先に帰宅されました。そのあと残った仲間たちで少し話をして次回の再会を約束して21時に解散しました。
参加された皆様大変にお疲れ様でした。

おわり
2016年7月2日 幕張・THE MUSIC DAY 夏のはじまり 公開放送



前日・・・ ひさぴょんからLINEが入った

明日のコール練習は、何名ぐらい集まりそうですか?

オラはすぐにLINEを返した・・・

6000人ぐらいかな?

ひさぴょんから返信は無かった

しばらくするとマロンさんからLINEが入った

明日のコール練習は何人ぐらい集まりそう?
ちょっとお電話してもいいですか?

オラはLINEを返した・・・

忙しい

コール練習の事で電話しても良いかと尋ねられ「忙しい」の一言で片付けてしまうのは、失礼だろうが、事実オラは忙しくしていたし、そもそも、明日のコール練習にどれだけ集まってくれるか見当がつかない

5人か10人、もしかしたら1人か2人・・・ そんな程度なんだろう
しかし、準備だけはしなくっちゃなんない
プリントを作ったり、なんやかんやで忙しかった

当日、幕張メッセのイベントホールの入り口に、オラは9時50分頃に到着しただろうか・・・
既に顔なじみの常連さん達が集合されていた

オハョーッス(^O^) 軽い挨拶を交わしていると、常連のおったいさんが話しかけてきた・・・

親衛隊の担当の方がおられて、お話があるみたいですよ!

ほう〜〜〜 主催者の日テレさんに、石野真子親衛隊の担当者がいるのか???
まさか冗談だろう・・・(´_`。)

だが、おったいさんに促され、入り口横の受付に行くと・・・
マジで、石野真子親衛隊担当者という女性の方がおられた@o@;

そんな大層なぁ・・・@o@; と思ったが、お話ししてみると丁寧で気さくな女性だった(^O^)

わざわざお越し下さって、有り難うございますm(_ _)m
もう皆さんお揃いですか?

申し訳なかです・・・ 親衛隊はまだ、オラ一人だけなんです(´_`。)
横断幕を忘れて、とりに帰っている優秀な人材もいまして・・・
全員揃うのは、たぶん11時頃になりそうです(´_`。)

@o@; 横断幕までご用意頂いているんですか・・・ 大丈夫ですよ(^O^)

石野真子親衛隊の担当者は、笑顔でこたえてくれた

主催者の日テレさんにしてみれば・・・ とにかく「良い絵」が欲しいんだ・・・
おそらくそれは、1カットか2カット、一瞬だろうが・・・
@o@; おっ! 凄い! と視聴者が感じるような映像が欲しい・・・
だから、オラ達に好意的にして下さるのが伝わって来る・・・

お任せくんしゃいヽ(*`3´)ノ 結成38年! 日テレさんのご期待に添えぬ石野真子親衛隊ではありませんヽ(*`3´)ノ
視聴率をガバッヽ(*`3´)ノ と分捕ってお見せしましょうヽ(*`3´)ノ

と意気を吐きたいところだが・・・
皆もご承知の様に、再結成した真子隊の人数は僅かだぁ・・・
今日も14名しか揃わない・・・(;ω; )
だから・・・ 一緒にコールしてくれる、常連さんや、真子ファンが頼りなんだぁ(´_`。)

どうか神様・・・ コール練習に参加して下さる真子ファンが、せめて5人か6人は居て下さいます様に・・・(;ω; )
声のデカイ人達が集まって下さいますように(;ω; )

そして、コール練習を始める10時30分になろうかという頃、親衛隊の仲間達がゾロゾロとやって来た・・・

そんじゃ! コー練始めるよぉ〜〜〜(^O^)

タッチ君が準備して下さったアンプから、ワンダーの前奏が流れ出す・・・

イントロが流れ始めると、周囲の真子ファン達が集まって来た(^O^)
5人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 10人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 20人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 30人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 40人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 50人ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

配られたプリントを見ながら、皆、懸命にコール練習する!

言っとくけど・・・ ワンダーは数ある真子コールの中でも、難易度上位だぁ!
30分やそこらでマスター出来たりする筈はねぇ(;ω; )

し!か!し! 集まってくれた皆は、事前にYoutubeを幾度も見て予習して下さっていたのだろう・・・
けっこうイケてる! 3度、4度と練習していると、綺麗に揃うじゃないかぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

スゴイヾ(@⌒ー⌒@)ノ エライヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子愛だぁ! 真子さんを大切に想う! その気持ちが募って、懸命にコールする!
その姿は、めちゃくちゃ美しいしくて、カッチョイイヾ(@⌒ー⌒@)ノ
力不足の親衛隊を支えてくれる、真子ファンに感謝だヾ(@⌒ー⌒@)ノ

幕張メッセ・イベントホールへの入場が始まった・・・
MakoMixで申し込みしたオラ達親衛隊や、真子ファンは全員2階席Cブロックだった
広〜〜〜い! 会場だろうと思っていたが・・・ 想像していたよりひとまわり小さかった

ホントにこんなスペースに1万人も入るのかなぁ???
だが、座席が1万個あるかどうか、数える程オラ達は暇人じゃねぇ(´_`。)
それより・・・ めちゃくちゃ気になる物体が、オラの目前にあった!

それは・・・ 会場の天井の四隅からワイヤーで吊るされた「ドローン」みたいなカメラだ!
そいつが、ウロチョロと動き回っている! しかも俊敏極まりない!
猛スピードで、ヒューン! ヒューン! と動き回っている@o@;
日テレさんも凄いものをお持ちだなぁ〜〜〜@o@;

更に皆も見た事があろう「カメラクレーン」がドカン!と据えられている!
けれど、そのカメラクレーンもめちゃデカくて長い@o@;
目一杯伸ばしたら15メートルぐらいありそうだ@o@;

それらの事から、この公開放送には尋常でないぐらいの費用が費やされている事が知れる

更に! 更に! 異様な光景がオラのつぼらな瞳を釘付けにしたぁ@o@;

美女が2000人ぐらい居るヾ(@⌒ー⌒@)ノ
その美女達が、アリーナ席を含め、1階席をほぼ独占している!
たぶん・・・嵐の櫻井君のファン達だろうが・・・
その服装が異様なんだぁ@o@; 皆、ワンピース姿だ!
一人もパンツ姿の女の子がいない!
それに、皆、めちゃんこお行儀がいいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
オラ達、真子隊は入場早々いつものようにマグロ状態だが、その女の子達は背筋をシャンと伸ばして、まるでモデルさんかなにかの様だ・・・

もしかしたらバイトかなぁ〜〜〜?
まさか・・・2000人もバイトを雇うかなぁ〜〜〜?
でも、入場前に会場の周りをウロチョロしてたら、裏手の「関係者入り口」ってとこに、ワンピース姿の大勢の女の子が列んでいたしなぁ〜〜〜

疑問は募るが、そんな事、詮索してもしなくても、どっちでも良かろう・・・

もう一つ! 気になる事というか・・・ 嬉しい事があったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
それはオラ達のお隣に、早見優ちゃんの親衛隊がドカンと腰を据えられていたんだ!
30年前の横断幕を掲げ、ウチワを持って勢揃いされているし、更にその隣には浅香唯ちゃんの親衛隊も大勢居並んでいたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

と・・・ いう事で、オラ達、真子隊を含めた3グループの応援対決みたいな様相だ!
先日催された、東武動物公園のアイドルヒットステージの再来のようにオラは感じたし!
事実! 絶対にここで負ける訳にはいかねぇぞぉヽ(*`3´)ノ
なにしろ全国ネットだぁヽ(*`3´)ノ CS放送とは訳が違うヽ(*`3´)ノ

あれ? 石野真子親衛隊って元気ないねぇ〜〜〜
ほら! 早見優ちゃんや浅香唯ちゃんの親衛隊の方が威勢がいいよねぇ〜〜〜
そんなことになっちゃなんねぇ(;ω; )

幸いな事に、オラ達のライバル! 蛍光ピンクの松本伊代隊は、今日はいない( ̄ー ̄)ニヤ
それにオラ達の後ろには常連さんや真子ファン、およそ60名が控えている( ̄ー ̄)ニヤ

誓おう! 天地がひっくり返っても! 優隊や唯隊に負けはしないヽ(*`3´)ノ

だろう・・・

あくまでも予測だぁ(´_`。)
だが・・・ もしもオラ達と同じように優隊や唯隊も、ファンを連れ込んでいたら・・・

@o@; 背筋がゾッとする・・・

真子ちゃんのファンって意外と人数も少ないのねぇ〜〜〜
それに引き替え、優ちゃんや唯ちゃんのファンは人数も多いし、応援も上手ねぇ〜〜〜

そんな事になったらどうすんだぁ(;ω; )
オラ達の面目は丸つぶれだし、真子さんに申し訳がたたない・・・(;ω; )

なので、オラは右隣の優隊、そのまた向こうの唯隊が気になって仕方ない(´_`。)
けれど、会場が薄暗くて全体像が把握出来ねぇ・・・

ちょびパトロールくっぺかぁ!
百聞は一見に如かず! 優隊と唯隊のあたりを、うろちょろしてくっぺぇ( ̄ー ̄)ニヤ

オラが席を立とうとした瞬間、進行係が現れ、拍手の練習が始まってしまった・・・
座席を離れられない・・・((“o(>ω<)o”))

そして正午きっかり、日テレさんが総力を結集した「THE MUSIC DAY 夏のはじまり」の公開放送が始まった!

11時間に渡る生放送が、いよいよ始まる訳だが・・・
ここからは皆、テレビ放送でご覧になっているだろうから、オラがグダグタと説明する必要も無かろう・・・
なので・・・ サラッと行きます(^O^)

日テレさんからは、真子さんは序盤に登場されると聞いていた・・・
なので、もしかしたらトップバッターかな(^O^)
ジラされるより、その方がいいよねぇ(^O^)
それにオラ達はこの暑い中、特攻服を着込んで汗びっしょりなんだ(´_`。)
ハチマキにも汗が滲むし・・・
ゴロツカ先生が用意して下さった医療用の白衣に、マロンさんの脇汗が染み付くのも心配だ・・・
とにかく人助けだと思って、真子さん早く出て来てね

だが、トップバッターは元「米米CLUB」の石井竜也さんが、沖縄のビーチから「浪漫飛行」を謡われる場面からスタートした・・・

きっと次は真子さんだろう(^O^)

岩崎宏美さんが「シンデレラ・ハネムーン」を披露して下さった・・・

そろそろ真子さんだろう(^O^)

ロック歌手が出て来て、ガンガン謡った・・・

よし! 真子さんの出番だろう(^O^)

ジュディ・オングさんが羽を広げて「魅せられて」を謡われた・・・

次こそは! 真子さんの筈(^O^)

秋川雅史さんが名曲「翼をください」を謡われた・・・

万が一にもハズレまい! 次は必ず真子さん(^O^)

モーニング娘さん達が現れた・・・

( ̄□ ̄#) 真子さん・・・ どげんしたとですか?!
とにかく早く現れて下さい! そして一刻も早く「ワンダー」を謡って下さい!

オラはやきもきした・・・

それは特攻服を着込み、暑いからという理由だけでは無かった・・・
頻尿でトイレに行きたいからでも無い・・・
本日の目標を完璧に達成する為に! 一分一秒でも早く、真子さんに登場してもらわねばなんねぇんだぁヽ(*`3´)ノ

本日の目標とは・・・「ワンダー」のコールを完璧に成し遂げる事!
その一点にあるヽ(*`3´)ノ
だから入場前に、厳しい特訓を行い、その結果、集まって下さった真子ファンの皆は、素晴らしいコールが出来る様になったんだぁ!

しかし、皆・・・ コールは覚えたてホヤホヤなんだ!
次々に登場する歌い手が、いろんな曲を謡われると・・・
アララ??? っていうように・・・忘れてしまうじゃないか((“o(>ω<)o”))
覚えたてホヤホヤのコールなんて、簡単に忘れてしまうんだ(;ω; )

オラは、その事が気がかりで仕方ない
テレビを観ている全国の視聴者に・・・
石野真子の親衛隊やファンは凄いなぁ!
真子ちゃんの歌に合わせたコールが、カッチョイイナァ〜〜〜って、胸を打ってもらわねばなんないのに・・・

なんだあいつら? ファンなのに、コールも出来ないのか?
ヘタクソなコールだなぁ・・・ ヘタレの親衛隊とファンが揃って、見苦しいなぁ・・・
まぁ、年よりばかりの親衛隊とファンだから仕方ないか(笑)

万が一にも、そんな事になっちゃなんねぇ(;ω; )
そういう次第だから・・・ 真子さん! とにかく一刻も早くステージに現れ、ワンダーを謡ってくんしゃい(´_`。)
ステージの迫出し(せりだし)ではジュディ・オングさんが大きく羽根を広げられている

オラにはその羽根がカモメに見えた(´_`。)

そしてジュディさんが「魅せられて」を謡い終わられると・・・
進行役のお姉さんがマイクを握りお喋りされた・・・「2分間のCMです」
観客は一斉に着席する
テレビをご覧なられた方は感じたろうが、このTHE MUSIC DAYでは頻繁にCMが入る
そしてほぼ全てのCMが2分間だ・・・
CMは貴重な日テレさんの資金源だから文句をいっちゃなんねぇが・・・
CMでは着席して、CMが明けると立ち上がる・・・
その繰り返しの連続なんだ(´_`。)
既に10回ぐらい立ったり座ったりを繰り返している・・・

進行役のお姉さんが再びマイクを握った・・・「CM明けます! 10秒前!」

観客全員が立ち上がる・・・ よっこらしょ(´_`。)

「5秒前!」「3・2・・・・・」

番組が再開される・・・

そして! ようやく真子さん、優ちゃん、唯ちゃんが現れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さんの衣装はスパンコールドレスだ!
スポットライトを浴び、キラキラと輝くそのドレスは「緑色」しかも「深緑」
オラ達のハチマキと一緒の色合いだぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

仲間達がざわついた・・・「おい! 緑だぞ!」

たまたまなんだろうが・・・ 自分達が大切にしている、親衛隊のハチマキと同じ色のドレスをを召して頂いた事が、オラ達は、とてつもなく嬉しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ついでというか・・・ 真子隊のハチマキについてお話しておこう・・・

以前にも、このことは説明しているので、ご承知の方はスルーしてけろ(^O^)

Youtubeなどで昔の映像を観ていると、親衛隊のハチマキの色やMAKOのロゴが微妙に違うと感じている方もあろう・・・
あれは支部によって違ったんだ・・・ というより・・・
真子さんがデビューされ、各地で続々と親衛隊が結成された訳だが・・・
統一されたハチマキが無かった(;>ω<)/

真子隊は関東が本部で、他は支部になる
しかし・・・ 支部が結成されても、初期段階では、ほとんど本部と支部の繋がりが無かった・・・
というか交流も無かったし・・・
誰が支部長なのかさへ解らない状況の時期があった@o@;

なにせ皆、高校生や中学生だ
携帯もなければ、ポケベルやFAXさへ無い時代だ・・・

唯一、どういう支部があって、誰が支部長で、副支部長であるか・・・
初期の段階で掌握していたのは・・・
唯一! プロペラさんだけだった( ̄□ ̄#)

プロペラさん・・・ その名を聞いて・・・ @o@; となった者は、めちゃくちゃ真子ファンの真髄を知っているというか・・・ しかも記憶力抜群だぁ(オラも、その内のひとりだぞ!)

プロペラさんとは・・・ ファンクラブを運営していた会社だ!
石野真子ファンクラブだけじゃなくて、バーニングプロダクションのタレントのファンクラブの運営を一手に引き受けていた会社が「プロペラ」さんなんだ(^O^)

だから当時のファンクラブから送られて来ていた会報の制作なんかは、全てプロペラさんが行っていた・・・

そして、そこの社長さんが・・・ めちゃくちゃ良い方で・・・
真子さんを日本一のアイドルに育て上げるには、世界最強の親衛隊を育成しなきゃなんないヽ(*`3´)ノ
そういう強い信念を持っておられたかどうか・・・ は知らないし、単に面倒見の良いオヤジさんだっただけなのかも知れないが・・・

とにかく、親衛隊の仲をとりもって下さった訳だ・・・

例えば・・・ 広島で親衛隊に入りたい! というA君が現れたとする
けれど親衛隊の連絡先もなにも解らない・・・
だからファンクラブに電話をした・・・

「どえれゃ〜ことだが、親衛隊に入りてぇのぉ〜〜〜」

するとプロペラの社長さんは答える・・・

「なまりが酷くて、なに言ってんだか解らないけど・・・ 広島には親衛隊がないから・・・ 関東本部の隊長のTさんに電話しなさい」

A君は隊長のTさんに電話した

「どえれゃ〜ことだが、親衛隊に入りてぇのぉ〜〜〜」

T隊長は答える

「なまりが酷くて、なに言ってんだか解らないけど・・・ 広島には親衛隊がないから・・・ 君が今日から中国支部長だ! 励んでくれ!」

そうやって・・・ 石野真子親衛隊の支部は結成されていった・・・(´_`。)

嘘みたいだが・・・ 例外を除き、多くの支部はそうやって結成されていった・・・

それで、ハチマキの話に戻る・・・

そんな訳なので、支部を結成したと言っても、電話一本だけの事で・・・
本当にそれでおしまいだ・・・( ̄□ ̄#)
本部が某かフォローしてくれる訳でもない・・・

もちろん・・・ ハチマキもない(;ω; )
コール表もない(;ω; )

A君は途方に暮れる・・・

どえれゃ〜ことになったな・・・ 仕方ねぇなぁ〜〜〜(;ω; )

A君はテレビで観た本部のハチマキを真似て作り・・・
テレビで謡われている真子さんの曲とコールを、カセットレコーダーに録音して、コール表を作った・・・

だから・・・ 初期のハチマキは、全て、お手製なんだ!
緑色の布地を買って来て、母ちゃんにミシンをかけてもらって、マジックでMAKOと書く(´_`。)

しかし・・・ しばらくすると、お手製ではロゴも微妙に違うし、そもそも生地の緑色も薄かったり、濃かったりで見栄えが悪い・・・

統一すっかぁ! やっと本部が腰を上げた・・・ と皆は思うだろうが・・・
なにしろ関東本部は忙しい!

真子さんはデビューした瞬間から、売れっ子アイドルだ!
当然、関東の親衛隊は多忙を極めた( ̄□ ̄#)

真子さんが東京を離れている時だけが・・・ 関東本部の休暇だ( ̄□ ̄#)

学校に通う事も許されず、バイトする暇さへ与えられない・・・
と言うと大袈裟だが・・・ それに近しいものがあったんだろう・・・
関東本部で、真子さんの初期から最後まで、勤め上げた者は、ほとんど居ない(;>ω<)/

定着率1%以下だった筈だ・・・
皆・・・「もう無理です」「限界が訪れました」そうやって辞めて行く・・・

けれど、それは責められない!
高校生や中学生に、真子さんと同じスケジュールをこなせ!
と言う方が無理だ(;>ω<)/
学業もそうだが・・・ そもそもお金が続かない(;ω; )
公開放送やスーパーマーケットの屋上のイベントは無料だが・・・ 電車賃は必要だろう・・・
その電車賃が無い(;>ω<)/
悪いとは思いつつ・・・ デカイ図体(ずうたい)して「小人」の切符を買う・・・
運悪くお縄になる・・・ヾ(@~▽~@)ノ
仕方ないので50kmぐらいの道のりを自転車を漕いで行く・・・(;ω; )
パンクするヾ(@~▽~@)ノ
自転車を押して、なんとか会場にたどり着く・・・(;ω; )

これは冗談で言ってんじゃない! 実話だヽ(*`3´)ノ
関東本部の実情がそうだったんだ( ̄□ ̄#)

だから・・・ 本部に居たけれど、辞めてしまった事を卑下なんかしなくて良い(^O^)
最後まで勤め上げる者の方が不思議だし、本部の皆には本当に頭が下がる!
ホームレス、スレスレになっても、精一杯! 出来るところまで! 真子さんを支えて下さって有り難う!
感謝の気持ちで一杯だ(;ω; )

そんな悲劇の物語を生んだ関東本部だから・・・
他の支部の事にかまってる時間もお金もない・・・

そんな折り、真子さんが月一か、月二で訪れ、比較的体力と金銭的に余裕のあった支部が、統一した
ハチマキを作った・・・ それが関西支部だった(^O^)v

ちょっとそれ・・・ 分けて下さい

そう言って来たのは・・・ 中国支部だった

いいよ! 原価300円だから・・・ 500円で譲るよ( ̄ー ̄)ニヤ

商才に長けた関西人は、それを商売にした(;>ω<)/

東北支部も分けてくれと言って来た・・・

いいよ! 500円で譲るよ( ̄ー ̄)ニヤ

真子さんの人気が上がるにつれ、ハチマキはよく売れた!

50本! 100本 単位で注文が入る!

関西支部は潤った( ̄ー ̄)ニヤ

しかし・・・ つい昨年、智恵ママさんから聞いた話だと・・・

中国支部はコンサート会場で、一般ファン向けにハチマキを販売していたらしい・・・
そしてその金額は・・・1,500円@o@;

3倍はなかろう〜〜〜( ̄□ ̄#) あくどい奴らだ( ̄□ ̄#)笑

そういう訳で・・・ 関西、中国、東北支部は深緑色の統一ハチマキになったが・・・
従わない支部があった! というか・・・そんなこと言っちゃ失礼だ!
元々の薄緑色のハチマキに愛着があったのだろう・・・ 他の支部、もちろん関東本部はそれに固執した。

だから・・・ 支部によって、深緑色と薄緑色のハチマキが存在したし、初期の頃はテレビで応援風景を観て、それをメモしてコール表を作っていたので、間違いが生じたり・・・
なに叫んでんだか解らなくて、ここはこうしとこ! という具合だったので、微妙にコールが支部によって違う(;>ω<)/

話を戻そう・・・

再結成した石野真子親衛隊は、深緑色の「統一ハチマキ」を採用している!

なので、今、ステージに現れた真子さんのドレスの色が、深緑色である事に・・・
オラは激しい喜びを感じた!
滅多にグリーンの衣装なんて召される事はないのに・・・
もしかしたら日テレさんが、オラ達のハチマキと同じ色の衣装を用意して下さったんだろうか?

とにかく嬉しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
真子さんが登場される!

前列の隊員達が、それまで伏せられていた横断幕をガバッと掲げるヽ(*`3´)ノ

真子さんの似顔絵入りの横断幕はオラ達の誇りだぁヽ(*`3´)ノ

しかし・・・ にゃんだか、その横断幕が垂れていると言うか・・・ ピンと張っていない

お〜〜〜い! 真ん中あたりが垂れてるよ! ピンと張って!

オラは小声で横断幕を持っている仲間達に伝えた・・・

仲間達は、ゴソコゾとしていたが・・・
一番右端のオラからは・・・ やっぱり垂れていいるように見える

お〜〜〜い! なんとかなんないのか!

仲間達は、またゴソゴソしているが・・・
にゃんか、気がないというか・・・ 放心しているというか・・・ 目線が違うというか・・・ そんなんだった

@o@; あいつら! 真子さんに見蕩れている(みとれている)(;>ω<)/
見蕩れて、オラの言う事が耳に入らないみたいだ(;>ω<)/

馬耳東風(はじとうふう)・・・ まぁ、いいかぁ〜〜〜(´_`。)

しかし・・・ 自宅に戻ってからYoutubeで、このMUSIC DAYを観たら、やっぱり横断幕が、真ん中当たりでゆがんでいた(;>ω<)/ 全国ネットなのに! バカヤロ〜〜〜(-`Д´-;)!

真子さんはMCを為さった筈だ・・・

だがオラは横断幕の事が気になって、全く真子さんの会話を記憶していない(;>ω<)/

ただ、オラのメモ帳には「カブトムシ」と書いてある・・・

カブトムシ??? そういうお話をされていたのか???
マジで全く記憶がない、スマネェ(;ω; )

たぶんカブトムシのお話が終わったのだろう・・・

よし! 真子さんが謡うぞ! 皆! 気合い入れろよぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

という場面だが・・・ CMになった(´_`。)

2分間のCMが終わり・・・

よし! こんどこそ真子さんが謡うぞ! 皆! 気合い入れろよぉヽ(*`3´)ノ

という場面だが・・・流しの2人組「坂崎茂」というシーンになった(´_`。)

「坂崎茂」が15分ぐらい続いただろうか・・・

よし! こんどこそ間違いなく真子さんが謡うぞ! 皆! 気合い入れろよぉヽ(*`3´)ノ

という場面だが・・・ CMになった(´_`。)

ここでお伝えしておこう・・・
流しの2人組「坂崎茂」がOAされている間、幕張メッセイベントホールの会場では、ステージの左右に設置されている巨大スクリーンに、それが映し出されている

そして、その間はテレビカメラが会場を映す事は無い・・・
要するに会場は休憩時間みたいなものだ・・・

だからオラ達観客は15分程の間、着席して巨大なスクリーンを観ている訳だが・・・

真子さんはズッーと司会の櫻井君とお喋りされていた・・・

なにをお話しされているか? 興味を持たない方が不思議だぁヽ(*`3´)ノ

言っとくけど・・・ オラは「唇が読める」
口の開き方で・・・ なにを喋っているのか解るんだヽ(*`3´)ノ
ったら良いのだが・・・ そういう修行はしていない(;ω; )

しかし・・・ 真子さんは、ニコニコしながら櫻井君とお話されている・・・

やっぱり気になるヽ(*`3´)ノ

想像することにした(^O^)v

(櫻) 真子さん、今日もガラの悪そうな親衛隊の人達が大勢応援に来られてますね・・・

(真) ふぁ〜〜〜い、にゃんでも100人程、応援に来てくれてるみたいざますのよぉ〜〜〜

(櫻) 昔から応援を続けて下さるファンがいるって、有り難い事ですね・・・

(真) ふぁ〜〜〜い、昔はコンサート会場中、親衛隊だらけだったんざますよぉ〜〜〜

(櫻) そういう話は聞いた事がありますよ、昔、親衛隊全盛の時期があったらしいですね・・・

(真) ふぁ〜〜〜い、当時の若者は暴走族に入るか、親衛隊に入るか、どちらかがトレンドだったんざますよぉ〜〜〜

そんな会話を為さっている筈もなかろうが・・・
とにかく、15分間、真子さんは櫻井君と仲睦まじく会話を交わされていた・・・

いいなぁ〜〜〜 真子ちゃんとお話し出来て(´_`。)
そういや・・・ オラは真子ちゃんと長げぇことお話してねぇなぁ〜〜〜(;ω; )

握手会ん時は・・・ 後ろに列んでいる方に気を遣って、一言しか喋らないし・・・
MAKO CAFEはハズレたし・・・

それに引き替え・・・ 昔は良かったなぁ〜〜〜
二人っきりで・・・ 最長で40分ぐらいお話したかなぁ〜〜〜( ̄ー ̄)ニヤ
あんときゃ・・・ 夢のようだったなぁ〜〜〜( ̄ー ̄)ニヤ

どう! 羨ましいでしょ( ̄ー ̄)ニヤ

そんな、過去の自慢話をしても仕方が無いし・・・
皆から恨みを買うだけの事は、オラも承知している・・・(;>ω<)/

さて、進行役のお姉さんが再びマイクを握った!

CM明けます! 10秒前! 5秒前! 3・2・・・・

ワンダーブギのイントロと共に、ステージセンターの真子さんへスポットライトが当てられ・・・
NMB48のお嬢さん達が真子さんを取り囲んだぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

@o@; 多少は予測していたが・・・ NMB48がリトルバーズを為さるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

にゃんと豪華な「リトルバーズ」なんだヾ(@⌒ー⌒@)ノ
しかも皆さん、超カワイイヾ(@⌒ー⌒@)ノ

しかし、リトルバーズに見蕩れている訳には行かないヽ(*`3´)ノ

オラ達親衛隊員と真子ファンには重要な使命があるヽ(*`3´)ノ

難曲ワンダーブギのコールを、一糸乱れず完璧に達成せねばなんないんだぁヽ(*`3´)ノ

その事は、もちろん親衛隊の仲間達は肝にめいじているし!
入場前にコール練習に参加してくれた、常連さんや真子ファンも承知しておられる筈だ!

万が一にも! 腐ったコールは出来ねぇヽ(*`3´)ノ
ここが正念場だぞぉヽ(*`3´)ノ

ワンダーブギのコールは・・・ イントロから始まる!

出だしが肝心だぞぉ! 最初につまずいたら! 取り返しがつかねぇぞぉヽ(*`3´)ノ

MAKO ウーレッツゴーヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノ

@o@; バッチリ揃ったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

凄いじゃないかぁ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
あんな短時間のコール練習だったのに・・・
こんな完璧に揃うだなんて!
これって真子愛だよねぇヾ(@⌒ー⌒@)ノ

だが気を許しちゃなんねぇ!
なにしろ難曲ワンダーなんだぁヽ(*`3´)ノ

気持ちを引き締めて、真子さんにコールを贈らなきゃなんねぇぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

ブキウギシュワッチュ♪ ブギドゥワー♪
ブキウギシュワッチュ♪ ブギドゥワー♪

真夏はゆかい♪ 真夏はゆかいヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノ

ワンダー ワンダー ブギウギ♪
GO GO GO GO レッツコ「ーマコちゃんヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノ
LOVE MAKO I・S・H・I・N・O キューティーレッツゴーヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノ

@o@; か・完璧だぁ〜〜〜 皆! 凄いぞぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

親衛隊14名+真子ファン60名=74名の猛烈なコールが、幕張メッセイベントホールの隅々まで響きわたる!

いいよねぇ〜〜〜(;ω; ) こういう場面を、オラは待ちこがれていたんだよねぇ(;ω; )
コールして下さっている真子ファンの皆に感謝の気持ちで、胸が詰まる思いだぁ(;ω; )

深緑色のドレスを召され、ステージセンターで謡われる真子さん・・・
ポンプの振り付けもしっかり為さっておられるし!
NMB48のリトルバーズも素晴らしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
そして、それを盛り立てるオラ達の真子コールヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今ここに「完璧なワンダーブギ」があるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

テレビをご覧になっていても、それが伝わっただろうが・・・
会場で! 生で! しかも! 渾身の力をこめて真子さんにコールを贈る!
この瞬間の感激! 感動は尋常じゃねぇヾ(@⌒ー⌒@)ノ

しかし! 舞い上がっちゃなんねぇぞぉ!
難曲ワンダーの最難関は・・・ 間奏にあるヽ(*`3´)ノ
その間奏に入るタイミングが、僅か0.1秒でも前後しようものなら・・・
グダグダになっちまうんだぁヽ(*`3´)ノ
全国ネットで恥を曝す(さらす)ことになっちまう(;>ω<)/

さぁ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ いよいよヽ(*`3´)ノ 間奏に入るぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

万が一にも間違っちゃなんねぇぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ
精魂を込めて! コールしなきゃなんねぇぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ
臆して、タイミングを逸するなぁヽ(*`3´)ノ

よし! 今だぁ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ 間奏に入ったぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

@o@; @o@; @o@; @o@; @o@; @o@; @o@; @o@; @o@;

間奏が無かったぁ・・・・ ワンコーラスで終わった

>┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ
>┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ
>┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ

74名全員がズッコケタ・・・

会場に虚しく角刈り君の統制が響く・・・

せぇのぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

真子ちゃ〜〜〜ん(´_`。)

せ・せめて・・・ ワンダーがエンディングを迎えてから、5秒・・・
うんにゃ・・・ 僅か3秒でも猶予が与えられたなら、統制もきっちりと入ったのだろうが・・・

間髪入れず早見優ちゃんの「夏色のナンシー」の前奏が始まった((“o(>ω<)o”))

ビュ〜〜〜ン!

ズッコケているオラの、すぐ目前に、前述したドローンカメラが猛スピードでやって来て、静止した@o@;

こんな場面を撮んなよ(;>ω<)/
あっち行けぇ〜〜〜(-`Д´-;)!

オラの激しい剣幕に驚いたのか・・・

ビュ〜〜〜ン!

ドローンカメラは飛び去っていった

で・でも・・・ 一昨年のMUSIC DAYでは、確か真子さんは2曲謡って下さったよね(^O^)

もう一曲あろう ヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

オラ達は真子さんの次曲を心待ちにした(^O^)

しかし @o@; 公開放送が始まってから4時間半が経過し、公開放送は終了した
>┼○ バタッ >┼○ バタッ >┼○ バタッ

仕方ねぇ・・・ 優ちゃんも、唯ちゃんも1曲ずつだったし・・・
「懐かしのアイドル曲」は、そういう、くくりなんだろう・・・(;ω; )

落胆していると・・・ 日テレさんの石野真子親衛隊担当のお姉さんがオラの傍らにやって来られた・・・

「裏でモニターを観てたんですが・・・ 親衛隊の皆さん! すんごく良かったですよ〜〜〜」
「バッチリの絵が撮れてましたよ〜〜〜」

お姉さんは満足そうに、微笑みを称えながらそう仰った・・・

主催の日テレさんからそう言われると・・・ なんだか満足したというか! 充実感が感じられるというか! やりきった感が胸に満ちた!

日テレさんにも褒められた事だし・・・
そんじゃ! そろそろ撤収すっぺぇ(^O^)

忘れ物しちゃなんねぇぞぉ〜〜〜
ゴミが落ちていたら拾いなさいよ〜〜〜

オラは気付かなかったのだが・・・
親衛隊の仲間によると・・・ この時、司会の櫻井さんがオラ達に・・・

「いいお酒飲んで下さいね!」

そう仰ったらしい・・・

どげんして、櫻井さんはオラ達が酒飲みな事をご存知なんだろう・・・???

ちっょと考えた・・・
すぐに思い当たった・・・

お喋りな人がいたんだ(;>ω<)/

あの子達・・・ すんごく、酒飲みざますのよぉ〜〜〜
私のイベントの後は、必ず居酒屋に駆け込むざますのよぉ〜〜〜
呑みに来てるんだか、私の歌を聴きに来ているか、解らないざますのぉ〜〜〜

たぶん・・・ そういう、余計なお喋りを為さったんだろう・・・
もちろんお喋りの主は・・・ 真子さんだ(;>ω<)/

酒飲みと言われても、特段恥じることもなかろう(^O^)
大いに呑むぞぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

会場の外で記念撮影を済ませたオラ達は、早足で幕張駅前の居酒屋に押し寄せたぁ!

頼もう〜〜〜ヽ(*`3´)ノ 酒に飢えた石野真子親衛隊!
20名ほどお願い申すぅ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ 

乾杯ぃぃぃぃぃぃぃ!

真子コールの後の冷えたビール程、うまいものはないヾ(@⌒ー⌒@)ノ
家でチビリチビリと呑む、発泡酒の3000倍ぐらいうまいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ワンダーワンコーラスは残念だったけど・・・ 楽しかったよねヾ(@⌒ー⌒@)ノ
真子さんが緑の衣装を着て下さるのは初めてだよね・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
SKEのパンツ、チラっと見えたよね・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

話題は尽きない

二次会をしようヾ(@⌒ー⌒@)ノ

場所を東京駅前の八重洲に移して、飲み始めたオラ達だが・・・

にゃんか怪しい人物が近寄って来たぁ・・・@o@;

黒服の怪し気な男性は・・・ マジシャンだった@o@;

「皆さ〜〜〜ん お楽しみのところ失礼いたしまぁ〜〜〜す」
「マジシャンの○○ですぅ〜〜〜」

ちょいお姉系の話口調のマジシャンだ・・・@o@;

仲間の手のひらに置かれた10円玉を・・・ 100円玉にした

500円玉にも出来るのかと問うと・・・

「それは修行中で、ごじゃいますぅぅぅ〜〜〜」 と言った・・・

フォークを取り出して・・・ 指先でグニャグニャに曲げた@o@;

トランプを取り出して、好きなカードを1枚選べと言う・・・

仲間がカードを1枚取り出した・・・

それを他のトランプと混ぜこぜにしたが・・・
選んだカートが、何故か1番上になっていた・・・@o@;

そのぐらいで! チップはやれんぞぉヽ(*`3´)ノ
と思っていたら・・・

同じカードの、小さいのが、しゅう君の腕時計に貼り付いていた・・・@o@;

そんなので・・・ 驚かないぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ
と思っていたら・・・

マジシャンは、サインペンとカードを1枚取り出し、マロンさんに手渡した・・・

そのカードにサインしろという・・・

マロンさんはカードに、似顔絵入りのサインを書いた・・・

そのカードが一瞬にして消えた・・・@o@;

マジシャンが上着の内ポケットから、小さなペットボトルのお茶を取り出した・・・

@o@; にゃんとそのペットボトルの中に、マロンさんのサイン入りのカードが入っている・・・@o@;

ペットボトルのキャップは切られていない・・・@o@;

オラはチップをはずんでやった! ミモザ君達も千円札をはずんだ!

マジシャンのおかけで、二次会は大いに盛り上がり、夜は更けていった・・・


おわり
2016年6月12日 福井・武生(たけふ)JAふれあい祭り



昨年に続き、また福井でイベントがあるとわかり、超ワクワクで過ごしていたある日の早朝、ラインの音が鳴った。心なしか鈍い音だったそのメッセージを見てみると

「武生のレポートお頼申します」

・・・管理人からだった(-_-メ)

この前の福井でやったばかりじゃんよ〜〜!!他にまだ頼める人いっぱいいるでしょ!!誰がやるかボケ!!!!( `ー´)ノ
と、心の中で叫びまくりながら無視を決行し、諦めさせる作戦を試みた数時間後、再び鈍い音が・・・

「武生のレポートお願いしてよろしいですか?」

「・・・わかりました」

早くも作戦は崩れた(ノД`)・゜・。

「なんか元気ないやんか?」

そりゃあ元気なくなるわ!!ふんっっ!!

けどまあ引き受けた限りはちゃんとやらなくてはね

ってことで、今回はアキココが担当します
よろしくお願いします(^O^)/

午前10時すぎに福井入りした私は真っ先に花屋さんへ行き、親衛隊から真子さんへお届けする花束の受け取りを済ませ、手配していたレンタカーに乗り、福井駅で合流予定のメンバーを待った
ほどなくそこへマロン、角刈りさん、コンパさんが現れて車に乗り込み、4人でかりんとう饅頭をかじりながらワイワイと武生中央公園へと出発した

時間にも余裕があるので、下道を使い、安全運転でのんびりと45分ほど走っただろうか、無事に会場へと到着した

先に会場入りをしていた関西組の管理人さん、ミモザさん、シュウさん、広島組の広島君、智恵ママ、三島市からはるばるお越しのたかしさんと久々の再会を果たし合流、常連さんのゴロツカ先生、てっちゃん、さかもっちゃんにもご挨拶を済ませた
そういえば、前回の福井でのビンゴ大会で大当たりだったカメラを自ら逃した平八クン、今回は取り返すって言ってたのに見当たらないじゃない〜?え?体調ダウン?大丈夫かなあ、早く元気になってね!

会場では秋吉の屋台から焼き鳥のいいにおい・・・命の水と共にいただきたいところだが、福井でレンタカーを返すまでは飲めないのでガマン(*´з`)
そこへ管理人が
「アキココ、これでガマンしとけ!」
と、私の前にノンアルの缶ビールを置いたが、私にとってこれほど酷なものはない
もどきのビールを飲むくらいなら、お茶やジュースを飲むほうがはるかにマシだ、ううう〜〜(T_T)

さて、今日は、マロンが一層ホワホワしている(^^;
そう!ラララデビューの日だからだ
親衛隊女子のマロンと智恵ママと私の3人、自称「春ラ!ラ!ラ!組」は、3人の独自のユニフォームを作ろうと密かに計画し、その日から約1年・・そのユニフォームが遂に完成し、真子さんにお披露目できる日がやってきたのだ(^^♪

マコカフェ大阪の際、それを3人が持参していたら、記念にと隣の席にいらしたぎふっこさんが写真を撮って親衛隊のホームページまで送ってくださったらしい
ぎふっこさん、ありがとうごさいました(^^♪

レモンイエローにピンクの配色はまさに女子らしいかわいいユニフォーム(幼稚園のスモッグ説もあるが(^^;)
マロンと智恵ママは可愛らしく似合っているが、私が着ると交通整備のオッサンみたいだ(-_-;)

イベント開始よりかなり早めにそれを3人で着てスタンバッていたら、ミモザさんから
「恥ずかしいから近くに来んといて」
と言われてしまったが、マロンは全く動じることなく、ホワホワニコニコ(^^; 女は強い!(^O^)

私は今後、ラララ服と特攻服を着分けることに忙しくなりそうだ(^^;

さあ、そうこうしているうちにイベント開始時間となりましたよお〜〜(^O^)

昨日の夜、仕事から帰ったらまた続きを書くつもりでいたのに、忙しくてくたばってしまった(^^;

そうだ、いい機会だからここでまだ根強く本職だと信じられている私の給食オバサン説を一掃しておこう!
私は今、地元の病院で私よりお若い先生ご夫婦のもと、部活帰りの中高生から近所のおじいちゃんおばあちゃんたちまで幅広い年代の患者さん相手にお仕事させてもらっている

確かに白衣は着ているけれど・・・(^^; 給食のオバサン着ではないからね、そこんとこよろしくね!

今回も先生の奥様から
「真子ちゃん、楽しんできてね〜〜」
と温かく見送られ、
「行ってきま〜〜す!」
と、元気に答えた私
本題に戻ろう

テント張りの会場をふと見渡せば、いつのまにか300程あるすべての席が埋まっていた
ついさっきまで閑散としていたのに、どこから人が出てきたのかというほどの集まりようだ
やっぱり真子さん人気は健在だ(^O^)
私たちもしっかりと鉢巻をしめ、特攻服の襟を正し、メガホンを握りしめて準備OK!


「お待たせしました!石野真子さんの登場です!」

司会の方が紹介されると同時に角刈りさんの真っ赤な統制棒が天を指す!

「せ〜の〜〜〜!!」

「真子ちゃ〜〜〜ん!!」

満面の笑みで真子さんが登場し、1曲目に歌われたのはデビュー曲「狼なんか怖くない」

「みなさああん、こんにちは〜〜〜石野真子です
たくさん集まってくださってありがとうございます!JA越前たけふさんにお招きいただき、はじめて参りました〜〜〜武生!はじめてお逢いする方がほとんどなんじゃない?本当に来られて嬉しいわ〜」

そして、ここで、真子さんが私たちの方を指し、なんと親衛隊を紹介してくださいます!(^O^)(^O^)(^O^)

「あそこの鉢巻してる人たち、いつも来てくれるのよ〜」

隊員一同、日頃の努力が報われたと涙がちょちょぎれます
こらえなければきっとここで全員が滝のような涙を流し、この会場は水没していたでしょう
しかし、涙より汗を流してコールしなければなりません
今、考えれば、これから続く怒涛のシングルオンパレードの為に真子さんがパワーを注入してくださったのだと思っています
真子さん、ありがとうございます!!

「昭和53年にデビューして、もう40年近く歌わせていただいてるのよね〜あ、5歳でデビューしたからね」

会場爆笑!
なんか今日の真子さん、いつもより饒舌な気が(^^♪

続いての曲は「わたしの首領」
コールにジャンプに忙しい(^^; でも最高に楽しい!

続いて「失恋記念日」
コール曲ではないのでじっくり聞き入ります

「今日は何曜日?そう、じゃあこれね」

続いては「日曜日はストレンジャー」
コール再開!その後も「プリティープリティー」と続きます

「次の曲は一人でやるの恥ずかしいから、ちょっと手伝ってほしいの」
ハイ、いくらでもお手伝いさせていただきますよ〜

「じゃあ、練習ね。こっちの(会場右、親衛隊側!!)人たちから! 真夏はユカイ〜〜?」

「真夏はユカイ〜〜〜!!!!!!!!!!!!!」

「よし、じゃあ今度はこっち(会場左) 真夏はユカイ〜〜? 」

「真夏はユカイ〜〜!」

「あっちに負けてるわよオ〜」
会場爆笑!

大盛り上がりの中、「ワンダーブギ」を歌われたところで、司会の女性が登場されました

「お美しい〜〜!!美しすぎて近寄りがたい!こんなにピンクが似合う女性っていますか〜?可愛くて可愛くてポーッとして見てました〜ようこそ武生へ!」

司会者も真子さんにイチコロのようです(^^♪

「お聞きしたところによると、福井県には幼い頃から何度もお越しいただいているとか?」

「ええ。家族旅行でもよく来た東尋坊に去年もまたおじゃましたんですけど、あのまんまなのねえ〜〜あの看板!! なんか嬉しかったわあ〜」

会場はまた笑いに包まれます

「昨日は居酒屋の平ちゃんに行って、がまえびのお刺身もいただいてきました。美味しかったわ・・・ん?反応が薄いわね」

確かにこのとき、「がまえび」に対しての客席の反応は薄かった
標準和名を「トゲザコエビ」といい、その呼び名は真子さんがおっしゃったがまえびや越前えび、がらえび、がさえび、がすえび、どろえび・・・と県内でも様々なのだそう
水揚げ量が少なく、そうそう目にすることがないことに加えてきっと会場の多くの人が違う呼び方を普段されていてピンとこなかったんじゃないのかなあ?
甘エビより甘くて美味しいらしいが、私もまだ食べたことがない。一度食べてみなくちゃ!

「このお祭りの会場内も回られたとか?」

「ええ!色んなものを売っていて・・打ち刃物がこの辺りは有名なのよね、そうそう、仏壇も売ってたわ。230万だった。墓石もあった!」

目をまん丸くして話す真子さんに会場は爆笑の渦です

「途中でソフトクリームを買って、食べ歩きしながらくまなく回って楽しみました」

「それは良かったですね、さて今日はDVDもこちらで発売なさってるんですよね?」

「はい、今も新しい歌を出してるんですよ、過去の人じゃないのよって知ってほしくて(笑)
さっき、おばあちゃんが買ってくださったの。嬉しかった〜」

「皆さんも是非、お買い求めになってくださいね」

ここで、JAのニューフエイス男女2人が登場し、真子さんに越前市特産の式部米と花束をプレゼント

司会者にマイクを向けられた女性は

「真子さん、夢に出てきそうなくらい綺麗です」

とコーフン気味。わかるわかる!

それを聞いて真子さん、

「嬉しい。永遠に出たいわ」

と、ここで時計を見た真子さん、

「あっ!もう予定時間が半分過ぎちゃってる!歌わなくっちゃ!」

続いて「フレンド」

今日唯一のシングル以外の曲を歌われました

「皆さんも機会があれば、是非、ライブに来てくださいね!」

「さっき歌ったワンダーブギは、7月2日の日本テレビTHE MUZIC DAYで歌うのよ
今をときめく人から私まで(笑) 11時間もの生放送だからいつ出てくるかチェックしてみてくださいね。フフ、まさかまさかのワンダーよ」

続いて「ジュリーがライバル」

そして「春ラ!ラ!ラ!」

さあコール後半戦です。平均年齢50超の隊員一同、血管がきれんばかりの声を出してコール!!青筋立ってて危ないぞ〜〜(^^;

「ありがとう〜 じゃあ次はこの曲ね」

「めまい」のイントロが流れ出すと会場からどよめきと歓声が。思わず立ち上がって喜ぶ女性も

やっぱりこの曲を好きな人、多いですね
私も大好きです。素敵な曲ですね

続いて「彼が初恋」をしっとりと歌い上げられました

「ありがとう〜〜続きはまたね。JAさあん、また呼んでね!よろしく!」

ラストは「ハートで勝負」
会場のボルテージが最高潮に達したところで真子さんが舞台袖へと消えていきます

が、もちろん

「アンコール!アンコール!アンコール!!!」

真子さんを引き戻すべく親衛隊の大声に会場の人たちもすぐに一緒に叫んでくださいます。ありがとうございます!! なんて素晴らしい一体感だろう〜〜(^O^)

それに真子さんもすぐに答えて登場!
お伝えするのをすっかり忘れていましたが、この日の真子さんの衣装は、このところよくお召しのボデイラインに綺麗にフィットした鮮やかなピンクのスパンコールドレスです

「呼んでくださってありがとう〜〜〜何歌おうかしら」

「この曲でデビューしたときはまさか今こうやって歌ってるなんて想像できなかったよね
みんな、楽しんでくれた?そう、良かった〜〜
50代だって、これからよね、頑張ろうね!
また、会いましょうね!!」

最初に歌った「狼なんか怖くない」を最後に真子さんと共に全員で歌い、大大大盛況のうちにこの日の「石野真子歌謡ショー」(笑)は終了しました


そしこの日の打ち上げは武生からサンダーバードで帰路に着く関西組と三島市のたかしさん、福井へレンタカーを返しに戻らなければならない私と関東組メンバーとに少し寂しいけど分担されて行われました

広島組のお二人は時間に余裕がなく名残惜しいけど、すぐ解散、本当にお疲れ様でした

福井での打ち上げに参加された常連さんのてっちゃん、さかもっちゃん、ありがとうね!

そうそう
ここだけの話ですが、角刈りさんの「スニーカーぶる〜す」カッコ良かったですよおーーー(^O^)
2016年5月29日 東武動物公園・アイドルヒットステージ



オラのあばら屋から5回乗り換えて、やっとこさ東武動物公園駅にたどり着いた(´_`。)
オラも含め6名の関西人は、乗り換えばっかで至極疲れていた・・・

たぶん・・・ あっちの方角にゃんだろう・・・ イベントが開催される東武動物公園に向け、足取り重く歩き出した

歩き出してしばらくすると、巡回中の警察官がいた・・・

すんまそ〜〜〜ん 東武動物公園は、あっちでよかんべですかぁ(´_`。)

オラは念のため、その警察官に尋ねた・・・

ハイ! 東武動物公園は、まっすぐ行って、道なりに右に行って下さい ∠(○`ε´○)

オラ達と同年代の警察官は、義務的に道順を教えてくれた

あんがとさんです(´_`。)

オラはお礼を言って歩き出す

が・・・ 警察官はオラの横に列んでついて歩く・・・

なぜ???

警察官が口を開いた

あの〜〜〜 もしかして?

?????

あの〜〜〜 もしかして?

?????

行かれるのですか?

警察官はモジモジしながら、オラに「行かれるのですか」と尋ねた

にゃんのことか、よく解らないが・・・
おそらく、アイドルヒットステージに行くのか? と彼は言いたいのだろう・・・

うんだぁ、オラ達はアイドルヒットステージに行くんだべさぁ(^O^)
真子ちゃんの応援に来たんだぁ(^O^)

オラは正直にそう答えた・・・

ま・真子ちゃんの応援でありますかぁ!
じ・じつは本官も! 真子ちゃんのファンであります ∠(○`ε´○)

おまわりさんも真子ファンダベかぁ(^O^)
そりゃ〜〜〜 奇遇ですねぇ(^O^)

やはり本日は親衛隊とかも来られるんでしょうか?

親衛隊? オラ達が真子隊だべさぁ(^O^)

@o@; えっ・・・ @o@; し・親衛隊の方々でありましたかぁ ∠(○`ε´○)
もしかして・・・ 特攻服とかもお持ちだったりされますか?

うん、持って来たよ(^O^)

もしかして・・・ 特攻服とかもお持ちだったりされますか?

うん、持って来てるよ(^O^)

もしかして・・・ 特攻服とかもお持ちだったりされますか?

だから・・・ 持って来てるよ(^O^)

どうやら彼は、真子隊の特攻服を一目見たいようだ・・・

オラは鞄から純白の特攻服を取り出して、警官に見せてあげた・・・

@o@; こ・これが石野真子親衛隊の特攻服でありますか ∠(○`ε´○)

もしかして、おまわりさんも、どっかの親衛隊に入っていたんじゃないですか?!

まさかとは思ったが、オラは冗談半分に警官に尋ねた・・・

えぇ・・・ 実は本官は・・・ せ・せ・聖子隊に・・・(´_`。)

えっ〜〜〜 おまわりさんは、松田聖子の親衛隊員だったんだべかぁ@o@;

で・でも・・・ 中学の時から真子ちゃんが大好きだったのに・・・
高校に入った時に、無理矢理に聖子隊に入れられたんです・・・(´_`。)

警官は中学生の頃、真子さんが大好きで高校生になったら真子隊に入りたいと思っていたが、真子さんが引退してしまったので、聖子隊に引きずり込まれたんだと弁解した・・・

おまわりさんもアイドルヒットステージに来たらよかんべ、だべさぁ(^O^)
オラ達と一緒に、真子ちゃんを応援するだべさぁ(^O^)

オラは真子ファンでありながら、聖子隊に引きずり込まれた、気の毒な警官を誘った!

ハ・ハイ・・・ し・しかしながら本官は職務中でありまして・・・∠(;ω; )

そんなの、いいだべさぁ・・・ チケットが一枚残っているから差し上げるし
警官の制服着てたら、どこでも入れるだべさぁ(^O^)

し・しかし・・・ 職務中でそういう訳には・・・∠(;ω; )

大丈夫、大丈夫・・・ テロ警戒で東武動物公園をパトロールした、って事にしとけばよかんべぇ(^O^)

えぇ・・・(´_`。) しかし・・・(´_`。)

本当に、後で来てねぇ! 待ってるだべさぁ(^O^)

では、お気をつけて ∠(;ω; )

早朝からの5回の乗り換えで辟易(へきえき)としていたオラだが・・・
たまたま道を尋ねたことから、ひょんな出逢いに恵まれ、なんだか気持ちが昂った(たかぶった)

よし! 精一杯! 応援するぞぉヽ(*`3´)ノ

真子ファンでありながら、元聖子隊の警察官と別れ、数分歩くと東武動物公園は目の前だった!

が・し・か・し・・・ ちょい問題が生じている・・・
真子隊は時間厳守なのだが・・・ 集合時間に数分遅れている
たかが数分でもマズイなぁ〜〜〜(´_`。)
言い訳を考えなきゃ・・・

入場口の手前に、関東の仲間達が集まっていた

ごめんね、警察官に職務質問されて、ちょい手間取ったから遅れてしまったんだぁ(´_`。)
ホントだよ!

オラは集合時間に遅刻した事を、警察官のせいにして、難を逃れたぁ(^O^)v

チケットのモギリを終え園内に入場すると、早々と先着している常連さんがチラホラおられた・・・
中には紙テープを準備している方もある・・・

座席は前の方なんでしょ? それなら危ないから真子さんに向けて投げちゃダメだよ!
必ず、おとといの方角に投げてね(^O^)

一応、注意をうながしたが、ちょい説明しておこう・・・

2ケ月程前、主催者筋から連絡があった

チケットは一度に4枚しか購入出来ないから、座席がバラバラだと親衛隊の方々は具合が悪いでしょう?
S席は無理だけど、A席なら人数分まとめて用意しますよ!

それはそれは、ご親切にあんがとさんですm(_ _)m

伝統ある石野真子さんの親衛隊の方々です、100枚ぐらい用意しましょうか?

@o@; いえ、たった・・・ 15枚程で構いません(´_`。)

ところで当日は、テレビ局もやって来るので・・・
なんというか・・・ テレビ映りがいいように、派手に応援して頂きたいんですよ
例えば・・・ 紙テープを投げたりして(^O^)

@o@; そ・それは構いませんが・・・ 真子さんに紙テープが当たって、一生恨まれるのも恐ろしいので・・・(´_`。)

恨み深いたちなんですか?

たぶん・・・(´_`。)

ですが・・・ A席からなら、紙テープはステージに届きません
だから他の親衛隊に負けない様に、派手にお願いします(^O^)

ほい! 承知しましたm(_ _)m

さっそくその事をLINEで親衛隊の仲間達に伝えた・・・

紙テープ、OKらしいよ!

皆、驚いたようだ・・・

仲間達からも、もしも真子さんに紙テープが当たったら・・・
そういう意見が出た

すると・・・ 紙テープ事情通のタッチ君が説明してくれた

あそこの会場なら、最後列からは絶対に紙テープはステージに届きませんヽ(*`3´)ノ

彼は断言したぁ@o@;

ひさぴょんが100均に走り、紙テープを調達し、詳細に調べた!

紙テープの長さは33メートルです!

そして、A席最後列からステージまで、およそ30メートルだという事も解った!

長さ33メートルの紙テープを、30メートル先のステージに向かって遠投する・・・

33−30メートル=3メートル 届くじゃないかぁ@o@;
と思われる方もあろうが、紙テープを水平に遠投する事は重力がある限り不可能で、必ず放物線を描く様に投げなきゃなんない!
円周率を思い出そう・・・ 理想的な放物線の角度である45度で紙テープを投げたとして・・・
30メートルの距離に到達するには・・・ 30メートル×3.14÷2=47.1メートルの長さの紙テープが必要となり、全くステージには届かない・・・
仮に30度の放物線であっても、10度でも、届かない事が判明したぁ(^O^)

そっか、そんなものかぁ〜〜〜 雰囲気的には50メートルぐらい遠投出来るものだと思っていたし、そもそも紙テープの規格が33メートルで統一されている事も初めて知った・・・

続いて、紙テープは各自持って来るのか?
それとも代表者が問屋で購入するのか?
そういう議論が起こった・・・

何百本も買ったら、たいそう重い筈だよ・・・ いったい何キロになるの?

およそ8kgです!

ひさぴょんが即答してくれた

誰が問屋さんで買い付けるの?

タッチ君が引き受けてくれた

イベントが終わってから、会場の清掃をしなきゃなんないので、ゴミ袋が必要だ・・・
ゴミ袋はタッチ君とオラが持参することに決まった

そういう経緯があったが・・・
紙テープOKな事を知ると、一般のファンも加わる筈だ・・・
前列からそれをされると・・・ 真子さんが危険だぁ(;>ω<)/

まぁ、本人いわく・・・ 運動神経には自信があるらしいので・・・
サッ! と避けたり・・・ 飛んで来た紙テープを、ポンと受け取ったり・・・
為さるかもしれないが・・・ 万が一って事がある
だから紙テープOKな事は、常連さん達にも秘密にしておこう・・・ そういう事になった

だが! 紙テープを持参している常連さんがチラホラいる!
誰か口の緩い隊員がいるのかヽ(*`3´)ノ それとも、他の親衛隊から漏れたのか・・・

とにかく、そういう訳だぁ・・・

13時30分、キャパシティ1500名程の大きなテント張りの会場へと入場が開始されたが・・・
派手なピンク色の一団が入場口へ向かって歩いて来た

一団が近づいて来る・・・ ピンク色の特攻服!

@o@; あれは伊代隊だぁ・・・@o@;
その数・・・ およそ20名!

オラ達、真子隊は15名・・・
うっ((“o(>ω<)o”)) 微妙に負けているぅ(;>ω<)/

それにオラ達は、時に薬剤師や調理師に見紛われる(みまがわれる)伝統の純白の特攻服だが、伊予隊は蛍光色のピンク色・・・
目立つという点でも明らかに負けている(;>ω<)/

しかし!!! 結成38年! 休眠期間24年の真子隊をあなどるなかれヽ(*`3´)ノ
気合いと根性では、他の親衛隊に劣る筈が無かろう〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

なぁ〜〜〜 皆! そうだろう〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

だが・・・ 仲間達は日陰のベンチでダラリとしている(;>ω<)/

伊予隊の20名が、オラ達の方に向かって来た・・・
たぶん挨拶かなにか交わすような雰囲気だぁ・・・

おい! 皆! 伊予隊が来るぞ! 気合い入れろよぉ〜!
と言う間もなく、伊予隊はオラ達の目前に整列した!

整然と居並ぶ伊予隊・・・
日陰のベンチでマグロ状態の真子隊・・・(;>ω<)/

伊予隊の全国総隊長さんが代表して挨拶される

今日は宜しくお願いしますm(_ _)m

全国隊長の挨拶に続き、伊予隊の面々が・・・ 宜しくお願いしますと大声で挨拶してくれた

挨拶に応えなきゃなんないオラ達だが・・・
整列する事も無く、ダラリとしたままで・・・

口々に・・・ こちらこそ〜〜〜(´_`。)

伊予隊の皆さん・・・ 無礼なオラ達を許してけろ(;ω; )
あなた達は他の親衛隊と交流があるらしいから、そういう事に慣れてるだろうけれど・・・
真子さんの場合、他のアイドル歌手とジョイントコンサートとかが無いので、オラ達は他の親衛隊と交流する事も皆無なんだぁ(;ω; )
だから・・・ 挨拶一つろくにできねぇんだぁ(;ω; )

しばらくすると、博子隊が挨拶に来られた・・・

こんどはシャキッ! としなきゃヽ(*`3´)ノ

しかし、相変わらずの真子隊だぁ(;>ω<)/

イベントが始まる前に伊予隊達に圧倒されちまったオラ達だが、テント張りの会場へ入場し、特攻服に袖を通すと、皆それぞれにアドレナリンが沸き! 生気(せいき)がみなぎって来たようだぁ!

ステージに向かってオラ達、真子隊は左側最後方! 伊予隊は右側最後方!
左右に分かれて応援合戦が始まろうとしているヽ(*`3´)ノ

オラは角刈り君の背中を小突いたぁ!

やりますか?

角刈り君は、念のためオラにそう問うた・・・

オラは頷く(うなづく)

前述の通り、結成38年を迎えた石野真子親衛隊の統制が、満席の会場に響き渡るヽ(*`3´)ノ

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

真子隊の統制3連発・・・ その余韻が収まった数秒後・・・

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
いよちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
いよちゃ〜〜〜〜ん(○`ε´○)

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
いよちゃ〜〜〜〜ん(○`ε´○)

伊予隊が統制3連発で続いた・・・

そして、その後に博子隊が続く・・・

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
ひろこちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
ひろこちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
ひろこちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)


えぇ感じやんか(^O^)
事前にそんな事は全くうちあわせしていないにも関わらず
オラ達、真子隊の統制3連発に続いて、他の隊も絶妙のタイミングでそれに続いてくれたぁ(^O^)
以心伝心・・・ 親衛隊には伝承され通じ合うものがあるんだと感じたぁ(^O^)

統制が一巡したところで、よし! もう一発いくぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
いよちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)

せぇ〜〜〜〜〜〜 のお〜〜〜
ひろこちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)

再びの統制に会場から拍手が起こった(^O^)

そして、14時2分! いよいよアイドルヒットステージの開幕だぁ!

伊代ちゃん、優ちゃん、博子ちゃんがステージに現れたぁ!
@o@; えっ! 三人だけ! 真子さんは???

三人が仲睦まじく(なかむつまじく)MCを始められる・・・

伊代ちゃんは、ひろみさんを逆ナンしたの! と告白され・・・
博子さんはデビューしたての頃は、そこそこ忙しかったけれど、しばらくするとスケジュールが真っ白で、全くお仕事の無い時期があったの(;ω; ) とお話しなさった

賑やかな三人のMCが終わり、いよいよファーストソングだ!
曲目はキョンキョンの「なんてったってアイドル」
本日のオープニングにふさわしい曲だが・・・
真子さん抜きで謡われるのが、オラはとても寂しかった(;ω; )

次曲は「誘惑光線・クラッ!」

続いて優ちゃんがソロで「PASSION」と「「夏色のナンシー」の2曲続けて謡われる・・・

そして・・・ そろそろ真子さんが顔を出して下さる頃かと思うと・・・

三人で「スピード」を謡われ、引き続いて博子さんがソロて゜2曲熱唱され・・・
そんでもって、また三人で1曲謡われ・・・
その後に伊代ちゃんが2曲謡われた・・・

ソロで謡われる場面では、それぞれの親衛隊が血気盛んに応援を繰り返し、色とりどりの紙テープが乱舞している!

とても美しい場面だ・・・

オラ達、真子隊はそれを指をくわえて見ている(;ω; )

しかも! 真子さんの登場に備え、特攻服に身を包み、メガホンと紙テープを握りしめ、開演前からず〜〜〜っとスタンディングしている・・・

そして、スタンディングしながら・・・ 他の親衛隊の応援を遠望しているだけだぁ(;>ω<)/

全く知らぬ人から見れば・・・ あの薬剤師か調理師みたいな特攻服の一団は、なにしに来たんだ???
立ってるだけだぞ! まるでカカシのようだなぁ(笑) そう失笑されても仕方なかろう(;>ω<)/

既に開演から1時間20分が経過している・・・

次こそは真子さんが! この次には! そう思いながらの1時間20分は、オラ達にはとてつもなく辛い時間だったぁ(;ω; )

だが、ようやく! その拷問の様な時間が終わりを告げるヽ(*`3´)ノ

三人が・・・ 私達の先輩! 石野真子さんが来て下さいました〜〜〜と、真子さんを紹介して下さったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

三人に促されステージの下手から、微笑みを称えた真子さんがスタスタと現れたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

┌(;・_・)┘トコトコ ┌(;・_・)┘トコトコ ┌(;・_・)┘トコトコ

そして、純白のタンクトップ、ゴールドのスパンコールで輝くロングスカート姿の真子さんが、下手から現れるや否や! 角刈り君の統制棒が振り上げられ!半弧を描くヽ(*`3´)ノ

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

1時間20分のストレスは、オラ達を熱く燃えたぎる若者へと変貌させていた!
巨大なテント張りの会場に、渾身の統制が響き渡ったぁヽ(*`3´)ノ
もちろん、オラ達だけでなく、お預けを喰らっていた大勢の真子ファンも、オラ達と共に吠えただろう〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

真子さんがステージの中央に歩まれると、耳慣れたイントロが大音量で流れ出す!

真子さんのファーストソングは、デビュー曲「狼」だぁ!

真子さんの歌声に合わせ、全身全霊をもってコールを贈るヽ(*`3´)ノ

そして、力一杯紙テープを投げつけるヽ(*`3´)ノ

もちろんステージまで紙テープは届きはしないが、先程係員さんからステージ裏でスタンバッている真子さんが、モニターを観て、ブルブル震えていると知らされたので・・・

(((( ;゚Д゚))) (((( ;゚Д゚))) (((( ;゚Д゚))) ←想像図

オラ達は右45度に向かって、紙テープを投げる事にしていた

皆! 真子さんに向かって投げちゃいけないよ!
もっと右に向けて投げるんだよぉ!
本人は笑顔で謡ってるけど・・・ブルブルらしいよ!

仲間達が一斉に紙テープを投げつける!
完璧な45度の放物線を描き、最後の一巻きまで(先端)まで伸びきっていくもの・・・
ふらふらと力なく落下するもの・・・
放物線の角度が浅いもの、深いもの・・・
様々な色合いの紙テープが重なり合って宙を舞うヾ(@⌒ー⌒@)ノ
おそらくテレビカメラにも、その光景が美しく収められている筈だぁ(^O^)v

狼がエンディングを迎えると、MCを挟む事無くラ!ラ!ラ!のイントロが流れ出した!

春という字は〜〜〜♪ ゴー(ノ*>□<)ノ
三人の日と書きますぅ〜〜〜♪ マコちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ
あなたと♪ ヘイ(ノ*>□<)ノ  私と♪ ヘイ(ノ*>□<)ノ
そしてぇ〜〜〜 誰のの日ぃ〜〜〜♪ LOVEぃ(ノ*>□<)ノ

真子さんの軽やかな歌声と、オラ達のダミ声のハーモニーが会場に満ちる(^O^)

仲間達と共にコールしているこの瞬間が、オラはたまらなく幸せだぁ(^O^)

いつだって最後列からの応援・・・ 真子さんのお顔を間近で見れる機会なんてほとんどない(;ω; )
しかも周りの客からは迷惑だとか野蛮人だとか言われる(;ω; )

でも、でもだぁ! 声を枯らしコールを贈っていると、真子さんと繋がっていると感じる瞬間がある!

繋がっている?! いや違うかなぁ・・・ 結ばれている?!
う〜〜〜ん、言葉にすることは難しいが、とにかくその瞬間がたまらない(^O^)

即ち言いたい事は・・・ 真子コールは最高だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ
何故なら、真子さんと一体感が感じられるから、最高だってことだぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さてさて・・・ ラ!ラ!ラ!に続き、真子さんは日ストを謡い出された!

オラ達は真子さんと繋がるべく! 懸命にコールし、サビの部分で一斉に紙テープを投げつける!

しかし! ステージの右端或いは、もっと右に紙テープを投げるのだと仲間達は解ってはいるものの・・・
気持ちが高揚しているからだろう・・・ 徐々に狙いがステージのセンター方向に移動している@o@;

届きはしないが、向かって来る紙テープに真子さんはブルブルの筈だぁ(´_`。)

皆! もっと右に(´_`。) 思い切って伊代隊の方角に向かって投げろぅヽ(*`3´)ノ

もしも、伊代隊に紙テープが当たったら、後で乱闘になることは必至だが・・・
ブルブルの真子さんを救う手だては他にねぇんだぁ(;>ω<)/

しかし・・・ オラ達と伊代隊は、ゆうに30メートルは離れていた・・・
勢い良く伊代隊に向けて投げつけても、全く届かなかったぁ(´_`。)
だが! 手前の観客数名が犠牲になったようだぁ・・・(;>ω<)/

まさか真横から、紙テープが飛んで来るとは思わなかったろう・・・
まっことスマネェm(_ _)m

3曲続けてヒットナンバーを、フルコーラスで謡い続けられた真子さん・・・
そろそろMCで一息入れられる頃の筈だが・・・
ステージの左右に設けられて巨大なスピーカーから懐かしい「恋のサマーダンス」の前奏が流れ出した!

爽やかなこの曲目は、オラ達親衛隊の新しいコール練習曲の中に含まれている!
一昨年までは真子さんのアイドル時代の曲目中、狼→ハートまでがコール曲だったのだが、もうちょっと増やしても良かろうヽ(*`3´)ノ
そういう意見があり、真子さんのアイドル時代後半のシングル曲を仲間達と練習を始めているんだぁ(^O^)
そういう訳で、練習を始めてから日が浅いので、まとまりに欠けるというか・・・(´_`。)
練習不足というか・・・(´_`。)
そんな具合なんだが、幸いにして新たなコール練習曲の中では、この「恋サマー」は難易度が最も低い(^O^)
因に・・・ 「彩り」のコールは胸が締め付けられる程、めちゃくちゃカッチョイイが・・・
信じられない程、難易度が高い(;>ω<)/
そもそも音楽の才能に欠けるオラ達だが、カラオケBOXで練習して・・・ 10回に一回ぐらいしか完璧に揃わない(;>ω<)/

良かったぁ・・・ 今日の様にテレビ局が来ているイベントで・・・
他の親衛隊が居並ぶ場面で「彩り」じゃなく「恋サマー」を選曲して下さった真子さんに感謝した!
恥をかかなくてすんだぁ(´_`。)
あんがと真子さん・・・m(_ _)m

軽快なステップを踏みながら、真子さんが「恋サマー」を謡われる!
オラ達も比較的容易なコールで、真子さんとコーラスするヾ(@⌒ー⌒@)ノ
いささかオラ達のダミ声がお聴きぐるしいだろうし、コーラスなのに音程がバラバラで申し訳なく感じる次第だが・・・ まぁ、勘弁しててけろ(^O^)

さぁ! 4曲続けて謡われた真子さん・・・
恋サマーがエンディングを向かえると、スキップするように伊代ちゃん達がステージの下手から現れた!
真子さんを加え、4名でのMCなんだが・・・
((“o(>ω<)o”)) すまねぇ・・・ 全くメモをとって無かった(;>ω<)/

数分のMCが終わると、真子さんはスタスタと袖に向かって歩き出された・・・@o@;

エッ・・・@o@; 真子さん! 出番は終わりですかぁ @o@;

そもそも・・・ 事前に真子さんは4曲だけ・・・ と噂に聞いていたので、もしかすると、真子さんの出番は、ここまでなのかもしんない(;ω; )

とにかく・・・ 真子さんはオラ達の前から姿を消した(;ω; )

気落ちしているオラ達だが、ステージでは伊代ちゃん、優ちゃん、博子ちゃん達が名曲「タッチ」を謡っておられる・・・

オラも真子さんの「タッチ」聴きたかったなぁ〜〜〜(;ω; )

更に気落ちする・・・(;ω; )

続いて・・・ 明菜ちゃんの「飾りじゃないのよ涙は」
もちろん三人が謡う・・・

うっ・・・ ((“o(>ω<)o”)) 
ますます気落ちする・・・(;ω; )

次は・・・ 石川ひとみさんの「まちぶせ」

くぅぅぅぅ・・・((“o(>ω<)o”))
もう帰ろうかと思った・・・(;ω; )

だが! 帰らずにいて良かったぁヽ(*`3´)ノ
真子さんがステージに加わり、4名で「セーラー服と機関銃」を謡って下さったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

し・か・も・・・ 真子さんは衣装替えして下さっている!
それがまた! めちゃくちゃ可愛いヾ(@⌒ー⌒@)ノ

前立てにレースをあしらった、純白の半袖ブラウス!
その胸元にベルベットかなぁ〜? 大きな小豆色のリボン!
膝丈の真紅のプリーツスカート!

女学生ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 或いは・・・ 良家の女子大生ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
って雰囲気だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

皆は、ほう〜〜〜 最後列からよくそこまで観察したな!
管理人も、たまには頑張ってるな!
とオラの事を褒めてくれるに違いないが・・・
パソコンで画像を見つけたので、それを解説しているに過ぎない(´_`。)
そんなもん! 最後列からは・・・ 服のディテールまで解りっこねぇんだぁ(-`Д´-;)!

そんな事はさておき・・・ まるで女子大生のような真子さんが「セーラー服と機関銃」を謡って下さっている!

話は逸れる・・・
ちょい、1ケ月程まえに・・・「セーラー服と火縄銃」という物語を執筆したばっかのオラには、特に感慨深いものがあった(^O^)
物語は尻すぼみに終わって、全く笑えない内容だったが・・・
本当は真子さんの朗読劇「逢いたくて…」に合わせ、戦争の悲惨さ、命の尊さを訴えたかったのだが・・・
言っておく! 誰も! 一度も! ただの一度もだぁ!
レスを付けなかったろう(-`Д´-;)!
そんなんじゃ、やる気も湧かねぇぞぉ(-`Д´-;)!

人格が疑われるので、愚痴は程々にしておこう・・・

ステージでは、真子さんが伸びやかな歌声で「セーラー服」を謡っておられる・・・
派手ではないが、もちろんフリ付きだぁ(^O^)

続いて・・・ 夭逝(ようせい)された、本田美奈子さんの「1986年のマリリン」

パンチの効いた曲を4人が精一杯謡って下さったぁ!

その4人を守り立てようと、あちこちから紙テープが飛び交う!
前列から投げつけるファンもいる・・・@o@;

そして・・・ 次曲が凄かったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

キャンディーズの・・・「ハートのエースが出てこない」

客席のボルテージが上がるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

皆も一度は観た事があろう!
後楽園球場で行われたキャンディーズのファイナルコンサートをヽ(*`3´)ノ
紙テープがステージを埋め尽くし! 紙テープの中を泳いでいるようなランちゃん達を知っていようヽ(*`3´)ノ

これは・・・ 主催者が! 或いはテレビ局が!
紙テープを投じよ! そう促しているとしか考えられない@o@;

し・か・し・・・ 予想に反して、それ程多くの紙テープは舞わなかったぁ
おそらく・・・ 弾切れなんだろう・・・

だが・・・ オラ達は8キロの紙テープを準備しており、まだ半分程残っている・・・
だから勢い良く投げつけたいのだが・・・
先程もまた係員が来て・・・ 真子さんがブルってるので、ご協力をお願いします・・・
そう注意を促されたばっかだ・・・

なので・・・ 気持ちが萎えて(なえて)しまった・・・(;ω; )

「ハートのエース」が終わると、真子さんはじめ4人は大きく手を振り、ステージの下手へハケられた!

お呼びしましょうヽ(*`3´)ノ
アンコールの掛け声が始まったぁ!

アンコール(ノ*>□<)ノ アンコール(ノ*>□<)ノ アンコール(ノ*>□<)ノ

30回ほど連呼しただろうか・・・
4人が再びステージ戻って来られたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

アンコールの曲目は・・・ フィンガー5とキョンキョンの「学園天国」

大きな振り付けで謡い踊られる真子さん達・・・

伊代ちゃん達3人は、以前からユニットを組んでおられるので、この曲に限らず振り付けは万全なのだが・・・
本日ゲスト出演の真子さんだけ・・・ ちょい振り付けが合わない(;ω; )
けれど! そこがまた可愛かったりするヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さぁ! いよいよ終演だぁ!

曲が終わり深々とお辞儀される真子さんに、渾身の統制を贈ろうヽ(*`3´)ノ

角刈り君の右腕が突き上げられ! そして振り下ろされる

せぇ〜〜〜 
のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

せぇ〜〜〜 のお???
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
まこちゃ〜〜〜ん(ノ*>□<)ノ

他の親衛隊も声を枯らして盛んに統制している!

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
いよちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)

せぇ〜〜〜 のお〜〜〜
ひろこちゃ〜〜〜ん(○`ε´○)

時刻は確認しなかったが、おそらく16時過ぎ・・・
70年代、80年代にタイムスリップしたかのような「アイドルヒットステージ」は幕を降ろした

さぁ〜〜〜 命の水しようぜぇ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

コールの後の命の水程! うまいものはないヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子隊15名は駅前の居酒屋に押し寄せたぁ!

乾杯ぃぃぃ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さんの衣装可愛かったね(^O^)
懐かしい曲を真子さんが謡って下さって嬉しかった(^O^)
五十肩が悪化しそうだ(;ω; )

皆それぞれにお喋りし、命の水を胃袋に叩き込んでいると・・・

@o@; にゃんと・・・ 伊代隊の皆さんが団体で挨拶に来られた@o@;

「今日はお世話になりました」

全国隊長さんが丁寧にご挨拶して下さった!

一言挨拶する為に、わざわざオラ達の居場所を探し、皆揃って挨拶に来られるなんて・・・
礼儀正しい伊代隊の皆さん、また、お会いする機会もありましょう・・・
その時までに、オラ達もあなたがたを見習い、ちっとは硬派の道を極めますm(_ _)m


以上 押忍
2016年5月15日 朗読劇・逢いたくて…



5月15日(日)13時 新宿シアターサンモール

出演:真子ちゃん、イッセー尾形、富田 翔


【戦地で生きる支えとなった115通の恋文】

結婚して間もなかった夫に届いた出征の命

ふたりにとってその別れはつらく、さらに妻のお腹には初めての子供が宿っていた

妻は、ほぼ毎日手紙を書き続け、愛する夫の身を案じ離れて暮らす不安や寂しさ

子供の誕生を待ちわびる様子や気持ちが切々と綴られている、

1週間遅れの5月21日・・・PCに向かいレポートを書き始めた。

今日は?21日・・5月の・・もしかして・・

皆さんには何てことない普通の土曜日のはずです。

でも私には特別な日である事に気付きました。

私が真子隊の仲間に入れてもらうきっかけとなった日なのです。

ちょーど1年前の今日21日、心斎橋ジャニスで37年ぶりに生の真子ちゃんに会った日。

あの日の感動から早1年が経ちました。

後日、真子隊に入れてもらい皆さまとお会いする事が出来ました。

長い人生の節目となる1年間でした。

東京は通勤圏内、千葉、米子、福井など・・

真子隊でないと行かないであろう地での握手会やコンサート

いろいろな所に出向き、隊員の皆さま、常連の皆さまと出会い

雑談やイベント終了後の飲み会は本当に楽しい思い出です。

さて、前置きが長くなりましたが・・

朗読劇って何やるの?真子ちゃんに会えるの?歌わへんよなぁ??

??のまま管理人さんの「私、行きま?す!」に

よっしゃ俺も行こ!と、平八に「15日東京や行くぞ!」

平八:「えっ?何しに行くの?」

元:「真子ちゃんの朗読や!」

平八:「朗読って?」

元:「知らん!とにかく管理人さんは行くんや!お供するぞ!」

平八:「えーー俺お金ないわぁ今月は金欠やでぇ」

元:「やかましい!」

元:「お前なぁピアノでしょっちゅう東京行っとるくせに・・」

元:「肝心の真子ちゃんの時に金欠は通用せん!」

元:「とにかく体だけあけとけ!」

てな具合で何もわからないまま「二人行きま?す!」

日もせまった朗読劇二日前、管理人さんからライン・・

「申し訳ありませんが、不幸があり欠席します」

大阪から行くのは俺らだけになってしもた。

まあ最近はイベントで遠征も少ないし、ええかぁと軽い気持ちでいました。

再び管理人さんから・・

「レポートお願いできますか?」

元:「うそ?」

正直「どないしよー」

元:「わかりました!難しいですがやってみます」

以前、ライブレポートを経験した自分は、レポートが大変な事は百も承知。

それも今回は“朗読劇”レポートできるやろか?

管理人さんからのお願いがあるとは思ってもいなかったので

朗読劇前日に平八と飲みに行く約束を入れていました。

結果、4時まで飲んで仮眠後、二日酔い状態で新大阪駅に向かい

平八と合流後、二人とも「ぼっけ??」と、のぞみに飛び乗りました。

元:「眠たいやろ?」

平八:「うん!」

元:「寝るかぁ?」

平八:「ちょっとしてから・・」

平八の「ちょっとしてから・・」て言うのは・・・

なぁ?んの変哲もない新幹線のぞみの車内

何度も新大阪?東京間を行き来するうち

なんか楽しみないかなぁ??

我々二人で行動すれば共通の話題は“女性”

「おぉぉ・・あのコ、可愛いやん!」

「タイプやわぁ?」

「いや?ちょっと背が低いやろ!」

てな感じです、

そんな女性好きな我々ですから・・

のぞみの車内でも・・

「すいませ?ん乗車券の拝見ですぅ」

最近では女性の車掌さんも増え、我々の標的になることもしばしば・・

「どやったぁ?」

「あかん!」

「かわいいけど、化粧濃いわ」

車内改札も終わり、京都を過ぎると・・

やっと寝る?

いやいやまだまだ・・

もうひとつのお楽しみが・・

京都を出発後、名古屋までの約1時間

この間でワゴン販売があります。

お菓子、アイスクリーム、おつまみ等々・・

必ず何かを買います。

ワゴン販売は8割、おねーちゃんです♪

まんが悪く、男のワゴン販売がたまにあります。

男だったら何一つ買いませんから、ちゃっかりしとります。

女性だったらおしゃべりもできます!可愛かったらですが・・

「すみませ?ん♪」

「抹茶のアイスと、ちくわ」

「は〜い!ありがとうございま?す」

「どや?」

「うん、まあまあ可愛いなぁ!愛想もええし」

となると・・

我々は2号車自由席に乗ることが多く最後尾は1号車です。

引き返してくるところを狙い撃ち!

「おい!来たぞ」

今度呼び止める時は・・

「すみませ?ん」じゃなくって

「○○さ?ん」苗字で呼ぶんです。

おねーさんも「どきっ!」

親近感がわき、会話も弾みます。

「チップスター」

「限定のえび味しかありませんが・・」

「えぇぇふつうのないのぉーー」

「はいぃ」

「まあええわ?○○さん可愛いからぁ」

最初に買ったとき、平八は名前を覚えていて

二度目は名指しです。

平八は相手の苗字を覚える事が専売特許のようです。

そんなこんなで、名古屋着

眠い目をこすりながら、退屈なのぞみ車内も、しょーむない事で楽しく過ごせました。

前記の「寝るぅ?」

平八の「ちょっとしてから・・」は

新大阪を出てから約1時間、しょーもない事が済んでから!だったんです。

一仕事終えた二人は

平八は爆睡、私は車内で寝れないので読書

東京までの1時間半を過ごします。

あぁぁぁーーくだらない話し!


【新幹線の車中】

「おい起きーよ」

「どこ?」

「品川や!」」

「もっと早よおこしてーや」

いつも品川で降り、渋谷のライブハウスに通う平八は

慌てて身支度を始めた。

「今日は東京駅や!真子ちゃんやぞ!」

「あっそやった!」

東京から丸ノ内線で新宿御苑前駅へ向かった。

駅から徒歩5分ぐらいで新宿サンモールに着いた。

「結構女性のお客さんが多いなぁ」と感じた。

すでに入場は始まっている、

足早に階段を降り、場内入り口付近でやっと常連さんの姿を発見した。

常連さんに挨拶を済ませ中に入った。

角刈りさん、ミモザさんに

「あっ!こっちこっち」と案内され

「おはようございま?す遅くなって申し訳ありません!」

座席は前列右端だった。

とりあえず着席し、周りを見渡した。

7割ほどが既に着席され開演を待っていた。

縦16×横16座席は全部で256席

やっぱり女性が多い

わりとキッチリした服装の方が多い

年齢層は30歳?60歳ぐらいかなぁ?

え〇かさんが一番お若いのでは?と、私は思った。

そうこうするうちに、間もなく開演

朗読劇が初体験の私は

壇上に置かれた椅子3つと机1つ、スクリーンがあるだけの光景に

不思議な気持ちで出演者の出番を待った。

場内が薄暗くなり、静まった場内に

出演者の富田 翔さんの足音が響きわたった。

向かって左の椅子に着席後、

はっきりとした口調で、いきなり朗読が始まった。

2?3分して、出演者のイッセー尾形さんが真ん中の椅子に着席

とても迫力ある朗読だなぁと感じた。

さあ次はいよいよ真子ちゃんの登場♪

でもなかなか出て来ません。

二人っきりの朗読が淡々と続いた。

20分ぐらいしたからでしょうか・・

静かな足音・・真子ちゃんです。

少し場内がざわついた。

「おぉぉ真子ちゃんや?」

いつも見るステージ衣装とは違う、白のブラウスに黒のスカート

黒のハイヒールと黒のメガネ、シックにまとめた衣装

スッと背筋の伸びた姿勢で右の椅子に着席した。

私は、衣装の確認を角刈りさん、ミモザさん、平八に

「白のブラウスやなぁ?」

「スカートは紺か?黒か?」

平八:「黒やわ!」

前席の女性が一度振り返る・・・

元:「靴も黒か?」

平八:「見えへんけど多分・・」

角刈りさん:「黒の靴です!」

ミモザさん:「ハイヒール!」

前席女性が・・・

「静かにしてください!!」

「すみませ?ん」

映画と違い、画像もなければ字幕もない

朗読劇て、出演者の“声”だけですから

より以上の緊張感を持たないといけない!と感じました。

開演から約40分

出演者は真子ちゃん一人になり

ぽつ?んと、一つ置かれた机に向い着席

ひとりだけで朗読が始まり私たちは集中した。

か細く弱弱しい口調・・

演出的に真子ちゃんは合っていると思った。

真子ちゃんひとりだけでの朗読が約10分

再び3人での朗読が始まった。

ふと・・左横を見た

「寝とるやないかぁーー!」

13:58 「平八寝る」

「おなえなぁー真子ちゃんが一生懸命、本読んでるのに!」

「すいませーん」

「朝まで飲んで飛び乗ったけど、二時間ほど寝たやろ!」

「起きとけよ!」

前席の女性がチラチラ・・・

「しぃーーー」

購読も後半に入り

私たちは出演者3人に集中した

“115通の恋文“” より一部抜粋

愛しくて 愛しくて 淋しくて 淋しくて

時代が日中戦争から太平洋戦争へと向かう頃

戦地の夫へ手紙を送り続けたひとりの妻(山田しづゑ=真子ちゃん)

お腹に宿した第一子、不安でいっぱいの気持ち

それは今の時代の“メール”では決して伝わらない

色あせた手紙の文字の “筆圧”や“乱れよう”から、しづゑの心情を感じ取れる。

軍人の妻として強くあらねば、という精神状態が筆跡に表われている。

冬・・忘れられぬ夫様へ ひとりぼっちのしづゑ

春・・戦地へ妻からの手紙がなかなか届かない不安の募るなかしづゑはママになりました

夏・・戦況は激しさを増し、手紙も思うように届かない。夫への不安は増す。

秋・・不安でたまらない気持ちを鎮めていた便箋には乱れた小さな文字

四章からなる恋文

大好きなパパ様に・・やさしい夫様に・・なつかしいお父様に・・愛するお父ちゃんへ・・

しづゑの気持ちが筆跡からわかる

最後にスクリーンに映し出されるテロップで・・

夫(山田藤栄)は極限の状況を生き延び1946年に復員

福井県に住む家族の元に帰ってきた

「戦争をして幸せになる人なんて誰もいないんだよ」

「戦争は不幸しか生まれない」

「戦争だけは、絶対にやっちゃいけない」

喜久代(山田藤栄・しづゑ夫妻の長女)の言葉に

私も共感した。

出演者3人が手をつないで挨拶に出てこられ終演

あっという間の2時間

朗読・・とは

最初は正直

「眠いやろなぁ?」

「本読みやろ?」

「理解でけへんでぇ?」

「レポートなんて無理無理」

でもでも・・

手紙なんてほとんど書かない昨今

あえて、文字に触れ

文章を“打つ”のではなく“書く”努力をしようと思った。

書いて好きな女性に伝えてみよう・・

なかなか出来ないでしょうが

メールでは伝わらない何かが伝わればいいかなぁ・・・

やっぱり最後は女性です

難しいことはレポートできませんね

くだらない話しにお付き合いくださり有難うございました。

あぁ難しかったぁーー

でも何とかできた!かな?


おわり
2016年4月2日 Mako`s Cafe 大阪 vol-3



春爛漫!
レジャーシートにお弁当、春の香りに誘われて、向かった先は大阪城公園!(^○^)
今回のレポートはシュウが担当させて頂きます、よろしくお願い致します!
大阪カフェが開催される当日、親衛隊の仲間たちで小規模なお花見が模様された。
開催場所は大阪城・西の丸庭園、既に庭園の桜は満開で見頃の時期を迎えている。
旬の桜を求め大勢の花見客が庭園いっぱいに広がり満開の桜を楽しんでいる、そんな中、私たちは大阪城が一望出来る、お堀サイドに場所を取り小宴会がスタートした。

カフェで真子さんにお渡しするお花は桜の花束で決まりやねっ!(^○^)
等と、たわいも無い話で盛り上がり、私たちは数時間後に訪れる至福の時を心待ちに、命の水で身体を満たし旬の桜を堪能した。
お花見を存分に楽しんだ私たちは一路大阪カフェが開催される会場へと向かった・・
イベント会場に向かう途中には、いくつものお花見スポットが有る・・
せっかくだから皆んなでお花を見ながらカフェまで歩こうー♪(^○^)
と言う提案の元、花見会場からカフェまでの道のりを徒歩で移動する事となった・・
しかし大阪城をスタートしたのが13時30分を過ぎた頃、どう考えても受付時刻には間に合いそうにない・・
カフェまで歩けば1時間は優に掛かるだろう・・
少し足を進ませ造幣局の辺りまで歩いた所で予定を変更、やはりこのままではカフェの受付時刻に間に合う筈も無く、徒歩によるお花見は僅か10分程で終了し急遽タクシーで会場に向かう事になった。(^○^)v
タクシーに乗り込み会場に到着したのは、開場時間(14時)ギリギリの13時50分を過ぎていた・・
その頃には既にカフェの前は大勢の真子ファンで溢れ、ファンの方々は楽しげな表情で開演の時を待たれていた、そして常連のたっちゃんや親衛隊のレディース達とも合流し無事に整理券を手にする事が出来た。
そして、私たち親衛隊7名は数分後に訪れる夢のひと時を心待ちに列に加わった。

列に並ぶと直ぐに開場時間となり番号の若い方から順に入場が始まった、大阪会場の菩提樹カフェは今回で3度目の開催だ、だから座席の配置などカフェ内の様子も良く分かり、スムーズに着席する事が出来た。
いつも思うことだが菩提樹カフェは、こじんまりして木の温もりを感じるとても雰囲気の良いカフェだ!
収容人数も50名程と少なく隠れ家的な感じがまた良い、なんといっても最後尾でも真子さんの立たれるステージまでは5mも無いくらいだ!( ´ ▽ ` )ノ

カフェの片隅に置かれた会議用テーブルの上にはMako's caf祉Iリジナル限定グッズが整然と並べられ、テーブルの前は記念グッズをゲットしようとファンの方々でいっぱいだ、よく見ると親衛隊の仲間たちも何やら記念グッズを物色中のようである、ふと時計を見ると開店時間の10分前で、カフェのオープンが迫るなか急いで物販コーナーへと向かい真っ赤なタオルを1枚ゲットした( ´ ▽ ` )ノ

今回のカフェはワンドリンク制で料理の提供は有りません!と、Mako mixのインフォメーションにも掲載されていましたが、入店の際にドリンク引換券と一緒に特製サンドイッチを頂きました。
各々がドリンクを片手に着席し、先ほど頂いた菩提樹カフェオリジナルカツサンドを口にほおばりながら真子店長の登場を待ちます。

しばらくすると、司会の春日三球さん(笑)元へ、藤沢一義さんが登場されカフェでの注意事項や記念撮影の流れなどの説明を始められます。
14時30分になり、藤沢さんからcaf祉Iープンの第一声が会場内を響きます。

司会
お待たせ致しました、Mako's caf至J店の時間がやってきました!!

注意事項を話されていた時とは全く違う声量でテンションも上げ上げです、流石にプロですね素晴らしい!
余談ですが、親衛隊の仲間からお聞きしたのですが、司会の藤沢さんは、ものまねタレントのコロッケさんのものまねコンサートやテレビでも司会をされている名の知れた方のようです。

司会
皆さん、コールや手拍子で盛り上がって下さいね!
それではMako's caf雌X長さんをお呼びしたいと思います!
石野真子さんですーー

真子さんは、「KISS KISS KISS」のメロディーに乗り登場されます、客席からは拍手と真子ちゃんコールがおこり、私たちも各々が真子ちゃんコール(統制をしなかった事を後で後悔・・)で真子さんをお出迎えです。
先に今日の真子さんの衣装を紹介します、Mako mixのブログ3月16日に公開された春らしい爽やかな衣装、イオン銚子のインストアライブや東京caf獅フ1部で披露されたお衣装です。
ピンク色のヒールが可愛いですね!♪( ´▽`)

「KISS KISS KISS」のメロディーに手拍子で合わせ応援です。

司会
真子さんから皆さんにご挨拶をお願いします。

真子さん
ようこそ菩提樹カフェへいらして下さいましたーー
楽しい時間を皆さんと一緒にゆるゆるゆるとやって行きましょー
東京を出るときは朝から雨で、こっちはよく晴れてよかった!!
(もっと沢山お話をされましたが、速記方でも習得しない限りペンが追いついて行きません・・(泣))

司会
まずはこのコーナーからスタートです!
早い者勝ちイントロドーーーーン!!

イントロドンのテーマソングが流れ、ハイ!ハイ!ハイ!と皆さんが曲に反応、私はメモを取るのに必死でテーマソングさえ聴き逃してしまうありさまです、自分のイントロクイズの結末を悟りました・・orz
そんな盛り上がりを見せる中、初めに藤沢さんから正解者へ送られる景品の説明がありイントロドンがスタートした。

最初に流れたのは「ハートで勝負」のイントロです。
すかさず曲に反応したのが、我らが仲間のひさぴょんです、流石ひさぴょん!
ひさぴょんが大声で吠えた!春ラララーーーー♪と・・しかしお手つき回答・・・orz
ひさぴょんには頭が下がる、東京人が大阪のノリでボケるあたりが、ええ腕してますわ!(^○^)
場を盛り上げて頂いたひさぴょんに感謝しつつ2問目に入ります。

2問目は、「ひとり娘」のイントロが流れ、またまた親衛隊から智惠ママさんと後方から男性の方が同時に手を挙げられジャンケンをする事になりますが、 智惠ママさんが見事に撃沈・・・
四国の男性の方がサインをゲットされました。

3曲目は、「コートダジュールで」のイントロが流れます。
ハイ!と大きな声で反応したのは我らが智惠ママさん!流石です2問続けて正解です!
壇上で真子さんにサインをいただき良かったですね♪
今年はお名前のスペル、間違われなかったかな?

4曲目は、「Smile For Tears」のイントロが流れます。
神戸からお越しになられた、まこちゃんだいすきさんが正解されサインをゲットされました。
5曲目は、「インスピレーション」のイントロが流れ、大阪からお越しの女性の方が正解されました。
6局目は、「青春メモリー」のイントロが流れ、広島からお越しの男性の方が正解されました。
7曲目は、「ママの日記帳」のイントロが流れます。
岐阜からお越しになられた、ぎふっこさんがサインを見事にゲットされました。
8曲目は、「Im on vacation」のイントロが流れ、大阪の男性の方がサインをゲットされました。

早い者勝ちイントロドンのコーナーでは、7名の方が幸運をゲットされイントロクイズは終了しました。

そして次は真子さんへの質問コーナーと続きます。

ステージ上の小さなテーブルに質問箱が用意されました。
私たちが前もって書いておいた真子さんへの質問を、真子さんにお答え頂くQ&Aのコーナーが始まります。

藤沢さんから、真子さんに1枚選んでくださいと声が掛かります。
真子さんが、私を見つめ・・いや天を見つめ箱の中に手を入れられゴソゴソゴソとスタートです。

Q,1
中四国方面のインストアライブのご予定は?
A,1
無いんですよー九州行きたいなぁーー
予定はたってないので、決まったらMako mixでお知らせしますねぇー
ドラマの撮影が有ったりで、スケジュールが1ヶ月単位で押さえられてしまうので・・

二つ目の質問は、我らが親衛隊、コールの先生ことマロンさんからの質問です♪
Q,2
真子さんの得意なものまねは有りますか?ご披露下さい!
A,2
真子さんが、いきなり、{♪おっかのうえー♪ひーなげしのー♪はーなでーー♪}とアグネス・チャンさんの「ひなげしの花」をご披露され、真子さんのレアなものまねをライブで聴かせて頂けただけで私は幸せです♪( ´▽`)

司会の藤沢さんに促され、マロンさんが真子さんに桜田淳子さんの「夏にご用心」をリクエストされます。
真子さんは、{♪なつ?は♪こころのカギーをー♪あまーくするはー♪ごようじんーー♪}と少し鼻にかかったお声で歌って頂けました、真子さんお疲れのところ2曲もありがとうございましたm(_ _)m

そして、真子さんのものまねが終わるや否や、どんなふうにすれば似るのですか?
とマロンさんが、またまた質問・・
その質問に、食いついたのが藤沢さんです、マロンさんが藤沢さんのエスコートでステージ上に案内され、真子さんにものまね指南を受けることに・・
マロンさんが真子さんに鼻を意識するんですか?と質問するとマロンさんからの質問攻めに真子さんはたじたじのご様子で、終止照れくさそうにされていました・・(笑)
完全にマロンさんのペースです・・(爆)

藤沢さんがマロンさん自身に、ものまねをするよう促すとマロンさんは「夏にご用心」と「狼なんか怖くない」のものまねをご本人の前で堂々と披露され、マロンさんの肝っ玉の大きさには脱帽しました・・
さすがレディース○○○組!やね(;´∀`)

真子さんからは、きれいな声と褒められて気を良くしたであろうマロンさんに、藤沢さんから最後に一言、ご本人の前でものまねが出来るのは、ものまね芸人ぐらいのものですよ!と・・(≧▽≦)


Q,3
デビュー当時の秘話を聞かせて下さい!
スター誕生の結果待ちのときの心境は?
A,3
正確には覚えてないんですよ・・?
ドキドキしながら待っていたような・・?
大丈夫!合格するっ!と思ってたんじゃないかなぁー?

Q,4
真子さんがよく着ている洋服のブランドは?
A,4
プラダとかは上品で大好きだし、ユニクロと何かを合わせて着るときもあります♪
ブランドには拘らないですー
ピンクの靴は、たまたま青山のプラダショップに有ったのを買いました♪
(質問をされたマオさんは、真子さんと同じピンクの靴をご購入に行かれたそうですが、青山店でしか扱わないオーダー品だと知り購入を諦められたそうです・・(;_;))

Q,5
お肌のお手入れや、健康に気をつけていることは?
A,5
エステは3ヶ月に1回とか決まってないですぅ
行くとリラックスできるかなー
体型は、たまにハイヒールを履くことが大事よ!
人に見られていることを意識していますー
あまり神経質にならないことかも知れませんね!

Q,6
あれから玉ねぎは水にさらさずに食べてますか?
(先日放送された、“中居正広のミになる図書館”で話されていましたね)
A,6
石坂浩二さんにダメだと言われまして・・
最近いいの見つけました、サラダ玉ねぎと言って真っ白な玉ねぎで水にさらさなくても苦くないんです。
栄養分がたっぷりなんですぅー♪

実際には真子さんは、ここに書いた何倍何十倍とお話になられましたが、書き留めるのはこれが限度でした・・m(_ _)m

そして質問トークコーナーが終了し最後のイベント、リクエストライブが始まります♪

司会
ステージでは最後のイベントになりました、リクエストライブですーー
真子さんとジャンケンをして勝った方に曲を選んで頂き、真子さんに歌って頂くというコーナーです♪
最初はグーからですよー

最初はグー!ジャンケンポン!!

1回目のジャンケン
パーで勝利したのは、マロンさん
先ほどの質問コーナーといい、今回のジャンケン大会といい、マロンさん今日はついてますねー♪
そして今回一つ目のリクエスト曲は「悲しきエンゼルス」です。

歌詞カードが見つからないトラブルで2?3分は経ったでしょうか、ようやくカードが見つかり真子さんがキーの高さも物ともせず、最後まで歌い切られました。
真子さんは、なんとか歌えたよーと笑顔です♪

2回目のジャンケン
グーで勝利されたのは、四国からお見えになられた、ひろにゃーんさんです。
ひろにゃーんさんがリクエストされた曲は「ハイスクール・クイーン」です。
真子さんは曲を歌いきり満足そうに、良い歌だーーとおっしゃいました♪

3回目のジャンケン
パーで勝利されたのは、男性の方で「金木犀の香る頃」をリクエストされました。
会場の方全員、大きな手拍子で真子さんを応援しました。

4回目のジャンケン
グーを出されたお二人が最後に残りましたが、3回目に金木犀をリクエストされた男性が相手の方にリクエストの権利を譲られました。
そして相手の男性が「狼なんか怖くない」をリクエストされました。

「狼なんか怖くない」をリクエストして頂いた男性に感謝です♪( ´▽`)
いよいよ私たちの出番がやって参りました、思いっきりコールをさせて頂きますねーー♪

マロンさんの統制で、せぇーーのーー! まっこちゃーーーん!!
今日最後の曲を手拍子とコールで応援しました。
真子さんが狼を歌い終わると、
せぇーーのーー! まっこちゃーーーん!!と統制一発が入ります。

真子さん
ありがとうございますぅー

最後の曲を歌いきり真子さんの目に涙が・・
私達とお別れするのがそんなに寂しいの?・・(;_;)

真子さん
直ぐ鼻が赤くなるでしょ、デビュー曲を歌うと切ないような暖かいような不思議な気持ちになります。

真子さんの涙が止まりません・・(;_;)

続いて真子さんが出演されるドラマなど、テレビ番組の紹介をされ、その後ツーショット撮影会に移ります。

最後尾の列から順にツーショット撮影に入り、いよいよ私の番が回って来ました。
ですが緊張のあまり何をお話ししたか定かではありません・・(笑)

そして憧れの真子さんとのツーショット撮影を終え今日のイベントは終了しました。
2016年3月21日 イオンモール銚子・インストアライブ



今回は久々にワッスムがレポートを担当します。

東京は下北沢でのファンイベント二部が終わり、真子さんとのツーショット写真を仲間や常連さんたちと見せあいながら、本日二回目の磯丸水産で打ち上げをした場面から、レポートのひさぴょんさんからバトンタッチしてスタートです!(ひさぴょんさんのレポートは大阪が終了までのお楽しみです)

今日の真子さんとのツーショットのために、ワンピースのすらっとしたボディラインを魅せてお美しくお召しのアキココさん(角刈りさんはトカゲと言ってたが)、ヒラヒラのスカートで春らしく可愛いらしい感じのマロンさんのお二人は今夜夜行バスで帰る予定でした。
ミモザさんがエロい目付きでアキココさんとマロンさんにすり寄っ て、バスの時間も近づく中、お二人を必死に口説くと
ついに給食のおばさん(失礼!)アキココさんとマロンさんは急遽(ミモザさんの部屋で?)お泊まりして、銚子イオンのイベントへ参加することに。

と言うことでブーちゃんさんのお車にボギーさん(お二人も下北沢へお泊まり)アキココさんとマロンさんコンパさんのお車に角刈りさん、ミモザさんと私ワッスムで 新橋駅前で朝7時半に集合して、少し小雨降るの肌寒い中予定通り出発しました。
運転のコンパさんやブーちゃんさんには朝早くから感謝の気持ちで頭がさがります。

新橋から千葉県銚子は100キロあり約2時間半の長い道のりです。
いつの間にか雨もやみ朝焼けの都心を高速で抜けて、成田を通って銚子を目指します。
途中サービスエリアで、アキココさんにピーナッツ最中の差し入れをいただきました。
(角刈りさんはトカゲの餌と言ってましたが・・・)とっても美味しかったです。
真子さんの笑顔を見るためにみんな仲良く楽しい道のりです。
利根川を渡って、茨城県は鹿嶋に入ると広くてどこまでもまっすぐな道を突き進みました。
途中、20機以上の風力発電の風車を横目にようやく 銚子イオンに到着。
会場のイルカの広場に行くと、吉田センパイと平八郎さんがいらっしゃり、昨晩もご一緒だったゴロツカ先生、たっちゃん、てっちゃん、エリカ様やファンイベントでイントロクイズも質問もゲットした地元のさっちゃんなど常連さんたちと、少し遅れてタッチさんも合流しました。
まだ時間は10時前でしたが約100人分の席はすでに無く、お昼ごはんをモール内のレストランでみんなと一緒に食事して会場に戻ると、席の周りに立ち見の方であふれんばかりの約300人くらいに膨れあがっていて、慌ててステージに向かって左後方へ陣取りました。

書き忘れましたが、昭和アイドル70’sプロマイドランキングとして

1970年から1979年までベスト10のスタープロマイドが展示してあるコーナーがあり仲間たちと見に行きました。

プロマイドは大正10年に浅草で操業したマルベル堂が販売したもので、語源は印画紙そのものを ブ ロマイドと言い、俳優やアイドルなどのスター写真を販売目的で撮影したものを プ ロマイドという造語で呼ぶようになったそうです。

我らが真子さんのランキング1位は残念ながらなかったものの2位が2回ありました。真子さんのプロマイドもそうですが、みなさん手や指を顔にあててポーズをとっていて、年代によってそのポーズにも流行があるのか白黒の写真とポーズに昭和の匂いがします。

お若いエリカ様はしきりに周りのオヤジたちにこの人誰?と質問攻めして世代の違いを感じました。

12時になり、いつものようにご本人によるリハーサルかと見れば、しあわせのレシピの伴奏に合わせ、マネージャーのK氏によるテストテストと言いながら、だんだんとハミングでメロディーにシンクロさせます。

としている間に伴奏がフェードアウトしたとたん、会場からアンコールの声が・・・

当然アンコールはありませんが、いつになくKさんかっこよかったです。

後で聞きましたが、真子さんは渋滞などでイベント開始前ギリギリの会場入りだったそうです。

そうしている間にイルカ広場は人の立つ隙間もないくらいの超満員で2階の丸い吹き抜けにも何十もの列になり大盛況の中、真子さんの登場を待ちます。

13時ちょうど「石野真子さんでーす!」とアナウンスがあり真子さんの姿が見えるやいなや

せーのー “まこちゃーん” 統制2発!!

服装は白いブラウスにピンクとネイビーのチェックのスカート、銀色のイヤリングに靴は先日さっちゃんに好きな色を真子さんが質問されて答えたピンク色。

そうそう、3月16日のブログと同じでしたね。

春らしい、明るくて少し涼しげでとっても素敵な真子さんは、満面の笑みでご登場されました。

インストアライブ1部の始まりです。

しあわせのレシピ(1曲目)をリズムカルに歌われる真子さんの笑顔にうっとりする間もなく、歌が終わると渾身の統制一発

せーのー “まこちゃーん”
統制で会場のお客さんがどよめきました。

「久々に銚子に来ました。車で3時間よ。」
おしゃべりされる真子さんがスピーカーに隠れてよく見えません・・・

春ラ・ラ・ラ(2曲目)
来ました来ました。本日最初のコールを満員の皆さんに届けます!

会場に春ラ・ラ・ラのレコードジャケットを持ってきている方を真子さんが見つけて
「当時は中学生?・・・小学生!」と真子さんが驚かれていました。

そして 恋のジョギング(3曲目)なんとなんとレコードジャケットのB面の曲。
恐れ入りました。春の曲2本立てです。

「昨日ファンクラブの会合? なんて言うの・・・? 楽しい日を過ごしました」
真子さんと会合できるなら毎日でもしたいと皆さんは思ったことでしょう。

そうなんです。下北沢から銚子と2日連続で真子さんとお逢いできるなんて、なんという幸せ。
真子さんとのツーショットの写真、ネーム入れの裏に入れて首にかけてますよ!

笑顔の花(4曲目)
ドラマ お迎えです。にご出演の話で、コミックの原作にはない家族の部分が描かれているなどのご説明になりました。

私はオレンジ(5曲目)谷山浩子さんの作品で「イカルスの子守歌」「待ちぼうけ」それとしあわせのレシピに入っている「Cafe Memories」もそうです。大好きな歌ですが、今日はコールして盛り上がれる曲を期待しちゃいます。

せーのー “まこちゃーん”統制のあとにアンコールして
(アンコール)は狼なんか怖くない

会場のお客さんの手拍子に負けないように、力をこめてコールしました。

「CD連れて帰ってね」真子さんがそう言って恒例の握手会が始まります。

昨日のツーショットではほとんどお話しできなかったので、気合が入りましたが、真子さんの前では舞い上がってしまいました。

家族のご機嫌を取って(真子さんの)イベントへ行けるように、娘の高校入学お祝いに東京バナナを買って帰ります・・・とどうでもいいような話しかできませんでした。

そして2部へと続きます。

インストアライブ2部で石野真子さんでーす!と紹介されると

日曜日はストレンジャー(1曲目)のイントロで、コール全開!絶好調。

1部と同じくらい人で膨れ上がったイルカ広場の会場は手拍子とコールで大盛況です。

真子さんの服装はラベンダー系色のワンピースにネイビー色のカーディガンで、
真子さんに優しく癒される感じでした。

旅に出よう(2曲目)
笑顔で軽やかに歌われる真子さんの歌声が会場いっぱいに広がります。

「素敵な場所に靴が連れて行ってくれる。新しい靴を買うと気分が上がるから、ぜひ新しい靴買って・・・」

私たちは銚子のように、いつも真子さんが素敵な場所に連れて行ってもらってます。

フレンド(3曲目)
下北沢での質問コーナーでは読まれませんでしたが、ご自身の曲で好きな歌はと聞いていればおそらく
「金木犀の香る頃」「フレンド」はよく歌われるので間違いないと思います。
でもみんな素敵な曲ばかりで真子さんにしかわかりませんね!

空にカンバス(4曲目)
真子さんのファンならばたまらないレアな歌です。私も大好きな歌なのですが、ここは下北沢(ホーム)ではなく
銚子(アウェイ)なので、親衛隊を活用していただきたかったな?と・・・
でも癒されるとってもいい歌ですね。

今日は来てくれてありがとうございました
歌を通じてふれあうことは、うれしくて、銚子に来て良かったなと思ってます
歌はずっと続けていきます

NHKののP@でものすーイ?く(かなりーキ?く)いやな女やってます。5話6話を見て。
ライブもぼちぼちやってるので来てね。

そして最後の曲とつぶやきながら真子さんが悩んで楽譜をめくっていると

私の前の吉田センパイが「ドン」と大きく叫ばれました。
スタッフも慌てた様子で、カラオケが無いみたいなジェスチャーで結局あるあるになり
みんなで飛ぶぞ わたしの首領(5曲目)

全力コール、ジャンプは真子さんとシンクロ
吉田センパイが時々振り向いてニコニコしています。

真子さんと会場のお客さん、真子隊のコールで盛り上がりはピークに!

渾身の統制2発 せーのー “まこちゃーん” せーのー “まこちゃーん”

そしてアンコールへ
真子さんがチョイスした曲は ハートで勝負(アンコール)

イントロから”I・S・H・I・N・O MAKO” 2日間のイベント最後のコールです。

今回は会場が狭いのでメガホンは使用しないで行こうと決めましたが
メガホンなしでもコールはイルカ広場に響き渡り、真子さんを応援します。

せーのー “まこちゃーん”

下北沢から銚子へと続いた真子さんのイベントは終了しました。

でもインストアライブ CDへのサインと握手があります
CDはお小遣いも少ないので「へっちゃら」2枚
アキココさんはPANDORAのDVD・・・リッチです
ゴロツカ先生はすでに23平八郎と言ってたので今日で25平八郎かな?

真子さんに2日間のご挨拶をして、ツーショットの写真のお礼をしました。

ところで、この握手会で真子さんの横に立っていた男性スタッフ 誰なんでしょうね
なかなかかっこよくて感じのいい方でしたよ

銚子へ車で来た私たちは、千葉駅で打ち上げするために
JRでお帰りの吉田センパイ、平八郎さんとお別れして

コンパさんのお車にミモザさんと私ワッスムとタッチさん
ブーちゃんさんのお車にボギーさんとアキココさん、マロンさん、角刈りさん
楽しかった銚子イオンをあとにしました。

千葉東インター手前、あ2〜3kmで渋滞に巻き込まれました
真子さんもブログで渋滞だったとおっしゃっていたので、
渋滞だけど一緒にいたんだな?と少しうれしかったりしてます。

コンパさん、ブーちゃんさん、ボギーさんとは千葉駅前でお別れです。
お疲れのあとの運転、大渋滞の中でのお帰り、本当にお世話になりました。

千葉駅すぐの居酒屋で角刈りさん、ミモザさん、タッチさん、アキココさん、マロンさんと打ち上げです。

カンパーイ!2日間のイベントを締めくくります。

ミモザさんがアキココさんに荷物忘れてへんやろうな!とか
角刈りさんがアキココさんのコートの後ろのひもがトカゲのシッポだとか
真子さんよりもアキココさんが大人気のうちに、打ち上げも終わり
みんなそれぞれの家路へとお別れしました。
2016年3月20日 Mako`s Cafe 東京 vol-3 2部



お彼岸真っ只中の3月20日
こんな日にイベントとは、何を考えているのか?Mako MIX
我が家のご先祖様が泣いているでは無いか・・・
と、思いながらもツーショット撮影を楽しみにしてウキウキする私(汗)
東京の田舎方面より吉祥寺で乗り換え井の頭線へ
下北沢へ着き会場を確認し辺りをブラブラ
一部が終わり顔見知りの方々が恍惚の表情で次々と出て来ます
しばし色々な方々と挨拶を交わし整理券の配布を待ちます
かなり後ろの整理券を頂き親衛隊のメンバーと合流し二部を待ちます
時間になり会場入口から並び最後尾付近の私は会場裏辺りに並びました
地下の会場へ降りると雰囲気や大きさは神戸のチキンジョージに似ている感じです
若干天井は低めで、パイプ椅子が横16縦6で7と8列は約半数の8位
なので16×7≒112?115席有ります
一部はほぼ満席とか、二部は若干空いていたので90名位でしょうか?
入口で頂いたドリンク引換券代わりの小さな缶バッジをドリンクと引き換え、物販コーナーで物販品を見てると物販のお兄さんが全て(3品セット)で買うたとポストカード付けますよと悪魔の囁き
トートバッグは要らないのだが・・・
悪魔の囁きに負けて「セットでお願いします!」と言っている私(涙)
さあ、そんな事をしていると18時31分になりました
第二部スタートです
聞き慣れたMy Friend 旅に出よう が流れます
もう、コレはライブの始まりと一緒です
角刈りさんの「せーの」の合図で「真子ちゃーーーん」と統制一発
歌を歌っている真子さんはテレビで見るドラマ真子さんとやっぱ違うんですよねぇー
さてさて、お衣装ですが・・・
何か柄のワンピースに上に黒のカーディガン・・・(暗くて最後尾からはちょっと良くわかりません)(涙)
歌い終わると統制一発
そして真子さんのご挨拶から始まります

えー、ここでちょっと皆様にお知らせ
普段真子さんの御言葉を参加出来なかった方々の為になるべく多くの文章を書くのが私のレポートのスタイルなのですが・・・
暗さと手の不調により今回は要約した半分位のメモしか取れなかったので一応ご報告です

皆さん今晩はー(今晩はーと会場)
さあレポーターにとって地獄のMCタイムに突入です
(ここで司会の方もステージへ)
一部が終わり第二部と言う事で始まりました(ワァーと歓声と拍手)
一年振りのファンクラブイベントと言う事になりますが・・・
晴れてて良かったぁーーー(会場笑い声)
今年も最後までヨロシクね(凄まじい拍手)
今年は諸々の関係上此方の場所で東京は開催、二部に分けて行う事になりまして・・・
ちょっと高い上から目線でゴメンねぇ
でも、この何時もと違う雰囲気を楽しんでね
と、ご挨拶が終わりました
初っぱなからライブと間違えるMy Friendからの入り中々真子さんやってくれます!

18時40分
イントロクイズが今年も始まりました
司会の藤沢さんの声は私にはどう聞いても地下鉄漫才の春日三球・照代の三球さんに思えてしまってどうにもこうにも・・・
皆様声が似てませんか?
確か第1回の時の司会も藤沢さんでしたね
さあ、ココでは省略致しますがイントロ・ドンのコールのやり方の説明が有り景品のノートの説明が有りました
そして第1問がスピーカーより流れます
タッ、タタ、タタタタ、と第1問はコレじゃないと噂していた「春ラ!ラ!ラ!」のイントロが流れます
皆様一斉に「ハーイ!」と手が上がります
コレは多いので真子さんとジャンケンになりました
何を真子さんが出したのか?本来ならば詳細に書きたい所では有りますがいかんせん即真子さんに負けてしまうのでガッカリして何を出したか書くのを忘れてしばし呆然
◯◯さんとノートにその場で真子さんがサインを書いて贈呈
イントロ・ドンのコールの後に次のイントロが流れます
すると何と指名は何と親衛隊の給食おばさん事アキココさんです
昨年の大阪で答えられなかったのがきっと悔しかったのでしょう!鬼気迫る勢いに真子さん圧倒されてご指名になったのだろうと最後尾の私は考えておりました
イントロの答えは「完全試合」見事正解!
ノートに書くお名前を普段はパッと素早い行動力のアキココさんが何とも優柔不断で中々決められないでいると角刈りさんやミモザ校長からヤジが入ります
アキココさんの表情は私からはわかりませんがきっと物凄くてそれを見た真子さんが慌てて「コラッ!」と制止したのだろうと推察しましたがアキココさんは打ち上げの時に「真子さんが私の為に怒ってくれたのーーー!」とちゃんとレポートに書いといてよぉと言われました
どちらが真実かはコレを読んだ皆様の胸の中でお考え下さいませ(汗)
さあ、次のイントロが流れます
真ん中辺りで手が上がります
答えは「きらめく季節」見事正解!
ただ、どうしたのでしょうか?正解なのに御辞退です
第1部で当たったのでしょうか?
さて、イントロクイズですがまだまだ続きますよぉ
次のイントロが流れます男性が「バイ・バイ・ミス・ロンリー」と答え正解!
本当に今回はイントロ・ドンが続きますねぇ
次のイントロは元キャバクラ王子(今は何王子でしょうか?)が
彩りの季節 と答え正解!
なにやらゴニョゴニョとやり取りがありまして特製ノートをゲットです
次のイントロ・ドンはマロン先生が「恋のシャララ」を正解されました
さあ、イントロ・ドンも最後になりました
最後の解答者は女性の方で「雨だれのワルツ」た解答され見事正解されました

18時52分
事前に椅子に置いて有った用紙に質問を書いてそれを真子さんが引き当て、答える質問コーナーへ移ります
黒っぽい椅子が用意され
最初に真子さんが引き当てた質問は先程のイントロで最後に答えた方
質問は「真子さんの車の色は?」との事
真子さんは「ラッキーカラーの紫」と答えられました
紫と言うとパステル紫の「ヤンキー仕様車」を思い出しますが・・・
真子さんが更に詳しく語ります
きっと皆が見ると黒と言うと思います
けれども実は良く見ると紫なんです
私は「茄子」を思い出しまして・・・(笑)
更に歴代の車についても紺やシルバー等々の色を言ってました
次の質問は長台詞について男性の方から質問
おとらさんを見に行かれた方は途中真子さんの長台詞を御覧になられたようですが
お稽古では真子さん必死だったそうで何でもおとらさんでは座長の梅沢富美男さんは顔合わせ初日から台本を離してたそうで、二回目の衣装を着たお稽古の次の日には全員台本を離してたそうです
頭で覚えるよりも実際に演じて、立って覚えると覚え易いとも真子さんお話したおりました
また、台詞覚える場所は家よりも外、例えば車で外へ行き声を出して覚える
散歩しながらブツブツと覚えたりもしているそうです
ゴソゴソと質問箱から紙を取り次の質問へ
ライブでのぬいぐるみ(熊さん)について教えてと言う質問
ライブへ行かれた方は必ず居場所を探してしまうのでは無いでしょうか?
片隅でライブを見守る熊さん
あの熊さんは真子さんご自身が買われた物でライブの時に色々と置いているそうです
質問者さんはぬいぐるみと言っておりましたが木彫りだそうです
特に名前は無し「私って名前を付けたりとかそう言うのしないのよねぇ」とな事でした
ゴソゴソと次の質問
ドラマと歌の切り替えはどのようにしてますか?との質問
今日久々の歌なのですがボイストレーニングとかすると歌モードになるようです
歌モードと言うか歌って良いなってね
少し前にラグビーの五郎丸さんのルーティンが話題になったり物真似したりする方がおりましたが特に真子さんには切り替えのルーティンは無いそうでストレッチしたりして肩甲骨を開いているそうです
少し前に番組でおお縄跳びをする事が有ったそうでその時には跳ぶ方はアチコチでストレッチを始めたそうで足首を回したり
「真子さんは一番最後に縄に入りなさいな、そうしたら跳ぶ回数が一番少ないからね」等の会話も有ったそうでそうした頭脳プレーで見事大縄跳びミッションをクリアしたそうです
久々の大縄跳びにも関わらず結構スムーズに縄には入れたそうですよ
私も学生時代は大縄跳びやりましたが逆廻しで入ると難易度が結構上がるんですよね?縄が下から来るので
ゴソゴソと次の質問
真子さんは海外でライブを行うとしたらばどこで行いたいですか?
ハワイ?キューバ?・・・スペイン?行った事無いけど・・・
サクラダファミリア、料理、フラメンコ・・・
最後尾からは真子さんの目の感じはわかりませんがきっと夢見る目付きになっていたかもですね、今から皆様も貯金をして起きましょう
500円玉貯金が結構貯まるそうですよ

19時14分
ジャンケンリクエストのコーナー
此方は曲目だけお伝えしましょうもうお馴染みですね
真子さんと会場全体がジャンケンし勝ち抜けで最後少数になったら直接対決の方法で
1曲目は「ボンボン・ブーケ」
2曲目は「彩りの季節」
3曲目は「めまい」
4曲目は「ジーパン三銃士」
全てオリジナルのカラオケデータなので全く当時と同じ原曲キーで熱唱される真子さん
この事だけでも本当に毎回毎回親衛隊の打ち上げでは話題になりますが本当に真子さんなは頭が下がります(涙)
やっぱり当時と同じで聞くって言うのが何て言うか涙ものの感動を呼ぶのですよね?
どうですか?皆様?
30年振りに聞いた方が感動するのはこういう所なのではないですかね?
まあ真子さん曰く「コレしか(当時のカラオケしか)ないのよ」との事ですけども(汗)
さあ、最後のツーショット撮影の前に
少しお知らせとの事でテレビ番組のお知らせ(詳細は親衛隊メッセージボードの真子さんのテレビ番組欄をご覧下さい)
イベントは5月29日の東武動物公園でのアイドルヒットステージ
それからコンサートに関してですが・・・
真子さんは6月までドラマの撮影が有り結構スケジュールがドカンと抑えられてしまうので私のあくまでも私的な見解ですが早くても7月以降、恐らくは8月かなぁと推察出来ますので皆様今から貯金箱を用意して少しでも多くのコンサートに行きましょうね
ではでは真夏のコンサートを楽しみにしながら私のレポートを終了したいと思います
あ、そうそうツーショット撮影会ですが最後尾より一列づつ並んで1人づつ帰り前に出入口でライトと真子さんにはレフ板を使い、富士フィルムのチェキと言うインスタントカメラを使い撮影を行いました
チェキは名刺サイズのフィルムで良くインスタントカメラの事をポラロイドと言いますが全くな別物です
直射日光やソフトなカードケースに入れるとフィルムが変色や張り付いたりしますので注意して保管して下さいね
2016年2月28日 明治座公演・おトラさん



もうちょい古風な趣のある建物だと思っていた・・・
もし、大通りに面して、のぼり旗が列んでいなければ、ただのオフィスビルにしか思えないだろう・・
意外にも明治座は近代的で立派なビルだった・・・

あのさぁ〜〜〜 セコイけどさぁ〜〜〜
中で飲み物や食べ物を買うと高い筈だから、コンビニでお弁当を買っていこうよ(^O^)
人一倍経済感覚の鋭いオラはそう提案した(^O^)
具合よく、明治座の向かい側にローソンがあった!

仲間達5名揃って、ローソンで買い物をする(^O^)

オラがレジを済ませた時・・・ スピーカーで怒鳴りながら、一台の車が大通りを猛スピードで駆け抜けた!

「まもなく先頭集団がまいりますぅぅぅ!!!」

@o@; もしや・・・ まさかの・・・ 東京マラソン・・・(;>ω<)/

オラはレジを済ませているが・・・ 後、4名がお会計の真っ最中だった

その間に、大通りは完全に封鎖されたぁ・・・@o@;

道路を渡る事が出来ない=明治座に戻れない=東京までなにしに来たのか解んねぇ(;>ω<)/

どないすっぺぇ(;ω; )(;ω; )(;ω; )(;ω; )

オラ達真子隊の5名はマラソンを観て、大阪に戻るしかねぇのか(;>ω<)/

しかし! 大通りの遥か彼方に・・・ 歩道橋があった!

心の底から歩道橋に感謝しつつ、無事に明治座に辿り着く事が出来たヾ(@⌒ー⌒@)ノ

チケットのモギリをして貰い、エスカレーターで3階まで上がる・・・
建物の3階が明治座の1階席だった。

そのロビーでは威勢良く土産物やお弁当を売る店が立ち並んでいる・・・

オラ達はチケットに記載されている1階、S席の3列目に着席した

ぐるっ〜〜〜と会場を見渡す

1,300人余り収容の明治座、相応の格式が感じられる。
下手に歌舞伎などで見かける「花道」が設けられ、広々とした舞台は立派な西陣織の緞帳(だんちょうょう)で閉ざされていた。

真子さんもそろそろ舞台の袖でスタンバッておられる筈だが、オラ達関西人の5名は苦労してコンビニで手に入れたお弁当と、命の水を胃袋に流し込む!

午前10時55分、開演5分前、携帯の電源を切る事! 録音録画はご遠慮下さい! そういうアナウンスが流れたが・・・
なぜか・・・ そのアナウンスが異常に訛っていたぁ@o@;
これも演出なのかなぁ〜〜〜(´_`。)

仔細は解らないが、とにかく訛のあるアナウンスが終わり、11時丁度!
煌びやかな緞帳が巻き上げられた!

緞帳が巻き上げられ、いよいよ舞台が始まる訳だが・・・
オラは予備知識を持たずに明治座に来てしまった事を、ちょい後悔する事になる・・・

何故なら、オラは演劇と言えば後藤ひろひと氏脚本の石野真子シリーズ「恐竜と隣人のポルカ」や「コーポからほり」「シャッフル」もしくは三谷幸喜氏脚本の「戸惑いの日曜日」または高橋知伽江女子による「ミュージカル・ヒロイン」しか観劇した事がねぇ!
つまり・・・ 演劇というものは・・・ 真子さんがご出演される作品しか観た事が無い訳だぁ(´_`。)
だから、今、上演されようとしている「おトラさん」も、それらと同類であろうと疑う事はなかった・・・
同類とは即ち・・・ お腹を抱え! 大いに笑う! そういう演劇だと思い込んでいたぁヽ(*`3´)ノ

だが・・・ 幕が上がり「おトラさん」の舞台が始まると、笑う場面が無い@o@;

ほんの少し・・・ クスッと笑う場面が所々に散りばめられてはいるが、前記した演劇の様に、観客が大笑いしたり、ビックリしたり・・・そういう場面は全く無かった(;ω; )

オラは勘違いしていたぁ・・・(´_`。)

この作品は・・・ 喜劇じゃねぇんだぁ(´_`。)

演劇にも、いろいろなジャンルがあるらしい・・・
2012年に真子さんがご出演された「ロミオとジュリエット」は悲劇!
「ミュージカル・ヒロイン」や真子さんのSingactは歌劇!
「恐竜と隣人のポルカ」や「戸惑いの日曜日」は喜劇!
そして・・・ 今、上演されようとしている「おトラさん」は人情劇!

「人情劇」とは・・・ 読んで字のごとく人々の「人情」を表現するお芝居なんだ!

だから・・・ お腹を抱えて笑ったり、ビックリポンなシーンは無ぇんだ(´_`。)

そこんところの予備知識が無かったオラは、舞台が始まってしばらく唖然としてしまった(;>ω<)/

お・面白くない・・・(´_`。)

至極当然の事だぁ・・・
大いに笑おう! そう思って、わざわざ東京まで来たのに・・・
平凡なストーリーが続いて行く(´_`。)

しかし・・・ お芝居が始まり・・・ しばらくすると・・・
徐々に・・・ ゆっくりと・・・ 引き込まれて行く・・・

そしてラストシーンでは・・・ うんうん! そうだよね!
良かったねぇ〜〜〜! ホント良かったねぇ(;ω; )
と・・・ ちょび、目頭が熱くなる(;ω; )

そういうお芝居だった!

では、いつもながら前置きが長くなったが・・・
真子さんご出演の演劇29作目「おトラさん」のストーリーを盧い摘んでご紹介したいと思う(^O^)

昭和35年の日本橋、人形町にある老舗のおせんべい屋「福永屋」が舞台だ!

舞台には商店街の街並が施されている
向かって左から・・・肉屋! 呉服屋! せんべい屋! 電気屋!
4軒の店が軒を連ねている・・・

下手から呉服屋の若旦那が若い女性を連れて現れた!

どうやら連れている女性は、せんべい屋に新しく勤めに来た女中らしい・・・
道に迷っていたのを案内して来た様だ!

「ここは昔、人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)の芝居小屋がたくさんあったので、人形町って言うんだよ・・・」

若旦那は田舎者の新米女中に得意げに説明をしている・・・

そこへ、せんべい屋、福永屋に女中頭として勤めるおトラさんが、花道を通ってやって来た!

「若旦那! また若い女の子を引っ張り込むんですか・・・笑」

「いや違うよ! この子は、ほら! あんたのお店に勤める事になった女中さんだよ!」

おトラさんが新米女中に訓戒を与える・・・

「あんた! この福永屋で働こうって言うんなら、三つの心得を覚えときなさい! ひとつ! 人の悪口を言う! ふたつ! 嘘をつく! 三っつ! 笑ってごまかす!」

客席が微かにクスクスという笑い声で満ちた・・・

この演劇「おトラさん」では頻繁に舞台シーンが変わる・・・
商店街のシーン、路地裏のシーン、福永屋の茶の間のシーン、花火見物のシーン、居酒屋のシーン・・・
それら5つのシーンが二度、或いは三度登場する。
その度に緞帳が降ろされ、僅か1分、2分の間に大道具さん、小道具さんが、ステージの中を駆け回り、セッティングされる・・・ めちゃ大変な訳だが、オラは降ろされた緞帳に興味が湧いた!

舞台が始まる前の緞帳と柄が違う@o@;
どうやら格式高い明治座では、観客を飽きさせない為に複数の緞帳が用意されているようだ!

皆は、へぇ〜そうなのぉ〜 とぐらいにしか思わないだろうが・・・
緞帳を侮っちゃなんねぇヽ(*`3´)ノ
市民会館などに吊られている既製品の緞帳で1000万ヽ(*`3´)ノ
特注絵柄の西陣織の緞帳なら2000万以上ヽ(*`3´)ノ
その上の綴織(つづれおり)なら3000万以上ヽ(*`3´)ノ

安物のマンションが買える程、緞帳は高価な品らしい!

しかし、どげんして、こんなに高価なのかというと・・・
訳は、その大きさにある!
緞帳はつなぎ目のない、一枚の布なんだが・・・
そんな大きな布を織る織機が滅多にないんだぁ!

特注の織機で織られている!
それに全自動の織機がなく、半自動や手織りに近い織機しかねぇから、1枚を織るのに何日もかかる!
だから、マンションが買える程の値がつく訳だ・・・
そんなマンション程の高価な緞帳が巻き上げられると、福永屋の茶の間のシーンだった・・・

そして、上手から法被(はっぴ)姿の真子さんが現れたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

よっ! 待ってましたぁ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

と大声をあげたいところだが・・・ オラは自重したぁ・・・(´_`。)

「あっ〜 包み紙で指を切っちゃったぁ〜」

と、真子さんが仰られる・・・

すると、女中頭のおトラさんが

「あらぁ〜 ホントおかみさんは、そそっかしいんだから・・・」
「今、手当てしますよ! いいのがあるんですよぉ〜!」
「ほら、これバンドエイドって言うんですよ!」

ここで注釈を加えておこう・・・

このお芝居「おトラさん」は昭和35年の東京・日本橋・人形町っていう設定である事は先にお伝えしているが・・・
それに合わせ、大道具、小道具などは全てその当時の物を模している

もちろん大道具に類される物の多くはハリボテだが、小道具類はどこで探して来たのか・・・真空管ラジオや、懐かしい形の扇風機、黒塗りの自転車、ちゃぶ台・・・などが揃えられている

オラはそれらの小道具を見て、別段なにも感じない・・・
当然だぁ! 昭和35年にオラは生まれてねぇんだから、懐かしいという感情は湧かない・・・
物心のついた大阪万博の頃からの記憶は鮮明だが、それ以前の事なんて全く解んねぇ(´_`。)

だが・・・ 本日、明治座に集まった観客の99%は、オラの父ちゃんや母ちゃんと同年代だ!
そういう観客には・・・ 懐かしいなぁ〜〜〜(^O^)
ほら! あの扇風機! あれ我が家にあったのと良く似てるね!
あのラジオ! 真空管式で感度が悪かったわねぇ!
酒屋さんが黒塗りの自転車でご用聞きに来てたわねぇ!

そういう観客には思いで深く! ストライクなんだぁ!

だから・・・ 真子さんが包み紙で指を切って、バンドエイドを貼るというのも、懐かしいというか、昭和35年頃にバンドエイドが普及しはじめたという事なのだと推察出来る・・・

さて、お芝居は続いて行く・・・

真子さんは二児の母である・・・ 息子さんは大学生だ!
だが、学校に行く事も無く、家でブラブラしている・・・
どっちかと言うと・・・ どら息子っぽい(´_`。)

ある日、彼は学生運動に目覚めたヽ(*`3´)ノ

そんな事したら、危ないじゃない・・・
怪我でもしたらどうするの・・・(;ω; )

真子さんは、どら息子の事が心配でならない・・・

そして娘はというと・・・
ロカビリーバンドのマネージャーをしているらしい

ここで念のため、再び注釈を加えておこう・・・

皆、ご承知だと思うが、ロカビリーとはどういう音楽なのかというと・・・
一番解りやすいのが「エルビス・プレスリー」や「ロックンロール」みたいな音楽だ!
リーゼントして、カッチョヨク決めるのが当時の流行だったのだろう(^O^)

そんでもって・・・ ロカビリーバンドのマネージャーに収まっていれば良かったのだが・・・
ドラム担当のジョニーと恋仲になってしまった@o@;

娘がジョニーを家に連れて来る・・・

福永屋の主(あるじ)、即ち真子さんの夫は、娘の交際に大反対だぁ(-`Д´-;)!

どうして! ジョニーって! 外人みたいな名前なんだぁ(-`Д´-;)!
日本人なんだろぅ(-`Д´-;)!

取りつく島も無い程、ご主人はジョニーが大嫌いだ・・・

夫と娘、彼氏のジョニーに挟まれて、真子さんはドキドキ・ハラハラしている・・・

ジョニーが・・・ お嬢さんと結婚させて下さいm(_ _)m

そうお願いするが・・・ もちろんご主人は・・・

おまえみたいな軽薄な男に娘をやれるかぁ(-`Д´-;)!

と断る・・・ そして、娘さんとジョニーは駆け落ちしてしまった@o@;

幾度か緞帳が上下し、花火大会のシーンに場面が変わった・・・

福永屋では家族、従業員が毎年揃って、隅田川の花火大会を鑑賞するのが恒例らしい・・・
川縁(かわべり)に長椅子が幾つも並べられている
そこへ真子さんが浴衣姿で現れたぁ〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

再び! 待ってましたぁ! 千両役者〜ヽ(*`3´)ノ と
威勢を張り上げたいところだが・・・ もちろん自嘲した(´_`。)

都会の花火大会というと・・・
人混みが酷くて、大変な思いをする事になるが・・・
稀に地方の花火大会に足を運ぶと、わりあいにのんびりと、花火を観る事が出来る

人出が少ないのは最もだが、都会の様に高層ビルが無い為、どこに場所取りしても、花火を楽しめる(^O^)

昭和35年の日本橋界隈もそうだったのだろう・・・
現在程、東京の人口も多くなければ、高層ビルも皆無、そういう訳で福永屋の一行も、至極のんびりとくつろぎながら花火を楽しんでいる(^O^)

前述したが、観客の99%を占める70台、80台の方々には、そういった、のんびりとした花火大会も懐かしく感じるだろう・・・

再び緞帳が降ろされると、客席に照明が灯され、休憩時間だというアナウンスが流れた・・・

40分程の休憩を挟んで、再び緞帳が巻き上げられる

す・る・と・・・ 女方(おんながた)が始まったぁ @o@; @o@; @o@;

本日の主役、梅沢富美男さん扮するおトラさんが、艶やかな着物姿で日舞を披露される!

客席から一際大きな歓声と拍手があがる!

演目は「藤踊り」

日本舞踊の事なんて全く解んねぇオラだが、それなりに説明すっぺ!

藤の枝を振り回しながら踊るものだぁヽ(*`3´)ノ

簡素すぎてすまねぇm(_ _)m

しばらくすると・・・梅沢富美男さんの左右に、4名の女性達が現れ!
藤踊りを舞いだす・・・@o@;

もしや・・・ 真子さんも・・・ @o@;

4名の女性の中に真子さんがおられるのか???

梅沢さんと同じく、艶やかな着物姿の女性4名・・・
こぞって、おしろいをベッタリと塗っておられて素顔が解んねぇ・・・

そういう場合は、目元を見れば解るじゃないかヽ(*`3´)ノ

オラは一人一人、じっくり拝見したヽ(*`3´)ノ

だが・・・ タレ目は見つからない(;ω; )

なんで・・・ 真子ちゃんは着物姿で日舞を演じてくれんのやろ(;ω; )
もし、そうしてくれたら、オラ達は極楽な気持ちになれた筈なのに・・・

もしかしたら、真子ちゃんは日舞は踊られへんのかなぁ?

でも、そうであっても!
オラは真子さんに藤踊りチャレンジして欲しかったと、つくづく思った!

もしも! 台本を読んで・・・ 藤踊りに自分の名前入っていなかったとしても!
座長の梅沢さんに直談判してでも! 藤踊りにアタックして欲しかったと思ったヽ(*`3´)ノ

舞台は後半に入る・・・

女中のひとりが、ご主人が見知らぬ女性と歩いている場面を目撃する!

@o@; 真面目で奥さん一筋の筈の旦那様が・・・
まさかの不倫・・・@o@;

軽口な女中は、方々でご主人に愛人がいるようだとお喋りする・・・

福永屋の従業員はもちろん、街中がその噂で持ちきりになってしまい・・・
ついに真子さんの耳にも、その話が聞こえてしまったぁ・・・@o@;

そして、ここからが真子ファンの見所!
真子さんの長台詞(ながぜりふ)の場面に入るのだが・・・

オラのメモ帳が真っ白だぁ・・・ヾ(@~▽~@)ノ

どうしてメモを取らなかったのか・・・
それに真子さんが長台詞で熱演されている事は記憶にあるが、なにをお話しされたのか・・・ 全く記憶にねぇヾ(@~▽~@)ノ

まっことスマネェ(;ω; )

ただ・・・ どげんしてご主人さんが不倫したかという事だけは、しっかりと記憶にあるヽ(*`3´)ノ

それは・・・ 真子さんも不倫していたからだヽ(*`3´)ノ

俗にいう! W不倫・・・ヾ(@~▽~@)ノ

って言うのは・・・ オラの作り話で・・・

本当は勘違いというか、ちゃんとした訳があったんだぁ・・・

ご主人は戦争に行っていたらしいが、激戦で戦友が亡くなったらしい・・・(;ω; )

そんでもって、その戦友には美人の奥さんがいた・・・

だから寝取った! りはしない・・・(´_`。)

生活費の足しにでも・・・ と年に数度、会う度にいくばかりかのお金を渡していたそうだ・・・

そういう美談だ・・・

それで、オラ達からすると・・・
へぇ〜 そうなのぉ〜〜〜 で終わってしまうところだが・・・

ここは涙を誘う場面なんだぁ!

太平洋戦争では多くの兵隊さんの命が犠牲になった!

日本の兵隊さん212万人が戦地で亡くなっている(;ω; )

独身の兵隊さんもあるだろうが、妻帯者もいる・・・

だから、戦後間もない時期には、戦争未亡人という女性達が大勢おられたのだ・・・(;ω; )

オラ達の産まれる、ほんの15年、20年前まで・・・
日本という、ちっこい国が米英と総力戦を戦っていた・・・
そして、数えきれないぐらい多くの人達が犠牲になった・・・
その事を忘れちゃなんねぇ(;ω; )

そういう場面なので・・・ 戦争体験者がほとんどの明治座の客席は墨を流した様に、静まりかえった・・・

舞台が始まった冒頭・・・
呉服屋の若旦那が「この街が人形町と呼ばれるようになったのは、昔、人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)の芝居小屋がたくさんあったからだよ」と新米女中に教えていたとありますが・・・
人形浄瑠璃ってなんですか(・_・;?

そういうメールを戴いたので、ちょいとご説明しておこう(^O^)

人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)ってのは・・・
人形劇の事だ!
どうして、その人形劇が流行したのかというと、ちゃんと訳がある!

昔はテレビもゲームも無い・・・
娯楽が少なかった時代、庶民の楽しみのひとつに「芝居」があった・・・
なので、大きな街には芝居小屋が軒を連ねていたらしい

だが・・・ 芝居には役者や舞台セットが必要だ!
役者の衣装も揃えなきゃなんないし、弁当の用意に、旅回りの一座なら宿泊所もいる・・・
要するに、結構費用がかかっちまう(´_`。)

だから、木戸銭(きどせん)という入場料も、それなりの値段になる
木戸銭が高いと、なかなか観に行けない・・・(;ω; )

もっと手頃な値段で、お客にお芝居を楽しんで貰えねぇだべかぁ(´_`。)

そこで考案されたのが! 人形浄瑠璃だ!

人形芝居なら、ほんの数人で芝居を演じられる(^O^)
衣装もセットも小さい物で済む(^O^)
人形は飯も喰わねぇ(^O^)
小っこいから移動も楽だぁ(^O^)

それまで、一部の金持ちしか楽しむ事の出来なかった芝居が低価格で観れる!

コスパに優れた人形浄瑠璃を興行したところ、大盛況だったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そういう訳で、江戸時代後期から、人形浄瑠璃は日本全国に広まった訳だ!

そして、ちょうど良い具合に、その人形浄瑠璃を題材にしたドラマ「ちかえもん」がNHKでOAされており、昨夜、最終回を迎えたが・・・
3月8日(火) 14:05〜 再放送があるので、人形浄瑠璃に興味の湧いた方はご覧頂きたいm(_ _)m

さて、明治座の舞台「おトラさん」だが、いよいよ終盤の一幕になった・・・

あれから一年が経過し、再び夏が訪れた・・・

ステージは花火大会の場面である

例年通り真子さんはじめ、福永屋の一行が花火見物に現れた・・・

お弁当を広げ、お酒の用意をはじめていると、ジョニーと駆け落ちした真子さんの娘さんが現れた・・・

だが・・・@o@; にゃんと、お腹がふっくらしている・・・@o@;

どうやら赤ちゃんを身ごもったようだ・・・@o@;
し・か・も・・・ ジョニーは他に女が出来て、出て行ったらしい@o@;

当然のごとく! ご主人は大激怒するだろう!
誰もがそう思った筈だが・・・

「おいおい・・・ これで私も、お爺ちゃんかよ・・・」

意外にもご主人は、娘さんを優しく迎え入れたぁ・・・

若気の至りで、こんなことになってしまったが・・・
目に入れても痛くない程、可愛い愛娘だぁ・・・

そのご主人の優しさに・・・ オラは家族愛を感じたぁ(;ω; )
辛い時こそ、家族の愛情が必要なんだぁ(´_`。)
それは当然の事だが・・・ 近頃忘れかけていた、大切な事を改めて感じたように思う・・・

ご主人の浮気疑惑も晴れたし!
娘さんも帰って来た!
どら息子の大学生も学生運動を辞めて、真面目に学校に行くらしい・・・

めでたし、めでたし!
2016年2月7日 人権フォーラム・すべての人に優しい社会をめざして



近鉄電車・奈良駅から大通りを東に5分を歩いた場所に、周りを緑に囲まれ堂々とした佇まいの奈良県文化会館はあったが、オラはその建物にちょい懐かしさを感じるというか見覚えがあった!

記憶を辿る(たどる)・・・

@o@; もしや・・・ 1980年の冬休みか春休みに、真子さんのコンサートが開催されたホールがここでは無かったろうか???

親衛隊生え抜きで、奈良の元ヤンキーのシュウ君に尋ねてみると、彼は即答してくれた!

そうですよ! ここですよ(^O^)

あっ〜〜〜 やっぱり、そうなんだぁ〜〜〜
あん時は奈良や大阪の仲間達50人程で、一生懸命応援したよなぁ〜〜〜
それに一部と二部の合間に真子さんを囲んで記念写真も撮ったよね!
青春の一ページを思い出し、熱いものが胸にグゥゥゥゥとこみ上げる・・・

因にそん時に撮影した写真は、オラは今も大切にしているし、それは親衛隊のホームページの「想い出の写真」のコーナーにも掲載している(^O^)
但し! その写真にはオラは写ってねぇ(;ω; )
何故なら、オラが愛機のキャノンAE-1で撮影したので、写ってねぇんだぁ・・・
せっかくの大切な青春の一ページに自分が写っていないなんて、寂し過ぎるぞぉ(;>ω<)/

それはさておき、オラは午前11時キクッカリに、想い出深い奈良県文化会館に到着した。
すると先着している角刈り君とシュウ君が広々としたロビーでグッタリとくつろいでいたが、にゃんとなく会場に活気が感じられなかった・・・

オラは角刈り君に尋ねた・・・

ねぇねぇ、こんなところでノンビリしてないで、会場の入り口に列ばなくていいの???

角刈り君は答えた・・・

そんな必要、なさそうですよ(´_`。)

不可解な返答だった・・・

オラはシンポジウムが開催される2階の小ホールへ向かい、階段を駆け上がった!
そこには、2016年の初真子を為すべく、早朝から・・・ あるいは昨夜から・・・
大勢の真子ファンが列をなしている筈だぁヽ(*`3´)ノ

が・し・か・し・・・ @o@; にゃんと、常連さんが、たった3名ヾ(@~▽~@)ノ

こんな状況なら、列ぶ必要も無かろう(;>ω<)/
仲間達と連れ立って、繁華街まで食事に行く事にした・・・・

仲間達皆がトンカツと命の水を胃袋に叩き込み、奈良県文化会館に戻って来たのは、ちょうど開場時刻の13時だった・・・

ちょい戻って来るのが遅かったかなぁ〜〜〜(´_`。)
さすがに、随分後ろの席になるだろうなぁ〜〜〜(´_`。)

が・し・か・し・・・ 余裕で2列目と3列目に仲間達7名が着席出来たぁ・・・
ほとんどお客がいない(;>ω<)/

どうして、こうもお客が少ないのかというと・・・ ちゃんと訳がある!
今日は、真子さんは謡ってくれないんだぁ・・・(;ω; )
NHKドラマ「やさしい花」の上映と、パネルディスカッションのみなんだぁ・・・

やっぱり謡ってくれないと真子ファンも集まらないのかなぁ〜〜〜(;ω; )
オラは空席だらけの会場を見回して、気持ちが塞いでしまったぁ・・・
外に出てタバコでもふかして来よう・・・

元(はじめ)先輩、ミモザ校長と連れ立って表に出る
そして20分程して会場に戻って来ると・・・

@o@; にゃんと、半分ぐらい席が埋まっていたぁ・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
しかも、今もゾクゾクとお客が詰めかけている!
ほどなく奈良県文化会館小ホールはほぼ満席状態になったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

開演時刻の13時30分・・・
上林さんと仰るコーディネーターの女性がステージの下手に登壇され、本日の進行の説明を始められた!

失礼ながら概して、こういうシンポジウムやセミナーが始まる冒頭の挨拶というものは、退屈なものだと相場が決まっている・・・

が! 本日、進行役で若干タレ目の上林さんは気が利いていたぁヽ(*`3´)ノ

本日はシンポジウムに先立ちまして、NHKさんのドラマ「やさしい花」の上映会が催されますが、その主演を為さっている石野真子さんがお越しです!
県外からも大勢の真子ちゃんファンがお越しになっているとお聞きしています!
では最初に! 石野真子さんにご挨拶して頂きましょう!

ヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

満席の会場から大きな拍手が起こる!

そして、真子さんが下手(客席から向かって左側)から、笑顔を称えてひょっこりと現れたぁ
┌(;・_・)┘トコトコ

可愛い〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ チャーミングヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真っ赤な薄手のカーディガンに、清楚なオフ白のイートン・カラー(折り返しの大きいフラットな衿)のブラウス、そして格子柄なのか? クリムト風の柄なのか? 判別出来ないが、グレー系のスカート。
シンプルだが、このうえなく上品な出で立ちは・・・良家の若奥様! うんにゃ お嬢様という雰囲気が漂っている!
惜しむらくは、スカート丈が膝上でない事だ!
せっかく、こんなに綺麗にして下さっているのに・・・ちょび残念で仕方ない(;ω; )

さて、盛大な拍手に迎えられた真子さんだが、ちょびキリッとした表情でお話を始められた!

「やさしい花」というドラマは、児童虐待という難しいテーマでしたが、自分なりに取り組んで演じました・・・

短く挨拶を終えられた真子さんは、ここで一旦退席され「やさしい花」の上映が始まるものだと誰もが思っていたが・・・

@o@; にゃんと真子さんは客席の最前列に設けられた関係者席に着座されたぁ・・・@o@;

前述したが・・・ オラ達親衛隊の7名は2列目と3列目に着席している!

そこで! このレポートをお読みの皆は、真子さんがオラ達の真ん前に着席したであろうと!
確信しているだろう!
だが・・・ 不運にもオラ達は上手(ステージに向かって右側)に着席していたぁ(;>ω<)/

入場した際は、どこもガラ空きの客席だったのに・・・
どうして上手を選んでしまったのか・・・ 悔やんでも悔やみきれない(;ω; )

というか・・・ 入場した折りに「そっちの右側に座ろう!」と言ったのはオラだった(;>ω<)/

なので、真子さんが下手の客席に着席された瞬間、オラの前に座っているマロンさんが首をまわしてキツイ目でオラを睨んだぁ(´_`。)

あんた! なにしてくれんのよヽ(*`3´)ノ
あんたのせいで、真子さんの近くに座れなかったじゃないヽ(*`3´)ノ
ホント管理人はドジなんだから!

と言わんばかりの険しい表情のマロンさんだった(;ω; )

ともかく、真子さんとオラ達は隔たれているが、照明が落とされ「やさしい花」の上映会が始まった・・・


2011年10月10日にOAされたNHKドラマ「やさしい花」
熱心な真子ファンならご覧になられている筈だが、改めてストーリーを紹介させていただこう・・・

真子さん扮する木原友子と夫の卓也が暮らすマンションに、シングルマザーの谷村美月さんが幼子と共に引っ越して来た。
谷村美月さんはキャバクラで働きながら一生懸命に子育てするのだが、子供がダダをこねて泣き出す・・・
ストレスが重なり、谷村美月さんは子供をバンバンと叩く!
子供は更に激しく泣く! 更にビシバシと叩く!
こんな事が毎日の様に繰り返されていた・・・
見るに見かねた真子さんが「困った事があったらなんでも相談してねぇ」と谷村美月さんの力になろうとするが「あんたみたいに幸せな家庭を持ってる人に、何がわかるん?ほっといて!」と拒絶されてしまう・・・
そして数日後、谷村美月さんは子供を放置したまま失踪してしまった・・・
真子さんは自転車に乗り谷村美月さんを探した。
やっと河原で谷村美月さんをみつけた真子さんが説得をはじめる・・・
「私も昔、育児ノイローゼになって、子供を虐待していたことがあるの! 子供に暴力を振るって、殺しかけたことがあるんよ! そんなことになってしまって、子供は児童施設に引き取られて、長い間、別々に暮らしていたの! ほんまに悲しかった・・・ あんたには、そんな辛い思いさせたくないねん! 私も力になるから、一緒に頑張ろ!」

真子さんの懸命な説得で母子の愛情の大切さを悟った谷村美月さんは、児童相談所の力も借りて、一生懸命に育児を始めるのであった・・・

そういうストーリーのドラマだ!
43数分間のドラマの上映が終わると、会場は重い空気に包まれていた・・・(;ω; )
皆、社会の抱える問題の重さを改めて感じ、胸にジ〜〜〜ンと来るものがあったのだろう・・・

「やさしい花」の上映が終わり、会場に照明が灯された。
どうやら10分間の休憩になるらしい・・・

10分間の休憩!!! ひょっとして、上手の最前列にお行儀よくお座りの真子さんと、ちょこっとお話で来たりするよねヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さんとお話ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 心が弾むヾ(@⌒ー⌒@)ノ

が・し・か・し・・・

照明が灯されるとともに、真子さんは早足で控え室に向かって行かれた・・・┌(;・_・)┘トコトコ

10分後・・・ 真子さんはステージの上手にしつらえられたパネラー席に着座しておられた。

衣装替えなどして下さっていれば、尚、良かったのだが・・・
もちろんそれはあり得ない(;ω; )

しかし、赤色のカーディガンに、清楚なオフ白のイートン・カラーのブラウスは同じでも!
ちょい変化があったぁ!
真子さんはポーチから「黒ぶちメガネ」を取り出され、それを、ひょいとかけられた(^O^)

可愛いヾ(@⌒ー⌒@)ノ 知的ぃヾ(@⌒ー⌒@)ノ 学校の先生みたいぃヾ(@⌒ー⌒@)ノ

だが・・・ いつもの黒ブチメガネと違い、ニューバージョンというのか・・・
そのメガネは幅の狭いものだった!
辛うじてタレ目がはみ出さない程の巾の黒ブチメガネだ!

メガネをかけられ知的な女性に変身された真子さんだが・・・
オラには不服な事があるヽ(*`3´)ノ

ステージにはパネラー席が4席列べられているが! 真子さんは奥から2番目だった!
横に4席なら問題は無かろうが! ステージの中央には大きなスクリーンがあるので、縦に4つのパネラー席が設けられていて、真子さんは奥から2番目なんだヽ(*`3´)ノ

どげんして! 一番手前に真子さんが座られないのかヽ(*`3´)ノ
オラはムカッとしたぁヽ(*`3´)ノ

しかも真子さんの手前に座っているゴロツカ先生が邪魔で、真子さんのお顔がよく見えねぇ(;>ω<)/

真子さんとゴロツカ先生が重なって、真子さんを見に来たのか!
それともゴロツカ先生を見に来たのか? 解んねぇ状況だが・・・
準備が整ったのだろう、進行役のコーディネーター上林さんがマイクを握られた・・・

素晴らしいドラマでしたね。 では自己紹介を兼ねてドラマの感想などをお願いします。
先ずは真子ちゃんから!

オラはコーディネーターの上林さんに好感を持った!
公の場でありながら、石野真子さんと言わずに「真子ちゃん」と呼ばれている(^O^)

「真子ちゃん」その呼び方に愛情を感じるし! 親近感も湧く! 

稀に年齢の行った女性を「ちゃん付け」で呼ぶと失礼だと言う者があるが、それは間違いだ!
心理学では「守ってあげたい」そういう感情が生まれた時に「ちゃん付け」で呼ぶらしい!

犬を例をあげると・・・ 真子さんがお飼いになっていた巨大なセントバーナード犬の「バズ」は「バズ」だ! 「バズちゃん」とは誰も呼ばない!
しかし、小型犬のビションフリーゼの「リオン」は「リオンちゃん」と呼ぶ!
それは年齢には関係ない! 子犬のリオンちゃんは10年、15年後、老犬になっても「リオンちゃん」と呼ばれているだろう!

そういうように、年齢に関係なく、人は外見により受けた印象で「守ってあげたい」そう感じると自然に「ちゃん付け」で呼ぶのだそうだ(^O^)

だから、真子さんを「真子ちゃん」と呼ぶ人は「真子さんを守ってあげたい」と感じている人物だという事になる!
「ちゃん付け」は失礼どころか! とても素晴らしい事だヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、自己紹介を兼ねてドラマの感想を述べよと指名された真子ちゃんがお話を始められる!

は〜〜〜い、皆さんどうでしたでしょうかぁ〜〜〜?
私は撮影当時の胸の痛みが蘇りました・・・
子供を虐める(いじめる)という難しい部分がありましたが、今日は女優である前に「一人の女性として」結婚ということについても考えて行きたいなぁ〜と思っていますm(_ _)m

お行儀よくお話を為さった真子さんだが最後に「結婚についても考えて行きたい」と仰った・・・
本日のシンポジウムのタイトルは「すべての人に優しい社会をめざして」というものなのに、結婚は関係なかろう!
そうオラは思ってしまったが、このシンポジウムを主催されているの「日本結婚教育カウンセラー協会」さんなんだぁ!
結婚教育カウンセラー協会と言っても、怪しい団体じゃないし! まして「出会い系サイト」なんかじゃない(;>ω<)/
詳しくは後に説明しようと思う。

真子さんがお喋りを終えると、続いてゴロツカ先生がマイクを握られたぁ!

先程上映されたドラマは児童虐待というものでしたが、私は・・・ 認知症が専門です(´_`。)
しかしながら・・・ とても参考になりましたm(_ _)m

次に主催者の「日本結婚教育カウンセラー協会」代表、棚橋さん!

「婚教育カウンセラー協会」と聞くと、皆さん怪しいと思われるかも知れませんが・・・
そんな事はありませんよ!
近頃は結婚しない男女が増え! それが社会問題になっています!
どうして若者達は結婚しないのかというと・・・
どうやら、結婚の仕方というか・・・ 結婚生活の営みが解らないから、結婚しないんです!
また、結婚してもすぐに離婚してしまう!
それもやはり、結婚生活というものを互いが理解していないから、そういう結末を迎えてしまうんです!
そんな事じゃダメですよね! だから私は長年勤めた看護師を辞めて、数年前に「日本結婚教育カウンセラー協会」を立ち上げたんですヽ(*`3´)ノ
日本結婚教育カウンセラー協会では、結婚についての教育やアドバイスを行っているんですよ!
結婚する為のノウハウ! 温かい結婚生活をおくる秘訣を伝授しています(^O^)v
ぜし、興味のある方は私達のセミナーに参加して下さいm(_ _)m

続いてドラマ「やさしい花」の脚本を手がけられた安田真奈さんがマイクを握られようとしているが、とても知的でチャーミングな女性なので、ちょい説明をしておこう!

お名前からして、お生まれが奈良県である(^O^)
1970年のこんにちは〜♪ 大阪万博の年にお生まれになられたそうだ(^O^)
大学生時代から映画制作を行い、松下電器の広報部に就職されてからも、いくつもの映画を撮られ、数々の受賞歴をお持ちであり、本日上映された「やさしい花」では脚本を手がけられている。

では予備知識が出来たところで、知的でチャーミングな真奈ちゃんのお話が始まった・・・

2010年に大阪の西区で児童虐待により、二人のお子さんが亡くなられた事件があり、NHK大阪放送局さんから、児童虐待をテーマにしたドラマを撮りたいという依頼がありました・・・
しかし、原作はありません。
なので、私自身が取材やヒヤリングを重ね脚本を作りました・・・
2015年のデータでは、虐待で36人の子供達が命を落としています。
相談事例が年間7万件もあり、もう児童相談所だけでは対応の限界に来ており、地域やご近所の力が必要なんですよ(;ω; )

ステージに列んだパネラー4名のお話が一通り済んだ訳だが・・・
ここでコーディネーターの上林さんが気を利かせ、真子さんにお話を振って下さったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今一度・・・ 真子ちゃんは感じた事はありませんか?!

えっ〜〜〜と・・・
脚本家の安田さんのお話を聞くのは始めてなんですが、私の周りにもシングルマザーの人達がおられますし・・・
そういう場合、子育ては難しい問題ですね(´_`。)
先日、ゴロツカ先生が主催された認知症のシンポジウムに参加させて頂きましたが、それも同じ様に大きな問題ですね(´_`。)

え〜〜〜では、ゴロツカ先生! ご意見がございましたらお願いします・・・

児童虐待、高齢者問題に関わらず、すべての人に優しい社会を目指さなければならないのはもちろんですが・・・
実は子供や高齢者に関わっている人達も、とても大変な思いをしているんです!
育児や介護に疲れ暴力を振るう事例や、介護に疲れ、追いつめられて自殺する・・・
そういう事も近年増加しているんですよ(;>ω<)/
どうして、そういう結末を迎えるのかというと・・・
育児する母親や、介護する方が社会から孤立してしまってるんですね・・・
育児ノイローゼになって子供を虐待するようになってしまった・・・
どうしたら良いんだろう・・・ そこで周りの人達に相談すべきなんです!
介護に疲れ果ててしまった・・・ 生活も困窮している・・・
そういう場合も、周囲の人達や当該の機関に相談すべきなんです!
けれど、それを恥ずかしい事だと思って、孤立してしまう、だから悲劇が起こってしまうんです(;ω; )
皆さんも、もし将来そういう立場になる事がありましたら「相談上手」「頼り上手」になって頂きたいですし! 周りの人達も、そういう状況の方を孤立させないようにして下さい!
力を合わせて!「すべての人にやさしい社会」を目指しましょうヽ(*`3´)ノ

真子さんにカッチョイイところを見せようとしたのかどうかは解らないが・・・
ゴロツカ先生の20分間の大熱弁に、会場から盛大な拍手が贈られたぁ(^O^)

真子ファンを代表して熱弁を振るわれたゴロツカ先生のお話が終わり、続いて「日本結婚教育カウンセラー協会」の棚橋さんのお話が始まる・・・

母親ならうまく子育てが出来て当然! 家族が老人を介護するのが当然!
そう考えること自体が間違っています!
要は「互助」なんです! ボランティア活動や住民組織の結成により、子育てや介護の支援が必要な時代になっているんですよ!
しかし、互助と一口に言っても大変ですよね・・・
理想通りには行かないしね・・・
でも誰にも相談出来なくて苦労している人が多いのも事実です。
難しい中でも出来る事があるだろうし、皆さんも互助に取り組んで下さいm(_ _)m
えっ〜と、ちょっとお話は逸れますが・・・ 最後に奈良県について皆さんにお知らせしておきます。
奈良は「専業主婦率1位」
奈良は「空気清浄機普及率1位」
奈良は「珈琲消費量1位」
奈良は「パソコン普及率1位」
奈良は「1世帯あたりの貯蓄額1位」
奈良は「人口あたりのコンビニ件数、最下位」
奈良は「県外就労率1位」
奈良は「児童虐待4位」

奈良はいろんな事で1位だったり、最下位だったりしますが・・・
児童虐待が4位というのは、あまりにも悲しいですね(;ω; )
是非、皆さんのご協力!「互助」によって、それが解決出来たならと思います!

棚橋さんのお話が終わり、続いて脚本家の安田さんがお話を始められたが・・・
あまりに安田さんが知的でチャーミングなのと、お話が上手すぎて、聞き入ってしまい、全くその箇所のメモがとれていない・・・
ゴメンナサイ(;ω; )

しかし、安田さんのお話の最中・・・ フムフムと頷き(うなづき)ながら、時折、顎(あご)に手を添えてお話を聞かれている真子さんが可愛かったぁ(^O^)v

そして、最後に再び真子さんがお話を為さる場面になったが・・・
コーディネーターである上林さんの、真子さんへの質問が、とても長々としており、且つ難解であった・・・たぶん質問だけで2分はお喋りになっていたろう@o@;

そんな難しい質問したら、真子ちゃんが可哀想ぅ〜〜〜(;ω; )
それでなくても、真子ちゃんは口ベタでお話は苦手なんだよぉ〜〜〜(;ω; )

オラは胸が締め付けられたが・・・
意外にも真子さんはスラスラとお話を始められた・・・@o@;

も・し・や・・・ ちゃんと台本があるのかも・・・

そう疑ってしまったオラは、ちょい意地が悪いのだろうかぁ(;>ω<)/

それはともかく、真子さんがマイクを握りお話をされた・・・

一言で、ああしたら! こうしたら! って言うのは難しいけれど、今日の様なこういう場で意識を持ってもらえば良いのだと思います。
ぜんぜん話は違うんですが、車を運転していて、高速道路の料金所のオジサンが「頑張ってぇ! 気をつけてぇ!」って言ってくれる、そんなちょっとした一言が嬉しく感じた事があるのと同じで・・・
ほんのちょっとした事からでも始められればいいなぁ〜(^O^)
他にもDVやセクハラ・・・ いろんな事がありますが、一人で悩んでいるんじゃなくて、行政とかに相談したり・・・
とにかく一人で取り込んで、辛くならないようにしなくちゃねぇ(^O^)v

真子さんが、そうお話になられ、15時50分、市民人権フォーラム「すべての人に優しい社会を目指して」は終了した。

終了と同時に、先程の休憩と同様、真子さんは駆け足でオラ達の前からいなくなってしまった┌(;・_・)┘トコトコ

良いお話を聞かせて頂いて、勉強にはなったが・・・
にゃんか物足りない(´_`。)
やっぱり謡ってくれないんだ・・・
それは最初から解っていた事だが、真子さんの歌声を聴く事無くイベントが終わる事の寂しさが、オラや親衛隊の仲間達にのしかかった(;ω; )

にゃんか! 不完全燃焼だよね(;>ω<)/

真子さんに、もう一目だけでもお逢いしたいヽ(*`3´)ノ

出待ちしよう〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

お話してヾ(@⌒ー⌒@)ノ 握手してもらおう〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

即決で、出待ちする事が決まった!

えっ〜〜〜と、楽屋出入り口は・・・あっちかな? こっちかな?
┌(;・_・)┘トコトコ ┌(;・_・)┘トコトコ ┌(;・_・)┘トコトコ
皆でウロウロする

待てど暮らせど真子さんは出て来ない・・・(;ω; )

しかし、出待ちというのは忍耐だ!
という事を、親衛隊生え抜きのオラは知っている!

皆で待ち続けた・・・
1時間程して脚本家の安田さんと、コーディネーターの上林さんが現れた・・・

マロンさんが代表して、真子さんの所在を確かめに行く・・・

「すいませ〜〜〜ん、真子ちゃんは、まだ中におられますよね?」

「真子ちゃんなら、とっくにお帰りになられましたよ」

>┼○ バタッ←マロン >┼○ バタッ←角刈り君 >┼○ バタッ←シュウ君
>┼○ バタッ←元先輩 >┼○ バタッ←ミモザ校長 >┼○ バタッ←河合君
>┼○ バタッ←管理人

7名揃って、ズッコケタヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノ

シンポジウム終了後、皆揃って、東大寺で大仏さんを拝観しようという事になっていた・・・

しかし、そんな気力は微塵もない・・・
虚しさだけが、オラ達に覆い被さったぁ(;ω; )

飲みに行こう・・・ 皆で肩を落としながら、繁華街へと向かった・・・

夕暮れ間近の繁華街を10分程歩き辿り着いた居酒屋・・・
そこは意外にも素敵な居酒屋だった!
広々とした店内に小川が流れ、方々に個室が設けられている・・・

親衛隊の宴会といえば、必ずと言っても良い程、場末の盛り場で行われるのが常だが・・・
こんな素敵な場所で命の水が出来るなんて久方ぶりだ!

が・し・か・し・・・ 盛り上がらない(;>ω<)/

真子さんの歌が聴けなかったこと・・・
休憩時間にお話も出来ず、それどころか出待ちに失敗したこと・・・

空虚過ぎるぅ(;ω; )

会話というものが、ほとんどない・・・(;>ω<)/
皆、出された酒を黙って飲み、黙々と肴を口に運ぶのみだ・・・(;>ω<)/
まるでお通夜かなんかみたいだ・・・(;>ω<)/

親衛隊を再結成し11年を迎えようとしているが、その短い歴史の中で、最も盛り上がらなかった宴会だった(;ω; )

終わり
2015年12月22日 Christmas Dinner Show 2015



全国約8名の熱烈な、ひさぴょんレポートのファンの方々お待ちどうさま(笑)
今回は私が担当で御座います

さて、毎回毎回ですが…
レポートの書き出しをどうしようか?と何時も悩みますが今回は最初にセットリストを…

セットリスト
1.星に願いを
2.しあわせのレシピ
3.ガラスの観覧車
4.笑顔の花
5.へっちゃら平気の平八郎
6.水色の恋(天地真理さん)
7.夢先案内人(山口百恵さん)
8.グッド・バイ・マイ・ラブ(アンルイスさん)
9.赤鼻のトナカイ
10.サンタが街にやってくる
11.私はオレンジ
12.ロンサム・ロードの赤電話
13.淑女はスリルがお好き!
14.恋のハッピー・デート
15.狼なんか怖くない
アンコール
1.日曜日はストレンジャー
2.Friend

カバー曲が沢山有るのも良いですねー
注目は私はオレンジでしょうか?

20時38分、8分遅れでスタートです
会場の照明が落とされホットパンツの面々が入場し演奏が始まります
会場の後ろから鮮やかなブルーの左側肩掛けのドレスを着た真子さん登場
ドレスの右脇腹辺りにはキラキラのサンフラワー号の様なマークのスパンコールが…
真子さんを見るなり会場からは「ハァー」とため息が…
角刈りさんの統制の元「真子ちゃーーーん」とお出迎え
「星に願いを」を歌いながら前方のステージへ、歌い終わると盛大な拍手が…
引き続き真子さんが歌います
インストアにて聞きなれた「しあわせのレシピ」です
歌い終わるとMC「皆さんこんばんはーーー」皆さんニコニコ顔で「こんばんはーーー」
「何かねぇー、真子ちゃーーーんで始まりましたねぇー」
「ディナーショーだけど真子ちゃんで始まるこの感じ…」
「今回こちらでは2回目の2年目のディナーショーですが…よろしくね」と
すると比較的わかりやすいイントロが流れます
ガラスの観覧車
アクトスクエアさん自慢の円形スクリーンに多分横浜の観覧車が写し出されます
歌い終わると「この曲も大好きな曲でねー」
「映画ハチ公物語の主題歌で、私は歌って無いんだけども本当良い歌でねー」
と、しばしペンが追いつかない(会場が暗い)ハチ公物語のお話をしばしすると突然本日のお客様のお話に…
「今回も本当遠くからおいで下さった様で…」
「皆んなドレスアップしてねぇー」
すると真子さん着物をお召しになられた方を発見
「どちらから?大阪ーー?」
「エッ?大阪から着物で?まぁまぁ…」
「あとね、昨年此方で出会いご結婚された方も居たのよねー、今日は来て居るかしら?」
問いかける真子さんに会場の中央から手が挙がり皆さん拍手
「嬉しいよねー、でもね…」と旦那さんに向かって真子さん一言
「言ってくれたら良かったのには駄目よ!!一番駄目」
「察してあげられなくて御免!!よ?」と真子さん
此方は先日の品川でのアコースティックライブの時のお話の再確認
するとココで「リオンちゃん!!」とガヤが…
余りトークを伸ばさないで…との私の願いも空しくリオンちゃん発見のお話
Twitter、ポスター作成、果ては現地での捜索…真子さんが皆様にお礼を申し上げます
おおごとにして…と真子さんはおっしゃりましたが誰一人としてそう思って無いと私は思いますよ、真子さん
逆にブログによくぞ載せてくれましたですよ
再びイントロが流れます、最近聞く機会が多いですね
笑顔の花
スクリーンには山々と木々のアニメーションが…
歌い終わる少し前に真子さんがアイドル時代からのお得意のフィンガーアクションが…
両手を胸の前で合わせ手でお花の蕾を作りその蕾がパーッと開き真子さんの手でチューリップが咲きました
本日一番の萌え萌えタイムでは無いでしょうか?

平八郎こちらは真子さんご指導のもと最近では事前練習が定番化しております
しかし今回練習は無くしかもほんの少しシングアクト的な仕上がりの平八郎になってます
冒頭部分でセリフみたいに「◯◯だよねー」と真子さんがおっしゃりその後に「へへい、へへい、へっちゃら平気の平八郎ー」と言う感じで始まり通常の平八郎へ
歌い終わるとバンド紹介、もちろん「ヨシアキさーん」と統制入れます
1970年代の歌のお話、ホットパンツのお話などなどのお話を真子さんはして下さいましたがその中で一番印象に残ったのは…
ゆくゆく真子さんはハットにパンタロン履いてステッキ持って「ピンキーとキラーズ」をやりたいんだそうです
是非そんな真子さんも見てみたいですねー
次はそんな70年代から
水色の恋
此方は先日の品川でもお披露目されました
天地真理さんの曲ですねMC無しで次の曲へ
夢先案内人
此方は口ずさめるけども私は曲名が出て来ませんでした
山口百恵さんの曲ですね
続いてMC無しで次の曲へ
グッド・バイ・マイ・ラブ
此方は吉祥寺スターパインズカフェで行われたホットパンツのライブにて歌われましたねぇ
その時は私的には正直イマイチの評価でしたが今回は圧巻でしたねー
キッチリ仕上がってました。流石真子さん
セリフがまたまた圧巻、本当にこの曲1曲でシングアクトを真子さんは見せてくれました
チョットはにかんだ笑顔…もうこのはにかみ顔だけで充分です
ありがとうございます真子さん
個人的には近鉄アート館で、ぼんちおさむさんと歌われた「テネシーワルツ」も良いなぁーと思うので…当日聞いた方が少ないので是非テネシーワルツも真子さんには歌って欲しいですねぇー
さぁココで真子さんお着替えになります
武藤バンドいや、ホットパンツの演奏の真子さんライブはこのお着替えタイムも楽しみの一つです
フリーセッションの形の演奏がノビノビ演奏されていて本当に楽しい感じの時間です

さぁ着替えを終えた真子さんがそろそろお戻りになられますよー

着替えを終えた真子さんが再登場です
黒のタンクトップに黒と赤の花柄のスカート、髪の毛はロングになり後頭部には大きなお花の髪飾りそして歌う曲は
赤鼻のトナカイ
昨年と同様に歌いながら各テーブルを真子さんが廻ります
私は色々とメモを前を向いてテーブルに向い書いていると何やら人の気配
後ろにお座りの智恵ママさんか?アキココさんに、ど突かれるのかと思い後ろを向いたら…
そこには、な、何と真子さん私の座っている椅子の背もたれにそっと手を添えてそこに佇んでおります
突然の急接近に「あ、どうも」との一言しか出ない私…
そりゃそうですよねーー、普段真子さんは目の前しかおりませんから…
いきなり後ろに居たら焦ります。次の曲へ
メリークリスマス
グルリとお歌を歌いながら一周してお客様からクリスマスのプレゼントを受け取る真子さん
親衛隊からも花束を真子さんへ
歌い終わるとステージで何やらゴニョゴニョ
あ!グッズ販売時のアレだな?と、思ったら…やはり(笑)
販売しているハンカチを取り出して広げて見せる真子さん
もちろん、買いましたよぉーーと、私は心の中で叫びます
クリスマスソングを歌わせて貰いました…………
真子さんのMCが始まりメモを取ろうとすると…
うるさい!!と真子さん、ガヤに対して「シーっ」
品川でもチョットしつこいガヤが有りましたが…アレは素早くスタッフが対応しないと駄目だと思いましたね
今回は椅子が混みあっている為か?たまたま真子さんの近くだったからなのか?真子さんから直接ご指導有りましたがガヤは1ー2回にしておきましょう
さてまだまだMCは続きます
ココで2月の舞台「おトラさん」の宣伝
「見に来てね」と可愛い真子さんの一言
そして何と真子さん映画にご出演川口春奈さん主演で、そのお母さん役「江田操」でご出演するそうです
http://comic.mag-garden.co.jp/nigaama/
大変失礼でしたが…私「川口春奈さん」存じ上げ無くて…
お笑いの「角野卓造じゃねぇーーよ」の近藤春菜さんと勘違いしておりました(笑)
さあー次の曲のイントロが流れて…コレは直ぐにわかりました
私はオレンジ
歌い終わると…………

私はオレンジを歌い終わるとMCかと思いきや…?
ん?いきなりお芝居?と、思った私
「フタバちゃんいる?」と、突然セリフとも取れる真子さんからの発言
回りを見渡す真子さん
しかし、何の応答も無いままキョロキョロ
すると次の発言は驚きの「バファリン無い?」「頭が痛いのぉーー」
ん?ん?ん?ココで皆が真子さんの異変に気が付きます
本当に真子さんは頭が痛いらしいぞぉーー!!ざわつく会場
普段は色々な物を持っている私も今日はペンライトと鉢巻き、メモとボールペンしか持ってません
少し前なら粉々のイブが小銭入れの中に入っていたが、そんなのは持っていても当然出せない…
すると会場から2ー3人持ってますの声
薬を貰いお水で飲む真子さん
会場中が見守る事しか出来ません
すると真子さん「バファリン飲んだら治るのーー」と…
イヤイヤ真子さん…………
そんな心配をしながらライブは続きます「じゃーお名前聞こうかな?」と、言う何時もの感じで
◯◯さん、◯◯さん、◯◯さん…と今回は女性で…
あ、最初の◯◯さんはサンゴさんでないの?
そうそう真子さんの黒いお衣裳の背中のホック?をとめたサンゴさんが最初にお名前を言われましたが…
ホックをとめている時に私の手は完全にストップしメモを取ってませんでした
ので、どこでホックをとめたかわかりません
きっと「あんにゃろーーぅ」と言ってたかも知れない(汗)
ロンサム・ロードの赤電話
歌い終わると…ドン、ドンドン、ドンドンと言うドラムのリズムが流れます
真子さんがそのリズムに合わせて手を叩いてます。会場も手を叩きます
淑女はスリルがお好き!
この曲はこのリズムで盛り上がりますね。続いて
恋のハッピー・デート
MC、「歌っていると楽しーーーい!!」頭痛に負けずに最高の笑顔が…
「来年も歌う機会を沢山作るからね!!」(うぉーーーーーーー)
では、最後の曲です
狼なんか怖くない
狼の冒頭から真子さんは会場へマイクを指し出しています
頭痛がするのか?会場中が一生懸命狼を歌います
回りの親衛隊員も後ろの席の人も前方のせんだみつおさんも
22時丁度歌い終わりました。会場中拍手喝采
そして、しばらくしてアンコールのお呼び出しです
L.O.V.E.  GO!!GO!!MAKO…………

L.O.V.E GO !! GO !! MAKO ………
アンコールのお呼び掛けが続きますが…しかし…
「真子さんかなりしんどそうな感じだったからなぁ?」…
アンコール有るのかなぁ?との不安が…
しかしバンドメンバーが入場、その後真子さんもシルバーのスパンコールのお衣装にお着替えになられて入場
ステージに立ちます
しかし椅子が用意され椅子に腰かけます
真子さんが入場される少し前になにやらプレミアムシートのかぶりつきの席から我々の方へ移動して来る物体が…
ハイヒールが慣れないのかチョコチョコとした動き…そう物体の正体はマロン先生です
さあ、ステージを見てみましょう
ココでいつもの真子さんですと元気良く「呼んでくれてありがとう!!」となるのですが…
もう心配で心配で、なーんにもメモが書いて有りませんメモには「日スト」と…曲名だけが…
日曜日はストレンジャー
一生懸命歌われる真子さんに我々も一生懸命にコール
立ち上がって歌っても直ぐに座ってしまう…
そんな真子さんがもう見てられなーい………
日ストを歌い終わり短いMC
「次が最後の曲になります」
何だろう?何だろう?と、私の廻りではヒソヒソと…
「アコースティックでは歌わなかったから金木犀かな?」
「もしかしたらGOOD BYE ?」
「いや、サンキューソングじゃない?」
ヒソヒソ、ヒソヒソ…最後の歌は
「Friend 」
真子さんが一生懸命に歌っていた記憶しか有りません(涙)
歌い終わり「真子ちゃーーーん」の統制の中2015のディナーショーは終了しました。
2015年12月3日 Acoustic Concert



品川プリンスホテル地下のカラオケに到着すると、既に仲間達が集まっていた!
皆、笑顔で元気そうだ!

さっそくカラオケでコール練習を始めるが・・・
つい2ケ月程前から、親衛隊では「めまい」以降のシングル曲のコールに取り組みを始めているヽ(*`3´)ノ

ここは「ラブリーマコちゃん」だよ! いや違う「レッツコーマコちゃん」だよヽ(*`3´)ノ
あ〜〜〜でもない こ〜〜〜でもない と言いながら、つい最近、やっとコールがまとまった!

既に福井の「響きのホール」で行われたコンサートの前後、そして半月程前に行った関西地区のハイキングの折りに、それら楽曲のコール練習を行っているが、本日は、それの仕上げというか・・・
完成度を高めなきゃなんないヽ(*`3´)ノ

今後、真子さんが、それら楽曲を謡われる機会が訪れたなら!
その折りに「完璧なコール」を真子さんに捧げなきゃなんないからだヽ(*`3´)ノ

「完璧に訓練されたコール」・・・それは「真子さんの歌声を支える、もう一つの楽器」
オラ達は、そう信じて疑わないし! その為に努力を惜しんだりはしない!
皆! 真剣にコールに取り組んでいる!

「恋のハッピーデート」「思いっきりサンバ」「彩りの季節」「恋のサマーダンス」「バーニングラブ」
たった5曲だが・・・ どれもこれも、今までの楽曲よりコールが複雑だぁ(´_`。)
ちゃんと覚えられるかなぁ〜〜〜(´_`。)

し・か・し! どの曲も、めっちゃ素敵なコールばっかだぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

少し前に親衛隊のメッセージボードに・・・ビクターで真子さんの初代担当ディレクターだった谷田郷士さんの対談記事を紹介したが・・・
それに記載されていた様に「ファンのコールを前提」として、真子さんのシングル曲は作曲されている事が、私達の知るところとなった・・・

その作曲者の期待に背かない! 素晴らしいコールばっかだヽ(*`3´)ノ

特に「彩りの季節」のコールは・・・ 自分達でコールしていて、カッチョイイなぁ〜〜〜って惚れ惚れしてしまうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて! 自己満足含め、たっぷりとコール練習も済ませたし!
それに、真子さんのお誕生日とデビュー記念日のプレゼントの意見交換も無事落着した!
そろそろ、愛おしい真子さんの待つ、グローリアチャペルに向かわなければなんない!

仕事を終え帰宅する人波に逆行して、オラ達は21名はグローリアチャペルに向かう・・・
イルミネーションで輝く緩い坂道を登った先に、一際輝くグローリアチャペル!
そう申し上げたいところだが・・・
例年なら、チャペルに向かう歩道の両脇は、クリスマスのイルミネーションで飾られているのに、節電なのか?時期を遅らせているのか?今年はそれが施されていなかった・・・(´_`。)

イルミネーションが無いので、チャペルの周囲は薄暗いが、既に多数の黒い人影が集まっていた・・・

入り口の階段脇に、お花が飾られている・・・
NHKの「みんなのうた」や先日OAされたテレビ東京の旅番組で、真子さんと共に秋田を旅行された森尾由美さんからのお花も飾られているし・・・
もちろんオラ達親衛隊から贈ったスタンド花も一番端っこに飾られているヾ(@⌒ー⌒@)ノ

余計な事だが・・・ お花について説明しておくと・・・
お花を飾るにも(列べるにも)ちゃんと順番があるそうだ・・・
結婚式の祝辞と同じく、偉い人から順番になっているらしい・・・
だから、入り口に一番近い場所に置かれているNHKさんが一番偉くて・・・
その隣の森尾由美さんが2番目で・・・ 一番端っこが・・・社会的地位の低いオラ達だ(´_`。)

19時キッカリ、入場が始まった!
長蛇の列がゾクゾクとチャペルに吸い込まれて行く・・・
もう何年も前から、12月のコンサートのチケットは完売が続いているが、例年以上に今年はSOLD OUTが早かったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
なので、主催者のホットスタッフプロモーションさんが両脇の通路に「サイド席」というものをしつらえて下さったが、それでも座席が足りない・・・@o@;
更に、一列目の前にパイプ椅子を並べて座席を増やしたようだ!
だからパイプ椅子が最前列の一列目という事になり、チャペル内はギュウギュウ詰めだ!
そういう訳で、定員348名のグローリアチャペルだが、おそらく500名を超える熱い真子ファンで埋め尽くされているヽ(*`3´)ノ

更に言うと・・・ 最前列にパイプ椅子が増設されたおかげで、1列目のチケットを持った観客は、更に真子さんとの距離を縮めた事になるヾ(@⌒ー⌒@)ノ
そして、それは1列目以降の観客も同じだ! 本来の5列目が4列目に着席する事になるので、1メートル程だが、皆、真子さんと距離を縮める事になるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

チャペルとは思えぬ程、高級感溢れる立派なステージには既に楽器がセッティングされていた・・・
それらは例年と全く変わりなく、同じ順で並べられているが、念のため説明しておこう!

客席から向かって左端から・・・ アコーディオン! ウッドベース! パーカッション! マンドリン! ギター! の順だが・・・ 更に右端にミキサーが設置されていた・・・

そして、アコーディオンの手前にクリスマスツリーが飾られ、ステージの背後の大きなコンクリートの壁に、もみの樹が6つ程並べられている・・・

シンプルと言えばその通りだが、ステージの両脇に堂々と配されている、パイプオルガンの巨大なパイプが威厳を放っているおかげで・・・ 殺風景だとは全く感じないし! それは不謹慎かもしれないが、ステージ背後の大きな十字架も素晴らしいアクセントになっている!

定刻より5分遅れた19時35分、ゆっくりとチャペルの照明が落とされる・・・
そしてバンドマスターの山梨さんを先頭に、バンドメンバー達がステージの下手(客席から向かって左)から現れた・・・
バンドメンバー達が、それぞれの楽器の傍らに着席すると・・・
全く自然な歩調で、真子さんが下手から歩んで来られた!

一斉に客席から大きな拍手が沸き起こるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ゆっくりと歩まれた真子さんはステージのセンターで静止する!

500名を超える観客から、更に大きな拍手が沸き起こり! 真子さんを包むヾ(@⌒ー⌒@)ノ

もちろんスポットライトが、真子さんを強く照らしているが、その姿があまりにも美しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

真子さんの美しさは、作り飾った美しさじゃない!
他の歌手やタレントと違い・・・ 優しさ!が内面から滲み出るような美しさ!
まるで少女の様な無垢(むく)な美貌を、今も失っていないところにある!

故に・・・ その美貌の持ち主が、ここぞ! とばかりに着飾ると・・・
まるで磨き上げられた宝石の様に美しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ 

その美貌、そしてお元気でいて下さった事に感謝し!
詰めかけた500を超える観客は、真子さんに盛大な拍手を贈るヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、磨き上げられた宝石の様に美しい真子さんの衣装を説明しなきゃなんない!

上から順に! 帽子! パナマハットという種類の帽子だが・・・ジュリーを謡われる際の帽子と説明すれば皆もお解りだろう!

次にドレスだ! オフ白(純白ではなく、柔らかい白色)のレースのでドレス!
肩ひももフワフワしたレースになっていて、柔らかな印象を受ける。
もちろん肩が露なノースリーブのドレスであるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ウエストにサテン素材の白色とピンク色の大きなリボンが付けられている。
7列目からでは詳しくは解らないが・・・そのリボンがサッシュベルトになっているのだろう!

靴! 伸び上がって確認しようとしたが足元まで見えなかったので、オラの隣に座っている角刈り君に尋ねたところ・・・ベシージュのハイヒールを履いておられるらしい!

ネックレス! 今迄にも幾度か着けておられたものなのかどうか? ちょい解んないが、俗にクリスタルネックレスと言われている、キラキラと豪華に輝くものだ!
そして、ブレスレットもクリスタル系の輝くものを真子さんは着けておられたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

それらクリスタルのネックレスとブレスレットがスポットライトを浴び、光り輝いて、真子さんを一層引き立てているヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ただ・・・ 帽子がちょいドレスのイメージに合っていない様な・・・(´_`。)

それとも、某か奥深い意味があるのだろうか・・・ とにかく、ドレスにマッチしていない帽子の事が気になる(´_`。)

まぁ、アンバランスな雰囲気の帽子の事は置いておくとして・・・
スポットライトを浴び、ステージに佇んでいる真子さんに観客が盛大な拍手を浴びせている・・・
拍手は鳴り止まないが、しばらくすると軽快なリズムを、バンドメンバー達が奏で始めた!

耳慣れた曲! ファーストソングは「幸せのレシピ」だ!

真子さんはレースのスカートを持ち上げて、美声を披露して下さる!

会場は手拍子でそれを盛り立てる!

ステージのセンターで謡われている真子さんを凝視しているオラだが・・・
だんだんと目が慣れて来た・・・!
先程までアンバランスだと感じていた帽子が、徐々に馴染んで見えたりする・・・

なんと言うか・・・ 西部劇に出て来るヒロイン役の女性・・・
最適な表現ではないかも知れないが・・・ そういうシチュエーションなら、その帽子もまんざらハズレではないかも(^O^)v

愛するガンマンの乗る馬に2ケツで横乗りしているヒロイン役の真子さん・・・
馬は荒野を走り抜けて行く・・・

それを追う、荒くれ者達・・・ ライフルの弾が真子さんの傍をかすめる・・・@o@;

そんな事を妄想していると・・・ 曲が終わってしまったぁ(;ω; )

幸せのレシピを謡い終えられた真子さんは、客席に向かい深々とお辞儀を為さっている・・・

謡い終えられた真子さんがMCを始められた・・・

わざわざグローリアチャペルまでお越し下さって有り難うございますm(_ _)m
昨年より暖かくて良かったね! ホント昨年は寒かったのよね!
最後まで宜しくね(^O^)

真子さんのMCが終わると次曲の前奏が流れ出した・・・

2曲目は「フォギー・レイン」

MCの間、真子さんを照らしていたスポットライトが消え、ライティンクがノスタルジックになった・・・

フォギー・レイン 木の葉を伝ってぇ〜♪
舞い落ちるしずく 河になるのぉ〜♪

真子さんの透き通った美声が、チャペルに透過していく・・・

観客は、真子さんが謡われる歌詞を噛み締めているのかの様に、静粛している・・・

オラは緊迫したした空気を感じた・・・
それは、この品川教会・グローリアチャペル独特のものと言うか・・・
場所を変え、浜離宮ホールで開催されていた事も含め、12月のこの時期の、このコンサート独特の雰囲気なんだぁ!
真子さんの他のライブでは味わえない、そんな緊迫した空気が満ちている!

曲が終わり、再び真子さんは深々と観客に向かいお辞儀をされた・・・

緊迫した雰囲気から一転して、客席からの温かい拍手が真子さんを包む!

観客が・・・ ただひたすら静かに聴き入っている為に、真子さんも緊張されていたのだろうか・・・
曲が終わり、客席から贈られた盛大な拍手に、笑顔がこぼれているヾ(@⌒ー⌒@)ノ

その拍手が鳴り止むのを待って、真子さんは再びMCを始められた・・・

えっーーーと ここで何を話そうかと思っていたんだけどぉ
えっーーーと なんだっけかなぁ???
あっ、そうそう・・・ この度は私の飼っている犬の事で、ご心配をおかけして、ホント申し訳なかったですねぇ(´_`。)
わざわざ芦屋まで、探しに行って下さったり・・・ 感謝していますm(_ _)m

でも、今頃はどこかのお宅に引き取られて・・・
この子、どこのワンちゃんだろう??? 飼い主は誰なんだろう???
そういう具合になってるんだろうなぁ〜って私は思っています(^-^)

だから、皆が私のワンコの事を気にしてくれているのは解るけれど・・・
その心配は忘れて、ライブに集中してねぇ(^O^)v

真子さんは、そう仰ったけれど・・・ 心配するなという方が無理だぁ(;ω; )
目に入れても痛くない程、愛情を注いでおられた筈の愛犬が、突如行方不明になったのだから・・・
きっと眠れぬ日々を送っておられたに違いない(;ω; )

だが・・・ このレポートを書いている最中に、吉報が飛び込んだぁヽ(*`3´)ノ
行方知れずになっていた真子さんの愛犬、リオンちゃんが無事に芦屋警察に保護されたらしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

リオンちゃんを見つけた警察官には、当然ながら警視総監賞が授与されるだろう!

まぁ、とにかく当分の間、真子ファンは芦屋警察に足を向けては寝れないぞぉヽ(*`3´)ノ

だが、コンサートが開催されているこの時点では、リオンちゃんは迷子のままであり、真子さんが皆に心配しないで! と仰っているものの・・・
オラは胸を締め付けられたぁ・・・(;ω; )

しかし! ここで妙案が浮かんだぁ!
ここはチャペルじゃないかぁ! 苦しい時だけの神頼みをしようヽ(*`3´)ノ
仏教徒のオラの願いが通じるかどうか??? それはキリストさん次第だが・・・
とにかくステージ後方に掲げられている、大きな十字架に向かい「リオンちゃん」が無事に真子さんの元に戻って来ます様に! とお祈りしたぁ(´_`。)

さて、オラが短くお祈りを捧げている間に、次曲の演奏が始まっている・・・

幾度か真子さんが披露して下さっている1981年発売「TWENTY MAKO・6」に収録されている「ポールの歌」だ!
皆ご承知とは思うが・・・ 「TWENTY MAKO・6」に収録されている10曲全てが筒美京平氏が手がけた作曲だ! ロンサムロードも! 思いっきりサンバも! そうだ!
但し、2008年に発売された復刻版というか・・・紙ジャケット盤の「TWENTY MAKO・6」には「フォギーレイン」と「恋のハッピーデート」がボーナストラックとして追加されているので、全曲が筒美京平氏とは言えない・・・

それはともかく・・・ 優しい笑顔を称えながら、真子さんは「ポールの歌」を歌唱しようと為されているが・・・
前奏の途中で、なにかゴソゴソと始められたぁ・・・@o@;

どうやら帽子を脱ごうとしている様だが・・・
ジュリーを謡われている時の様に、バサッ! と帽子を脱ぐのではなく・・・
とてもゆっくりと慎重に、それを為さろうとしている!

これは何かあるぞぉヽ(*`3´)ノ そう察するのがコアなファンというものだぁ!

何かが起こるヽ(*`3´)ノ 500名のファンが腰を抜かす様なサプライズが、今! 起ころうとしている筈だぁヽ(*`3´)ノ

帽子の中に某か仕込まれている事は明白だろう!
何が仕込まれているのかぁヽ(*`3´)ノ ハト?! そうだ小鳩かぁ!
真子さんが帽子を脱ぐと同時に! 小鳩が数羽、真子さんの頭から飛び出し!
羽ばたき、チャペルを飛び回るヽ(*`3´)ノ
凄いサプライズだぁヽ(*`3´)ノ 

うんにゃ! もっと凄いサプライズを企画しているのかもしんないヽ(*`3´)ノ

そ・そうだぁ〜〜〜! リオンちゃんだぁヽ(*`3´)ノ
帽子の中にリオンちゃんが居るヾ(@⌒ー⌒@)ノ

皆さん・・・ ご心配をおかけしましたけど・・・
じつふぁ・・・ リオンは戻って来ていたんですよぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そういう筋書きというか・・・ スペクタルなサプライズだぁヽ(*`3´)ノ

生まれながらにして、超人的な野生の勘を備えているオラは! それを確信したぁヽ(*`3´)ノ

前奏が終わろうとしている・・・

モタモタとしていた真子さんが・・・ 遂に帽子を脱いだぁヽ(*`3´)ノ

@o@; なにも無かったぁ・・・>┼○ バタッ

オラの住む地域では、思わせぶりな素振りをして、他人を騙す事を「つつもたせ」という!

帽子に何か仕込んでいる様な素振りを見せ!
正に「つつもたせ」な真子さんだが・・・
そんな事はおかまい無しに、愛くるしい笑顔でご機嫌良く「ポールの歌」を歌唱されている・・・

ヘイ! ポール 夕べもきっと〜〜〜 喧嘩したのねぇ〜〜〜♪
ジーンズに 涙の跡が滲んでいるふぁ〜〜〜♪

曲が終わり、つつもたせの真子さんがMCを始められた・・・

有り難うございま〜〜〜す
久しぶりに遠くから来て下さった方が居るのよね!
えっ〜〜〜と、熊本から来て下さっている人!

おそらく真子さんのブログに、チャペルのコンサートに熊本から行きます!
そう書き込みしたファンがおられるので、真子さんは客席に向かいそう話しかけられた訳だが・・・

どうやら当人は遠慮してか恥ずかしくてか・・・ 挙手しないようだ・・・

代わりに後列付近から「○※△#$□※#&」大声で叫んでいるファンが居る@o@;

声は異様に大きいが、その大声が割れて、何を言っているのか?
サッパリ解んない・・・(´_`。)

きっと気持ちが高揚しているのだろう・・長々と叫んでいる・・・(´_`。)
しかし真子さんとお逢い出来る瞬間は! オラ達にとっては、一分一秒が貴重な時間なんだ!
もうそのぐらいにしといてよ(´_`。)

ようやく大声の主は諦めたらしい・・・

それを見計らって、真子さんがMCを再開された(^O^)v

次の曲は「猫は見ていた」という曲なんですが・・・
切ない曲なのよぉ〜〜〜(;ω; )
それでね・・・ 「男と女の脳の違い」っていう本を読んだんだけど・・・
この本を、若い時に読んでれば・・・ って思ったのよ〜〜〜(;ω; )
女性の脳は「察する脳」なんだって・・・ でも男性には「察する脳」は無いの(;>ω<)/
女性は太古の昔から子育てで、子供が熱を出していないだろうか? お腹を空かしてはいないだろうか?って察したりするけれど・・・
男性はマンモスを捕りに行くでしょ! あ〜〜〜だ、こう〜〜〜だと考え事してたら、マンモスに踏んづけられて死んじゃうから・・・ そういう察したりする事はしないらしいの(;>ω<)/
だから男性は女性の事を察したりしない(;>ω<)/
そこで喧嘩が始まるの(-`Д´-;)!
一緒に暮らしていると・・・ 靴下を脱ぎ捨てたままにして・・・
遅くなるからって電話もして来ないし・・・(;ω; )
女性の気持ちを察するって事が、男性には全く無いのよぉ〜〜〜(-`Д´-;)!

だからね・・・ 「察してあげられなくてゴメンネ」そういう一言が女性には殺し文句になるの!
ぜし! 夫婦喧嘩とかしたら・・・「察してあげられなくてゴメンネ」って言ってあげてね!
それで丸く治まるから(^O^)v

では・・・ 長々とお話ししましたが・・・
男女が遠く離れていく・・・ ってお話の・・・ 「猫は見ていた」を謡いますm(_ _)m

ステージ奥の壁に満天の星空が映し出され、真子さんは訥々(とつとつ)と「猫は見ていた」を謡い始められたが・・・
果たして、今、真子さんが仰った事は万人に通用するのだろうか???
オラは我が家を例にとり、シュミレーションを試みたぁヽ(*`3´)ノ

いつも勝手な事ばかりしてゴメンネm(_ _)m
察してあげられなくてゴメンm(_ _)m

よく言った! ちゃんと解ってんじゃない(-`Д´-;)!
解ってんなら親衛隊なんて辞めなさいよぉ〜〜〜(-`Д´-;)!
キッパリ辞めるのよぉ〜〜〜ァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァ
いい歳して マコちゃ〜〜〜ん なんて、恥ずかしくないのぉ〜〜〜(-`Д´-;)!
もう最低なんだからぁ〜〜〜
親衛隊から足を洗わなきゃ! 二度とご飯作ってあげないからねァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァ

我が家の場合・・・「察してあげられなくてゴメンネ」などと言う、生半可な言葉じゃ、おさまりがつきそうにない・・・ と言うか・・・ 火に油を注ぐ事になりそうだヾ(@~▽~@)ノ
真子さん! そういうケースは・・・ どうすれば、よかっぺですか(;ω; )

そんな事は自己解決しなさい! とでも言いたげに、真子さんは凛とした表情で、正面を見据えて謡っておられた・・・

曲が終わり、深々とお辞儀をされ・・・
再び・・・「察してあげられなくてゴメンネ」その言葉をお忘れなく(^O^)v
そう繰り返し、オラ達にアドバイスして下さったぁ(´_`。)

えっ〜〜〜と、今年の夏にNHKでOAされた「へっちゃら平気の平八郎」皆さんも聴いて下さいましたか?
子供の歌声がハモっていた事もご存知でしょうね(^O^)
でふぁ・・・ 皆さん、子供の様に可愛い声でねぇ(^O^)v
練習しますよぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
せぇ〜〜〜の!

へっちゃら平気のぉ〜〜〜♪ 平八郎ぅぅぅぅ〜〜〜(○`ε´○)

ヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノ

真子・・・ ショックぅぅぅぅ〜〜〜ヾ(@~▽~@)ノ

もう一回ねぇヾ(@⌒ー⌒@)ノ

へっちゃら平気のぉ〜〜〜♪ 平八郎ぅぅぅぅ〜〜〜(○`ε´○)

ヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノ

再び真子・・・ ショックぅぅぅぅ〜〜〜ヾ(@~▽~@)ノ

まぁ・・・ いいかぁ・・・(;ω; )

どうやらオラ達の音楽の成績は、真子さんの合格点に達していない様だぁ・・・(´_`。)

見切りを付けて、真子さんが「へっちゃら平気の平八郎」を謡い出された・・・

ステージを照らしている照明が夕焼け色に変わる!

オラは練習の時以上に、精一杯! 真子さんの歌声に合わせ・・・
へっちゃら平気のぉ???♪ 平八郎ぅぅぅぅ???(○`ε´○)
ヘイヘイ! ヘイヘイ! へっちゃら平気のぉ〜〜〜♪ 平八郎ぅぅぅぅ〜〜〜(○`ε´○)
と大声で謡った(○`ε´○)

曲が終わると、真子さんがバンドメンバーを紹介して行く!

あのねぇ〜〜〜 アコーディオンの桑山さんが本を出版されました(^O^)
「こんな僕でもやせました」っていう本らしいの!

バンドメンバーの紹介を順調に終えられた真子さんは、ちょこっとお話を為さる・・・

ではここで、しばらく山梨さんの曲を皆さんに聴いて頂きますが・・・
えっ〜〜〜と いつも私が山梨さんのCMソングの事を間違えて紹介していて・・・
タカラ缶チューハイだとか言っちゃってますが・・・
正しくはサントリーです(´_`。)

真子さんは衣装替えの為、ステージの袖へと消えて行かれ、その間、山梨さんはサントリーチューハイ・ほろよいのCM曲「ポーのワルツ」をギター弾き語りで披露して下さった!

3分少々の「ポーのワルツ」が終わり、観客はバンドマスターの山梨鐐平氏に大きな拍手を贈る!
山梨氏が少し照れくさそうに深々と客席にお辞儀され、その直後に真子さんがステージの下手から現れたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

3分少々の間に衣装変えを為さった真子さんだが・・・
オラは真子さんが衣装替えされる度に、不謹慎な疑問を抱いてしまう( ̄ー ̄)ニヤ
いったい何処で着替えているんだろうか?
楽屋まで戻る時間もなかろうから・・・ステージの袖にカーテンで仕切られた、簡易な更衣室でも設けているのだろうか?
真子さんお一人で着替えているのだろうか? それともお手伝いの女性とかおられるんだろうか?
予め(あらかじめ)一着目の衣装の下に、二着目の衣装を着ているのだろうか?
それとも・・・ スッポンポンになって、着替えているのだろうか( ̄ー ̄)ニヤ
勇気のある輩は、サイン会の際に真子さんに直接尋ねて欲しい(○`ε´○)

とにかく衣装替えを済ませた真子さんが、ポーのワルツを謡い終えた山梨さんに拍手を贈りながら、現れた!

肩が露(あらわ)な、シンプルなレース仕立ての黒いドレス姿だった!
後ろ髪に、まるでフラメンコダンサーの様な、大きな真紅の花の髪飾りを着けておられ、それが黒いドレスとコントラストをなしているが・・・
色白の真子さんの、露になっている肩や腕ともコントラストをなして、更に美しさが極まっている!

き・綺麗ぃぃぃ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ メロメロになっちゃうよぉ( ̄□ ̄;)

加えて申し上げれば! 愛くるしい小顔と、くびれたウエストが、可憐な美しさを加えている!

正に八頭身! お色気・・・プンプンって感じだよヾ(@~▽~@)ノ

また、更に加えて申し上げれば・・・ その佇まい(たたずまい)が素晴らしく美しい!
品格があり、清楚な佇まいはオードリー・ペップバーンやグレー・ケリーを遥かに凌ぐ!

まるで、西洋のお姫様か、フランス人形のようだぁ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

もちろん! チャームポイントの「タレ目」は世界最強てある!
トリンドル玲奈なんて、足元にも及ばないヽ(*`3´)ノ

と・・・ あらんかぎりの褒め言葉を尽くして、真子さんの美貌を讃えたが・・・
けして過言ではなかろうとオラは思う(^-^)v

さて、そんな美貌を極めた真子さんだが・・・
スタッフの方が用意して下さった椅子に、ゆっくりと腰をかけられ・・・
クラシックギターをムチッとした太ももの上に置かれたぁ・・・

少し、お尻をゴソゴソしてポジションが定まってから・・・

えっ〜〜〜と メガネかけようかなぁ〜〜〜(^-^) と仰って・・・
ちょいお洒落な黒ぶちメガネをかけられたぁ!

うっ〜〜〜ヾ(@~▽~@)ノ メガネの真子さん、めちゃ可愛いぃ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
気品があるよぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 知的だよぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

譜面台を凝視した後、真子さんは、バンドマスターの山梨さんに目線を送った!

山梨さんが小さく・・・ 「ワン・ツー」と仰って、演奏が始まる!

7曲目・・・作詞・作曲・山梨鐐平氏の「太陽は夜も燃える」

アコーディオンの音色の見せ所とばかりに! 桑山さんが前奏を盛り上げる!

真子さんは、ピックなしの「スラム奏法」という弾き方で、鋭くギターを弾く!

黒いドレスを召された真子さんは・・・ まるでフラメンコギターの奏者のようだ!

歌声も力強い!

曲が終わると、会場から割れんばかりの拍手と喝采が真子さんに贈られた!

真子さんはギターのカポを付け直し、次曲の準備を為さった・・・

真子さんが何を謡って下さるのか?
皆、それぞれに想い出の曲! 聴きたい曲がある!
しかも、それを真子さん自ら、弾き語りして下さったとすれば、言葉に尽くせない幸福が訪れる筈だ!
故に観客は固唾を飲んで次曲の前奏を待っている・・・

が・・・ 真子さんはMCを始められた(´_`。)

あのねぇ〜〜〜 は・ひ・ふ・へ・ほ・・・のお話よ(^O^)
「は」は横隔膜から一気に「は〜〜〜!」って吐き出すの!
すると力強いでしょ(^O^)
でもね・・・息だけで「は」とすると…儚い(はかない)のよね(;ω; )

続いて

「ひ」「ふ」「へ」「ほ」と、それぞれのお話を真子さんは為さるが・・・

お話が複雑な上に、珍しく多弁なので、全くメモが追いつきませんでした(´_`。)
ゴメンナサイ(;ω; )

3〜4分程「は・ひ・ふ・へ・ほ」のお話が続き、漸く(ようやく)次曲の前奏が始まった!

観客全てが期待している、真子さんのギター弾き語りの2曲目ふぁヽ(*`3´)ノ
夭逝(ようせい)のシンガーソングライター! 村下孝蔵さんの「初恋」ヽ(*`3´)ノ
前曲同様、ピックを使わずに真子さんはスラム奏法でギターを奏で始めた!

この「初恋」は幾度か私達の前で歌唱して下さっているが、弾き語りは初めてだぁ!

しかし、随分練習を為さっていたのだろう・・・
いとも簡単だよ! と言わんばかりに、真子さんは右手を激しく動かし、強くギターを弾かれている!

真子さんカッチョイイよぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

前奏が終わり、真子さんが謡い出される・・・

五月雨ふぁ〜〜〜 緑色ぉ〜〜〜♪ 悲しくさせたよぉ〜〜〜 一人の午後ふぁ〜〜〜♪

素敵だなぁ〜〜〜と 見蕩れてしまう観客あまたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そして、初恋の初演奏を終えた真子さんに、観客から万雷の拍手が浴びせられた!

初演奏で少し緊張されていたのか、演奏が終わると、小さくフッ〜と息をついた真子さんを、オラは見逃さなかったし! その「フッ〜」がとてつもなくチャーミングだったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、曲が終わり「フッ〜」をして、息を整えられた真子さんが短いMCを始められる・・・

先日、同窓会があってね・・・ 若い頃の写真を見ると、いろんな事を思い出すものですね(^O^)

短いMCだった・・・(´_`。)

続いて9曲目・・・ 阿木耀子さん作詞、アニメ「みゆき」のエンディングテーマ曲! H2Oさんの「想い出がいっぱい」

古いぃ〜〜〜 アルバムの中にぃ〜〜〜♪ 隠れて 想い出がいっぱいぃ〜〜〜♪

ちょい低音だし、こういうスローな曲は歌い手泣かせなのだそうだが・・・
真子さんは透き通る様な美声で、私達にこの曲を聴かせて下さったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

H2oさんの「想い出がいっぱい」を見事に謡いきった真子さんは、客席に向かい丁寧に御辞儀をしてからMCを始められた・・・

先日H2oの中沢けんじさんと歌番組でコラボして、この曲を謡ったんですが・・・
素敵な曲だなぁ〜〜〜って感動しちゃたんです(^O^)
そして、またお話は戻りますが、30数年ぶりに同窓会でシスターにお逢いしたんですが・・・
「あなた! よく廊下を走ってましたね!」「学校に内緒でパクパク・コンテストに出場してましたね!」そう叱られたんですぅ(;ω; )
では、パクパク・コンテストでよく謡われていた、懐かしいこの曲を聴いて下さい!

マンドリンとギターが奏で始め、前奏が流れ出す・・・ しかし! オラは全くその曲が予測出来なかった(´_`。)
左隣に座っている角刈り君に目線を送ったが・・・ 彼も首を横に振る・・・ 

こんな前奏の曲、真子さんの楽曲にあったっけ〜〜〜???

真子さんが微笑みを讃えながら謡い出された・・・

さよならの言葉さえ 云えなかったのぉ〜〜〜♪
白雪姫みたいな 心しかない私ぃ〜〜〜♪

オラが天使の様に可愛い子供だった頃、我が家のテレビが白黒からカラーに変わった頃に、なんとな〜〜〜く聴いた事があるような???
そんな曲だが・・・ もちろん記憶力抜群のオラには曲名が解らない(;>ω<)/

しかし、曲が終わると、真子さんがアナウンスして下さった・・・

今の曲は天地真理さんの「水色の恋」っていう曲です! 懐かしいね!
さて、次の曲は・・・ レコーディングしてから一度も謡った事の無い曲です!
きっと! 泣く人が居るよ(^O^)v
譜面も無いし・・・ カラオケも無いし・・・
譜面おこしから始めたの・・・
では、お待たせしましたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ 泣いて下さ〜いヾ(@⌒ー⌒@)ノ

@o@; 観客が泣くのかぁ〜〜〜@o@;
幸い足元に置いているカバンには、厚手のハンカチが入っている!
オラは号泣する準備を始めたぁ・・・(´_`。)

マンドリンが小気味よい前奏を奏で始める!

コアなファンなら即座に曲目を当てたいところだぁヽ(*`3´)ノ

にゃんだろう???

ファンクラブ・イベント「MAKO`S CAFE」でイントロクイズ無正解のオラは全神経を両耳に集中したぁ!!!

聴いた事あるぞぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ
えっ〜〜〜と えっ〜〜〜と・・・

@o@; ジグザクだぁ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

MAKO。に収録の「ジグザグ・チェイス」

二階の窓から見える 路地を右手に曲がるぅ〜〜〜♪
あなたの家の方角は そこから途切れるぅ〜〜〜♪

アップテンポで、なんともカッチョイイ曲だが・・・
曲名の「ジグザグ・チェイス」の意味がイマイチ解りにくい・・・
チェイスとは・・・ カー・チェイスの「チェイス」だ!
即ち・・・「追う」とか「捕まえる」って意味になる!
なので、大好きな彼を追うっていう曲なんだ(^O^)

さて、レコーディング以来、初披露のジグザグを熱唱中の真子さんだが・・・
500を超える観客も、懐かしさが加わり、懸命に手拍子を贈る!
そして、スポットライトがステージ奥の壁を真紅に染めた!

しかし・・・ 号泣の準備万端なオラだが、真子さんが仰ったようには泣けない・・・(´_`。)

にゃんで???

ジグザグに懐かしさは、たっぷりあるのは当然だが、涙が出る程ではなかった・・・

???

あっ! もしや! 真子さんのブログに、幾度も「ジグザグ」を聴きたいよぉ〜〜〜と、訴え続けて来たオレンジ君の事を、真子さんは仰っておられたのか!
故に(ゆえに)・・・只今、オレンジ君は、号泣中に違いなかっぺぇヾ(@⌒ー⌒@)ノ

オレンジ君は号泣の真っ最中の筈だが・・・ ジグザグに続いて、耳慣れたイントロが流れ、真子さんは「狼」を謡い出されたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

うっ・・・((“o(>ω<)o”)) コ・コールしたいぃぃぃ・・・((“o(>ω<)o”))
真子さんの歌声に合わせ! 大声でコールをして! 真子さんと一体になりたい!
しかしながら、事務所さんとの申し合わせで、チャペルでのコールはご禁制だぁ(;>ω<)/
それどころか、親衛隊の制服たる特攻服も・・・ ハチマキすら自粛するよう求められている(;ω; )

こういう状況を・・・ 一般に「生殺し」という(;>ω<)/

自制する事を求められ! それは理解はしているが・・・ 辛いのは、苦楽を共にして来た、親衛隊の仲間達も同様だぁ(;ω; )

ここは・・・ 堪えなきゃぁ(;>ω<)/

胸から溢れ出る感情を押し殺し、堪えるしかなぃ(;>ω<)/

せめて・・・ 手拍子でもしよう・・・

一際強く、手拍子をして・・・ 狼を堪え抜こうとしているオラだが・・・・
真子さんが会場にマイクを向けている(;>ω<)/

うっ・・・((“o(>ω<)o”)) やっぱりコールしたい(;>ω<)/

でも・・・ 規則を破ったら・・・ 管理人のオラといえど・・・
親衛隊を除名されるのは必至の筈だぁ(;ω; )

親衛隊を除名される = ファンとして烙印(らくいん)を押される =
生き甲斐を無くす = 空虚な老後を迎える = 成仏出来ない(;>ω<)/

おそらく・・・ そういう路を辿るのであろう・・・(;ω; )

オラは! それこそ必至に堪え続けたぁ(;>ω<)/

そして、やっと「狼」が終わり、真子さんは短くMCを為さった・・・

えっ〜〜〜と この曲も! ぜし! ぜし!

真子さんは、ぜし! ぜし! と仰った・・・ ?????

ぜし! どうせよ! と仰るのか・・・?????

切ないメロディーが流れ出す・・・ 13曲目は「失恋記念日」

はい・・・ えっ〜〜〜と 「失恋」をお謡いになられるようですが・・・
オラ達は・・・ どうすれば、よかっぺですか(´_`。)

手拍子も不釣り合いな曲だし・・・ 元々、失恋はコール自粛曲・・・
オラは・・・「ぜし」の意味を計り兼ねたぁ・・・

し・か・し・・・ 真子さんは、そんな事は、おかまい無しに「失恋」を謡い始められている・・・

ノン・ノノノ〜〜〜ン♪ ノン・ノノノ〜〜〜ン♪

ステージのバックの壁に真紅のバラが映し出される・・・

真子さんは身体を反らし、イナバウワーを披露して下さったし、フィンガーアクションも冴えている!

で・・・ 「ぜし」・・・ どうせよ! とオラ達に仰ったのか・・・???
それは、この失恋が終わっても、全くオラには解らなかったが・・・
推測するとするなら・・・「ぜし、懐かしい曲を聴いて下さい」・・・
そういう「ぜし」だったのかと、憶測出来る(´_`。)

続いて、マンドリンとギターの軽快なメロディーが流れ出したぁ・・・

成熟した真子さんにピッタリと「十八番(おはこ)」にはまる「めまい」ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ステップも軽やかに謡われる真子さに、会場から手拍子が贈られる!

黒いドレスと、大きな真紅のダリヤの髪飾りが相まって・・・
フラメンコのダンサーが、ステージで踊り! 謡っているかの様にオラは感じたぁ!


「めまい」を謡い終えられた真子さんがMCを始められる・・・

皆さん、今年はどんな年でしたかぁ〜〜〜?!
わーもー12月で! もー来月は1月! 誕生日じゃないぃヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ホント早いねぇ!
来年、明治座でお芝居をするのぉヾ(@⌒ー⌒@)ノ
脚本がまだ出来ていないから、内容はまだ解んないんだけどぉ〜〜〜
でも、凄〜〜〜く楽しそうな舞台になりそう〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

あ〜〜〜 ダメ(;>ω<)/ 私・・・ 言い方が硬いのかなぁ〜〜〜(;>ω<)/

ちょっとばっり、棒読み口調でお喋りされた真子さんは、ご自信で反省為さっているいるようですが・・・
ご自身のMCが「硬いかなぁ〜〜〜」って仰る真子さんが、オラは目に入れても痛くない程、可愛いと感じたぁ(^O^)v

真子さんのMCが終わると、幻想的なイントロが流れ出したぁ・・・

@o@; つい2時間前迄コール練習していた曲! 「思いっきりサンバ」だぁ!
イントロのコールの入り方がやけに難しいので、幾度も皆で練習した曲だぁ!

うっ・・・ コールしたい((“o(>ω<)o”))
でも・・・それふぁ御法度(ごはっと)((“o(>ω<)o”))
万が一、規則をやぶってしまおうものなら・・・ 除名という厳しい処分が待っている(;ω; )

オラは練習したての「思いっきりサンバ」のコールを胸の奥に飲み込もうとしたが・・・
スポットライトを浴び、可憐に謡われようとする真子さんを目前にして、それは至難だぁ・・・(´_`。)

なんか、別の事でも考えて、気をまぎらわすっぺぇ・・・(;ω; )

う〜〜〜ん 正に真子さんが謡い始めようと為さっている「思いっきりサンバ」だが・・・
30数年前のオリジナルと前奏のイメージがやや違う・・・

それは仕方の無い事だが・・・ ギター、マンドリン、パーカッション、ベース、アコーディオンという楽器を揃えた山梨バンドに欠けているものがあるからだ・・・

皆も承知しているだろうが・・・ なにが欠けているのかと言うと「管楽器」が足らない(´_`。)

トランペットやトロンボーンという管楽器が無いので、それらのパートを、どう再現するのか・・・
そこで技術やセンスってものが必要になって来るぅヽ(*`3´)ノ

この「思いっきりサンバ」にも管楽器のパートがあるが・・・
それを既存の楽器でどう表現しようか??? という事に、少なからぬ苦労を伴うし、誰かがその苦労を背負わなきゃなんない・・・(;>ω<)/

では、消去法でまいります・・・

ウッドベース・・・ 絶対無理
パーカッション・・・ 無理
アコーディオン・・・ 無理っぽい
ギター・・・ 無理っぽい
マンドリン・・・ 可!

という訳で・・・ 日本マンドリン連盟理事!の青山忠さんが、それを背負う宿命となる(;>ω<)/

皆も承知されているだろうが、マンドリンという楽器は、独特の高音が特徴であり、8本ならんだ弦を駆使して繊細な音色を醸し出す!
が・・・ そのマンドリンで、管楽器のパートを担当しようとすると、ちょい問題が生じる・・・

マンドリンはギターと同様、管楽器のような「持続音」が出せないんだぁ(;ω; )
なので、そこを・・・ なんとかしなきゃなんない!

そこで、マンドリンの名手、青山さんは「技」を使うヽ(*`3´)ノ
弦を弾く指先を超高速でストロークする「トレモロ奏法」という技だぁヽ(*`3´)ノ

8本あるマンドリンの弦は、2本ずつがペアーになっている・・・
2本の弦の間隔はとても狭い・・・
その特徴を活かし、高速でストロークすると・・・ 持続音っぽくなるヾ(@⌒ー⌒@)ノ
但し、高速のストロークは・・・ 疲労大(;ω; )

と言う訳で、今夜は青山忠さんが管楽器のパートを担当されている訳だ!
青山さん、ご苦労さまですm(_ _)m

さて、マンドリンの青山さんの手元を凝視していると・・・
思いっきりサンバも中盤に入っている・・・

真子さんは、軽快なステップを踏み、そして時折、おでこに掛かった前髪を盧き上げて元気よく謡って下さる!

曲の中盤・・・ 20歳まで〜〜〜♪ のサビで、絶妙なタイミングでライティンクが、オレンジ色から真紅に変わった!

照明さん! ナイスタイミングヾ(@⌒ー⌒@)ノ

照明さんが年々、腕を上げられている事が・・・ オラはちょい嬉しかったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

曲が終わり、真子さんのMCが始まる・・・

ありがとう〜〜〜 10代の頃の懐かしい曲を聴いて頂きましたぁ・・・
今日はお忙しい中、お時間を作って来て下さって、本当に有り難うございましたぁm(_ _)m
こういう形で歌を聴いて頂ける事に感謝していますm(_ _)m

あっ〜〜〜 硬いぃぃぃ〜〜〜(;>ω<)/ どうして硬くなっちゃうんだろう(;ω; )

と・に・か・く・ぅ・・・ 本当に感謝していますm(_ _)m
でふぁ・・・ 最後の曲になります・・・

真子さんから最後の曲と聞かされ、客席から切ない溜め息が漏れる・・・

そりゃそうだろう・・・ 至福の一時に幕が降ろされお別れの時刻が迫っている・・・
いつまでも宝石の様に美し真子さんと繋がっていたいのに・・・
500を超える観客全てが、そう感じている筈だぁ・・・(;ω; )

そして真子さんがラストソングに選ばれたのは・・・
2004年秋にリリースされた、アルバム「海の記憶」に収録されている「この世で一番好きな人」

前奏が、ギターのワンストロークのみという・・・ ちょい異色の曲目だ!

切なくなる複雑な歌詞を謡いこなすのは至難の筈だろうが、感受性豊かな真子さんは、見事に歌唱して下さっている!

この曲、歌詞が・・・ あまりにも、真子さんの過去の現実と繋がっているから・・・
聴いていると目頭が熱くなるんだよねぇ・・・(´_`。)

オラはウルウルして来たぁ・・・(´_`。)

長い間奏で桑山さんのアコーディオンが冴えわたるが・・・
その音色が、更に切ない・・・(´_`。) 

オラは更にウルウルする(´_`。)

オラだけの筈じゃない!
既に号泣しているファンもいる筈だろう! 周りを確認すると・・・
皆、背筋を伸ばし、伸び上がって、ステージで謡っておられる真子さんを凝視しながら、小気味よい手拍子を贈っていたぁ・・・@o@;

オラの右隣には同年代の女性がお行儀よく座っていたが・・・
その女性は、微笑みを称えながら手拍子を為さっている・・・ 

@o@; にゃんでぇ???

ウルウルしているのは、オラだけなんだろうかぁ(´_`。)

それはさて置き・・・ 間奏の途中で、真子さんは改めてバンドメンバーを紹介される!

観客は真子さんに続いて、演奏者にネームコールを贈る!

そして、真子さんが再び謡い出される!
お腹から振り絞る様に発せられる、真子さんの美声ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
素晴らしいぃぃぃ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

「この世で一番好きな人」を見事に謡いきった真子さんは、曲が終わると一際深々と長くお辞儀をされた!

もちろん500を超えるファンは、万感胸に迫る思いで、盛大な拍手を一斉に真子さんに浴びせる!
いつまでたっても拍手は鳴り止まないが、しばらくすると真子さん右手を振りながら・・・
ステージの下手へと消えて行かれたぁ・・・

真子さんの姿が、袖へ消えると同時に、鳴り止まなかった拍手が手拍子へと変わる!

グローリアチャペルに詰めかけた、500を超える真子ファンが、一心同体となり、リズムよく手拍子を行う!
もちろん! それはアンコールの督促であるぅヾ(@⌒ー⌒@)ノ

再び真子さんにお逢いしたい! 透き通った歌声を聴かせて欲しい!
そういう願いを込め、観客は手拍子を続けている・・・

1分・・・ 2分・・・ 

その間、オラはこのレポートを書く為に用意していた、メモ帳の整理をしていたが、突如客席から「わぁ???!」という歓声があがった!

オラは膝元のメモ帳から目を移し、首をもたげる!

山梨バンドのメンバーに続き、真子さんがゆっくりとステージへと歩んで来られる!

そのお姿は・・・ フラメンコ・ダンサーの様な黒いドレスから、一変して・・・
@o@; ゴールドのドレス姿だったぁ・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

せっかく目が眩む(くらむ)ように真子さんが着飾って下さっているんだ!
もうちょい詳しくご説明しよう!

肩が露な(あらわな)金色のスパンコールが施された、ロングドレス!
金色と言っても、派手なゴールドじゃなく、しっとりと落ち着いた金色のように見えるし、ライティングによっては、シルバーにも変化するようにも感じる!
そして、ちっこい真子さんの頭には白いお花の髪飾りが乗っかっている(^O^)v

美麗(びれい)・・・ そんな言葉がふさわしい、ちょいセクシーな衣装だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ステージのセンターまで歩まれた真子さんは、ゆっくりと客席を見渡された!
手拍子を続け、アンコールをしてくれた観客の姿を、ご自身の瞳と胸に焼き付ける為に、そう為さっているのかのようにオラには思えたぁ!

客席から歓声は続いているが・・・ 真子さんが、まるで夜空を見上げる様に、少し上向き加減な姿勢をとられると「謡われる」皆がそう察し、瞬く間にチャペルは静粛に包まれた・・・

数秒して、マンドリンとギターが柔らかなメロディーを奏で始める・・・

耳慣れた前奏・・・ 山梨鐐平氏、作詞・作曲の「Eve」だぁ!

一昨年から「アコーステッィク・コンサート」と名称は変わってしまったが・・・
それ以前の「クリスマス・コンサート」と言われていた時から数えて、今夜が12度目となる年末のコンサート・・・
オラの記憶が正しければ、必ずそこで謡われるのが、この「Eve」である!

白い雪の向こうのぉ〜〜〜 太陽のもっと上〜〜〜♪
楽園はありぃますかぁ〜〜〜♪

これも歌詞が悲しい曲なんだぁ(;ω; )

おそらく「太陽のもっと上の楽園」っていうのは「天国」で・・・
亡くなられた大好きな男性に、天国からは・・・ 私が見えますか?
あなたが天国に召されて、長い間泣き続けていたけれど・・・
今はもう、微笑むことだって出来るようになりましたよ・・・
あなたと過ごしたクリスマス・イブの想い出、今も忘れませんよ・・・
少しずつだけど、謡うことも始めました・・・
私の歌声を天国で聴いていて下さいね・・・

うっ・・・((“o(>ω<)o”)) こう言うように「Eve」の歌詞を解説すると・・・
オラは涙が止まらない(;ω; )(;ω; )(;ω; )

今夜のバンドマスターである、山梨鐐平氏が真子さんに提供している楽曲の歌詞は・・・
古くから真子さんをよく知る彼が、真子さんに代わり作詞しているのだという事が、伝わって来る・・・
真子さんの周りで起こった出来事・・・ それを歌詞にし、曲をつけて、真子さんに捧げている・・・
そういう事が、歌詞を幾度も読み返すと理解出来る・・・

だから余計なおせっかいかも知れないが、皆もCDの歌詞カードを、じっくりと読もう!
きっと新しい発見がある筈だし! 真子さんへの想いが深まる筈だぁ(^O^)v

さて・・・ 真子さんは星空を見上げ、佇む様にしてEveを謡っておられるが・・・
ここで照明さんが、もうひと工夫して下さった!

スポットライトに照らされている真子さんのバックに、雪景色が映し出され・・・
しばらくすると粉雪が舞い降りてきた・・・
最新のプロジェクションマッピングと言うのは過言だろうが・・・
それの一歩手前の様な技術を駆使した粉雪に包まれる真子さん・・・
更に美しさが際立ち! 透明に近い歌声がチャペルの隅々へ・・・
そして観客の胸に浸透して行く・・・

有り難う真子さん! こんな素晴らしい一時! そして空間を作って下さって!
オラは感謝の気持ちで胸が詰まりそうになるし、また目頭がウルウルする(;ω; )

曲が終わり、客席に向かい深々とお辞儀を為さる真子さん・・・

いよいよだぁ! アンコールは2曲というのがお決まり!
だから次曲が、いよいよ本当のラストソングになる・・・

オラは真子さんと共に合唱出来る「サンキューソング」が聴きたかったし!
今! 心の底からそれを合唱したいと願った!

念のため・・・ 隣席の角刈り君に・・・「サンキューソングかな?」と同意を求めた!

すると彼は「金木犀じゃないすっかぁ?」そう小声で言ったぁ・・・@o@;

同意してくんないんだぁ〜〜〜(´_`。)
でも、金木犀もありだなぁ〜〜〜(´_`。)

オーラスは金木犀かな??? サンキューソングかな???

オラは前奏を心待ちにした(^O^)

決して平坦では無かった真子さんの半生・・・
時に喜び、幸せに包まれ・・・
時に悲しみ、辛い(つらい)出来事が重なった・・・
そんな自らの過去を、真子さんはしみじみと思い浮かべながら謡って下さった・・・

オラは胸が締め付けられたぁ・・・(;ω; )

「Eve」がエンディングを迎えると、オラと同じく胸を締め付けられた観客から、一斉に盛大な拍手がステージの真子さんに贈られる!

辛い時、オラ達は・・・ 何もしてあげられなくて、本当にゴメンネ(;ω; )
正直・・・ もう謡ってくれるなんて思ってなかったから、真子さんの事を忘れかけていた時もあるんだぁ・・・(´_`。)
でも、辛さにくじけず、また謡う事を始めて下さって、心から感謝しているんだよ!

しかし不謹慎だけれど・・・ もしも、あなたが引退してから、幸せに暮らしておられたなら・・・
こうして、再びオラ達の前で謡って下さる機会は訪れなかったかも知れない・・・(´_`。)
だから、オラ達も、ちょい複雑な気持ちになるんだぁ〜〜〜(´_`。)

でも、さぁ・・・ 辛い過去があって、それを乗り越えたからこそ・・・
真子さんは更に素敵な女性になったんだよ・・・
細くて小さな身体だけど・・・ 力強さを感じるし!
包み込む様な、柔らかな優しさをお持ちになったんだ!

だからオラ達は、強い愛念を抱いてしまうんだよ!
そういう事を伝えようと、オラは「Eve」を謡い終えた真子さんに強く拍手を贈ったぁ!

さて、複雑な話になってしまったが・・・
そういうセンチメンタルな想いで頭の中を一杯にしている暇はない!
観客に深々とお辞儀をしている真子さんとの、お別れの時が迫っている(;ω; )

オーラスの次曲は! 精一杯! サンキューソングを合唱するぞぉヽ(*`3´)ノ
金木犀だったら! 力一杯! 手拍子するぞぉヽ(*`3´)ノ

オラは気合いを入れ直したぁヽ(*`3´)ノ

観客の拍手が鳴り止むのを待たず、それは始まった!
前奏が流れる事は無かった・・・ ステージ中央の真子さんは、佇まいを整え、夜空を見上げる様に少し顔を上げ、口を開こうとしている!

前奏なしで! しかも・・・ 口が「あ」になったぁヽ(*`3´)ノ

も・もしや・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ま・まさかぁ・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
の・あの名曲ヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

18曲目(アンコール2曲目)・・・ Good Byeは出発ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ありがとう 愛を〜〜〜♪
ありがとう 夢を〜〜〜♪
真心を ほほえみを ありがとうぅ〜〜〜♪

スローな謡い出しの「GooD Byeは出発」・・・ 気持ちを引き締める余裕は十分にある!
神聖なこの曲を歌唱される真子さんに、感謝を示さなきゃなんない!

どうやって感謝の気持ちを現すかヽ(*`3´)ノ

スタンディングしなきゃぁ〜〜〜ヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノヽ(*`3´)ノ

即座にオラは立ち上がったぁ!
一瞬、グルッと周囲を見渡したぁ! オラが真っ先にスタンディングしていたぁ@o@;

お・オラだけかぁ〜〜〜(;>ω<)/

オラは臨席の角刈り君の腕を掴んで持ち上げようとしたぁ!

彼は少し躊躇していた・・・

後ろの方の迷惑になっちゃいけないだろう・・・ そういう配慮は解る

し・か・し・・・ こんな素晴らしいコンサートのエンディングで、真子さんが神聖な「Good Bye」を謡って下さるんだぁヽ(*`3´)ノ

観客は、その事に感謝し! それを現さなきゃなんない!

オラは更に強く、角刈り君の腕を引っ張ったぁヽ(*`3´)ノ

彼はスタンディングしたぁ!
彼に倣い(ならい)、コンパ君とマロンさんが立ち上がったぁ!

7列目! 4名スタンディング完了ぅヽ(*`3´)ノ

前列は皆座ったままだが・・・ 後列は、ゾクゾクとスタンディングを開始している!

オラは背筋を伸ばし! 真子さんと共に謡う!

ありがとう 愛を???♪
ありがとう 夢を???♪
真心を ほほえみを ありがとうぅ???♪

だが・・・ しばらくすると・・・ 問題が生じた・・・@o@;

当然ながら・・・ Good Byeにはコールがある@o@;

それは間奏以降に始まる・・・@o@;

どうすればよかっぺぇ(;>ω<)/ 本日はコール禁止なんだぁ(;>ω<)/
万が一、規則を破れば・・・ 親衛隊を除名される = ファンとして烙印(らくいん)を押される =
生き甲斐を無くす = 空虚な老後を迎える = 成仏出来ない(;>ω<)/

己との葛藤が起こる(;>ω<)/

真子さんの真心! それに感謝を現してコールすべきかヾ(@⌒ー⌒@)ノ

それとも・・・ 沈黙すべきかぁ((“o(>ω<)o”))

間奏の間、ほんの一瞬・・・ オラはマジで葛藤したぁ・・・(;ω; )

しかし! 答えは直ぐに出た!
と・いうより・・・ 親衛隊員のオラの取るべき行動に!選択肢の無い事が知れたぁヽ(*`3´)ノ

間奏が終わる!

人の行く手には〜〜〜♪ ゴーヽ(*`3´)ノ 橋がある〜〜〜♪ マコちゃんヽ(*`3´)ノ

前列の仲間達の様子は全く解らないが・・・
角刈り君やコンパ君、それにマロンさんもコールを始めてくれている!

万が一、親衛隊を除名になっても・・・ 道連れが出来た事は心強い( ̄ー ̄)ニヤ

オラは年甲斐無く勢い良く! 右腕を突き上げてコールする・・・
すると・・・
真子さんとのお別れの1981年8月30日の渋谷公会堂の想い出が重なる
(;ω; ) (;ω; ) (;ω; )

あんときゃ、悲しかったなぁ〜〜〜(;ω; )
ホロボロに泣いたよなぁ〜〜〜(;ω; )

こんな悲しい思いをするんなら・・・
二度とアイドルのファンになんか、ならないでおこう・・・
そう決めたよなぁ〜〜〜(;ω; )

あれから三十数年が経過した今!
真子さんが再び! オラ達の前で謡って下さっている!
しかも! 神聖な名曲! Good Byeを・・・

いやが上にも気持ちが昂る(たかぶる)のは、オラだけではなかろう!

真子さんが前列の観客に向かい「立ち上がって!」とジェスチャーを送られた!

前列の観客が一斉にスタンディングしたぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ますます! 渋谷公会堂っぽくなって来たぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

更に力強く! 7列目のオラ達は、真子さんにコールを贈ったヽ(*`3´)ノ

いつまでも、謡っていて! この瞬間が続いて欲しい!

そう願わずにはいられないが・・・
とうとうGood Byeはエンディングを迎えてしまう・・・

割れんばかりの拍手と歓声に包まれ、宝石の様に輝く真子さんはステージの袖へと消えて行かれた(;ω; )

ステージに真子さんのお姿は無くなってしまったが、グローリアチャペルには、Good Byeの覚めやらぬ興奮が残されていた・・・
しかし、その余韻を掻き消すかのように、照明が灯された・・・

うっ・・・((“o(>ω<)o”)) もうちょっと暗いままにして欲しかったなぁ〜〜〜(´_`。)

だが、家路を急ぐファンもいる筈だ・・・ そんな我が侭は言っていられない

照明が灯されたおかげで、膝元のメモ帳がよく見て取れた・・・

@o@; みみずのような文字が、メモ帳の最終ページで終わっている!
メモ帳、まるまる一冊分使い切ったぁ@o@;

なんだか、その事がちょい嬉しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

隣の角刈り君に・・・ ねぇねぇ! ほら! メモ帳、一冊、きっちり使い切ったよ!

私はそう彼に話しかけたが・・・ あっそうみたいすっねぇ(○`ε´○)

愛想の無い返答が帰って来たぁ・・・(´_`。)

どうやら彼も余韻に浸っていたのだろう・・・ 邪魔をして悪かった(´_`。)

さて、素晴らしい真子さんのコンサートは終わってしまったが・・・
オラ達には、まだ予定が残されている!

素晴らしかったコンサートの想い出を、更に深めるべく!
仲間達と語り尽くさなきゃなんないヾ(@⌒ー⌒@)ノ

が・し・か・し・・・ それは時に、反省会へと変更される場合がある(;>ω<)/

も・し・も・・・ 親衛隊員として、あるまじき行動を行おう者がいたのなら・・・
その場で厳しく糾弾されるのだぁ@o@;

@o@; ちょいマズイかも・・・(;>ω<)/

Good Byeでコールしたのは・・・ 規則違反かも(;ω; )

今夜のコンサートに参加した、隊員が全員、コールしていたのなら、それも不問にされるところだが・・・
前列の仲間達の様子が、オラには全く解らなかったぁ・・・
ただ歴として(れきとして)解っているのは、オラと角刈り君とコンパ君とマロンさんは、大声でコールしたって事だ・・・(´_`。)

これから行われる宴会の席で・・・

後列でコールしていた奴がいるよなぁ〜〜〜(○`ε´○)
俺達、前列の隊員はコールを我慢してんのに・・・(○`ε´○)
規則違反だよなぁ〜〜〜(○`ε´○)
ケジメつけなきゃなぁ〜〜〜(○`ε´○)

そういう意見が出れば・・・ オラ達4名は、揃ってヤバイ(;>ω<)/
親衛隊を除名され・・・みじめな老後を迎えなきゃなんなくなる(;ω; )

品川駅方面に向かい、トボトボと歩いている、浄土真宗に帰依するオラは、振り返って、グローリアチャペルのキリストさんに・・・「どうか・・・そういう意見が出ません様に」とお祈りしたぁ(;ω; )

明日は早朝から予定があるので・・・
もうすぐ高速バスの出発時刻なので・・・
そういう仲間達と品川駅で別れ・・・
予定の居酒屋に親衛隊員、常連さん合わせて18名程が着席した

それぞれに飲み物が行き渡ると・・・ オラは率先して乾杯の音頭をとる!
とにかく、一秒でも早く乾杯して、賑やかな宴会に突入しなきゃ・・・オラの首が危うい(;ω; )

それとも・・・ 罪は全部、角刈り君に押し付けて・・・
コンパ君とマロンさんも道連れにしてもらい・・・
オラだけ生き延びようかぁ〜〜〜( ̄ー ̄)ニヤ

思案のしどころだが・・・ とにかく乾杯の音頭を取ったぁ・・・・!!!

「今夜の素晴らしいコンサートに! そして! 真子さんのご健康と! 親衛隊の発展! リオンちゃんが無事に見つかります様に! 乾杯ぃ〜〜〜!」

し・か・し・・・

ちょっと待ったぁ〜〜〜(○`ε´○)
乾杯の前に! 反省会しなきゃなんないなぁ〜〜〜(○`ε´○)

そういう意見は・・・ 幸いでなかったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

聞き耳を立てていると・・・ Good Bye良かったよねぇ〜〜〜(^O^)
コールして、真子さんと一体感を感じたなぁ〜〜〜(^O^)

そういう話し声が聞こえて来たぁ・・・
前列の仲間もGood Byeで、コールしてたんだぁ・・・ さもあらん!

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 首がつながったぁ・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
オラの老後も安泰だぁ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ

憂いの無くなったオラは、命の水を一気に飲み干すヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ウマイヾ(@⌒ー⌒@)ノ


おわり
2015年10月24日 ますも証券主催・福井 響のホール・石野真子コンサート



今回のレポート担当は給食のおばさんこと妖怪、そしてこの度「スゴロク姉さん」というまたのろくでもない別名をつけられた(管理人のフリに従い詳細は仕方なく後ほど記載(´Д`)
アキココです。よろしくお願いします!

さて、ご存知の方も多いと思いますが、私は4年前までの約20年間を今回のコンサートの開催地となったこの福井で過ごしていた。
私には第2の故郷とも言える福井でのコンサート!情報を耳にしたときから、超ワクワクしっぱなしだ(^O^)
前日になると、スマホの着信音がいつもの3倍はなっていたような。もちろん鳴らすのは親衛隊メンバーや真子友がほとんどである。

「いよいよ明日やねー(^^♪」

「明日、○時に福井入りしますー(^^♪」

そのなかでも、やっぱり女子だなあと思うメールが、ラララ組の2人から届いた(親衛隊女子メンバーの円音・智恵ママ・そして私の3人は勝手にラララ組と名乗っている(^O^))

「明日、どんな服で行くう?」

ンー♪女子らしいかわいいメールねえ(^^♪
しかしながら私は、、、

「可愛い服だと特攻服が似合わなくなるから、ブルゾンにジーパンで行くわー」

と彼女たちの期待に沿えない返信をするしかなかった(^^;) 特に円音は自身のブログにブテイックで見つけた素敵なワンピースの写真をアップして
「何着ていこ?」とチャーミングに書いていたので尚更ガッカリさせたかもなあ。だから私は

「コンサートの次の日は(今回は泊まりの遠征なので)ワンピースを着ようと思うよー」

と付け加えておいた。
円音がすぐに

「ワンピース?いいね!」

と返してきたので良かった♪と満足していたのだが、この翌日ワンピースも結局はさんざんな目に合うハメになる、、、これもまた後ほど^^;

そんなこんなで遠足前日の子供以上に興奮していた私はほとんど眠れないまま当日の朝を迎えた。眠れなかったのに更にパワーアップしたように元気だ(^O^)
朝早く自宅から傷だらけのマイカーで出発、真子さんのベストを車内にガンガン響かせながら爆走し(いえいえ、安全運転です)8時過ぎに福井へ到着した(^O^)

会場へ送るスタンド花やコール練習のカラオケボックス、打ち上げの居酒屋などの最終確認を済ませた後、9時に智恵ママ、広島君と合流、10時頃には角刈りさんも合流した。
響のホール近くのマックでコーヒーでも飲もうと4人で向かっていたら
「お疲れ様です!」
と道を挟んだ会場前から大きな声が。常連さんのたっちゃんだった。
聞くと常連さんの何人かは6時前から既に会場前で待機しておられるらしい。冷え込みが厳しい早朝からお疲れ様ですと頭が下がります。

マックに入り、コーヒー片手に4人でしばしの談笑をするも朝食抜きでやってきたらしい角刈りさんはお腹が空いて限界の様子。
1分おきに「お腹が空いた」と言っている(^^;)
予定では関西組の管理人さん、円音、ミモザさん、ワッスムさん、シュウさん、センパイ、平八君がお昼過ぎには到着するらしいので、羽田からJAL
でやって来るひさぴょんも含め大合流で昼食、そのままコー練へ移動と考えていたのだが、お腹が空きすぎて段々と土気色になっていく角刈りさんを見ているととてもそれまで持ちそうにない(^^;)
予定を変えて、4人で近くの食堂に入り、早めの昼食をとることにした。
、角刈りさんと広島君はカレーうどん、智恵ママと私は福井名物のおろしそばを食べた。
命の水も同時に流し込んだ角刈りさんはみるみる生きた人間の顔色に回復した(^O^)

早めの昼食を終えた私たちは会場前に移動、顔見知りの常連さんたちと簡単な挨拶を交わした。
たっちゃんやゴロツカさん、オレンジさん、まいまいさん、ひろにゃーん、おったいさん、ぎふっこさん、、、他にもたくさん!みんな真子さんが大好きな人たち♪
みんなが仲良く楽しいのが一番!
今後ともよろしくお願いします

そうこうしているうちに関西組も到着し昼食を済ませてコール練習の場所へ先に向かうとの連絡が。
こちらにはコンパさんも合流、私たちも慌てて向かい、無事に今回参加のメンバー全員が揃った(^O^)

コール練習はズレやすくなる楽曲を中心に皆、真剣に取り組んだ。

そしていよいよ出陣の時間を迎え、いざ響のホールへ!!!

何段くらいあったのかなあ、老体には少々キツイ階段を上って会場入り。
200名ほどのキャパのこじんまりとしているが、ステージが見やすくなかなか感じのいいホールだ。

今日はライブ後にサイン会も行われるとのことなので、まずは整理券を手に入れる為、既に何枚も持っているCDを買いにまた階段を降りて、販売コーナーへ。今回は「Mirai」にした。このアルバムでは
♪バイバイミスロンリー♪ や ♪太陽は夜も燃える♪ が私は好きだなあ、みんなはどの曲が好きなのかなあ


席に戻り、特攻服に着替えて、しっかりとハチマキをしめたところで、いよいよ開演です!!(^O^)

「せーのーーー!!!」

角刈りさんの統制が会場をつらぬきます。このときだけは角刈りさんがかっこよく見えます(^O^)

「真ツ子ちゃーーーん!!」

平均年齢50の隊員一同、血管が切れんばかりの声を出し、真子さんを迎えます(^O^)

♪ しあわせのレシピ

当日も会場で販売されていた35周年記念の写真集で着用されていたピンクベージュのマーメイドドレスでご登場!綺麗ー(^O^)このドレス、デザインも色も今の真子さんにイメージがピッタリ!ものすごーくお似合い!素敵ー♪♪♪

「みなさああん、こんばんはー たくさん来てくださってありがとうございますー
 初めて見るって人いる?えっいないの? まあ嬉しい! 石野真子です。
 まさかまさかのお招きで、、、ますも証券70周年記念にお呼びいただいたの。ありがとうございます
 福井の皆様も県外の皆様も楽しい時間を過ごしてくださいね!」

♪ Life is beautiful

会場の手拍子とともに歌が始まるが、真子さん、思わず吹き出す。手拍子がバラバラなのだ(^^;)
「ごめんね、これ難しいのよー」
と言いながら真子さん自らが手拍子を司りながら歌う。
曲の終盤では
「頑張って!もうちょっと!」
と皆を励まし、やっとの思いで歌われた真子さんに感謝!ありがとう!皆で手拍子も特訓しておきますね

「ちょっと気を入れて手をたたきすぎちゃった(笑)
 今回はますも証券70周年なんだけど、私もその半分ちょっとの37年続いてます。
 仕事や家族や人間関係、色んな問題があるけれど、ひとりじゃないよ、ここに愛があるよって楽しく向き合っていけたら」

♪ Friend

「ありがとうー この曲、フェイドアウトが長いのよね(笑)
 久しぶりのカラオケ演奏なの。
 次はジュリーがライバルのB面の曲を歌います」

♪ 白いオルゴール

 この曲は最高傑作ですね。何度聴いても飽きません。名曲です(^O^)

「もう1曲、B面を歌おうと思うの。
 この前沖縄で30年ぶりに歌ったんだけど、ハイスクールクイーン(会場から歓声があがる)、やーん、うれしい、知ってるのー?みんなはこの頃中学生かな」

♪ ハイスクールクイーン

「みんなの記憶に残ってて嬉しいわ」

ここで山梨鐐平さんの登場

「東京からお願いーーって引っ張ってきちゃったの。
 NHKみんなのうたで今、流れてる平八郎の作曲をしてくれたやまちゃんです!
 今日の衣装、スコットランドの民族衣装みたいね。すごくおしゃれにこだわった方なの。ルイ16世の頃のだっけ?」

山梨さん「ルイ16世ものすごく好きなんです!

と目を輝かせて、ルイ16世について語り始める。
 「誤解されてるんですよね、ルイ16世って。背が低くて、太ってるというイメージだが、本当は190Bの長身で、筋肉質」
などとかくかくしかじか、、、
 ルイの妻であるマリーアントワネットにも話は及ぶ。マリーは自由奔放に数々の浮名を流したようだが、真子さんが

「まあね、結婚して全く恋ができなくなるのもさみしいわよね」

と色っぽいお言葉・

ルイ16世とマリーアントワネットの写真やいい情報などはフランス革命で2人が処刑された際にその大半が焼き尽くされたそうである。

「この講義もっとしたいんだけど、時間がなくなっちゃうから、そろそろ次の曲に(笑)

 わかってほしいちょっとモヤモヤした気持ちを自分でへっちゃらへっちゃらと吹き飛ばす、そんな歌です。演歌みたいなタイトルなんだけど」

♪ へっちゃら平気の平八郎

ここでギターが真子さんの元に運びこまれます(^O^)

「最近、ホントに目が見えなくなって、弦も見えないのよ」 会場(笑)

「振り向いたら一瞬で恋してた、こんなことあると思う?
 あるんです
 エレベーターですれ違ってね、その時に、、」

「エレベーターだったら、見えませんよね」と山梨さんのツッコミに会場爆笑!真子さん、またやっちゃった(^^;)

「あー!エスカレーターよね!エレベーターはただの箱だよねえ。私、いつもエレベーターとエスカレーター間違うのよね」

真子さんらしくていいよ!(^O^)

♪ オリーブの小径

♪ 太陽は夜も燃える

♪ Cinderellagarden


「ありがとう、山梨さんのギターで歌えて嬉しいな。私のサポートなんて贅沢なんだけど、無理言って引っ張ってきちゃうの。今度は山梨さんの甘ーい甘ーいとろけるような歌声が聴きたいな、後は任せるわ」

という真子さんにすかさず山梨さんが

「これ、単に衣装替えなんですよね」

会場爆笑!

「そんなことないよ!山ちゃんに任せたよ!」

と真子さんは舞台袖に。

♪ ポーのワルツ (サントリーほろよいのCMソング)

歌い終えた山梨さん、大きな拍手に送られ退場されました

最近よくお召しになられているピンクのキラキラスパンコールドレスで、MCと共に真子さん再登場。
MCは福井放送の山田恵梨子アナウンサー。私も福井時代に仕事でお世話になった方だ。なんか嬉しい(^O^)

会場近くにある今川焼の老舗からたくさんの差し入れがあったと喜ぶ真子さん。
(そのお店の今川焼、美味しいですよ。皮はシッカリめで重量感があり、カレー味なんかの変わり種もあるから、おやつとしてでなく、食事代わりにもなると思います。私も昔よく食べてました。チョコレートが好きだったな(^^♪)

「子供の頃に東尋坊へ家族旅行で行ったんだけど、看板が当時からずっと変わらないの。写真でみたのと同じ看板で。写真っていいですね。景色をリフレインして思い出せる」

「永平寺のごま豆腐、もっちりしていておいしいですね」

「小松空港で恐竜が迎えてくれたの」

などと福井に対する思いを語ってくださった真子さんに山田アナが言う。

「石野さんのキーワードは可憐(かれん)です」

真子さん
「かれん?カレーじゃなくて?」 会場爆笑!

山田アナ
「妖精のように愛くるしくいられる秘訣を聞かせてください!」

真子さん
「つらい思いを持っていても明るくしてると良く見えるのかな。
可憐かあ、嬉しい。素敵な言葉!
本当にいつも楽しいこと考えてるとそうなっていく。楽しんだもんがち!」

山田アナ
「ストレスはどうやって発散させてますか?」

真子さん
「何だろう、偉い人の本読むとか。名言になるほどーって」

山田アナ
「それがすべてLife is beautifulに繋がっていくんですね!!」


お話しタイムが終わり、さあ、いよいよ親衛隊の出番です!(^O^)


♪ 狼なんかこわくない

♪ わたしの首領

 会場の皆で一斉に首領ジャンプ!気持ちいいー(^O^)(^O^)(^O^)

♪ 日曜日はストレンジャー

アイドル時代の3曲に思いきりコールし、あっという間に最後の曲に。


真子さん
「ありがとうの気持ちを込めて」

♪ サンキューソング

?この世に生まれてきたことがなんでこんなにもいとおしいの
君と出会えたただそれだけでおくりたいよサンキューソング「ン

会場皆での大合唱!サイコー(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)

歌い終え、舞台袖に消えた真子さんに

L O V E GO! GO! MAKO! とアンコール

9回目(ひさぴょんが数えてくれていた)で真子さん登場!

大ラスは真子さんお気に入りのこの曲でした

♪ 金木犀の香る頃


響のホールコンサートは終了しました

コンサート後の会場内で皆で記念撮影、サイン会にももちろん参加し真子さんとしっかりと握手を交わし、親衛隊が送ったスタンド花をバックにここでも記念撮影をして会場を後にした私たち。
向かうのは、コンサートに負けないくらい楽しみな打ち上げだ(^O^)
20人で予約しておいたのだが、常連の真子ファンたちの参加でまだ増えるという。ますます楽しみだあー(^O^)

会場近くの居酒屋に入り、皆でカンパーーーイ!!!

この瞬間に勝るビールはない!激ウマだ!(^O^)

円音、智恵ママとのラララ組が泊まり遠征で揃うのは久しぶりなのでますます話にも花が咲き、テンションアップしていく。
他の皆を見渡してもみーんなムチャクチャ楽しそうに呑んでいる。それを見てまたまたハイになる。
終盤が近づくころ、管理人が叫ぶ。
「アキココ!二次会の場所、決めといてやーーー!」

二次会はカラオケにした。
ここでは更に盛り上がり、皆で、歌い踊り、どんちゃん騒ぎ!
ひろにゃーんが4つのお願いを歌えば、ムリムリーと合の手を入れる広島君。ひさぴょんが演歌を歌えば(ごめん、曲名忘れた)「ヨッ!ひさーぴょーん!!!」と大声で応援するひろにゃーん、昔の知らん歌を歌うシュウさん、その横で爆睡していた管理人、円音と私のピンクレディーに異常なほど喜んでくださったありがたい方、たっちゃん、みんなみんなサイコーーーー!(^O^)(^O^)(^O^)

でも、こんな中でもコール練習もちゃんと織り込んでいたんですよ

大盛り上がりで、二次会も幕を閉じ、三次会へと繰り出すメンバー、ホテルに戻るメンバーに別れ、長くてあっという間の1日を終えました。


ホテルに戻って3時間ほど寝たのかなあ、6時前にはパチッと気持ちよく目が覚めた。
シャワーを浴びて、一息ついたら着信音が。智恵ママでした。8時に朝食ねって、了解!
円音は朝は弱いので今頃まだぐっすりだろうなあ、朝食間に合うよねと少しの心配をしつつ8時になり、ロビーヘ降りて智恵ママ、広島君、ワッスムさんと合流。あれ、。。円音は?
すると私のスマホにラインが入った。円音からだ。「秋ちゃん、8時にね」(^^;)(^^;)
そのあとすぐにまたラインが。「秋ちゃん、ごめん。もう8時だった」(^^;)(^^;)(^^;)
円音らしくて皆で大笑いした(^O^)
3人で先に食べながら円音を待っていると、すっぴんで(すっぴんでも可愛い♪)ヘアセットも手つかずの円音が必死にやって来た。しかし、食事にほとんど口をつけることなく時間がないとすぐに部屋に嵐のように去って行った。

これから関西組の車で越前海岸へドライブへ行き福井遠征最後を飾るのだ。

朝食を終え、センパイが手配した車で管理人さん、シュウさん、ミモザさん、平八君が私たちのホテルに到着。智恵ママと広島君は早めに帰路につかなくてはいけない為、とても残念だけどここでお別れだ。気をつけてね!

そして円音、ワッスムさんと共に車に乗り込み、いざ越前海岸へレッツゴー!
目指すは一面に海が見渡せるカフェ「MARE」だ。
私はここが大好きで福井にいたときは何度も来たのだが、何度来ても飽きない。そのカフェに皆で行けるなんて嬉しすぎるー♪(^O^)

車内では、真子さんの曲はもちろん、円音に頼んで持ってきてもらった円音が歌う私のお気に入りの曲もかけてもらい、缶コーヒーを飲みながら(運転しない男性陣はビール)ワイワイ言いながら1時間ほどで目的地に到着。

しかし、ものすごい強風である!
最初に記載しているが、2日目の今日は私は女らしくワンピースを着ていた♪
颯爽と降り立つつもりが、いきなりスカートがめくりあがりそうになり、両手で必死の形相で抑えなくてはいけない何とも不格好な様だ(/ω\)
それに追い打ちをかけるような「アキココ、目がつぶれるから間違ってもパンツみせんなよー!」
などと管理人を筆頭とする男子たちの心無い言葉(ーー;)
こんなはずではなかった(T_T)
しかも、ワンピースを着てくるとよんでいた円音はジーパンではないか!
「円音、ワンピースじゃな^かったの?!?」
「ウン、やめたのー」(^^;)(^^;)(/ω\)

それでも店内に入り、席について海を眺めながらカフェ特製のチーズケーキを食べたら、すっかり気を取り直していた。
海をバックに記念撮影をし、カフェを後にした。

せっかく福井に来たのだからカニを食べて帰ろうという意見が出たが、まだ解禁ではないらしくお昼ご飯に適当なお店もなかなか見つからない。
結局、福井市街地の私の思いつく店に行くことになった。越前カニは無理だが、セイコガニなら用意してくれるとも言う。

行きと同じく1時間ほどでお店に到着。
料理も美味しく、雰囲気も良く、皆も満足したようだ。良かった!

満足して、出発地点のホテルに戻り、私だけはマイカーで関西組の皆とは反対方向へと帰路へ着く。名残惜しいがここでお別れだ。

「みんなーありがとー!またねー!」
「アキココ、気をつけて帰れよー!」
「姉さん、お疲れ様でした!」
「秋ちゃん、また楽しもうね」

最後は感動的な別れのシーンとなった。
そのはずだった。

皆と別れ、15分ほどたったろうか、スマホがなった。
円音から
「秋ちゃん、忘れ物!」とラインがきたと思えば、センパイからの着信。
「姉さん!荷物忘れてるでー!」

私は持ち歩いていたショルダーバッグ以外のすべての荷物をセンパイの車に忘れていたのだ(/ω\)

結局、またさっき別れた場所へ皆も道ずれに戻ることに、、、

着くとそこにはあきれ顔の皆が。、、、(^^;)
「みんな、、、ごめんなさい、、、(^^;)」

管理人が言った。
「アキココを待ってる間に名句ができたんや!
 アキココ、カバンを忘れて振り出しに戻る
 スゴロク姉さんの誕生や!」

はい、私が悪うございました。なんとでもお呼びくださいまし。。。

私は荷物を受け取り、そそくさと帰った。

帰り道に考えていた、、、

あー今度はスゴロク姉さんかあ
給食のオバサン
妖怪、、、

ハッ!?
もしかしていちばんいいんじゃない、この名前!

よし!これでいこう!!!(^O^)(^O^)(^O^)
2015年10月10日 沖縄サンエー しおざきシティ・インストアライブ



沖縄でのイベントレポートを簡単にさせていただきます。
2日間に渡っての内容で、MCはあまり覚えていないので、短いレポートですがご了承下さい。

10月9日、いつもの花金は仕事仲間との宴会です。
ですが今日は短めの宴会に抑え、自宅へ帰宅したのが、午前0時過ぎ。
週末なのに珍しく早い帰宅。
そうです。明日は、真子さんとの沖縄旅行です(と勝手に思ってるだけですが)。
ですが、19時からBS-TBSでの先日のFCイベントの放送も有り録画したビデオをチェックしなければなりません。
早送りで、真子さんが出ている場面をチェックし、ようやく寝れます。時間を見ると、1時半を回っています。明日(と言うか今日ですが)は、羽田9:30発の飛行機で那覇に向かう予定にしています。
8時前の電車には乗らないといけないで、とか考えながら、布団に入ると気が付いたら朝。
3秒も掛からずに落ちていたようです。

8時前はに自宅を出発し、何の事故も無く順調に羽田空港に到着しました。
飛行機の出発時間が多少遅れたものの、飛行機は無事に那覇空港に10分程度の遅れ(12:20頃)で到着。
しかし、那覇は雨でとっても寒いです・・・
真子さんのイベントは15時からだったので時間には余裕があったので、シュウさん、ミモザさんの
到着(12:50)を空港出口で待つ事に。
しかし、待っても待っても来ません。やはり雨のせいで遅れていたようで、合流出来たのは1時間以上後の1時半過ぎです。
そして予約していたレンタカーを借りて出発したのは14時20分頃です。
食時する時間も有りません。
何とかサンエー しおざきシティへ到着したものの時間は14:45です。
食時も出来ず、トイレにも行けずでしたが、何とか用だけは済まし、会場に到着したのは開演10分前。
制服に着替え、ハチマキをギュッと締め真子さん登場に備えようとしていたところに何やら、会場のスタッフさんで司会のお姉さまが近づいて来ました。
何だろうと思っていたら、ステージに上がって欲しいと・・・ミモザさん、シュウさんともども...
何だってぇ?って、マジですかぁ?と。
是非前に出て、紹介させて欲しいとの事でした(断るという訳にも行かず、仕方なく了承)。

その後の出来事です。
皆さんにみていただきたものが有ります、ステージに来て下さい、と。
初めての出来事でビックリです(゚д゚)!
ステージにミモザさん、シュウさん、角刈りの3名で上がりました。
・・みなさんは、どんな応援されるんでしょうか?
・・・アイドル時代の歌を唄われる時に極力邪魔にならないように、歌に合わせてコール
をさせていただきます。
会場から大きな拍手をいただき、何とも言えない気分になり。。。。
最後に司会のお姉さまから、大先輩の皆さんの力を借りながら進めてまいりたいと思いますのでよろしくお願いします、と。
真子さん登場のホンの数分前の出来事でした。

そして、その後すぐに、司会のお姉さまから
それではお待たせいたしました、石野真子さんの登場です。
せぇーのぉー、真子ちゃーんの統制でお出迎えです。
会場がザワザワと・・・

みなさん、こんにちわ、石野真子でぇーす!
久しぶりに飛行機に乗って来ましたぁ?。

Myfriend! -旅に出よう-

9月までNHKのみんなの歌でやってたんですが、みんなに手伝っていただきたいのですがぁ?、
良いですかぁ?、と、ちょっと練習を
 へっちゃらへいきのへいはちろう(会場;へいはちろう)
 へっへいへへいへいはちろう(会場;へいはちろう)

へっちゃら平気の平八郎

それでは懐かしい歌を、10代の頃の歌を。
彼が初恋

次は、新しいのアルバムの中から
幸せになりましょう

次は、
恋のハッピーデート

残念ながら出番も無く、統制、せぇーのぉー、真子ちゃーんの1回。
みなさん、ありがとうございましたぁ?

しかし、次こそと力を込めて
アンコール、アンコール、アンコール、アンコール、アンコール、
再び登場の真子さん
またまた、統制、せぇーのぉー、真子ちゃーんの1回。

どうしてもハチマキ隊の皆さんが応援させて欲しいって、ちょっとうるさいかもしれないけど
我慢してくださいね。
そでは、デビュー曲を。

狼なんか怖くない

渾身の力を込めて、歌に合わせて3人で真子コール
最後に、統制、せぇーのぉー、真子ちゃーんの1回。

歌い終えると
どうも有難うございましたぁ?。

司会のお姉さんより
真子さんに大きな拍手をお願いします。
そして、応援隊の皆さんにも大きな拍手を、と。
(会場に来られた皆さんに注目されて、ちょっと照れくさいって感じでした)

インストアリブ終了後、サイン&握手会に参加し、次の会場へ。

次は、18時からサンエー那覇メインプレイスでのLIVEpleasure、FM沖縄のラジオ公開放送です。
次の会場は近くなので、到着したら、腹ごしらえをして、真子さんのイベントに臨むことに。
会場に到着して、まずは、野菜そば(沖縄そば)で腹ごしらえ。
そうしていたところに、常連さんから、真子さんがリハーサルで現れたとの情報が・・・
でも、食欲には勝てず、リハを断念。
腹ごしらえも終り、満腹になったところで、会場に戻りました。
18時から2時間の放送という事で、ゲストはスウィートホリイワンズ、イクマあきらさん
そして我らが石野真子さんで3組のゲストで出演されます
真子さんは19:20頃の3組目の出演という事でまだまだ先です。
退屈しのぎで、スマホでツムツムをやっていたら、会場スタッフの若いお姉さんから
携帯いじるのはやめて下さい、鞄にしまってください、と注意されたり、イクマあきらさん
の歌に手拍子で思いっきりのってみたりして時間を潰して、いよいよ真子さんの登場です。

本日のスペシャルゲストをお呼びしたいと思います。
石野真子さんです。

せぇーのぉー、真子ちゃーんの統制でお出迎え

司会のタグチマミさんから、熱い声援で、緑のハチマキで。
真子さん:懐かしいでしょ、昭和な感じで。
・・・
みんなの歌で、へっちゃら平気の平八郎と言う歌を歌ってましたぁ
等々、トークが続き。。。。

それでは、石野真子さんの歌を聞いていただきます。
Kiss Kiss Kiss

次は、デビュー曲を歌います。
狼なんか怖くない

またまた渾身の力を込めて、歌に合わせて3人で真子コール
最後に、統制、せぇーのぉー、真子ちゃーんの1回。

ありがとうございましたぁ?。

放送への出演終了後、またまたサイン&握手会。

明日も有るので、早めに帰って明日に備えるかと思えば、常連さん達と打上げに繰り出しました。
盛上り過ぎて、3時までみんなで、騒いでました。
場所は良くわかりませんでしたが、とても美味しい料理、泡盛をいただきました。

次の日(10月11)、13:30-マチナトシティ、16:30-西原シティでイベントに参加し、それぞれの自宅へ向けて解散しました。

2015年10月11日(日)13:30?
沖縄サンエー マチナトシティ
インストアライブ & 握手会

日曜日はストレンジャー
へっちゃら平気の平八郎
ロムサムロードの赤電話
苺になるな野苺よ
私の首領
(アンコール)
狼なんか怖くない

2015年10月11日(日)16:30?
沖縄サンエー 西原シティ
インストアライブ & 握手会

しあわせのレシピ
へっちゃら平気の平八郎
めまい
思いっきりサンバ
狼なんか怖くない
(アンコール)
ハイスクールクイーン

(終り)
2015年10月3日 ウィング上大岡・インストアライブ



今回のレポートは、シュウが担当させて頂きます、宜しくお願い致します。
明日に真子さんのインストアライブを控えた前日の早朝、まだ日も昇らないウチから身支度を始めた、そして命の次に大切な親衛隊グッズを入念にチェックし、そして丁寧に鞄に納めた。
ふと見ると、リビングに掛かる古めいた掛け時計は、何時もの出勤時刻を指そうとしていた。
会社へ向かうも、今日は真子さんのイベントが開催される前日、仕事も手に付かなくなるだろうと大方の予測はついた。
電車を乗り継ぎ職場に着くと思いのほか仕事もはかどり、真子さんのライブを目前に仕事をやり遂げた達成感と充実感にひたっていた・・
そして退社時刻を過ぎようとした頃、私のアイホンが「首領」のメロディーを奏でた、得意先からのクレームだった・・
そのときほど「首領」を恨めしく思った事は他には無いだろう・・
急ぐ時ほど予期せぬ事が起こる、これは人生に於いても「あるある」ではないだろうか・・
私はクレーム処理も早々に済ませ、難波のバスターミナルへと足を運ばせた。
バスは定刻になると発車の合図と共に横浜に向けてターミナルを出発した、真子さん効果だろうか仕事で疲れた私の身体には、エンジン音その振動さえ心地よく感じられた。

昨晩に大阪を出たバスは目的地の川崎駅へと到着した。
バスを降りると、横浜の地は爽やかさが漂う清々しい秋晴れ、空は雲一つ無く突き抜けるような青空だ、正に真子さんのライブにふさわしい日和である!(*^▽^*)
そしてJR川崎駅で私達の仲間、ひさぴょんと合流すると京急本線に乗り継ぎ上大岡へと向かった。
会場へ到着したのは10時を少し過ぎた頃だった、会場では早朝からお越しになられた常連のてっちゃん、たっちゃん、四国の先生、オレンジさん、おったいさん、他常連さん達とも合流した。
何やら常連さんのなかには前日からの徹夜組も居られたようで、その行動力と気合の入れようには頭が下がる。
ライブ会場は狭いながらも整ったステージが組まれ、その壇上にはスタンドマイクと椅子そして譜面台が二つづつ整然と並べられていた、その光景を目前にされたファンの皆さんは山梨さんの登場をおのずと悟られた事だろう・・♪(*^▽^*)
その間に私たちの仲間たちが次々とウィング上大岡へと集結した、今日のメンバーは、角刈りさん、ミモザさん、ひさぴょん、コンパさん、ボギーさん、ぶうちゃん、たかしさん、そして私を入れたメンバー8名が勢ぞろいした。

そうこうしているうちに予想されるリハーサルの時刻、11時が過ぎた・・
ですが真子さん、唐木田さんの姿さえ見ることは出来なかった・・
11時にはリハーサルが行われない事を確信した私たちは、次に予想される12時に照準を合わせた。
だが、12時になれどもリハーサルが為される気配は全くなかった・・
皆が落胆し諦めかかったそのとき、真子さんと共に山梨さんがステージ上に登場された、時刻は12時10分を少し過ぎたころだった。
皆は安堵し、ため息が歓声へと変わっていった。

観客の大きな拍手に包まれ、真子さんと山梨さんは予め用意されていた椅子に腰を下ろした。

真子さんMC
「ライブは1時からなんですけどー・・」
「このまま本番に行きたいところですねー(笑)」

1曲目、「オリーブの小径」
2曲目、「へっちゃら平気の平八郎」
平八郎を歌い終わると山梨さんはステージから下がられた。
3曲目、「恋のハッピー・デート」

3曲目を唄い終え真子さんは「また後でねーー♪」とステージを後にされ、10分間の超ロングなリハーサルが終了した。

会場に並べられた100席ほどの椅子は満席状態、立ち見が出るほどの盛況ぶりだ、12時30分を回ったころ、司会のお姉さんの掛け声とともにCDの販売が開始された。
数分後に訪れる真子さんとの至福の時を求めて、100名を超えるファンが長蛇の列を作った。
ライブ開始の15分前になるが列は全く途絶えない、定刻どおりにライブが開始されるのか危ぶまれたが何とかギリギリにCD販売は終了され、全ての方にチケットは行きわたったようだった。
その頃、私たち8名は特攻服に身を包みステージに向かって左後方を確保して真子さんの登場を待っていた。

13時前になり、司会のお姉さんのアナウンスが始まった、恒例の真子さんの御紹介だ・・
石野真子さんは1978年「狼なんか怖くない」でデビューされ・・・

司会のお姉さん
「それではお待ちかねの石野真子さんのスペシャルライブのスタートですー」
「大きな拍手でお迎えください!」
会場の割れんばかりの拍手のなか、真子さんが満面の笑顔で登場された。

ここで角刈りさんの統制1発が入ります。
せぇーのーー!まっこちゃーーん!・・(ノ*>□<)ノ
真子さんMC
「皆さーん、こんにちふぁーー♪」
「お忙しい中、足を運んで下さってありがとうございますー♪」
「短い時間ですけど・・・」
「今日はゲストで山梨鐐平さんに来て頂いていまーすぅ」
山梨さんの登場に拍手が起こります。

真子さんMC
「それではアルバムの中で山梨さんンとデュエットをした曲」
「オリーブの小径と言う曲を聞いて頂こうと思います」

1曲目、「オリーブの小径」
真子さんと山梨さんは、椅子に腰を下ろしたままギターを奏でられ、お二人の息の合った透き通るような歌声に皆が聞き惚れた。
真子さんMC
「エレベーターから??・・エスカレーターから手を振ってもらって歌うのもインストアならではでわですねー」
「この曲を聴いたら、あっと思われる方もおられるかと思います、山梨さんお願いしますぅ」
ラリラー♪ラリラー♪ラリラー♪ラリラー♪と山梨さんが唄われます。
真子さんMC
「この歌はね、タカラ缶酎ハイ??じゃなかったサントリーほろ酔い・・(笑)」
と焦ったように話されます。
「CMで優しい歌声が流れています、山梨さんの世界が素敵ですー」
「今日は近いから山梨さんを強制的に連れて来ました・・(笑)」
「次はみんなの歌で流れていた曲、8月9月で終わってしまいましたが、へっちゃら平気の平八郎」
「と言う曲も山梨さんに作って頂きました」

2曲目、「へっちゃら平気の平八郎」

真子さんと山梨さんとで奏でるギターの音色は普段と違ったホッコリとした「平八郎」だった。
客席からの、「へーはちろーー♪」の掛け声に、真子さんは嬉しそうに微笑み笑顔の花を私たちに贈って下さった。
真子さんが「平八郎」を唄いきると山梨さんはステージを降りられ、その姿を私たちは拍手で見送った。

ここで、真子さんの衣装の紹介を・・
グレーのブラウスに黒に白系のストライプの入ったタイトスカート、靴は紺系のハイヒールと女性らしさが漂うお姿で美しく決まっている。
最近のインストアライブではあまり目にしないお衣装だ・・それとも自前なのか?
後に続く真子さんのお話から、着替えもせずにステージに立たれた事が判明した!
女性らしさが漂うお召し物は自前だった・・(*^▽^*)

客席からの「まこちゃーん」の声援に、真子さんは「はーい♪」とお返事、真子さんはご機嫌のようだ♪

真子さんMC
「それでは、真子ちゃーんーて曲唄っちゃおうか?!!」
に反応した私たちは、ウォーと吠えた(笑)

3曲目、「恋のハッピー・デート」
私達は大きな手拍子で盛り上げた・・(;´∀`)

真子さんMC
「懐かしいねーほんと何年経ったんだろー」
客席からの「全然変わってないよー」の掛け声に
「そうよ、知ってるよっ!(笑)」
「同年代の方が多いから、お互い頑張りましょうねぇ(笑)」
「では次も昔の曲を聴いてもらおうと思います、懐かしいアルバムから♪」

4曲目、「詩生活」

真子さんMC
「ありがとーー懐かしいねー17才だったー(笑)」
「あっという間ねー続きは品川グローリアチャペルでお待ちしています」
「12月22日にもディナーショーもやっているので、ぜひ足を運んでください♪」
「では最後に金木犀の香る頃と言う曲を聴いてください」
「この曲は空を見上げて一緒に頑張ったよねって曲です・・」
「最近は香りがするたびに嬉しくなります」

5曲目、「金木犀の香る頃」
私たちは手拍子で場を盛り上げます。

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

「皆さん、ありがとうございましたーー」と、真子さんはステージサイドへと下がって行かれた。

私たちは真子さんにもう一度ステージまで戻って頂く為にアンコールでお声がけを行った!

アンコール!アンコール!アンコール!アンコール!・・・
11回のアンコールの後、真子さんが再登場された。

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「ありがとうございます、後ろの方から、だみ声が聞こえてきましたけど・・」

だみ声・・?
ま、多少は引っかかるが、当たっているだけにそれは良しとしよう・・(≧▽≦)ノ

真子さんMC
「それでは、皆さんも良くご存知のデビュー曲にしますね♪」

私たちは、ウォーと吠えた・・狼のように(笑)

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

アンコール曲、「狼なんか怖くない」

ようやく私たちとオレンジさんの出番です!
私たちは喉がちぎれるまで、力の限りコールを送った。
オレンジさんのサプライズが成功したか否かは、後方からでは確認することが出来なかった・・(;´∀`)

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「ありがとうございましたーこれからも石野真子を宜しくお願いしまーーす♪」

1部のライブは終了した。

次のライブがスタートするまでの僅かな時間、私たちファンにとって至福の時が訪れる、憧れの真子さんとの楽しい会話、そして手の温もりを直に感じる真子さんとの握手、なんて幸せな事だろう、インストアライブ無くして、このように夢のようなプランニングは他には無いだろう。

辺りを見渡すとCDを片手に参加券を握りしめたファンの方々で長蛇の列が出来ている。
司会のお姉さんから最後尾を知らせるアナウンスが流れ、その声に促されるままに私たちはその列に加わった。
握手会が終了したのは14時を少し過ぎた頃だった、2部のスタートまでは少し時間もある、その合間、私たちは命の水で喉を潤し、これから始まるライブに備えた。

15時になる頃にはステージ前は黒山のひとだかりで、後方からはステージの様子が伺えない程に会場は沢山の真子ファンで埋め尽くされていた。
私たちは1部と同様、左後方に陣地を確保し真子さんの登場を待った。
そして15時を少し過ぎた頃、司会のお姉さんからアナウンスが流れた。

司会のお姉さん
「皆さん!お待ちかねの石野真子さんをお呼びしましょー」
「大きな拍手でお迎え下さーい」

真子さんと山梨さんが登場され、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

ここで角刈りさん、間髪入れず
統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「皆さんこんにちふぁー」

と、いきなり2階の方から女性が「元気ーー」と真子さんに声を掛けられた、その女性は真子さんが芦屋に居られたころの百合学院時代の同級生だった、女性と少し会話をされた後、真子さんはその女性に「短い時間だけど私の歌でも聴いてくれ!」と真子さんらしく、ぶっきらぼうに返されると会場内は大きな笑い声であふれかえった。
そんな和やかな雰囲気の中、2部のライブがスタートした。

真子さんMC
「1部でも聴いて頂きましたが、今日は山梨さんも来て頂いていますので」
「山梨さんと一緒に演奏したいと思います」
「アルバムの中から“オリーブの小径”と言う曲を聴いて下さい」

1曲目、「オリーブの小径」
真子さんと山梨さんのデュエットに聴き惚れ、そして会場の皆さんと手拍子で盛り上がった。

真子さんMC
「山梨さんが作ってくれた曲でしたーー♪」
「皆さん、山梨さんはご存知?」
「12月にアコースティックライブをするんですけどぉ」
「何時も助っ人で来てくれて、私のサポートして頂いてますぅ」
「次は山梨さんの優しい歌声です」
「皆さんも知ってるかも・・」

山梨さんが1部と同じく
ラリラー♪ラリラー♪ラリラー♪ラリラー♪と唄われます。

真子さんMC
「この曲はCMで流れている曲です」
「キリン缶酎ハイの??・・また間違ったーー2回目は間違わないようにしようと思ったのにーー(笑)」

会場内は笑の渦に巻き込まれた。
真子さんは、私たちのウケでも狙っているのだろうか、笑のツボを心得たお笑い芸人のようだ、だが真子さんに限ってそんな事は無い、正真正銘のマジだ・・
そんな天然な感じが真子さんらしくって好感がもてる♪(*^▽^*)

真子さんMC
「サントリーほろ酔いですー(笑)」
「そんな山梨さんが書いてくれた曲です、みんなの歌で8月、9月と流れていたんですが耳にして頂いたかなー」
「残念ながら終わってしまうんですが聴いて頂きたいと思いますぅ」

2曲目、「へっちゃら平気の平八郎」
へーはちろーー♪ へーはちろーー♪と皆で合唱した。
平八郎のTV放送は終わってしまったが、今では合唱は私たちファンの恒例となっている・・

曲が終わると山梨さんは、ステージの袖へと下がられ、私たちは大きな拍手で山梨さんを見送った。

真子さんMC
「今日は沢山来てくれてありがとー」
「皆さーん、一人娘さんが居らっしゃる方おられますかー?」
「17才の頃の曲で、私がお嫁に行ったらどうするの?って歌なんですけど、聴いて下さい」

3曲目、「ひとり娘」
歌の途中で歌詞が途切れてしまい、カラオケだけが暴走・・(;´∀`)
そんな事はどうでも良い、昔の曲を聴かせて頂いた真子さんのサービス精神に花丸をあげよう!(*^▽^*)

真子さんMC
「30何年ぶりに歌えたー」
「これは確かデビュー曲のB面・・」
「じゃーそのA面も歌う?」

4曲目、「狼なんて怖くない」
統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

いよいよ私たちの出番です、お腹の底から気合を入れて、コール爆裂!!!
統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「ありがとー嬉しいふぁーー♪」
「みんな10代の頃、思い出して頂けましたでしょうかー」

真子さんが観客を気づかい・・

「ハチマキ隊の前の皆さん大丈夫?」
「うるさくありませんか?」
「誠意を込めて応援して下さっているのは嬉しいんですが・・」
「大丈夫?うるさくない?」

私たちの前方で観覧されているファンの方々を気遣う真子さんですが・・

コールは、うるさい位が丁度よい!と、個人的に私は思っている!!(≧▽≦)ノ

「もう一度、昔の歌唄う?」
「この曲も、ちょっとうるさいかも知れないけど・・」

“うるさい”・・当然そのご期待にお答えしたのは言うまでもない・・♪

5曲目、「ジュリーがライバル」
私たちは、「狼」の時よりも、あえてうるさく!大?きな声でコール大爆裂!!
統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「皆さん、笑顔になって頂けて嬉しいふぁー」
「次は12月3日、チャペルに足を運んで下さーい」
「みんなで遊びましょ!待ってるふぁ」
「次は最後の歌になりますぅ」

6曲目、「フレンド」
私たちは手拍子で真子さんを応援した。
 
統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「今日は本当にありがとうございました」
「ありがとうございました」

真子さんは丁寧にお礼を言いステージ袖に下がって行かれた。

それではもう一度真子さんをステージにお呼びしましょー(*^▽^*)
会場と私たちは一体となりアンコールを送った!
アンコール!アンコール!アンコール!アンコール!・・・
13回目のアンコールで真子さんが再登場された。

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「呼んで頂いてありがとうございます」
「今日は沢山集まって頂きましてありがとうございます」
「お招き頂きありがとうございました」
「最後に私の首領で飛んでくれる?」

アンコール曲、「私の首領」
私たちは喉から血が出そうなくらい大きな声でコール大大大爆裂!!
そして飛んだぁーーー!!!
統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「ありがとうございましたー」
「ありがとうございましたー」

真子さんはファンの方々に何度もお礼を言われステージを下りられた。

私たちはライブ終了後に真子さんとの至福の時を過ごし、今日のイベントは終了した。

おしまい
2015年9月23日 イオン高の原・インストアライブ



一年でもっともすがすがしい季節!秋、アキ、あき・・
そんなアキ真っ只中のシルバーウイーク最終日23日
イオンモール高の原で、真子ちゃんのインストアライブが開催された。

ご紹介遅れましたが、今回ライブレポートを書かせていただきます
元(はじめ)と申します。
大役に、筆不精の私が務まるのか?と悩みましたが
精一杯、私なりにレポートさせていただきますので
どうぞ宜しくお願い致します。
この場をお借りしまして、(元はじめ)とは、どんなヤツなのか紹介致します。
私(元はじめ)は、何度か管理人さんの文面で
管理人さんの先輩として登場しておりますので、
あぁーあのコテコテの関西人か!と、うなずかれている事と思います。
先輩と言っても、ほぼ同期で呼び捨てで呼び合える仲です。
私が37年ぶりに真子隊の仲間に入れていただくきっかけは
某TV番組に真子ちゃんが出演しておられ、
そこで、5/21心斎橋ジャニスのライブを知り
私の高校の同級生、平八郎を無理やり誘い、見に行ったのが始まりです。
真子ちゃんを、TVでは何度か拝見してましたが、
生の真子ちゃんを見るのは、ほんと37年ぶりです。
透き通った歌唱力に感動しました。
と同時に親衛隊のコールに鳥肌が立ちました。
イントロが始まり
狼、
「ラブリーラブリーラブリー♪マコちゃん LOVE・・・」
首領・・
「チャラララチャラララァーまこちゃーん♪」
自然とコールを口ずさむ自分がいた。
まだ覚えてるやん!37年経っても・・
以前から親衛隊の存在は知っており、
「あぁー今はこんな特攻服着て応援するんやなぁ」
時代の流れやー程度に思っていました。
私がいた当時は特攻服着ませんでしたから・・
でも、“今”の特攻服の親衛隊に入って、もっかい(もう一回)コールしたい!
て、気持ちになりました。
せやけど、どんなやつが頭やっとんねやろ?
いまさら、“もと真子隊のぉー”“関西支部のぉー”なんか通用せんやろ!
と思い、「平八郎おまえ先に入隊希望メール送れや!」
数日後・・・
平八郎:「返信きたでぇー豊中の人やわぁ」
元(はじめ):「なんちゅうやっちゃ?(なんていう人や?)」
平八郎:「E**** M*******」ていう人やわ
元(はじめ):「うそこけ!ほんまか?見してみぃ!」
平八郎:「どないしたぁん?」
元(はじめ):「そいつ(ごめんね管理人さん)俺の同期や!間違いあらへん!」
間違えるわけありませんよ管理人さん。当時、苦楽を共にしたEさんですもん。
元(はじめ):「おっしゃぁーもっかい真子隊やるぞぉ」
・・・て言う話なんですけど・・・

前置き長くなりましたが、イオン高の原はわが地元と言えるほど
オープン当初から訪れる機会の多いショッピングモールです。
そんな身近な高の原で、真子ちゃんとお会いできる期待感いっぱいで
当日を迎えました。

まず、私のこのレポートを仕上げる大役以前に
もうひとつの大役から一日が始まります。
それは、わが真子隊の妖怪(汗)ごめんね・・
“アキココ”姉さんのお出迎えです。
姉さんは遠路北陸から高の原ライブに来られます。
そこで、アッシーである私が、お迎えを買って出た次第です。
定刻10:11、ホワイトの車体のサンダーバード10号が京都駅に滑り込んできた。
最後尾の1号車G車から姉さんが降りて来られるのを待った。
扉が開き、いつにも増してお奇麗なアキココ姉さん!
ワインレッドの洋服に、少し高めのベージュのハイヒール!
う?ん綺麗!スタイル抜群!
どこで人間に変身されたのか?(汗)
妖怪の欠片など微塵も感じない!
開口一番、
元(はじめ):「姉さん!おはようございますぅ!お疲れさまです!」
妖怪:「いつもありがとう!」
元(はじめ):「車まで少し距離ありますが、歩きます?それとも飛びます?」
姉さん:「歩くに決まってるでしょ!」
・・・恐る恐るお供させていただき、無傷で車にたどり着いた。
駅から高の原まで1時間弱、姉さんを退屈させないよう
数々のサプライズを考えていた私は・・・
車のドアを開けると同時に、「姉さん!おめでとうございます!」
妖怪:「えっどうしてぇー」
元(はじめ):「先週お誕生日でしたので!1週間遅れですが・・」
と、お花を渡してご機嫌を伺いました。
姉さん:「こんな事しなくていいのにぃー」
と、受け取っていただけました。
そんなこんなで、乗車され いざ高の原へGO!
エンジンをかけ、地獄(汗)の1時間・・・次のサプライズ
姉さん:「えぇぇぇぇ・・どうして?どうしてー」
驚きのご様子
と言うのは、
最近、真子ちゃんがカバー曲を歌われる事が多いと話題になり
想い出がいっぱい♪などなど・・・
カバーで真子ちゃんに歌ってほしい曲はなんですか?
の質問で、石毛礼子“旅の手帖”みんな知らないでしょー
CDもないからね!
そこで流れたのがこの“旅の手帖”
姉さんかなり喜んでおられる!
これで30分は安泰や!
高の原まで、あと約30分・・もうネタないぞぉ!
姉さんの興味はなんや?カラオケや!
元(はじめ):「カラオケがお好きと聞いておりますが・・」
姉さん:「最近ねえカラ友がいなくてぇーひとカラなのよぉー」
元(はじめ):「いつでもお供させていただきます」
姉さん:「えぇもう着いたの?早かったわねぇ」
無事、高の原到着です。

駐車場に車を止め、2F平安コートに向かう。
顔なじみの常連さんがすでに最前列で着席されている。
私は、常連さんに挨拶を終え、真子隊の元へ
管理人さん、角刈りさん、シュウさん、ミモザさん
キムさん、広島君、マロンさん、知恵ママさん
給食のおばさん 皆さんと合流した。
雑談もつかの間、唐木田マネージャーのリハ?
て、言うか“大丈夫?”て、くらい簡単なマイクテスト。
この“簡単なマイクテスト“で
後々、われわれ真子隊のコールが、真子ちゃんへご迷惑となる結果に結びつきます。
シュウさん:「今日は真子ちゃんのリハは無しです」
先日の土浦リハは、平八郎フルで歌われたそうで少し残念。
開演30分前ぐらいから、CD発売。長蛇の列に私も並び無事購入。
過去インストアライブでは、CD10枚買ってきた私も
今回はジャケットが大好きな「海の記憶」だけ。
人だかりの中、私は衰える事のない真子ちゃん人気を確信した。
吹き抜けの2階、3階まで永遠のアイドル真子ちゃんを一目みようと
人、ヒト、ひと・・・
司会のおねえさん:「石野真子さんの登場です」
いよいよ始まりました。
角刈りさんの気合の入った一発!!
「せぇーーのおぉぉー」「まぁーこ♪ちゃーーん!」
いつにも増して、周りのどよめき。
われわれ真子隊の存在感、特攻服、ハチマキ、コールに驚きを隠せない様子。
Since 1978 真子命37年 ハンパ無いです!
ステージ中央の真子ちゃん
ピンクベージュのワンピース(最近お気に入り?)に身を包み
艶やかな振舞いに釘付けとなりました。
髪切った?前より少しショートかな?
真子ちゃん:「みなさぁーん、こんにちはー石野真子でーす」
真子ちゃん;「たくさん集まっていただきまして、ありがとうございます」
真子ちゃん:「少しのお時間ですが、聞いてくださいねぇ」
真子ちゃん:「12月には東京でコンサートもあるし、ディナーショーも」
真子ちゃん:「お時間ありましたら、ぜひ足を運んでくださいね」

1曲目
My Friend ・旅に出よう
元気いっぱいで調子は良さそうな感じーでもでも

2曲目
真子ちゃん:「みんなの歌で9月いっぱい流れてるのぉー」
真子隊:いつものように「へぇいはちろぉぉー♪」合唱
真子ちゃん:少し驚いたご様子

3曲目
真子ちゃん:「みんなと出会った曲ね・・・」
きたぁぁぁぁー♪♪♪♪♪
襟を正す われわれです。
あなたもーおおかみにぃーーー♪
真子隊:「ラブリー!ラブリー!ラブリー!ーまこちゃーん」
観衆:「うぉお」
声のとおる衆8人での気合の入ったコール炸裂!
前列の観衆は“耳をふさいでいる”

久しぶりの関西でのライブ
大阪のド根性見せたらなあきませんから、思いっきりコールです!

間奏
真子隊:「L*O*V*E+L+A+D+Yー」コール爆裂!!

んーなんか変やぞ!

真子ちゃんが、われわれの方を見て、しきりに何かを訴えておられる

なんやーなんやー?

シュウさん:「真子ちゃん、私たちに何か合図してますぅー」

真子ちゃん:手の平を下に、腰ぐらいの位置から下方向に15cmほど上下させて

真子隊:「ん?なんやろ?」

ざわめく真子隊

下げて↓やわ!きっと

オレらのコールうるさいんか? 自分の声が聞こえへんのちゃうか?

真子隊:「そやわきっと!」

やっぱり聞こえないらしく
前述の、唐木田マネージャーの“マイクテスト”が、あだとなりました。

少し抑え気味にコールするわれわれです。
何とかコール曲も終わり

4曲目
ロンサムロードの赤電話
最近インストアライブではよく歌われる定番曲です。
実は、私(元はじめ)にとって大の苦手曲なんです。
コールしない曲!と言うのもありますが
曲の中に“名前”が登場します。
で、いつも真子ちゃんが「お名前聞かせてぇー?」
観客:「ひろし!」「こうじ!」「りゅういち!」「さちこ!」「みゆき!」
真子ちゃん:「じゃぁ、今回は“けいこ、ゆき、みゆき”OK!」
と、曲の間に“名前”を入れて歌ってくださるんです。
なぜ、私(元はじめ)がこの曲が苦手なのか?
真子ちゃんが「名前きかせてぇ?」のところで
思いっきり“はじめ?”と叫びたいんですが
こんな古くっさい名前!似合わんやろ!
ロンサムロードやで!そこへ“はじめぇー♪”てか?
うわぁーーー
無理無理!似合わん似合わん!!
名付けて大事ですよ!自分の意思では決めれませんから。
私は自分の子供には、絶対カッコいい名前を付けてやろうと思い続けてきました。
それよりまず、“誰でも読める”名前を付けようと思っています。
私(元はじめ)の“名前”での苦労話を少々
まず十年ほど前までは、まともに読んでもらえた例(ためし)がありません!
学生時代は、新学期を向かえクラス替えでの自己紹介。
担任から名簿順に名前を呼ばれて、
「浅田浩之さーん!」「はぁーい!」
「上田正樹さーん!」「はぁーい!」
と、順番に・・・・
私は「ヨシダ ハジメ」ですから、だいたい一番最後。
担任:「吉田ーー?????」「何と読むんですか?」
私:「ハジメですぅ!」
担任:「吉田 はじめさーん」てな具合です。
あぁぁ面倒くっさい!
学生時代は慣れっこでしたが、
市役所、病院などでも日常茶飯事の事でした。
「吉田??“ゲンさーん”“モトさーん”」
じゃーくさい!(邪魔くさい!)ので、「はーい」
適当に呼ばれるままで返事してました。
ある日、いつものように「ヨシダー??」きたきた
「何とお読みしますかぁー?」「適当に読んどけ!」と思いましたが
「アキヒロです」と、叫びました(笑)
「へぇーーこれで、アキヒロと読むんですかぁ?」
私:「読むかぁー!」
俺の字、よー見てみぃ!“元”一文字やで!画数で4画
どないして、“アキヒロ”て読むねん!
どれが“アキ”で、どれが“ひろ”やねん!
“元”こんな簡単な字、これ以上崩しようないやろ!
“元”これで“アキヒロ”て読んだら、何でもありやろ!
その後、“元 ちとせ”さんがデビューされてからは多少ましになりました。
て言う話しなんですけど

ロンサムロードの赤電話♪ も終わり
いつものように、真子ちゃんに名前を呼ばれた方は、満面の笑みです。

5曲目
金木犀の香る頃
真子ちゃん:「早いねぇ?もう最後の曲ですがぁ?聞いてください」
個人的に大好きな曲で、
雨の日ー風の日ーいろいろー
並んでー見上げた空ーー♪
コールしないので、真子ちゃん見つめ口ずさみました。

真子ちゃんは一旦、引き上げたあと・・・・

角刈りさんの気合の入った「アンコール!アンコール!」
真子隊みんなで「アンコール!アンコール!」
真子ちゃん再度登場!
割れんばかりの拍手です!
真子ちゃん:「ありがとー!」
真子ちゃん:「じゃぁ何にしよっかなぁぁ?」
真子隊:「首領!ドン!どん!」
真子ちゃん:「ドン?」「ジュリー?」
真子ちゃん:「じゃぁぁー今日はジュリーがライバル♪ね」
少々がっかりですが、後々こちらを選ばれた理由がわかりました。
まあわれわれにすれば、どちらもコール曲です!
?素早くバン・バ・バ・バーンー(LETSウーレッゴー)?
少し抑えて、控えめにコールです。
1部終了
余韻に浸る間もなく、サイン&握手会です。
われわれも、最後尾に並びました。

いよいよ私の順番、今日は何をお話ししよっかなぁ?♪

元(はじめ):「真子ちゃーん!次は“首領”歌ってくださいねぇ」

真子ちゃん:「うん!でも小さくね!」

小さく?なんやろ?(どういう意味やろ?)

右手親指と人差し指を縮めて・・

元(はじめ):「えっ?」

真子ちゃん:「おさえてね!」おさえて!おさえて!」

先ほどの狼♪間奏で、手のひら下、15cm上下動の意味がわかりました。

元(はじめ):「コールうるさかったですか?」

真子ちゃん:「ちょっとだけ、おさえてね!」

声のとおる衆8人のコールは、会場の雰囲気から少々デカ過ぎたようです。

あっそっかぁ!
本当はアンコール曲で真子ちゃんご自身は“ドン”いきたかったけど
ここでリクエストに答え“ドン”だと、われわれ爆発しますから!
それに、“飛びます”から、あえて“ジュリー”だったんです。

反省の意味から、2部は2階からのコールに初挑戦です!

1部で“でか過ぎたコール”真子ちゃんにご迷惑をおかけしました。
反省の意から、2部は真子隊初挑戦の2階からの応援(コール)です。
2階へ移動したわれわれ・・
“どこがええんや?”“この辺か?”“いやもうちょいこっちやで!”
定位置を見つけ、「ええやん!よー見えるわ」
ただ、ここからコールが届くのか?なんせ初挑戦ですから。
開演10分前、われわれの周りにも人だかり・・
横にも前にも一般の方々・・
真子隊:「そこ大丈夫ですか?うるさいですよ!」
一般:「うるさいの慣れてますから・・」
真子隊「ちょっと邪魔なんだけどなぁ(内心)」
身支度を始めたわれわれ・・
一人去り、二人去り・・
真子隊:「よかったぁー」
さあ、2部始まりました。
司会のおねえさん:「石野真子さんです!」
角刈りさん:「セーノーーー」「まーこちゃーん」
真子ちゃん:「きょろきょろ」「苦笑い」

1曲目
ーーチャラランラチャラーーー
おおおぉ
“めまい”
大好きな曲です。
正直、私自身は当時の“めまい”を知りません。
でも、すごく思い入れのある曲です。
ーー私はもおーーあなたに夢中よーーー
男性はみなこの歌詞に“イチコロ”のはず。

2曲目
“フォギーレイン”
ざわめく観衆・・
ん、どうした?どうした?広島君!
一人だけイカツイ当時物の紺色特攻服に身を包んだ
元中国支部の広島君
その場に座り込んじゃいました。少し情けない格好です。
よほどの思い入れがあるのでしょうね。
わかります!わかります!そのお気持ち。
MC プリンをいただいて元気がでたの・・

3曲目
へいへいーー
へっちゃら平気の平八郎
わが真子隊にも平八郎がいます。
まだ“見習い”期間中でコールを覚えている真っ最中です。
この平八郎、たびたび登場してますので、ご存知かと思います。
私の高校の同級生です。
もっとわかりやすくご説明します。

9/5 ジェイデバイス納涼祭
「誰?誰が当たったのぉーーー」
一眼レフカメラEOS KISSを射止めたのは誰?
元:「俺の後ろに並んでた、平八郎や!」
あいつ、もー帰ってココにおらんでぇーー
せっかく当たったカメラを逃した、スカタンなやつです。

4曲目
“ガラスの観覧車”
1987年7月発売、通産20枚目のシングルです。
若い当時は、歌詞など理解出来ませんでしたが
この歳になって、なんといい曲なんだろう!
歌詞が大好きです。

5曲目
狼なんか怖くない
角刈りさん:「せぇーーのぉぉーーー」
真子隊:「まぁーこ♪ちゃーーん」
私がこの曲と、生の真子ちゃんとお会いしたのは
1978年8月27日 埼玉県“西武園”でのコンサート
「石野真子のドンとやってみよう、宿題なんか怖くない、1万人大集会」
一人で行きました。
帰りは、東京⇔大阪間の急行寝台“銀河”
三段式ベッドの最上段で、一睡も出来ないまま帰った記憶が蘇ります。

L*O*V*E・・・
今回はコール大丈夫かな?迷惑じゃないかな?
チラっとわれわれを見上げる真子ちゃん。
「いけてる!いけてる!」て感じかな?

一旦引き上げた真子ちゃんです。

角刈りさん:「アンコール!アンコール!」

さぁいよいよ今日のラスト曲です。
真子ちゃん:「じゃぁーリクエストもいただきましたのでぇ」
真子ちゃんありがとーーー
真子ちゃん:「私の首領」
飛びますよーーー
ーーわたしの“ドン”と呼ばせてくださいーーー
皆さん楽しそうに飛んでます。
われわれも遠慮無用 声が枯れるまで思いっきりコール!
やっぱ関西はすごい!大阪はすごい!とこ見せやなあかん!
燃え尽きました!真子ちゃん本当にありがとうございました。
最後の最後に“ドン”で完全燃焼です。

サイン&握手会です。
少し余談ですが・・
観客の中に“矢沢永吉”のTシャツを着たお兄さんをご覧になった方もおられるかと思います。
その方に喫煙所で話しかけられ
お兄さん:「全国行かれるんですか?」
元(はじめ):「行きたいですが、行けるところだけです」
お兄さん:「僕はえーちゃん全国行ってます」
お兄さん:「海外まで」
管理人さん:「へぇーすごいですねぇー」
お兄さん:「でもサインなんか貰えることなどありません」
サインください!てな事を言おうものなら
「うるせーんだよ!おめーら!うっとおしいから あっちいけ!」
てな扱いですから・・・
でも、土下座してやっとサイン一枚だけ持ってます。
と、お兄さんは話してくれました。

当時の真子ちゃんも雲の上の人で
サインなどとんでもない。
大きな声では言えませんが、当時は親衛隊で書いてました。
もちろん握手などしてもらえるわけがありません。
でも、今の真子ちゃんは私にすれば“近すぎ”ます。
直接お話しまでさせていただけるんですから。
夢のようですよ!

雲の上の人だった真子ちゃんと今日最後のお話し
元(はじめ):「真子ちゃーん “ドン”ありがとうございました」
真子ちゃん:「うん」
元(はじめ):「コール大丈夫でしたか?」
唐木田マネ:「大丈夫!」
真子ちゃん:「よかったよ!聞こえた」
元(はじめ):「次からは、周りの雰囲気をよんでコールします」
真子ちゃん:「うん」
元(はじめ):「がんばってくださいね」
こんなにおしゃべりさせていただけるなんて、とんでもないことです。
真子ちゃんありがとうございました。

以上で、私の初体験レポートを終了させていただきます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
2015年9月20日 イオンモール土浦・インストアライブ



先月の下旬に真子友さんのNさんから
9月20日にイオン土浦店さんで
真子さんのイベントが開催されますよ?とメールが届きました。ふとカレンダー見たら
シルバーウイークの初め辺りと確認し、普段はトラックの運転手で休日は副業として警備員の仕事してて真子さんのイベントには中々都合がつかない私ですが今回は連休中の初めのイベント。(たまには自分へのご褒美ということでいいかな?)と行くことを決意しました。親衛隊仲間にも
知らせようと管理人さんともう一人の仲間に知らせました。どうやら仲間もそして管理人さんさえも知らなかった様でした。それから指折り数えて首を長くして9月20日が来るのを待ちました。
茨城県土浦市・・・真子友さんのKさんのまともに地元であるのでその間に何度も連絡を取り合いました。行けるか
判らない、行けそうもない、何とか行けそうと何度かのメールで思案状態のKさん。
私事でありますが9月20日の前夜は凄く心配してました。
起きれるかどうかです。
最近やたらと休日は副業がない日は夕方まで寝入っちゃってることが多いのでして・・・ 何せ予め調べたら私の地元三島駅から在来線で土浦駅までは38の駅でして所要時間が約4時間掛かります。
リハーサルから見たいのでリハーサルが推測11時半かと計算して会場に少し前の11時頃には着かせよう!と6時40分発の電車に乗ろうと5時40分に4つの目覚ましにセットします。

前日は夜の10時半には床に着きました。当日になり、起きれるか心配してたのもなんなく、セットした時刻5時40分にピタッと起きれました。
身支度を済ませ、玄関へ忍び足で廊下をトコトコ「何、こんな朝早くからー?」内妻に聞かれます。「あ?、ちょっと茨城は土浦まで用事あって行ってくるから!」内妻はすぐに
察してふすまを力強く閉めたり開けたり…( ̄▽ ̄;)
雷と嵐は帰ってきてから受けるからとにかく一刻も早く抜け出そうと外へ出てチャチャっと
ビッグスクーターで三島駅へ。三島駅から38の駅土浦駅へと。電車に揺られながら真子さんへ親衛隊から毎回贈ってるお花に添えるメッセージカードにメッセージを書くわけですが毎回のように書く内容が思い付きません。電車に揺られながら書くのは結構難しいですけど、なんとか書きました。10時20分に土浦駅へ到着。西口で降りて先ずは
いつもの想い出写真にと土浦駅をカシャッとスマホのカメラで撮影してイオンモール土浦店さん行きのバス停へと。
20分毎に運行されてるバスに
乗り、11時少し前にイオンモール土浦店さんに到着しました。そこでまた想い出にと離れた所からカシャッとソーラーパネルと記載されたイオンさんの建物を撮影しました(^^) 店内に入り、会場はどこかな?と店員さんに「すみません、花火広場ってどちらでしょうか?」店員さんは親切に「ここをずっと奥へといった方にありますよ。家電屋さんのノジマさんの手前辺りにありますよ?」「ありがとうございます?!」と奥へと早歩きで向かいます。あったあった、もうセッティングさられてて20人位の人が居られました。いつもの常連さんも一番前の方に居られました!
用意された椅子は200席位ありました!
ほとんどの椅子には席取りで
私物が置かれてます。でも、最高方辺りはまだ若干空きが。 でも、私は親衛隊です。
椅子は要りません。
最高方で立っての応援なので
椅子には座らず、リハーサルを待ちます。待ってる間に真子友のOさん、Hさん、Tさん、Nさんと顔を合わせ(Nさんは先日、ボードにも書き込みされた方でして本当は被災地の事もあって行けないと連絡があったのですが土壇場になって何とか調整されて来れる様になったとのことでした)真子友さん達とちょっと会話をします。
私が推測してたリハーサル予定11時半になってもリハーサルが行われる気配がありませんーーー そのうち仲間達が私の回りに来ました。
角刈りさん、ミモザさん、コンパさん、ボギーさん、ぶうちゃん。最高方には並ばなかったですけど、私はまだお会いしたことがない仲間のまいまいさんと親衛隊は私を入れて7名でした。
今回はリハーサル、やらないのかなぁと思いながら待ってたら12時5分過ぎに山梨鐐平さんとご登場!(^^)
黒と白?のヒョウ柄?の半袖に黒のパンプス(ぶうちゃんから聞きました)の衣装です。真子さんと山梨さんのギター弾き語りでの「オリーブの小径」(ギター好きなNさん、来た甲斐があったですね!(^^) 2曲目「へっちゃら平気の平八郎」Cさんを初め仲間のみんなが平八郎と謡われる部分で同じように「平八郎?!」と合唱コールをするので私は初めての「へっちゃら」に付ける「平八郎コール」を仲間と共に合唱しました?(^○^) 真子さん「リハーサルなのに全部歌っちゃいました。少しだけ歌うつもりが・・・このまま続けちゃおうか?」と。 お客さんから拍手がパチパチパチパチッo(^o^)o リハーサルなのに何故かもう1曲(^^) 「My Friend! ー旅に出ようー 」
真子さん「1時からミニライブやりますのでよかったら見にいらして下さい」と降りて行かれました。

前後してしまいましたがリハーサルされてるなか、サイン会&握手会の整理券が付いてくるCDを販売されてたので私もと仲間達と一緒に買いのに並んでゲット。
1部までまだ少し時間があるので空腹だった私は一人でイオンモールさんのレストランへと向かいましたがどこも順番待ち状態(>_<) 時間的に間に合わないと思い、レストランのテイクアウトコーナーがあったのでレジ店員さんにテイクアウトも順番待ちするんですか?と尋ねたらテイクアウトでしたら並ばずにお渡しできますよ!とのことだったのでテイクアウトでヒレカツ弁当を買い、入口近くの椅子で空腹を満たしました。
「腹が減ってはコールが出来ぬ」ですからね(^-^)v
(まだ時間があるな)とその繰り返しで2回位煙草を吸いに喫煙室へ。10分前にと花火広場に着かせたらもう大変!
200席の椅子は勿論いっぱいでそれどころか私物を置いてた所が見えないくらい立ち見のお客さんが来てるじゃないですか!! 「すみませ?ん、ちょっと鞄を?」と間をすり抜けやっとの思いで私の通いバッグを持ち、仲間達がいる一番最高方へ(^-^;
凄い観衆でおおよそ300人は居ます。そんな中、アナウンスのお姉さんが「お待たせしました、石野真子さんの登場です!」 角刈りさんが赤色の統制棒を高々に揚げ「せぇ?のぉ?!」私達仲間達が
「まー
こちゃーん!」と待ちに待った真子さんに声援を贈ります。黒色のノースリーブに赤色の底がないヒール?での衣装です。最高方に居る私達は真子さんの靴までは見れないので前に陣取られてる真子友のOさんに事前にメールで衣装を教えて?!と頼んであって後ほどOさんから聞いたのです。第一部の1曲目「シンデレラガーデン」(曲名が分からなく、ぶうちゃんから聞きました)MC:「本日、
イオン土浦店さんに呼んでいただいて嬉しいです。3年ぶりかなぁ、たしか。また呼んでいただきました。本日はミニライブなので短い時間ですが楽しんでいってくれたら嬉しいかなと思います。
新曲でへっちゃら平気の平八郎という歌を出しました。
最近ではNHKさんで流れています。本日はちょっと怖かったけど、ちょっと辛かったけどという歌です。
今日は山ちゃんが応援に来て下さいました。山梨鐐平さんが手掛けてくれた歌です。
2曲目「へっちゃら平気の平八郎」山梨さんがギターを弾きながら真子さん謡われます。「へっちゃら平気のー」のあと私達仲間達も合唱して
「平八郎ー!」o(^o^)o
3曲目「オリーブの小径(こみち)」この歌も?山梨さんが手掛けてくれた歌と説明されます。(私自身、この歌、沁みてくる様な歌でお気に入りです)MC:12月27日、東京でコンサートをやります(山梨鐐平さんの? ごめんなさい、よく聞き取れなかったなかったものでして)
こないだ歌謡フェスティバル?という番組に出演させてもらって
野口五郎さんの「私鉄沿線」とアグネス・チャンさんの「草原の輝き」を間近で聴いて
感動しましたー では、懐かしの曲を謡おうかと思います。真子さんが観客のみなさんに説明されてますが私にはよく聞き取れなかったです。
でも、すぐに分かりました。「わたーしの」の時、みんなでジャンプをしましょうと言われたのだと思います。
私達仲間達もコール態勢に入ります。4曲目「わたしの首領」イントロが流れてすぐ分かりました。私達仲間達は精一杯のコールを贈ります。「マコちゃーん!」「マコちゃーん!」
「L・O・V・Eー、MAKOレッツゴー真子ちゃーん!!」花火広場の天井は高くて20Mはらくにあったと思いますがその20M越えの天井を貫き通す位な大コールが鳴り響きました(^-^)v
集まった観客のみなさんの半数以上位のお客さんが首領ジャンプをされてます!(^^)
1番を歌われ、2番を謡われる前に私達親衛隊に真子さんは
笑顔で「応援してるね!」と言われ、真子さんが口に手をメガホンみたく「エール、オー、ブーイ」と口元で私達のコールに応えておられました? 観客の皆さんが一斉に私達の方に向かれます。
なんかいい光景でしたo(^-^o)(o^-^)o
次の5曲目は「ワンダー・ブギ」でした。クロちゃんとぎふっこさんが真子さんブログでオレンジひろしさんがサプライズを企画してるからーとリクエストされてた曲「ワンダー・ブギ」のイントロが流れるじゃあありませんか!
オレンジひろしさん、良かったですねー、永久的な想い出となるのではありませんか?(^^) 最高方に居た私には見れなかったですが後でオレンジひろしさんやおったいさんに聞いたら真子さんそれを見て指差して笑って喜んでくれたとのことですよねー。
オレンジひろしさんが折り紙?で鯨とカモメを作成されたそうでそれを周りのみなさんにも配られてそれを飛ばされたのでしょうか?(真子さんブログで真子さんからそう記事されてますからね?)
勿論、私達親衛隊はイントロで「MAKOウーレッツゴー!」とコール、ワンダー・ブギコールをまたしても20M越えの天井を筒抜かすかのように
大コールを贈りました。
真子さん「3時からまた2部がありますのでお時間のある方はまた来て下さい」と降りて行かれました。と同時に私達仲間達は「アンコール!アンコール!」と真子さんを呼びます。15回位の呼び掛けで
真子さん再びステージへ上がって来られました!(^^)
角刈りさんが赤色の統制棒を高々と揚げ、「せぇーのぉー!」仲間達「まーこちゃーん!!」と贈ります。
真子さん「この曲でデビューしたわけですがこの曲がなかったらこうして皆さんと会えてなかったです」
アンコール(6曲目)「狼なんか怖くない」イントロ(まーこちゃーん!!)「あなたも狼に変わりますかー」(ラブリーラブリーラブリーマコちゃん、LOVEキューティーエンジェルMAKOレッツゴーマコちゃん!)私達は渾身の力を振り絞ってコールを炸裂させました。
ミニライブの後はCD若しくはDVDを購入をされたお客さんを対象にサイン会と握手会があります(^^) 私は「へっちゃら平気の平八郎」を初めて買ってのサイン会に臨みます(^○^) 私より前に並んでた角刈りさんが代表でお花、18本もの薔薇を真子さんに贈られます。私はマイマジックペンを用意して臨んだのですが
果たしてマイマジックで書いてくれるかと自分の番が近づいてくるにつれ、不安になってきました。私の番が来たと同時に唐木田マネージャーさんにマイマジックペンでもいいでしょうか?の問い掛けに
「あ、いいですよ!」と(^^)v
良かったです(^^)v
サイン会が終わり、仲間達が
ステージの裏側へと向かってきます。でも、真子さんはまだすぐには降りてこなく、観客の皆さんに何か話をされてました。そして真子さんがステージ横のテントから出て来られました。仲間達、常連さんも各々真子さんに「お疲れさまでした?(^^)」の挨拶を
しました。真子さん、振り向いてニコッと笑顔でお辞儀されて出て行かれました。

前置きから〜 イベントレポートについてですが20日の日は在来線で地元三島駅に着いたのが夜9時過ぎで自宅に帰ってからはレポートする時間もなく、翌日は
彼岸ということでご先祖様の
お墓参りをしてきたりで自宅へ夜遅く帰ってきたのでやはりレポートは無理でした。
22日には副業の警備会社で普段受けてないとのことで現任教育というのを受けてきてそれが夕方前には終わったので
自宅に帰ってからレポートを
し始めたわけでして・・・
そして今日はシルバーウイークの最終日で普段はトラックの運転手で毎日の平均睡眠時間が約4時間でして明日からは全くもってレポートする時間はないので今日には仕上げなければならないので後半の
レポートは前半のレポートみたいな詳細には記載出来ない
ことになると思いますがどうかご理解とご勘弁の程をお願いしますm(__)m &#11013;私事を交えた長い前置きで申し訳御座いませんでしたm(_ _)m
では、最終回のはじまりはじまり〜(^^)
1部が終わり、2部まであと1時間ほどあります。何して時間を費やそうかと思ってたら
仲間達が店内を歩き始めたので私もついて行きました。
ぐるりと廻りましたがどこの
カフェ&レストランもいっぱいで順番待ち状態です。
スタバへと仲間達が入ろうとしましたがそこも順番待ち状態でダメ。スタバの近くのハンバーガー店みたいな店に決まりました。でも、私はさっき食事を摂ったので店に入らず、外の自販機で缶珈琲を買い、喫煙室で一服することに
しました。そうこうして時間を費やしていくうちに第2部が始まる15時10分前となったので広場へ向かいました。またまた1部と同じほど観客が立ち見も目一杯集まり、置いてた鞄が見当たらない人だかりです。「すみませ?ん、ちょっとバッグを取りたいので?」と人との隙間をすり抜けてやっとの思いで通いバッグを持ち、仲間達のいる最後方へ。(ここで字に誤字があったことをお詫び、訂正致します。これまでのレポート@?Bまでに最後方を最高方と字を間違えてました。スマホでの文字変換での誤字、お許し下さいませm(_ _)m)
1部が始まる前も流れましたが2部の前でも店内放送から「本日は花火広場にてイベントで狼なんか怖くないでデビューして・・・女優としても活躍中の石野真子さんのミニライブがが開催されます・・・」2部が始まる前にトイレから出てベンチに座ってたらそのアナウンスが流れて家族連れのお母さんが(私と同じ位の年齢?)旦那さんに「石野真子ってあの石野真子?ほんと?見に行こうよ!」旦那さん「もう無理だよ!席がないよ!」等々の会話をされてました。よっぽど「大丈夫ですよ、まだ間に合いますよ!見ていった方がいいですよ!」と声を掛けたかったですが掛けなかったです(>_<)
15時となり、司会?のお姉さんが「石野真子さんのご登場です!」 角刈りさんが赤色の統制棒を高々と揚げて「せぇーのぉー!」続いて私達6人でいつもより少ない仲間達で「まーこちゃーん!!」と
統制します。1部と同じく応援にと真子さんの前に山梨鐐平さんが登場され、すぐに
真子さんが登場されます。
衣装はノースリーブ?の紫色のドレス。やはり靴が最後方では全然見えなく、事前にOさんとNさんにメールで教えて?と頼んでたので後で教えてもらいました。1部の時と同じ赤いかかとがないヒールとのことでした。首にはネックレス?いや、なんですかね?分からず、ピンク色の長?いのを掛けてました。
のちのサイン会の時に真子さんに尋ねてみました。
そしたら真子さん笑いながら
「えっ、これ?うーん、男性の方には分からないと思うよ。リボンを織り込んだのよー」とのこと。「じゃあ、リボンを織り込んだネックレス?」と聞いたら真子さん、大笑いしながらちょっと可笑しいわ?と言いたそうにうんうんとうなずかれてました?
真子さん「お昼も食べるのを忘れてました」と笑いながら
仰る真子さん。
1曲目:新曲「へっちゃら平気の平八郎」仲間達全員で「平八郎ー」の部分で合唱します(^-^)v 真子さん「12月3日に品川グローリアチャペルさんでアコースティックライヴをやります!教会で歌わせていただいてほんとうにありがいなぁと思います。そこで応援に来てくださった山梨鐐平さんが歌を少し歌われました。
でも、すみません、曲名は分かりません。MC「12月27日に山梨さんがコンサートを開催されます。19?もある原曲を歌われるとのことなので観に行かれて下さい」と山梨さんの宣伝をされる真子さん。
2曲目「オリーブの小径」
真子さんと山梨さんのコラボレーションでのギター弾き語りで謡ってくれました?(^-^)
続いて3曲目秋らしい歌をと真子さん「幸せになりましょう」(曲名が浮かばずに振り向いてぶうちゃんに聞いて教えてもらいました)去年のアコースティックライヴだかで
真子さんがボギーさんとぶうちゃんに謡ってくれた歌でありますね? 私には無縁?な歌?ですがほんとボギーさん達にはいつまでもラブラブで
いてもらいたいです(^.^)
ジーンとくる歌を聴いたあと真子さん「新しい曲を歌いたいんだけど、古い曲の方が喜んで頂けるということで10代の頃の曲を謡いたいと思います。ハチマキを締め直してメガホンを手に取り、コールの準備をします(^-^)v
4曲目「日曜日はストレンジャー」今日日曜日に最適な曲、最適な曲には最大なコールで応えなければならない!
「L・O・V・E・L・Y LETS GO!」
喉が枯れ果てるまでのコールを贈りました!
日ストを謡い終えた真子さんは私達親衛隊に応えてくれたかのように「では最後に、真子ちゃん謡います!」と
5曲目「プリティープリティー」イントロ流れてすぐに
「ゴーゴーレッツゴー!ゴーゴーレッツゴー!LOVEレッツゴーマコちゃーん!」
コールが大炸裂しました?
真子さんが降りて行かれました。角刈りさんの合図の元、
仲間達全員で「アンコール!
アンコール!アンコール!」
1部と同じくらいアンコール15回位?で真子さんが登場されました! 角刈りさんが
赤色の統制棒を高々と揚げ「せぇ?のぉ?!」仲間達で今回少人数ではありましたがMAXな声で
「まーこちゃーん!!」と
統制します(^-^)
真子さん「この曲がなかったらみなさんと出会えてなかった歌を聴いて下さい」
角刈りさんが赤色の統制棒を握り締め、頭上に高々と揚げ
「せぇーのぉー!」私達「まーこちゃーん!」と統制
統制の時に私の後ろから同じように「まーこちゃーん!!」と統制してくれてる声が聞こえてきました。???と後ろを向いたら5人の中学生らしき男の子達が!
1部も見ておられたのでしょう・・・ 聞きよう、聞きマネで狼なんか怖くないのコールをその男の子達も一緒に交じってコールしてくれたのでした!その子達は曲の1番をコールした後いなくなってしまいましたが嬉しかったなぁ・・・o(^o^)o  
ありがとうね、一緒にコールしてくれてo(^-^o)(o^-^)o 
石野真子親衛隊ジュニア誕生かな?と思いましたね(^^) 
狼を謡いながら(一番と二番の間奏で?)真子さんはハンカチで顔を覆いぬぐって
「人生はいろいろあるよね、
災害はもう起きてもらいたくないよね?」と仰られました。私の推測だとまた真子さんは鼻が赤くなられたのでは?
こんなに集まってくれた感謝の気持ち、そして今回台風に因って起きてしまった50年に一度といわれた関東が中心となった大雨で災害を被った方々の事を思って悲しく、辛い気持ちとなられての涙?だったのかと思われます。
ほんと災害はもういいです。
平和な日々を!という思いになります。一人一人が幸せな日々を送ってもらいたいです。ミニライブが終わり、サイン会と握手会です。予め2枚
(何れも新曲のへっちゃらです)買ってあったのでサイン会の列に並びます。
〈1部のサイン会では三島駅の外の駅テナント?の売店で急な思い付きからこれからも大忙しの(今日も京都と奈良の境のイオンモールさんでのインストアライブ)真子さんにスタミナにとの思いから静岡名物のうなぎパイに目が留まり、従来のうなぎパイの横に限定の静岡茶入りのうなぎパイに目が留まったので買って来てお土産にとお渡ししましたp(^^)q〉
2部では今度は金色のマジック?でサインをしてもらおうと(*^^*) 予め振っておいたペンを唐木田マネージャーさんに承諾を得て渡して唐木田マネージャーさんがペンを振って真子さんに渡して真子さんがへっちゃらのCDにサインを書こうとしますが付きません(>_<) 真子さんもそのペンを何回も振って書こうとしますが付きません(>_<)
真子さんが近くにあるメモ用紙にペンをちょんちょんと押します。インクが大量に出てきました。思わず私は「すみません」と。真子さん気にせずにスマイルでサインしてくれました?!(^^)
前述しましたが私が「あのぉー、真子さんにちょっと聞きたいのですがその首に掛けていられるネックレス?はなんというネックレスなんですかー?」真子さん「えっーこれーうーん、男性には分からないと思うよ!」  私が「シュールとは違いますよねー?」 真子さんが笑いながら「
リボンを織り込んだのよー」と応えられました。
サインを受け取り、「3日後には関西の京都?奈良?境目のところでインストアに行かれるのですよね?」真子さん、頷かれ、「そうよ!」
「お忙しいと思いますけど頑張って下さい」と観客席の方へ行こうとした時に握手してもらってない事に気付いてまた振り向いて握手してもらいました(^-^;
そして全てのサイン会&握手会を終えられた真子さんに私達はテント裏で待ってお疲れさまでしたーとお見送りの挨拶をしてお別れしました。
その後、仲間達は土浦駅の近くで打ち上げをされた様でしたが私は翌日に兄と予め予定してたご先祖様のお墓参りがあり、帰りも三島駅迄在来線で4時間掛けて帰らねばならないので打ち上げには参加しないで帰路しました。
今度はいつ真子さんのイベントに参加出来るのかな・・・
茨城お住まいのKさん、2度あることは3度あるかと思いますから今度はぜしぜし応援&観に行かれた方が良いですよ! Nさんもほんと謙虚心ある人(見返りも望まない素敵で素晴らしい人)ですから被災地への参加、自分に無理ない程度にね? 
真子さんがブログで仰られてるご機嫌でをご家族の方に接して下さいね? 
真子さん、唐木田マネージャーさん、関係者の皆さん、常連さん、真子友のみなさん、
そして2部で狼なんか怖くないのコールを交じってしてくれた5人の中学生の男の子達
本当にありがとうございました?!(^^) 長文、乱文なレポートで非常に読みにくかったと思いますけれども、最後迄おつきあいしてくださり、真(まこと)にありがとうございました。
2015年9月5日 ジェイデバイス納涼祭



夏の盛り、私宛に電話があった・・・

「しもしも もう一度、真子ちゃん応援したいねん・・・ 迷惑ちゃうかったら仲間に入れてくれへんかなぁ〜〜〜」

電話の主は元(はじめ)先輩だと名乗ったぁ@o@;
彼は当時の石野真子親衛隊・関西支部で私の数ヶ月先輩にあたる方だ!

突然の親衛隊の先輩からの電話に私は驚いたし! ベタベタの大阪弁の先輩の喋り口調が、とてつもなく懐かしかったぁ!

先輩! 俺に敬語なんて使わないで下さい!
もちろん無条件で大歓迎しますよヾ(@⌒ー⌒@)ノ
昔の様に、力を合わせて真子ちゃんを応援しましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

その元(はじめ)先輩とは、30数年ぶりにサマーディナーショーで再会を果たした!

それからというもの・・・ 元先輩は憑かれたように真子さんのイベントに奔走している@o@;

先輩! 大丈夫ですかぁ(´_`。)
責任感、感じてイベント全部行かなくても良いんですよ・・・(´_`。)

ちゃうねん! 俺・・・ ホンマに嬉しいねん!
真子ちゃんと30数年ぶりに逢えたのも嬉しいし! 昔と同じように応援出来るのが、ゴッツ嬉しいねん!

元(はじめ)先輩は正直に、そして、無邪気にそう語ってくれたぁ・・・(^O^)v

そんな先輩と、今日は共に福井に向かう!

早朝、大阪駅の11番ホームで待ち合わせしていた・・・

私は待ち合わせ時刻より数分、早く到着したが・・・既に先輩は先着していた!

あんなぁ〜〜〜 自由席やから、万が一、座れんかったらあかんやろ・・・
早めに着いて、列んどいてん!

先輩は気遣いの出来る人だぁ! ただ・・・若干人使いの荒いところがある・・・
ホームに列んでいるのは先輩の同級生、平八郎君だった・・・

あいつに列ばしといたから大丈夫や(○`ε´○)
ちゃんと3人分の席、取る様に言うたある・・・(○`ε´○)

という訳で・・・ 平八郎君が座席を確保してくれ、私達3人は無事サンダーバード号で福井へと向かった(^O^)v

さて、真子さんがご出演される「ジェイデバイス納涼祭」の会場は福井駅から十数キロの距離がある・・・
足が要る!
そこで事前に給食のオバサンこと、アキココに車で迎えに来る様依頼していた(^O^)v
きっと福井駅の改札口で、私達3人を出迎えてくれるだろう〜〜〜

福井駅に到着した! 改札を出たぁ!
改札を出てすぐに、恐竜のステゴザウルスのモニュメントがあった・・・

お早うございますぅぅぅ〜〜〜(○`ε´○)

@o@; 先輩がステゴザウルスに挨拶していたぁ・・・@o@;

先輩! 違いますぅ! それはアキココではありません(;>ω<)/

福井駅の東口に向かうと、奈良から暴走車を駆ってやって来たシュウ君が居た!
暫くすると埼玉から新幹線でコンパ君がやって来る筈だ!
それに間もなく羽田から小松空港に到着している角刈り君もバスで、この福井駅東口に到着する!
そして、シュウ君、アキココの車に分乗して納涼祭の会場に向かう!

全て順調に運んでいる・・・(^O^)v

だが・・・ アキココが来ない

シュウ君! アキココ見なかった?!

さぁ〜〜〜???

数分して彼女が現れた・・・

礼儀正しい先輩は、今度は間違う事無くアキココに挨拶した

お早うございますぅぅぅ(○`ε´○)

彼女も、それに応えたて挨拶を交わしている・・・

そこまでは良かったぁ・・・

あのさぁ〜〜〜 車、どこに置いてんのぉ〜〜〜???

アキココは答えた・・・

あっ〜〜〜 車! 私の車は高速道路で爆裂したから・・・
レンタカー借りたのよぉ〜〜〜(^-^)

@o@; 車が・・・ 爆裂したぁ・・・@o@;
私は背筋が寒くなったぁ・・・(;>ω<)/

俺はアキココの様に不死身じゃない・・・
彼女の運転するレンタカーに乗る事に大きな不安を抱いたぁ・・・(;ω; )

やがて、コンパ君、それに角刈り君が到着し、それぞれ車に分乗して出発する事になった

アキココがレンタカーの運転席に座り、エンジンをかけた・・・

ワイパーが・・・ ガタンガタンと動き出す(;>ω<)/

発進しようとすると、車が動かない・・・パーキングブレーキを掛けたままだ(;>ω<)/

やっとこさ、ノロノロと動き出したが、駐車場の出口が解らない(;>ω<)/

やっと出口に差しかかったが・・・ 駐車券が無いので出れない(;>ω<)/

先輩が車から飛び出し、レンタカーの事務所にダッシュし、駐車券を貰って来た・・・

アキココが運転席の窓を開け、先輩から駐車券受け取った!

アキココがアクセルを踏み、車は走りだしたぁ!

先輩は車に乗っていない(;>ω<)/

唖然とした先輩の姿が、後部座席の私には、しっかりと見えたぁ(;>ω<)/

アキココ止めろぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

降りろぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

こんな事では、納涼祭の会場に到着出来る筈が無い(;>ω<)/

私が運転席に座ったぁ・・・

漸く、私達はシュウ君の車に続き、一般路を走行しているが・・・
アキココは後部座席でケラケラと笑っている・・・

「楽天的」という一語で片付けられぬと、私は思ったし、先輩もアキココの恐ろしさを思い知ったろう・・・

ルームミラーを覗くと、後部座席の真ん中に座っている平八郎君と目が合った・・・

あのぉ〜〜〜 後ろ、見えにくいですか?

穏やかな性格の平八郎君は、そう言った・・・

あ〜〜〜大丈夫! アキココが映ってたら嫌だったけど・・・

私は、つい本心を口にしてしまったぁ・・・@o@;

私の真後ろに座っているアキココが、シートを力一杯蹴飛ばした(;>ω<)/
幾度も蹴飛ばす(;>ω<)/

その光景を目の当たりにして・・・ 先輩、平八郎君、角刈り君の顔が青ざめている筈だ(;>ω<)/

後ろから蹴りを入れられ、私は腰をしたたかに痛められたが・・・
福井駅を出発し30分程でジェイデバイス納涼祭の会場に到着した!

見渡す限り田んぼの中に、ジェイデバイス福井工場はあった・・・
敷地はおよそ中学校の2倍程! 四角い建物が工場だろう、隣接して立派な野球グランドと、おそらく従業員の社宅であろう市営住宅の様な建物が数棟・・・
そして広々としたアスファルト敷きの駐車場。 この駐車場を半分に仕切り、そこが納涼祭の会場になっていた・・・

会場の中央には巨大なテント張りのスペースがあり、そこにパイプ椅子が200席余り、更にテントからはみ出して200席程、合計400名が着席して真子さんのショーを観覧出来る様になっている!

が・しかし・・・開場まもない午前11時、観客はほんの50名程しか見当たらない・・・

まぁ、とにかく入場しよう〜〜〜!

入り口でお姉さんがウチワと、くじ引き券を下さったぁ(^O^)v

くじ引き券にはミシン目が入っており、片方をモギって好きな景品の応募箱に入れるらしい!

それで・・・ どんな景品が当たるのかというと・・・

5万円の旅行券ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ダイソンの掃除機ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
プレイステーションヾ(@⌒ー⌒@)ノ 40インチ薄型テレビヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ガソリン券1万円分ヾ(@⌒ー⌒@)ノ キャノンEOS KISS一眼レフカメラヾ(@⌒ー⌒@)ノ
等々・・・

かなり豪華な賞品が当たるが・・・ 旅行券とガソリン券を除いては・・・
全てジェイでバイスさんの半導体が使用されている商品なのだと推察出来る!

ここでちょい勉強しなきゃなんない!
半導体とはなんぞや・・・??? ジェイでバイスさんっていう会社は???

半導体にも様々あるが・・・ 一口で言うと・・・ チューインガム程度の大きさのマイクロチップの事だ・・・
私達が子供の頃、クーラーは手動式だった・・・ 強・中・弱のダイヤルのみがあり、そそれが全てだった!
それが進化し! 28度に設定すると、クーラーは室温が28度になるように調整してくれる!
その調整してくれてるのが「半導体」だ!

要するにいろんな事をしてくれる、頭脳の部分だぁ!

だから今や半導体はほとんどの電化製品に搭載されている!
携帯やスマホもそうだし! アイロンや冷蔵庫! テレビや電子レンジ! パチンコ台!

半導体の搭載されていない電化製品というと・・・ 懐中電灯ぐらいだろうか?!

あらゆる電化製品に必要な半導体な訳だから・・・
家電業者はこぞって自家製の半導体工場を全国各地に建設したぁ!

松下電器も! 日立製作所も! NECも! 東芝も! 富士通も!
バンバン半導体の工場が出来た!

日本の半導体は性能が優れているので、海外にもワンサカ輸出したぁ!

大いに儲かったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

半導体は日本経済を先導する優良企業ばっかだったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

し・か・し・・・ 20年程すると・・・ 特許が切れ出したぁ・・・@o@;

そういう最先端技術ってのは、特許の塊であり、それこそが生命線なのだ!

特許が切れると・・・ 韓国や台湾が安価な半導体をバンバン作り出した(;>ω<)/

日本の半導体メーカーは相次いで赤字に転落した・・・(;ω; )

こんなこっちゃあかん(;>ω<)/

経済産業省が仲介して、様々あった半導体メーカーを合併させた!

幾度も合併を繰り返し、そして・・・誕生したのがジェイデバイスっていう会社だ!

本日納涼祭が行われるこの工場も、元々はNECさんの半導体工場だったらしい!

そういう訳で・・・ 今から20年・30年前の景気の良かった頃に建設された元NECさんの福井工場なので、敷地は広いが、建物はかなり古びていたりする・・・が、飲食のテントでは威勢の良い掛け声をして売り込みが始まっている!

腹ごなししなくっちゃ! フランクフルトを肴に命の水が進むヾ(@⌒ー⌒@)ノ

仲間達も、それぞれに腹ごなししているが、青空の下で食事するのは、なにより気分がいい!

正午を迎えると開会式が行われた!
副社長さんが・・・ようこそお越し下さいました! 今後もジェイデバイスは頑張りますから、ご支援下さ〜〜〜いと挨拶され、続いて労働組合の執行委員さん、市役所・産業課の課長さんと続き・・・

クレヨンしんちゃんショーが始まったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

約30分のショーが終わる頃には、椅子席はほぼ満席!

そろそろ真子さんの出番かと思うと・・・

子供と大人グループのヨサコイショーが始まった!

もうそろそろ・・・真子さんの出番の筈だと思ったが・・・

チアリーダーショーが行われた!

13時30分! やっと真子さんのステージが始まるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

司会のお姉さんが! さぁ〜〜〜 皆様お待ちかねの石野真子さんがお越し下さいましたよぉ〜!
と仰ると、会場から大きな拍手が沸き起こったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そして、ステージ横に黒色のワゴン車が乗り付けられ、真子さんが現れたぁ┌(;・_・)┘トコトコ

ピンク色のスパンコールで仕立てられた、タイトなドレスを着た真子さんが、僅か30センチ程の高さのステージに、ヨッコラショ!と登られる・・・

客席から ワァー という歓声が上がったぁ!

無論! マーメイドのように美しい真子さんの美貌に圧倒されての歓声だぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

特攻服に身を包み、準備万端整えている私達も声援を贈らねばならない!
統制棒を握りしめた、角刈り君の右腕が福井の青空めがけ振りかざされる!

せぇ〜〜〜 のぉ〜〜〜! 真子ちゃーん!

深々とお辞儀をした後、観客の温かい反応を確かめた真子さんが、マイクを握りMCをされる・・・

えっ〜と、昨日、東京から福井にやって来ました・・・
随分久しぶりに東尋坊に行ったり、「いわしや」というお店でお魚のお料理を食べたりしてましたぁ(^O^)
でもね・・・名物のサバドッグを食べたかったけど、まだ食べれてないのぉ(;ω; )

「サバドッグ」とは福井の名物B級グルメで・・・
ソースカツ丼を持ち歩ける様に、パンで挟んだものだという者もいるし、サバの切り身を焼いてパンで挟んだものだという者もいる・・・ 諸説あるが実態は不明(´_`。)

真子さんがそう仰ると、司会のお姉さんが・・・

では後ほど、楽屋にお持ちしますよ!

と、優しい心遣いをされていたが、程なく・・・労働組合の方々が、会場の露天で販売していたらしいサバドッグを、ステージに持って来て下さった!

今! 食べるのかなぁ??? 私はその事に興味が湧いたが、もちろんステージ上でパクつく訳にも行かないだろう・・・
残念ながらサバドッグお預けの真子さんだ(笑)!

少し口惜しそうな真子さんだが、気を持ち直し、MCを再開された・・・

あのねぇ〜〜〜 私もこうして福井まで旅して来た訳ですが・・・
一曲目は旅に出よう・・・っていう曲です!
旅に出たら、昨日までの嫌な事も忘れちゃうわよ〜〜〜、そういう曲です。聴いて下さいm(_ _)m

MCを終えられた真子さんが、客席に向かい軽くお辞儀をすると・・・
聴き慣れたタンタンタン〜〜〜♪ という「My Friend 旅に出よう」の前奏が流れた・・・

伸びやかな真子さんの歌声と軽快なリズムに合わせ、観客は手拍子で応える!
もちろん! 親衛隊の私達も大きく手を打つ!
周囲を見渡すと・・・ ドッ!と観客が増えていた! 400程の椅子席は満席!
立ち見も数百人! 

真子さんが「My Friend 旅に出よう」を謡い終えられると、満場の客席から拍手が浴びせられる!

盛大な拍手を贈られた真子さん・・・ 続いて2曲目「Friend」を謡い出される・・・

リズムに合わせ、少し身体を振りながら、一際可愛らしく謡って下さった!

曲が終わると、真子さんは客席に深々とお辞儀をなさる・・・
こういう場面に、人柄が現れるよねぇ〜〜〜と、私は常に思う(^O^)v

MC えっ〜〜〜と、続いては「へっちゃら平気の平八郎」という曲なんですが・・・
NHKさんの「みんなのうた」で8月、9月オンエアーされているので、是非チッェクして下さいね!
とっても可愛い歌なのよ!
それでね・・・ 私が「へっちゃら〜〜〜♪ 平気の平八郎〜〜〜♪」とって謡ったら、客席の皆さんもそれに合わせて、大声で謡って下さいね(^O^)v
では・・・練習しましょうぅ〜〜〜!

「へっちゃら〜〜〜♪ 平気の平八郎〜〜〜♪」
「へっちゃら〜〜〜♪ 平気の平八郎〜〜〜♪」

まぁまぁかなぁ〜〜〜(´_`。) もう一回ね!

「へっちゃら〜〜〜♪ 平気の平八郎〜〜〜♪」
「へっちゃら〜〜〜♪ 平気の平八郎〜〜〜♪」

うん! よくできましたぁ(^O^)v
じゃ、謡いますよぉ〜〜〜!!!

真子さんと共に「へっちゃら平気の平八郎」のサビの部分を合唱する!
もちろん音楽の成績、平均2.4の親衛隊員も大声で合唱する!

平均2.4にはちゃんと意味があるヽ(*`3´)ノ

昨年の夏の事だ! 真子さんに感謝の気持ちを伝えるためライブの最後に「サンキューソング」を合唱しよう!
そういうプランが持ち上がったぁ!

そりゃええこっちゃ! きっと真子さんも喜んで下さる筈だから!
そこはちゃんと練習しよう〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

大阪ライブの前にカラオケボックスに仲間達が集まった!
そしてサンキューソングを合唱した・・・

君と出会えた ただそれだけで 贈りたいよ サンキューソング〜〜〜♪(○`ε´○)

うっ・・・@o@; ヾ(@~▽~@)ノ @o@;

まぁ、まさか・・・ みんな、こんなに歌がヘタなのかぁ〜〜〜(;>ω<)/

音程もリズムも、滅茶苦茶じゃないかぁ〜〜〜(;>ω<)/

まるでお坊さんの「お経」のようだった・・・(;>ω<)/

君達! 音楽の成績! 確実に「2」だったろう〜〜〜(´_`。)

だが・・・ 唯一、ボーカルスクールの先生をしているマロンさんは、真子さんに負けないぐらい、きっちりと謡えている! 間違いなく音楽の成績は「5」だった筈だぁ!

そんでもって、私は3だったので・・・

5が1人! 3が1人! 2が7人・・・ 平均すると2.4(;>ω<)/

そういう訳で・・・ 2.4の俺達だが、真子さんと共に一生懸命に謡った(^O^)v

さて、帰り支度を始めるかぁ!
どっかで散々に呑みあかそう〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

が・・・ 仲間達は誰も動こうとはしない・・・

????? あっそうかぁ!
以前開催された連合さん主催の「三多摩メーデー」の折りには、抽選会に真子さんが登場されたんだ!

だから仲間達は、誰一人として帰ろうとしない!
さもあらんヾ(@⌒ー⌒@)ノ

し・か・し・・・ 間もなく始まった抽選会に、真子さんのお姿は無かった(;ω; )

ねぇ! ねぇ! 帰ろうよぉ〜〜〜!
命の水、しに行こうよぉ〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

仲間達は動かない・・・
抽選会の結果が気にかかっているようだぁ・・・(´_`。)

どうせ、当たったりしないんだから・・・
期待に胸膨らますだけ、エネルギーを損するよぉ〜〜〜(´_`。)

ステージでは豪華賞品の当たる抽選会が進行している!

ガソリン券・・・ ハズレ(;ω; )

旅行券5万円・・・ ハズレ(;ω; )

ドライブレコーダー・・・ ハズレ(;ω; )

ダイソン掃除機・・・ ハズレ(;ω; )

プレイステーション・・・ ハズレ(;ω; )

ほらね! 観客がこんなに大勢いるんだから・・・ 当たりゃしないよ(´_`。)

続いて・・・ キャノン EOS Kiss 一眼レフカメラ・・・

司会のお姉さんが4桁の当選番号を読み上げる・・・ 1・5・

@o@; ち・近い! 私の抽選券の番号に近い・・・@o@;

も・もしや・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ EOS KISSは私にヾ(@⌒ー⌒@)ノ

親衛隊を再結成して10年! やっと管理人の私に幸運が訪れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お姉さんが下2桁を読み上げる・・・

6・9・・・ おっおしい〜〜〜 7番違い・・・ヾ(@~▽~@)ノ

仲間達がざわついている・・・ 誰や! 誰か! 当たってるぞぉ〜〜〜!

入場の際、皆で列んで抽選券を貰ったので、抽選番号は連番になっているらしい!

私が先頭だったので、私の7つ後ろに列んでいた仲間が!
高級一眼レフカメラEOS KISSを射止めた事になる〜〜〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

誰? 誰が当たったのぉ〜〜〜???

元(はじめ)先輩が大声で叫んだぁ!

俺の後ろに列んでいた平八郎の筈やぁ〜(○`ε´○)

そんで・・・ 平八郎君は・・・??? 何処に・・・???

彼は・・・ 帰りましたぁ・・・ ヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノ

用件があるらしく、真子さんのステージが終わると同時に帰りました・・・

ヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノヾ(@~▽~@)ノ

元(はじめ)先輩が福井駅に到着している平八郎君の携帯に電話をかける・・・

あんなぁ〜〜〜 平八郎、おまえの抽選券の番号! 何番やぁ(○`ε´○)

えっ〜〜〜と・・・ 1569です

そんで、その抽選券、誰に預けてるねん(○`ε´○)

僕、持ってます・・・

このスカタン(○`ε´○)

ステージ上で司会のお姉さんが幾度も仰っている・・・

1569の抽選券をお持ちの方はおられませんか???
失格にしますよ・・・

そしてタイムアウト・・・
EOS KISSは幻の景品となり、皆で大いに落胆したぁ・・・(´_`。)

後、福井駅前に再集合し、アキココの馴染みの店で散々に呑みあかし解散したが・・・
今もちょい暗い雰囲気を引きずっている(´_`。)

そこで親衛隊の「新ルール」!
先に帰る隊員は、必ず抽選券を仲間に預ける事ヽ(*`3´)ノ

以上
2015年8月14日 イオンモール日吉津・インストアライブ



はじめまして。 この度始めてレポートを担当させていただきます広島くんです。
今回はお盆休みという事で渋滞を気にして夜中に出発することにしたのですが、普段だと日中は3時間半の道のりですが思いのほか順調で3時間少々で到着しました。まだまだ時間があるので会場の入り口を確認して近くのコンビニで軽食と仮眠を取ることにしました。
8時頃になり会場に向かうと常連さんが三名先着されていて久々の再会に挨拶をして雑談です。


インストアの情報から一ヶ月半、指折り数えて待ちに待った真子様のミニライブで気持ちが落ち着かないし緊張のあまり胃が痛くなってきました。
待つこと一時間、ようやく会場OPENでステージ前に荷物を置きに行きますがその場所には椅子ではなくカーペットが敷かれています。 会場のスタッフに聞くと今回は座っての観覧との事でしす。確かに椅子にするとそんなに置けないスペースで二階建ての吹き抜けですが横10メートル縦6メートル位でステージの後ろはエスカレーターで正面には店舗が並んでいる様な場所です。

ステージ前で隊員を待っていると一人、また一人と会場に到着です。 ここで前回の鎌取でのインストアの事を聞いてみると二つほど気になる話があり、一つ目は真子様が少々お疲れの様子に見受けられたとの事で今日は大丈夫なのかと心配でなりません。 二つ目は真子様の右手に何かがあるとの事です。
何.何.何?
と隊員に聞いてもイヤイヤと含み笑いをしているだけで何も教えてくれません。こんな時には悪い事しか頭に浮かんできません。 もしかして薬指にリングでもしているのかとか想像してしまいますがライブが始まってからの確認とします。
まだまだ時間があるので喫茶店に入り軽い朝食を取っていると隊員が合流して総勢10名となりました。 リハーサルがあるかもしれないのでステージに皆んなで移動すると一般のお客さんも続々と詰めかけています。
真子様の体調はどうなのだろうかと心配しつつ待っているとマネージャーさんがどこからともなくやって来てステージ上でスタッフと打ち合わせを始め、にわかに慌ただしくなってきました。 マネージャーさんが居なくなり少しすると一般のお客さんにまぎれて真子様がエスカレーターに乗って二階からの登場です。お客さんから「わぁ 綺麗」の声が聞かれ心の中でそりゃそうでしょ〜 世界中で一番綺麗で美しくて可愛い真子妃ですからねと、つぶやく。

今日の真子様の容姿は上がグレー色の腰下、お尻上位の長さのブラウス系で下がくる節が見える位の黒のパンツでピンクベージュ系のハイヒールは履かれています。
リハーサルで流れてきた曲は「My Friend」 一番を歌われた所でスタッフと打ち合わせをされています。その間曲は流れたままで打ち合わせが終わるとサビの部分を歌われて「ありがとうございますぅ 今日は1時半からですのでお楽しみに」と言われて控え室戻られました。
各自で時間をつぶし、いよいよライブの時間です。
真子様がエスカレーターに乗って二階から降りてこられ仮テントの中に入られてスタンバイです。
司会から「さぁ 石野真子さんの登場です。」と紹介されて真子様の登場です。
「皆さん こんにちは〜 石野真子です。」と挨拶をされて最近のアルバムの中からこの歌を聴いください言われ
一曲目 My Friend
皆んなで手拍子です。
二曲目前にNHKのみんなの歌というのがあるんですが、ここで歌っている へっちゃら平気の平八郎という歌があるんですが、この歌の最後に平八郎という部分を皆さん一緒に歌ってくださいとお願いされ皆んなで二、三度練習の後
二曲目 へっちゃら平気の平八郎
平八郎の所でマイクを会場に向けられて皆さんで 平八郎〜と合唱です。
真子様の笑顔がとても素敵です。
三曲目 笑顔の花をしっとりと歌われました。
四曲目 昔の曲から一曲と言われ流れ出した曲がフォギレイン
予期せぬ曲に真子様はガクッとされましたが、一般のお客さんは何の事かわからないまま流れ出した訂正の四曲目がめまい
歌い終わられた所で統制一発 せぇ〜の 真子ちゃ〜ん
親衛隊の大きな声で初めて親衛隊を見られた方からどよめきの声。

皆さんありがとうございまぁす、懐かしいですねぇ
最後の曲も昔の歌で良い?と会場に声をかけられスタッフの所に行かれて曲の確認をされています。
ステージの中央にもどられながら初めての来られた方いますかぁ?と問いかけられて、ご年配の方はご存知だと思いますが、こんな歌を歌ってたの私と流れ出した
五曲目 ワンダーブギ
ようやくコールのある曲が流れ隊員で渾身のコールを送ります。
歌い終わられた所で統制一発 真子ちゃ〜ん。
ありがとうございます。
さようなら
真子様がステージから下がられた所でアンコールコール
お客さんも一緒になって大きな声でアンコール、アンコールと12回目の所で真子様の再登場で、統制一発 真子ちゃ〜ん。
すると小さなお子さんからも真子ちゃ〜んと元気の良い声が聞こえて、 ありがとね〜 もうほんと真子ちゃん なんて嬉しいね〜と言われながら 狼なんか怖くない きいてください。で六曲目
統制一発 せぇ〜の真子ちゃ〜ん

ありがとうございま〜す と言われながら退場されて一部が終了です。
この後、握手会ですが、いつもなら何を話そうかと迷うところですが今日は右手しかないでしょう。

一部の後の握手会
本当の事はおっしゃってくださらないとは思いつつ思いきって右手の事を聞いてみました。

真子様 非常に聞きにくい事ではありますが右手の薬指のリングは
誰かから頂いた物なのでしょうか? と、問いかけますと「ただしてるだけよ〜」 と言われ私が再度、良い方がいらっしゃるのかと思いましたと 言うと
「この歳でまさか〜」と笑顔で返答してくださいました。大変失礼な事をお聞きしました。
握手会は1時間位かかり少々お疲れになった様子でしたが、笑顔で退席されました。

第2部
お待たせしました。石野真子ミニライブお楽しみくださ〜いと紹介され真子様の登場と共に統制一発せぇ〜の真子ちゃ〜ん。
容姿は紫色のロングドレスできらびやかなネックレスにブレスレット、足元は黒に底がベージュ系のハイヒールで髪はアップにされています。 アップの髪型メチャクチャ可愛いです。

皆さんこんにちは〜。石野真子で〜す。 短い時間ではありますが少しでも私の歌を聴いいただければ嬉しいな〜と思ってますが最近出しましたアルバムの中からしあわせのレシピを聴いてください。と一曲目 手拍子で応援です。

歌い終わられて知らなかった話をされました。
今回久しぶりに来ましたけれども、「昔、子供の頃、夏休みに大山の近くで一か月位過ごした事がありまして、大山を見ながら皆生温泉と聞くと、ほろ苦い思い出があるのですが、来る事が出来て嬉しいな〜」と意味深い話をされました。
今回NHKのみんなの歌で歌っておりまして、時々かかっておりますへっちゃら平気の平八郎、その平八郎の歌の締めの所の平八郎を皆んなで歌っていただければと平八郎〜の練習です。
会場の声が一緒になった時に真子様が「オォ〜 イィ〜 凄〜い」と言われて二曲目 へっちゃら平気の平八郎です。歌い終わられて平八郎ヨロシクね!
1回目の握手会の時に35年ぶりです。懐かしい歌を歌ってくださいと言われたらしく、この曲を用意しましたと、三曲目 プリティー プリティーで統制一発せぇ〜の真子ちゃ〜ん。 続いて凄く良い曲なんですと紹介されて四曲目 H2Oの思い出がいっぱいを歌われて会場全体が静まりかえり、聴き惚れました。 歌って自分が元気になり、音楽が大好きで、これからもどんどん歌って、皆さんが聴いてくださるのが嬉しいですと、おっしゃっていました。 これからもお互い頑張っていこうねって気持ちを込めて最後の曲は、五曲目 フレンドを熱唱され、今日はありがとうございましたと挨拶をされてステージを降りられた所で統制一発せぇ〜の真子ちゃ〜ん。
アンコール11回目で再登場せれて統制一発せぇ〜の真子ちゃ〜ん。
アンコール曲、狼なんか怖くないを歌われて、統制一発せぇ〜の真子ちゃ〜ん。ステージを後にされる時には隊員全員で真子様をお見送りをし、大盛況のもとミニライブは終了しました。 ここで管理人さんは予定があるとの事で先に帰路につかれ残った隊員で握手会に参加の後、またの再会を約束しつつ会場をあとにしました。

PS. 昔、大阪で親衛隊に入っていたのですが、諸事情で鳥取に移られた方が二部目の所でハチマキ持参で来られ隊員と一緒に真子様を応援しました。
2015年8月12日 ゆみーる鎌取ショッピングセンター・インストアライブ



「皆さん初めまして…イチゴ(円音のまろやかタイムの相棒その1)です。私が担当させて頂くコーナー「今日は何の日?」…あ、失礼致しました。円音先生にバトンタッチします。」

はい、円やかな音、円音(まろん)です。私、レポートが苦手で上手く書けるか不安なのですが、何よりも先ず不安な事は…朝一番の新幹線に間に合うかどうか?…でした。

4時に 目覚ましセットをし、3時半に目が覚めた私は、もう寝てはいけない!と、身体を揺さぶり起こし、エイッ!と言葉に出し、身支度を済ませます。

家を出ると、そこにはレモン(円音の円やかタイムの相棒その2)が…今か今かと助走して、私の鞄に入ろうとしていた様ですが、「真子さんにサインを書いてもらうから楽しみに、今日はお留守番してね」と…。

いつもは夜行バスなのですが、今回はハッピーバースデー自分へのご褒美で新幹線で心地良く向かいます。

千葉県は初めてで、仲間のhiさんが東京駅から同行して下さいました。

総武線の錦糸町駅辺りからスカイツリーを眺めながら、レポート…頑張らなくては…と気合を入れました。

ゆみ〜る鎌取ショッピングセンターは、鎌取駅からすぐ側で、10時前には開店されていたので、既に到着されてたKaさん達と早速イベントスペースを探します。

程よい広さのセントラルコートというスペースは、見上げると四階まで吹き抜けで、真子さんの歌声が美しくどこまでも響き渡るのをイメージし胸がワクワクします。

ワクワクさせる真子さんの歌声について、昔から感じていた事を述べますと、一つ一つの言葉…更には、一つ一つの音、子音も母音も、独立して音に潤いや心地良い表情が真子さんにはありますね。

きめ細かなカキ氷の上に柑橘系のフルーツをギュっと絞った様な…冷んやり感の有るお声や、静かに目を閉じていると…森の中の樹木の香りの霧を浴びている様な…。

例えるとキリが有りませんね…。

そんな感じも含め?皆さんも真子さんの、栄養素いっぱいの歌声にうっとり聞き惚れるのだと思っています。

リハーサルに幸せのレシピを少し歌われた真子さんは『1時から始まるのでまたお集まり下さいね〜』と控え室に移動されました。

早速、握手会二回分のCDを購入し、今の内にお昼を食べなきゃ…と思いながらも、意味もなくソワソワもたもたしていたら、あっという間に時間が迫り、仲間達の側に行くと、パンを購入されていて、マロンさんもどうぞと分けてくれました。

さてさて、真子さんの御様子を目を凝らして拝見しなければ…。

後で、1部2部、共に一枚ずつ撮った写真を眺めながら…疑問が一つ。

このアクセサリー…どう説明すれば良いのだろう?何人かに尋ねました。忘れない内に最初にお伝えしますね。

インディアン風の首長チョーカー、マロニと言う高級ブランドらしいのですが、長さはロープ位のロングネックレスで、1部、2部とも真子さんを更に美しく引き立てました。

そして、右手には太めのブレスレットが二つと細めが一つキラキラ…そして目に留まったのは薬指のシンプルな指輪とゴールドのラメが親指と人さし指の間に入ってました。

1部ではピンクベージュの膝丈のワンピースに同色のパンプスです。

司会者「お待たせしました!準備が出来ましたので石野真子さんの御登場です!盛大な拍手でお迎え下さい!」

イントロが流れ、いつもの様にタイミング良くKaさんが「せーのー!」全員で「まっこちゃ〜〜〜ん」

♪シュビドゥビドゥワッドゥビッドゥワ〜ン♪(皆さんの手拍子が嬉しい程気持ち良く揃う)

@幸せのレシピ

『有難う御座います〜。初めましての方が多いでしょうかね…初めまして石野真子です。今日はお招き頂いて有難う御座います。昨日出来上がったCDを〜ぜひぜひ皆さんにぃ、聞いて頂きたいなと思って参りました。NHKみんなのうたで8月9月CDリリースされます「へっちゃら平気の平八郎」をぜひぜひ〜聞いて頂きたいなと思っています。可愛いタイトルの歌ですが、小さな頃は、慰めてくれたのですが、大人になると、自分で平気だもん!へっちゃらだもん!っていう言葉を自分にかけるものです。
言えなかった気持ちを今度は伝えようって思える様な歌です。
一緒に歌って欲しいけど大丈夫?
練習してみましょう!?
(♪へっちゃら平気の平八郎〜♪)
さすがだわ!
では歌います、聞いてください。』

Aへっちゃら平気の平八郎

『次は、へっちゃら平気の平八郎のカップリングの歌です。』

B笑顔の花

『10代の歌を聴いて頂こうかなぁ…』

Cめまい

『口ずさんでくれて嬉しいです。
最後の曲ですが、これも10代の曲です。地元の方、下の名前を教えて頂けたらなぁ…。みちこさん、せいじさん、ありがとう!』

Dロンサムロードの赤電話

『有難う!皆さんお元気で〜!』

「アンコール!アンコール!アンコール!…」

『アンコールありがとう…ではデビュー曲をお聞き下さい。』

E狼なんか怖くない

『有難う御座いました〜。』

もう、最後は全体でコールしている様な気がする位盛り上がり、1部を終え、握手会での列の長い事…。
かなりの売れ行きで嬉しいです。

ところで…歌を人様の前で歌う時、伝えたい!という強い思いが有れば、さほど緊張しなくなるものです。

それと同様に…

1部の握手会で、持参したミニバッグをプレゼントする時に、真子さんにツーウェイのバッグはスリーウェイにも使える事を伝えたい!という思いがあって、この時は、伸びやかに言葉を交わせる事が出来ました。

真子さんに手渡しのプレゼントをされる方が他にもチラホラいらっしゃって会話も弾んでいる様で、ファンの方々と真子さんとの互いに嬉しそうな表情を拝見している時が、充実のひとときです。



さて、2部ではブラックの膝丈のワンピースに同色のパンプスです。

イントロ→♪ミレッミードレッドレッファミッファミ♪が流れ、あちこちから、おぉこの歌か!と言う喜びの反応です。

@恋はおしゃれに

(この後のMCは一部と殆ど同じ)
『皆さん辛抱強く並んでCDを買って下さって、私も辛抱強くサイン書かせて頂きました。』

Aへっちゃら平気の平八郎

『次は、へっちゃら平気の平八郎のカップリングの歌、振り向いたら笑顔花がいっぱい咲いていたという歌です。』

B笑顔の花

『サマーディナーショーで歌った時に、この歌が大好きと言って下さって、また歌いたいと思います。』

Cガラスの観覧車

『いい気持ちで上を向いて歌ってたら、違うところを歌ってしまいました。』(客席笑い)
『最後は金木犀の香る頃です。へっちゃら平気の平八郎のCDには、アコースティックバージョンアレンジで入ってるのでお楽しみ下さい。』

D金木犀の香る頃

『有難う御座いました〜』

「アンコール!アンコール!アンコール!…」

『アンコールして下さって有難う御座います。では、日曜日はストレンジャー歌います。』

E日曜日はストレンジャー

日ストは、コールが映える曲でもあり、気が付けばこの空間に隙間が無いと思う位にビッシリ大盛況でした。

『今度14日は米子でインストアライブ、27日は東京のパインズカフェというところでバンドのライブで歌わせて貰えるかなぁなんて思っています。そして先の話になりますが、12月3日、グローリアチャペルでライブ、12月22日は恵比寿でディナーショーをするので、美味しいお料理と私のドレス姿を観にいらして下さぁい。』

2部の握手会では自分の番が来て、お疲れの真子さんに言葉をかけなくてはと思い、とっさに「真子さん、お疲れのところぉ…(…言葉が見つからない!)…お疲れ様でしたぁ」

あ〜可笑しな事言ってしまった…。

でも真子さん、お顔がちょっとほぐれて下さって、嬉し恥ずかし…。

♪ほんとはさ、ほんとはさ、♪

このフレーズが、帰りの新幹線の中でずっと繰り返し頭の中で鳴っていました。

また、今後もインストアライブが急遽決まったら、皆さんで真子さんと大合唱したいですね!
2015年8月7日 石野真子サマーディナーショー



今回久しぶりにレポートを担当しますコンパです。よろしくお願いします。
今年の夏の3か月予報では最初は、エルニーニョ現象により冷夏であるとの予想でしたが、いざ7月中旬を過ぎると高温の日が続き、8月に入るとさらに猛暑日が連日続きまったく予報はハズレでした。本日も外は猛暑日のようですが、ディナーショーも大変に暑くなることでしょう。
さて、本日のディナーショーが開催される第一ホテル東京ですが、新橋駅のSL広場から3分ほどのところにあります。本日は20名弱の親衛隊員が参加の予定ですが、関西方面から参加の隊員は仕事を休んだり、途中で抜けたりして新橋の会場に向かっていますが、私は17時までは仕事です。しかし、職場が新橋ですので歩いて10分ほどでホテルまで行けますので遅れることはありません。午後14時を過ぎると、LINEで色々と情報が入ってきます。14:43ひさぴょんから山手線原宿でドア故障の情報が、その後外回りは止まっているとの情報が、品川から新橋までの内回りはOKとの情報です。パソコンで検索してもその時間では止まっているとの情報は出ていませんので、ひさぴょんの情報は関西方面から参加の方は大変貴重な情報だったでしょう。その後16時に運転再開の情報、続いて管理人さんからホテルに到着の連絡がありました。16時30分頃にひさぴょんからシュウさんマロンさんとホテルのロビーで高級なケーキセットでお茶をしていると連絡が入りましたが、私はあと30分仕事をしなければなりません。17時少し前に角刈り君からLINEで17時過ぎにホテルに着くとの連絡が入りました。私も17時にそそくさと仕事を切り上げホテルに向かいました。ホテルに到着して角刈り君と合流、タッチさんの到着。お茶をしていたひさぴょん、シュウ、マロン、ボギーさん、ブーチャンとも合流、その後も次々と集まって来ます。みんなが集合したところで記念写真を撮影します。そして、18時少し前にディナーショーの会場であるホテル5Fのラ・ローズに向かいます。入口を入ると受付があり、チケットを渡すとテーブルの番号が書いてある紙の札に引き換えになっていました。恵比寿でのディナーショーの時には整理番号で入場して自由席でしたので、親衛隊で固まることができましたが、今回は席が指定とチケットを各自で購入したので、バラバラになってしまいましたが、角刈り君がタッチさんと私の分を纏めて購入してくれたので同3人は同じテーブルでした。ロビーでは、本日限定のオリジナルギフトバックと扇子を販売しています。真子さんがイラストをデザインした花火の絵が描かれています。ギフトバックの中身は大判のハンカチ、ソフトパスケース、ポストカード2枚、ステッカー以上を紙のショップバック入りです。値段については何とも言えませんが、販売している事務所の方も、真子さんのデザインに意味があるといって一生懸命に売っておりました。因みに私は購入しました。
18時になりいよいよ会場に入ります。会場の中には8人掛けの丸テーブルが24個あります。受付を済ませて次々と会場に入ってきます。若干遅れてくる方もいましたが、会場は200名で満席になりました。まずはディナーの始まりです。親衛隊の席はバラバラになりましたが、全体的に後方のテーブルで固まっていました。ホテルの方がまずは前菜から運んできます。本日は飲み放題ですのでまずは角刈り君とタッチさんとシャンパンで乾杯、角刈り君は前日も朝まで飲んでいたようで少しお疲れのようでしたがよく飲みます。ビール、シャンパン、焼酎、白ワインと赤ワイン(水も飲んでいたかも)をごくごくと飲んでいます。次に魚料理、肉料理、デザート、最後にコーヒーと19時40分までディナーを楽しみました。ディナーショーのメニューは以下の通りです。
(前菜)
鴨フォアグラのテリーヌとボルト酒のジュレ
エスニック風鴨肉のマリネとチェリー添え
(魚料理)
鯛のポワレサフラン風味のクリームソース
(肉料理)
牛フィレ肉のポワレマデラソース
温野菜添え
(デザート)
ココナッツとマンゴーの冷菓パッションのジュレとフルーツ
(Cafe)
コーヒー
Pain et Beurre
パンとバター

19時40分にディナーが終わり、ホテルの方からショーの途中ではドリンクの注文ができないと言われ、最後のドリンクを注文しました。注文したドリンクがそれぞれのテーブルに配られ、みんなもアルコールが入り気分良くなり待っていると19時45分会場内の照明が落されステージにスポットライトが当たり我らが真子さんの登場です。本日の衣装は引き締まったウエストラインがセクシーな、爽やかなコバルトブルーのカクテルドレスです。
バンドのメンバーの演奏が始まりみんなで手拍子をします。みんなで何だろうと話しているとやはり夏です、1曲目恋のサマーダンスです。統制1発せぇーのーまこちゃーん
真子さんの歌声に合わせて、親衛隊でDancin Lovinとサマーダンスのコールをします。真子さんもステージの上で嬉しそうに歌っています。ここで統制2発せぇーのーまこちゃーん、せぇーのーまこちゃーん続いて2曲目しあわせのレシピです。みんなで手拍子でリズムをとります。2曲目を歌い終わり真子さんから改めて皆さん今晩はとご挨拶。みなさんすでにいい感じですねとアルコールの入った私たちを見て嬉しそうにごあいさつをされます。ここで楽しみな話があるけれどと言いながら、次の曲を聴いてからと話をやめて3曲目を歌われます、ガラスの観覧車です。3曲目を歌い終わるとさっき話そうとしてやめてしまった話が始まり、突然ですがここでクイズですと真子さんが言われクイズが出題されます。ミルとマルではどちらが大きいテーブルを想像しますか?みんなが大きいテーブルはマル、小さいテーブルはミルと答えます。みんなが真剣に答えたのに対して、真子さんからはこのクイズの答えはないとの一言。どっと笑いがこぼれます。このクイズを出すとマルが大きくてミルが小さいと答える人が多いとのこと。次に尖ったのがギギとか丸いのがブーバとか黒川伊保子さんの男はヤ行で労う女はハ行癒すとか話していましたがあまり記憶にないのとメモが取れていませんので詳しく書けませんが、大した話ではなかったと思いますが。次に真子さんが、「ハ・ヒ・フ・ヘ・ほ」あるでしょと言います
ハ→とっても息を使って発音するでしょうとだからハッとするとか
ヒ→のどの奥を息が擦こするだから熱い火とか
フ→ふと言った途端にここで止まる、息がフと止まっている 不思議とか?
ヘ→ガス抜きの音 ヘヘヘとかへいはちろうとか
ここまで来てみんながだんだんわかってきたようですが、へっちゃら平気の平八郎の紹介をしたかったようです。真子さんがご存じじゃない方のためにとNHKで8月と9月にみんなの歌でへっちゃら平気の平八郎が流れていると曲の内容についても嬉しそうに説明されます。その後会場のみんなに私の後についてきてと真子さんがへっちゃら平気のと歌い会場のみんなで平八郎と歌います。2回ほど練習をして、いよいよバンドの演奏が始まり4曲目へっちゃら平気の平八郎を歌われます。みんなで手拍子をして平八郎の部分が来るとみんなで大合唱です。歌が終わり真子さんからみんなの歌で覚えてくれたらうれしいとのコメントです。続いて真子さんが今日はいろんなところから来てくれていると思うけど、ブログにお便りをいただいて仕事を休んで抜けていくからねとかあったけどその中で結婚25周年だから行くからねとお便りがあったけど、よく我慢したわねと言われ、忍耐賞・努力賞をさしあげますと。ところで本日はいらっしゃってると真子さんに言われ、二人が立ち上がりみんなから祝福の大きな拍手が起こります。5曲目は25周年の二人からのリクエストで私はオレンジです。会場内が手拍子で大変な盛り上がり状態です。歌い終わり真子さんのありがとーと言って、次の曲なんだけど名前をきかせてと真子さんが言います。会場内では色々な名前が飛び交っていますが、キャバクラ王子が角刈り君の名前言うと角刈り君が馬鹿野郎と叫びます。その声が真子さんに聞こえると喧嘩はやめてねとステージで真子さんが困ったような顔をして、昔はよくあったんだよねぇと渋谷公会堂とかで本気でやっちゃったんだから暴走族みたいでとても高校生には見えないと10代のころはいろいろあったと懐かしそうにも話していました。結局いろんな名前が出ましたが、ヒロシとマサキに決まり6曲目ロンサムロードの赤電話がスタートです。大きな手拍子みんなノリノリです。そして、アイラブユー○○のところで真子さんが先程決まったヒロシとマサキの名前を歌いますが、会場内のみんなが叫んだ声は、2人の名前ではなくてまこちゃんと聞こえましたが、会場内はみんな大盛り上がりでした。特にオレンジ大好きヒロシ君は自分の名前を呼ばれて最高だったのではないでしょうか?残念ながらオレンジ軍団は負けてしまいましたが、歌い終わると真子さんが赤電話なんてもう昔の話よねぇーと話します。今ではどこでもすぐに電話ができるもんねぇー、今考えると私がデビューした昭和53年当時お仕事をしていたスタッフの方は大変だったでしょうねえーとその当時はどうやって連絡を取っていたんでしょう?バンドのみんなによく聞かれるんだけど、その当時大変だったことはてね。うーんいろいろあるんだけど、イントロが始まっているのにマイクがないとか、前の仕事が押して、次の番組が生放送ですでにオープニングが始まっていて袖に入ったりとかジェットコースターに乗って歌ったりと何で私がジェットクースターに乗ってプリティプリティを歌わなきゃいけないのかと。大変だったわーとデビュー当時の大変だったことを話されます。そして真子さんがその頃の曲を聴いてくださいと言い、7曲目ワンダーブギです。親衛隊のコールが始まります、(MAKOウーレッツゴー)ステージ上の真子さんが各テーブルを回り始めました。各テーブルで真子さんにお花等プレゼントを渡しています。ワンダーが終了しました。8曲目でジュリーガライバルを歌われ、LETS ゴーのコールとともに真子さんが歩き始めました。9曲目は春ラララです。曲が終わると統制2発せぇーのーまこちゃーん せぇーのーまこちゃーんまだまだ10代のころの歌が続きます。10曲目はわたしの首領です。我々のテーブルに来る直前に今までもらったプレゼントをスタッフの方に渡されます。いよいよ我々のテーブルに真子さんが来てマロンさんが親衛隊からの花を代表で渡されました。マロンさんも真子さんも大変にうれしそうな顔をしております。すぐ横に角刈り君がいましたが、真子さんがちらっと見て来てるわねと目で合図しているように見えました。親衛隊は全員総立ちで首領ジャンプをしています。ちょっとジャンプに疲れが感じられましたが、みんな頑張って飛んでいました。11曲目は日曜日はストレンジャーです。真子さんがステージに戻って12曲目のプリティープリティーを歌われて、ごきげんなおせよの後に我々のほうにマイクを向けてくれてみんなでPretty
Pretty Prettyと笑って見せろよPretty Pretty Pretty親衛隊はしっかりとコールをしています。ここで10代のころの曲は終了です。次の13曲目はインストアライブ等でもよく歌われる、金木犀の香る頃です。手拍子でみんなでリズムをとります。歌い終わり真子さんが急に暑いわねと大判のハンカチで汗を拭いて次に扇子で仰ぎ始めました。そうです、今日販売していた限定グッズの宣伝を始めましたが、会場からは買ったよーとあちらことらから声が飛んでいます。真子さんも大変嬉しそうでした。そして、真子さんから今日は楽しい時間を有難うございました。みなさんのお顔を見られるのも私は大変嬉しく思います。みなさんと歌で繋がり楽しく思います。暑い夏みなさんも体に気を付けて、私も頑張るからとあいさつがあり、いよいよ14曲目私の大好きな歌Friendを歌われます。歌い終わりバンドメンバーの紹介(キーボード永井さんギター馬場さんドラム小宮さんベース紺野さんを)して、角刈り君のせぇーのーを合図に統制せぇーのーまこちゃーんを連発して、バンドのメンバーと真子さんが舞台袖に引き上げていきました。見えなくなると後方の親衛隊からLOVEの声に続き前のほうの親衛隊が、GOGOMAKOと続きます。LOVEGOGOMAKO LOVEGOGOMAKO親衛隊が全力でコールをします。50回をコールしても真子さんは登場されません。親衛隊も若くはありませんが、全力で声を出しています。80回を超えたくらいでしょうか、衣装替えをした真子さんの登場です。会場内から大きな拍手が起きます。真子さんも呼んでくれたありがとう、でもここはホテル大丈夫かなと心配されております。ここでお知らせがありますと、12月3日に品川グローリアチャペルでライブをやります、それと12月22日には恵比寿でディナーショーも決定いたしました発表がありました。
そして、アンコール1曲目は夏の新宿ライブで歌った新曲笑顔の花を歌われます。そして本当に最後の曲になります、皆さんに会えた最初の曲ですと言われ、アンコール2曲目はデビュー曲狼なんか怖くないです。親衛隊も最後の力を振り絞って思いっきりコールをしています。狼を歌い終わり、真子さんから再度挨拶があり、スタッフの皆さん、ホテルの方々、今日来てくれたみんな大変ありがとうございました。真子さんが深々とあいさつをされました。そしてバンドのメンバーと真子さんが袖に引き上げていきましたが、親衛隊は角刈り君のせぇーのーを合図に統制せぇーのーまこちゃーんを連発してお見送りをしました。時間21時過ぎに無事にサマーディナーショーは終了いたしました。
その後、親衛隊と常連さん20名ほどでニュー新橋ビルにある高級料亭で親衛隊再結成10周年記念の宴会を行いました。人数が多いので全員の話か聞けませんでしたが、親衛隊再結成の話や、今日のディナーショーの話、これからのインストアやライブの話などで盛り上がりました。ディナーショーの後にしては高級料亭ですので、皆さんよく食べて飲んでいました。21時30分頃から始まった宴会でしたが、時間がたつのも早く23時になり高級料亭も閉店とのことでお店を出て次回再開することを約束して、次へ行く人と帰宅する人に分かれ解散しました。
2015年6月14日 MAKO`S CAFE 大阪 VOL-2



2年ぶりにレポートを担当する智恵ママです。
昨年のMAKO`S CAFEには残念ながら参加できず、今回初参加です。

ワクワクドキドキしながら11時30分に、大阪駅近くの富国生命ビルにある「ゆかり」というお好み焼き屋さんで、仲間達と待ち合わせしました。

管理人さん、ワッスムさん、シュウさん、マロンちゃん、アキココさん、新メンバーのマイマイさん、常連のゴロツカさん、四国のひろにゃーん、私智恵ママの9名です。

カンパーイ! ネギ焼きや、ゆかり焼き、トマト入りのお洒落な塩焼きそばを、仲間達と少しずつ頬張りながら一緒に食べると、格別美味しかったです。

じつは私は広島県民でありながら、広島焼きより関西のお好み焼きが好きで、ソースも関西の酸味のあるサッパリソースが好みなんです。

腹ごしらえも出来たし、ここから徒歩10分の会場へ・・・

会場へ到着すると、既に20名ほどの方が集まっており、12時30分になると受付が始まりました。
親衛隊は30番台の整理券を持った人が多く、ミーティングの結果、最後列に席を取る事に決定!

そして、続いてジャンケン大会について、議論が始まりました・・・
真子さんはパーを出される事が多いらしく、親衛隊は全員チョキで統一しよう!と管理人さんが言われますが・・・
いやいや今回は真子さんは裏をかいてグーを出す筈だから、パーに統一すべきだとか・・・
そんじゃ、そのまた裏をかいてグーだ!とか・・・
話はまったくまとまりません・・・

管理人さんは親指と人差し指を出す(年配の人達が使うチョキ)を皆に示し、これは大阪では全てに勝てる無敵のチョキなんだとか、訳のわからない事を言い出しましたが・・・
結局、何を出すのか決まらないまま13時の入場時間を迎えてしまいました・・・

私達は希望通り最後列のセンターに9名が横並びに座りましたが、最後列と言えど、広くはない会場なので、ステージからの距離は近く、手を伸ばせば真子さんと手をつなげそうな近さでした。

ドリンクとフードはバイキング形式で、ポテトサラダ、鳥の唐揚げ、枝豆、ウィンナーが用意されていたようですが、私達がとりに行った時はほとんど残っていなくて残念でした。
ドリンクは男性はビール、女子はウーロン茶を選び(一人だけビールの方がいましたが)、ハチマキを首に下げ準備OK!

そして14時を迎えイベントスタートです!

司会の渡辺ヨシコさん(ラジオで活躍されている方)が・・・
このカフェの壁にはお洒落なアートがたくさん飾ってあります。真子さんも先程ご覧になっていましたよ!
と挨拶や注意事項、イベントの流れを説明されました。

そして・・・真子さんの登場です!!!

せぇーーーのぉーーー 真子ちゃーーーん!

親衛隊員・準隊員合わせて9名で真子さんに声援を贈ります!

笑顔で真子さんが登場されました!

真子さんがご挨拶され・・・「後で質問コーナーがあるから、なんでも質問してぇ! なんでもいいのよ!」
とサービス満点です!

そして、早速、真子さんとの記念撮影が始まりました・・・

グループごとに別れ、小さなステージに登り、真子さんを真ん中に囲んで、皆さん嬉しそうに撮影されていました。

親衛隊の女子も真子さんを真ん中にして、その両隣はマイマイさんと、ひろにーゃん、そして真子さんの直ぐ後ろにマロンさん、アキココさん、私・・・
その後ろに男子達4名にしよう!とアキココさんが仕切り、女子が配置を勝手に決めました!

また、女子優先かぁーと、心の中では思っているでしょうが、男子達は文句も言わずに最後列へ・・・

撮影が終わると、真子さんと一人一人1分ぐらいのお喋りと握手!
真子さんの笑顔が今日は一段と優しく、おもてなしをされています。
全てのグループとの撮影と握手を終えた真子さんは、楽屋へとひとまず戻られました・・・

14時30分、いよいよイントロクイズが始まりました!

司会の渡辺さんが「今回は難しいですか?」と真子さんに尋ねられます・・・
すると真子さんが「どーかなぁー 直ぐに当たっても面白くないしねぇー」

イントロクイズの正解者には、MAKO`S CAFEオリジナルポスターに、真子さんがサインを入れて下さいます!

ただ・・・ 困った事に、ここから私のメモは真っ白で、何も書いてありません・・・
何故なら、親衛隊の内輪では、マロンさんと私がイントロの特訓をかなりしているという噂が流れていて、必ず正解してサイン入りポスターをゲットしなければ・・・
というプレッシャーを感じてしまい、今回の大切なイベントレポートのお役目の事など、すっかり吹っ飛んでしまったのです・・・
イントロクイズに夢中になり、放心状態で、あまり記憶が定かでありません・・・

だけど、マロンさんはボーカルスクールの講師だけあって、完璧に真子さんの楽曲を記憶しているようです・・・

さて! いよいよハラハラドキドキの! イントロクイズが始まります!!!

真子さんが元気よく「イントロDON」と 仰り始まったイントロクイズは、全部で11問ありました!

1門目 恋のジョギング ワッスムさん正解!
2門目 私はオレンジ マロンさん正解!

にゃんと二問連続で親衛隊員が正解し、真子さんのポスターGET!

3門目 色がわり 一般男性
4門目 何度さよなら 智恵ママ! 当たった時にはホッとしました
5門目 失恋記念日 一般男性
6門目 白夜 一般男性
7問目 やわらかな幸せ ゴロツカ先生
8門目 光の中でふりむく私 マイマイさん
9問目 スィートチアガール 一般男性
10問目 恋する二人 ひろにゃーん
11問目 ジュリーがライバル 一般男性

結果、6名もの仲間がサイン入りポスターを戴けるなんて、東京の仲間達にも自慢出来そうです!

私は真子さんに「Dear CHIEKO」とサインを入れて下さいとお願いしたのですが・・・「Dear CHEKO」となっていました(笑)

緊張感漲るイントロクイズが終わり、14時50分よりQ&Aコーナーが始まりました!
私達が事前に質問用紙に書き込んだ質問に、真子さんはなんでも赤裸々に答えて下さいます!

ここで真子さんはメガネをかけられ、箱の中から質問用紙を選ばれます・・・

質問:犬のボクは元気ですか?

真子:ボクは元気です! プードルみたいな真っ白な犬でモクモク系で・・・よく走り回って、小型犬のわりに足が速いの。
うさぎがピョンピョン飛び跳ねるように走るし、お座りとお手が出来ます!

質問:カラオケでは何を歌われますか?


真子:カラオケには一人で行きます!
   常連になってて、歌の練習に行きます。イヤホンで曲を聴きながらマイクで歌うの! 自主トレしてます。
車を運転している時も、大声で歌うのよ!

質問:お身体で気をつけていることは?

真子:もう十代の頃とは違うから、風邪をひいても誰も同情してくれないし・・・なるべく気をつけているけれど、ロボットのようにはいかないわぁー

質問:最近、胸キュンしたことは?

真子:ありましたよー! 12月に恵比寿でディナーショーをしたんですが、その時隣に座り合わせた男女がご結婚されたの!
今回のMakoカフェ東京にご夫婦でいらっしゃって下さって、最近一番嬉しかったなぁー!
若いお二人ではないので、ジーンとしちゃった!

質問:ドラマ殺人レシピで感動した事は?

真子:撮影の合間を縫ってライブをして、撮影現場とライブ会場を行ったり来たりで、本当に大変だったけど・・・そんな忙しいスケジュールも克服出来るんだって、自分で自分を誉めたい!
ドラマという全く違う世界に飛び込んで、そしてライブという世界にも飛び込んで、刺激だらけだったわ!

質問:昨年のツアーのDVDは発売にならないのですか?

真子:昨年のライブ、来て下さったんだー!
DVD用には撮ってなくて・・・でも発売して欲しいという声が多くて、ちゃんと撮影しておけば良かったわ・・・
今年の5月のライブの新曲は「笑顔の花」という曲で、ホットパンツの武藤さんが作曲してくださったんだけど、ライブの直前まで詩も出来てなくて・・・あわてて発表しました。
それと・・・8月、9月に、みんなの歌で「へっちゃら平気の平八郎」という曲が流れます!
大人でも子供でも通じる、自分で自分を支える可愛い歌です。

質問:今、幸せですか?

真子:幸せよ! こうやって皆が集まってくれたし、最高じゃない!
ホント! ホント! デビューしてから応援してくれて、また今も応援してくれて・・・無条件に感謝!
皆さんもいい年を重ねてね!
私と共に歩んでくれる皆がいる・・・そこに幸せを感じるの!

真子さんへの質問は、まだまだ続きます・・・

質問:日常心掛けていることは? 犬は飼ってますか?

真子:今を楽しんでいたい、幸せは人から与えられるものではないから、自分で毎日をHAPPYにしようと心掛けています。
犬(ボク)は実家にいるので、自宅では飼っていません。

質問:ドラマのセリフは、どうやって覚えてますか?

真子:今日も新幹線の中で台本を広げていました。移動中に覚える事が多いの。
十代の頃は直ぐに覚える事ができたけど、今はねぇー・・・
ずっと宿題抱えている小学生みたいで、やらなきゃぁー! 撮影は明日だぞーって・・・
今、弁護士役のドラマの撮影をしています。弁護士なんて生まれて初めてやるけど、滑舌が下手なのに、どうしようー!
弁護士の裏話のドラマなの・・・OAが決まったらお知らせするね、楽しみにしてて! ビシッ!とやるから(笑)

質問(私が書いた質問用紙が読み上げられました):
BSの番組で姫路に行かれた後、塩レモンを買われていましたが・・・どのようにして召し上がられましたか?

真子:塩レモンって皆は知ってる? ドレッシングや炒め物、なんにでも使えて美味しいの!
お刺身につけても美味しいし、カルパッチョにもいいし、オリーブオイルを少し入れてもいいのよ!

質問:真子さんは夏になると、どのような料理を作って召し上がられますか?

真子:モッツアレラチーズとトマト! あれ美味しいですよ。
それを食べたいが為に、バジルを庭(バルコニー?)で作っているの! 皆さん、モッツアレラよぉー!
夏になると夏バテするから、ライブがあると自分では頑張ろうと思うけど、体がついていかないのーぉ・・・
だから豚肉が良いです! スタミナつくし、仕事があるとお肉食べようーと思うの。野菜だけじゃスタミナが足りないし、ライブの前は頑張って食べないとね!

たくさんの質問に答えて下さった真子さんは、しばし休憩の為、ステージを降り楽屋へ・・・

僅かな休憩を挟み、いよいよ真子さんとのジャンケン大会が始まります!
正解者はあらかじめ用意されている、真子さんの楽曲メニュー、およそ20曲の中から希望の曲を、真子さんにリクエストする事が出来ます!

全員起立!

真子さんが掛け声をかけられます!

最初はグー!!! ジャンケンポン!!!

歓声と溜め息が会場に溢れます・・・

最初の勝者が選んだリクエストは・・・ 狼なんか怖くない
親衛隊は控え目にコールします!

再び・・・ 最初はグー!!! ジャンケンポン!!!

2番目の勝者はワッスムさん! ジーパン三銃士をリクエストされました!
イントロが流れると親衛隊はすかさず統制を行います!
せぇーのぉー! 真子ちゃーーーん!
懐かしの曲を謡い終わられた真子さん・・・ キーが高いの、若い頃はねキーが高い曲が多くてね・・・と仰られていました。

三度、最初はグー!!! ジャンケンポン!!!

勝者の選んだ楽曲は・・・空にカンバス
透き通った真子さんの歌声に、皆、聴き惚れていました・・・

最初はグー!!! ジャンケンポン!!!

4番目の勝者が選びし曲目は・・・パーニングラブ
最後列の親衛隊はスタンディングで手拍子&統制!
せぇーのぉー! 真子ちゃーーーん!!!
久しぶりに歌ったわぁー よかったぁー と真子さんは仰いました

最初はグー!!! ジャンケンポン!!!

いよいよラスト! 5番目のリクエストは・・・ロンサムロードの赤電話
女性の方がリクエストされ「たかし」の部分を「ロコちゃん」と呼ばれていました

これにてジャンケンポン・リクエストライブ終了
続いて真子さんからお知らせがありました・・・

弁護士役のドラマの放送日は、まだ解りません、他に「浅見光彦シリーズ」のドラマが近々放送されます。
もの凄く寒い日、風が強くて、スタッフの人達大勢で、風よけの大きな布を張ってくれて、最後のシーンを撮ったの・・・
あと、8月には「みんなの歌」があって、8月7日金曜日にはディナーショーがあります!
新橋の第一ホテル。とても綺麗なホテルです!
それに8月27日(木)に吉祥寺でホッとパンツのライブがあって、飛び込みで出演するかも・・・

あー、もうお別れの時間なのね・・・
さっきも言ったけれど、いつも応援してくれて、私という存在を好きでいてくれて・・・無条件で感謝しています!
こうやって知り合えたから、これからも仲良くね!
優しさ、ゆずり合う気持ちを実行してね!

真子さんのお優しい言葉で締めくくられ、第2回MAKO'S CAFE 大阪は終了しました。
最後は出口で真子さんがお見送りして下さいました。
一人一人に握手をしながら、笑顔で真子さんの方から声をかけて下さり、名残惜しいけれどお別れです・・・
マネージャーさんから記念品を戴いて、幸せな気持ちで仲間達との打ち上げに向かいました。

この日、真子さんのお洋服は・・・ 胸に黒色のリボンのついた、ピンクベージュのワンピースに、クリーム色のトッパーカーディガン、すごく似合っておられました。
髪は少し短くなり、初夏らしくレイヤーをいれておられました。

真子さん、それに仲間達にも逢え、とても楽しい一日で、ライブとはまた違う良さがあり、今から来年のMAKO'S CAFEが楽しみです!

真子さん、素敵な想い出をありがとうございました。
2015年6月7日 MAKO`S CAFE 東京 VOL-2



今回のレポートを担当します、タッチです。
まだ大阪イベントが残されているので、内容を忠実に伝えられないことをご了承ください。
さて今回のファンクラブイベントは、昨年3月に続いて2回目の開催ですね。
前日からソワソワと待ち遠しいファンが多かっと思います。
我々親衛隊は、12時に会場付近で待合わせをしていました。
皆さん早いですね? すでに常連さんが微笑みながら雑談をされいてます。
きっと真子さんの話に決まってますけど。。。
ウロウロして待っていると親衛隊の仲間現れました。
ひさぴょんさんは、あの真子さんが一休みをしていた“コメダコーヒー”で一服してから来たそうです。一緒のカップで飲みたかったんですね。
そうこうしているうちに12:30になりました!待ちに待った受付の時間です。
みんなメールで届いた受付番号を片手に並び始めました。
すでに100人ぐらいの人だかりですが、スタッフの“Fちゃん”がひとりで受付を担当されています。
みんな受付番号順に入場できると思っていたんですが。。。
受付後に整理券を頂くシステムでした。なんと僕の整理券番号は104番で入場は後の方でしたよ。
13時!入場です。前回とは違ったステージ位置でした。
早く入場した方や常連さんは、ステージ周りに着席されています。
我々親衛隊は、いつものように最後列センターに着席しました。
ザーッと椅子を数えると約140席あるようですね。満員御礼の状況です。
今回もドリンクとフードはバイキング形式ですので、あっという間に長蛇の列!
コロナビール、ワイン、ウーロン茶など
海鮮サラダ、生ハム、チーズ、オニオンリング、チキン、パスタ、ペンネなど
たくさん飲んで食べてハチマキを首から下げて準備OKです。
14時ファンイベントスタートです。
MCは、わたなべヨシコさん
新宿のライブも見に行かれたんですって♪
Twitterでも紹介されてますよ https://twitter.com/watanabeyoshiko
注意事項を説明した後MCわたなべさんから“店長コール”で真子店長の登場です。
角刈りのT君が、統制2発「せーのー・まっこちゃーん」「せーのー・まっこちゃーん」
天使のような真子店長が登場しました。
今日も大人カワイイ洋服をお召しになっています。
クリーム色?ベージュ?うーん 何と表現すればいいんだろう。
白っぽいクリーム色で膝丈のワンピースに同色のカーディガンを羽織ってます。
胸には、ゴールド系のネックレスを身に着け、さりげないゴージャス感を漂わせています。
足元に目をやると濃いベージュのハイヒールを履いてますね。
ハイヒールの底は何気に朱色!アクセントになっているのかな。。。
髪もチョット伸びたようですね、肩につきそうでした。
それにしてもなんて大人の女性を感じさせる、たたずまいなんでしょう。
ほんとうに素敵です。
それでは、イベントの始まりです。
昨年は、各テーブルに真子店長が3分間づつ回ってたくさんお話をしてくれたのですが。。。
今年は違います。まず集合写真大会^^
14名単位のグループに分かれて集合写真
まずはAグループから14名並んだちょうど真ん中あたりに真子店長、皆さん幸せそうな笑顔です。
続いてBグループにはオレンジ大好きさん、おったいさんが居ますね。C、Dと続き、
Eグループにはトレーナー野郎さん、ナナさんが居ますね。
Fグループには、T屋さん、サンゴさんが居ますね。
Gグループは、我々親衛隊です。狼ポーズや首領ポーズで撮りました。
撮影後は、ステージ脇で真子店長が手をさしのべて待っています。
ひとりひとりと会話を交わしながら握手のサービス。とっても嬉しいひと時です。
そしてHグループは、てっちゃん、え○かさんが居ます。Iグループで終了。
約130名のファンと握手を交わした真子店長は、ひとまず楽屋へ。
14:30 イントロクイズの始まりー

準備や練習あと“真子店長が”「むずかしいかもよー」とささやきました。
今回は、ちょっと難しいようですが、相手が熱烈なファンですから当たっちゃいますよね。
正解者には、今回のMAKO’S CAFEオリジナルポスターに真子店長がサインをして頂けるとのこと。みんなの張り切りようはハンパジャないです。
第1問:♪♪♪ これは簡単ですね シングル曲ですよ ○○がライバル♪
ほとんど全員が手を挙げているのでジャンケンで勝者を決めることに!
真子店長vsファン全員で大ジャンケン大会です。最初はグー!グー、チョキ、パー
最初のサイン入りポスターを勝ち取ったのは、僕らのテーブルからでした。
でも、勝者から答えを聞かずポスターにサインを始めました。
なんかおかしいですよね。
そうそう、まだ答えを言ってませんよー
MCのわたなべさんが会場から突っ込まれることになっちゃいました。
うかつだったことに気づき、やっと答えを聞いて「♪ジュリーがライバル」一件落着!
第2問:♪♪♪ 手上げが分かりにくくて 「もう1回行くよー」
♪♪♪ 今度は違う曲が聞こえてきました。。。
すると我々親衛隊のボギーさんが答えたじゃないですか!
「♪恋する二人」凄い!当てちゃいました!
というわけで親衛隊のサイン入りポスターゲットは、昨年獲得したコンパさんに続きボギーさんで連覇です。
来年も獲得して3連覇達成しましょう^^
イントロクイズは、全部で6問ありましたが、記念日の方も獲得してましたね。
第1問の勝者は、恵比寿のディナーショーで隣どうしで知り合った方が昨日入籍したということで、みんなでエールを贈ることに「ご結婚おめでとうー
 昨日^^」
第6問の勝者は、仙台から来た、え○かさんが明日誕生日とのことで「お誕生日おめでとうー 明日^^」
ポスターをゲットしたい方は、全アルバムをよーく聴いておきましょうね。
14:50 Q&Aコーナー
事前質問に真子店長がお答えするコーナーです。
1. バラに関する質問 トイレに行ってましたので聞いてませんm(__)m
2. 悩みの解決方法は? 「鏡に向かって“大丈夫”と自分で自分を支えるのよー」
3. ストレス発散は? 「バラを観たり、木漏れ日を観たり、自分の好きな事をするのよー」
4. 使い終わったしゃもじは、そのままお釜に入れますか? 向田邦子賞の受賞御礼からNHKお弁当屋さんの名場面シーンを解説され、「使ったしゃもじは、入れないわよー」
5. 1978年に選抜総選挙があったらどうしますか? ここでキラキラのチェーンがついた素敵な老眼鏡をかけて、当時の新人賞レースを語ってくれました。「真知子ちゃんでしょ、さとう宗幸さんでしょ、哲平君でしょ、中原理恵ちゃんでしょ。」会場からも歌謡大賞新人賞を獲ったじゃん。
6. 若返ってるのでカウントダウンライブをやって! MCわたなべさんからも質問が。。。いつも聞かれる“美容の秘訣は?” 「人に見られているからーピシッとしないとね」
7. 生まれ変わっても歌手になりたいですか? 「どうかな?“テレビの中がキラキラしていたので、あの中に入りたい”と思ていたのよねー」
8. コンサートで話す内容は決めてますか? 「その時の空気で話してる。何喋ろうかなー“シーン”とするとドキドキするのよねー フリートークは自由でいきたい」
と結果8つの質問がありました。
真子店長ひとまず楽屋へ
15:25 MCわたなべさんから真子さんの歌♪聞きたいですかー?
それでは、真子さんのミニライブを楽しんでください。
ルール説明があり、全員でまたまたジャンケンなのだ!
「ジャンケンで勝った方が、Mako’s Menuから選べます」
全員立ちましたよ。
最初はグー ジャンケンポン ジャンケンポン
我々の角刈りT君が最後まで勝ち残りましたが最後の最後で負けちゃいました。残念。
1番目のリクエストは? ♪しあわせのレシピ
オーディエンスの手拍子にノリノリで応える真子さん
気持ちよさそうに、肩を揺らしながら歌われてます。
2番目のリクエストは? ♪ボンボンブーケ
懐かしい曲ですね。歌詞カードをめくながら歌ってますよ。
会場は、カラオケボックス化しています。
デュエットしたい気分になりますね。
3番目のリクエストは? ♪金木犀の香る頃
真子さんの大好きな曲をリクエストされたんですね。
親衛隊が全員の手拍子を誘導しますが、皆さんご存じなようで130名の手拍子がそろってます。さすが熱烈なファンの集いですね。
4番目のリクエストは? どうやら最後の曲になったようです。
真子さんの提案で、♪サンキューソングはいかが?
それともジャンケンで決める?
どっちがいい!
そりゃあ、真子さんの提案に決まってるじゃないですか!
みんなの気持ちは一体化してますよ。
イントロから130名の手拍子と合唱が会場を沸きたてます。
我々親衛隊は最後列なのでスタンディングで合唱しました。
素敵な曲ですね。
最近のライブでは、アンコールでこのサンキューソングをみんなで真子さんに届けていますが、ライブに負けないぐらいの感動でした。
ファンイベントも終盤になり、真子さんからファンに謝辞と今後のアナウンスがありました。
「5月のツアーは楽しかったね。」
「ドラマも撮ったし。」
「デカレンジャーも撮ってきたよ。10年ぶりに戦隊全員がそろったの」
こんな話をしながら真子さんのお鼻がちょっと赤くなってる。泣きそうになってる。
「8月にディナーショーが決定 ホットパンツのメンバーとやるのよ」
「8月27日 吉祥寺で!」
「12月は、教会でクリスマスライブ」
「NHKみんなのうたで、♪へっちゃら平気の平八郎を歌うことになった」
「詳しくは、Mako Mixで確認して?」
ということで、最新情報のアナウンスも終わりファンイベントは終了です。
最後は、出口で真子さんがお見送りをしてくれます。
オーディエンスひとりひとりを見送り、みなさん楽しそうに一言を交わしています。
私も“Newアルバム”の発売を楽しみにしてますねと伝えると。。。
スタッフのKさんから「先にシングルが出ますよ」と“みんなのうた”の曲がシングルで発売されるようです。
握手と真子さんの笑顔に癒され記念品を頂いて会場をあとにしました。
2015年5月21日 TOUR2015 SWITCH 大阪公演



東京からスタートした2015年ライブツアーは、東京に続き名古屋、そして今回の大阪を最後に幕を下ろす事となった・・
と綴ると・・どこか、しっくりこない気もするが、紛れもなくツアーのラストは大阪なのだ・・!
ツアーの締めは東京が最終と誰もが思うところだが、今回のツアーでそれが払拭されたわけだ・・
真子さんの生まれ故郷である関西で最終公演を迎えることは、ごく自然で当然の事のように私は思う・・(*^▽^*) 

それはさておき、先ず始めにツアーのタイトルにスポットを当てて見ることにする・・
今回のタイトルは「SWITCH」とされているが、それは真子さんのニューアルバムのタイトルなのか?
真子さんのやる気モードのスイッチが入り、そのやる気を私達に全力投球されるのか?
もしくは、今までの真子さんが違う一面を持ったもう一人の真子さんにスイッチして、その生まれ変わったお姿を私達に披露して頂けるのか・・と、色々と妄想は尽きなかった・・が・・
ツアーに参加された真子ファンならお分かりだろうが、後に始まるライブで、その詳細が明らかとなる・・

さて、今日は待ちに待った真子さんの大阪ライブ、天気は快晴、実に真子さん日和である。
前日に名古屋でライブが開催された事もあり、当日のコール練習は行わないままライブに挑んだのだが、その代わりと言っては何だが、ライブツアー達成の前祝として会場近くの居酒屋に集合し、ミーティングを兼ねた食事会が催された・・
ミーティング会場に集まった仲間たちは、円音さん、管理人さん、角刈りさん、ミモザさん、Kimちゃんさん、そして私を含めた5名である、そして常連さんの、てっちゃんさん、Tさん、トレナーおじさんとも合流し、最終を迎えるライブを祝い、そして私達は昨夜(ボトムライン)の余韻も覚めないままライブに備える事となった。

時間となり、お腹の中も満たされた私達は、居酒屋を出るとビジネスマンが行き交う雑踏のなか、歩くこと僅か10分程でライブハウスに到着した。
会場に着くとライブハウスの入り口には「チケットsold-out」の文字、最終公演と言う事で予想はしていたが、流石に真子さんの地元関西で行われるライブだ、とても素晴らしい事である♪(*^▽^*)
エスカレーターを上り詰めると、エントランス前は沢山の真子ファンで埋め尽くされ、200名は超えるだろうか先頭が見え無い程の長蛇の列だ、そして数分が経ったころ私達はスタッフさんに促されるまま、その列に加わった。

それから10分は経っただろうか、ようやく私の番がやって来た、スタッフさんからチケットのモギリを受け取るとグッズ販売のテーブルに駆け寄りライブ記念のTシャツをゲットした。
そして、私たち親衛隊は何時ものように座席最後列を確保し、これから始まるライブに備えた。

総勢300名は超えるだろうか会場は立ち見が出るほどの賑わいぶりだ、そして私達は立ち見をされているファンの方々に座席を譲り対応はするが、まだまだ座席が足らず、丸椅子が追加で導入される程だった。

私達はハチマキに特攻服、そしてペンライトと準備を整えてスタンディング体制で真子さんの登場を待ちます。
そして、しばらくするとホットパンツの皆さんがステージ上に登場されます。

ここで、開演を前に緊張をされているであろう真子さんにお声掛けです、角刈りさんの統制3連発が入ります。
せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!
せぇーのーー!まっこちゃーーん!・・(ノ*>□<)ノ

いよいよライブの始まりです。
緊張の一瞬です!

そして、真子さんが「恋のサマー・ダンス」の軽快なリズムに乗り満面の笑顔で登場されました。
真子さんの登場に合わせ、角刈りさんの統制一発が入ります。
せぇーのーー!まっこちゃーーん!・・(ノ*>□<)ノ

曲は昨年のライブでも真子ファンのハートを射止めた往年の楽曲だ、自然とテンションも上がります。
私達もコールに力が入ります♪(≧▽≦)ノ

っと、ここで今日の衣装の紹介だが、東京、名古屋と前レポートで紹介をされているので細部は割愛するが、スカートに大き目のスパンコールがゴールドにキラキラ輝くマーメイドのような素敵な衣装だ♪
たまにスパンコールがお尻に刺さります・・(≧▽≦)ノ

真子さんの登場に会場のあちこちから真子ちゃんコールが飛び交い、客席からの割れんばかりの拍手のなか、真子さんはノリノリで「恋のサマー・ダンス」を熱唱され、そして私達はコールで場を盛り上げます。

2曲目、「初夏が一番!」
統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん!・・(ノ*>□<)ノ
真子さんはハイテンションで、息をつく間も無く2曲目を歌い切ると、大きな拍手が真子さんを包み込んだ。

今回の選曲は素晴らしい、私達を驚かせよう、楽しませようとの真子さんのお気持ちが、ありありと伝わって来る選曲だ、真子さんにしてみれば、掴みはOKってところだろう・・・(*^▽^*)
その後、私達は真子さんワールドに引き込まれて行くわけだが、私達が真子さんのペースにハマるまでは数分、数秒と掛からなかった・・・

真子さんMC
「皆さーーん、こんばんふぁーー最後までよろしくねーー♪」

3曲目、「しあわせのレシピ」
割れんばかり拍手です♪

4曲目、「Smile For Tears」
割れんばかりの拍手が続きます♪

真子さんMC
「ありがとーー」
「こんなに前半に飛ばして良いのだろうかぁ・・」
「改めまして、皆さんよく来て下さいましたーありがとー」
「仕事をさぼった人も、忙しい人も、忙しくない人も・・」
「今日来て楽しかったーと言ってもらえるようなライブにしたいなと思っていまーすぅ♪」

5曲目、「カナリア」

6曲目、「Friend」
会場に居るファン全員が手拍子で真子さんを盛り上げます♪

真子さんMC
「ありがとうございまーすぅ」
「えっとー・・えっとー・・??」
今歌われた曲名が出てこない・・が、やっと出た・・(;´∀`)
「“カナリア”と“Friend”と言う曲を聴いてもらいましたー」

真子さんが、曲名を忘れてしまった事から、認知症の話となり、先日、香川で行われた認知症セミナーについて話をされました。
やっぱり愛が1番ですね!

突然、真子さんから・・

「ここで、バンドのメンバーを紹介したいと思いまーす♪」

「キーボード、西池達也さん」  タ・ツ・ヤさーーん
「ベース、紺野光広さん」  ミ・ツ・ヒ・ロさーーん
「ドラム、小宮山純平さん」  ジュン・ペ・イさーーん
「バンマスでギター、武藤良明さん」  ヨ・シ・ア・キさーーん

私達はホットパンツのメンバーにコールでエールを送ります。

そんな親衛隊のコールに対して「今日の点数どうだったー」と会場の前方から真子さんに掛け声が入ります。
真子さんは、前日のライブの話をされ、「名古屋でメンバーの紹介をしたときに低い声でヨシアキさーんなんて言うから、もうちょっと元気になる呼び方してもらえない?って言ったのー」すると会場から「今日の点数は?」と再度掛け声が入ります・・
そして真子さんの採点は、間髪入れず「まあまあ・・」と・・(;´∀`)
けど直ぐに、「凄く良かった」と、言い直してくれました!優しいっ真子さん♪(≧▽≦)ノ

真子さんMC
「ここで、武藤さんに作って頂いた新曲ですー」
「“空色パドル”と“笑顔の花”聴いて下さーい・・」

7曲目、「空色パドル」(新曲)
アップテンポで、♪ソライロパドールー♪の部分が耳に残る素敵な楽曲だ♪

8曲目、「笑顔の花」(新曲)
スローテンポな楽曲で、私のハートにジーンと響き渡った・・♪

そして会場内は初めて聴く楽曲に聞き入り、割れんばかりの拍手が巻き起こった♪

しかし、この楽曲は真子さんのライブツアーの為だけに武藤さんがつくられた曲で、CDは出されないとの事、私たちファンにとっては、とても残念な事なのだ・・

真子さんMC
「ありがとぉー」
「笑顔の花いっぱい咲かせたいよねぇー」
「東京が初日で、名古屋、大阪と今日が最終日だと思うと切なくて、もっともっと歌いたいなと思うんですけど・・」
「大阪だと同級生も来てくれて・・」
真子さんは会場に手を振られます
「百合学院は今年60周年なの・・だから応援に行きたいなって思ってます・・」

9曲目、「夏の花びら」

10曲目、「clearly」

真子さんは、「clearly」を謡われステージの袖へとはけて行かれた。

そして、ここで衣装替えです、再登場された真子さんはキラキラ衣装から一転、淡いピンクの衣装に着替えられ・・の筈だったが・・東京・名古屋とは少し真子さんの様子が違う・・
私は真子さんの再登場に、可愛いーー♪の掛け声を用意していたのに・・
もしかして、ファイナルならではのサプライズ?
とも思ったが、実は嬉しいアクシデントが勃発していたのだ・・

真子さんMC
「なかなか出てこないと思ったでしょーー(爆笑)」
確かに、武藤さんの演奏は何時もより長くも感じはしたが・・
真子さんは焦った様子で転がるようにステージに飛び出して来られたーー
「私、焦っちゃったーー(笑)」
「チャックが噛んじゃって、スタッフの方と2人掛でやったんだけど上がらなくて・・(爆笑)」
「こんなミニスカートは辞めよって言ってたのに・・(笑)」
「持ってきた予備の複を着ようって言って・・(笑)」
「やっぱりライブは色々あるねっ・・(笑)」
真子さん・・壊れたーーーε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

急遽チャックの壊れてしまった、ピンクの衣装を断念して、予備の衣装を着られたようです。
普段から予備の衣装を用意されているんですねー♪

ここで、真子さんの衣装の紹介です♪
純白のノンスリーブのワンピースでフリンジが全体に装飾された衣装だ、昔ピンクレディーがウオンテッドで着用した衣装をイメージすれば間違いないだろう♪♪(*^▽^*)
胸元には少し大きめの飾りの付いたシルバーのネックレスとシルバーのブレスレットがお洒落に決まっている、アクセサリーが純白の衣装を引き立てて、とても可愛い衣装だ・・そしてミニだ・・(≧▽≦)ノ

真子さんMC
「あにょー」
「ついでに自慢話しても良い?」
と、突然自慢話を始められます・・
「土曜ワイド劇場の撮影で京都でロケをやっていて・・」
「京都のデパート行ったら店員さんが、昔コンサート行きましたって言ってくれて・・」
「それで何か買わなきゃ悪いかなって思ってねぇ・・(笑)」
「声を掛けてくれたことが嬉しくてねぇー」
続いて、次の自慢話が始まります・・
「その日の夜に一人飯をしようと思って、入ったところが鉄板焼屋さんなのー」
「広島焼きって書いてあって・・」会場(笑)
「“叶夢”って言うお店なんだけどー」
「レジのところで、昔ファンクラブに入ってましたって言ってくれてねぇ・・」
「一日で、そんな方と2人も出会っちゃって、ちょっと自慢・・(笑)」

「それでは、10代の頃のアルバムの歌を聴いてもらいたいと思います。」

11曲目、「ナイト・セーリング」

真子さんMC
「ありがとぉー」
「10代の頃の歌を聴いてもらいましたけど・・また聴いて下さい!」
「この言葉を言いたーーーーい」
「お嫁にもらって下さいっ!」と力強く仰いました・・(;´∀`)

12曲目、「お嫁にもらって下さいませんか」

真子さんMC
「ありがとぉー」
「ハートで勝負!って曲のB面でしたねぇーこの曲ふぁー」
ここで、財布を落とされた自慢?話を突如話されます・・
「10代の頃、公衆電話にお財布をわすれてしまて、けどそのお財布は戻って来たんですけど・・」
「私、3回お財布なくしてるの、警察にお財布なくしたんですって言うと、届いてますって言われて・・」
「熊谷組の○○さんが届けて下さいましたと、10代だったから組って聞くと驚いてしまって・・」
「怖くてお礼が言えなくて・・何十年後にTVの番組で探して頂いてお礼が出来ました・・(笑)」
「2回目は、新幹線の窓のところに置いて帰った・・落し物係りに電話したら届いてましたって・・」
「3回目は、道に落とした・・届けて頂いてねぇー・・」
「10代の頃アイドルでよかったぁ♪(笑)」
と・・昔アイドルであった事の自慢話だったようだ・・(;´∀`)

13曲目、「青春メモリー」

真子さんMC
「みんなの前ではあまり歌わない曲うたいました・・」
「飛ぶ・・良いよねぇーー」
「ちょっと狭いけどねぇ・・」

14曲目、「私の首領」

ここからが、私達の出番です!
親衛隊のコールが爆裂です!!
待ってましたと会場の方々もドンジャンプで応援です!
真子さんと私達が一つになる瞬間ですね!素晴らしいーー♪

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

15曲目、「日曜日はストレンジャー」
会場からは、ウォーーと歓声が上がり、親衛隊のコールが爆裂です!!

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「真子ちゃんでーすぅ♪(笑)」
ここへ来て真子さんノリノリです・・自由人が顔を覗かせたか・・(;´∀`)
「嬉しいふぁー楽しいねぇ!みんな笑顔でねぇ・・♪」
「私には、みんなが笑顔になれる武器が有るって事ねっ♪」
「それではみんなと出会った曲を聴いてもらいましょー」

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

16曲目、「狼なんか怖くない」

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「楽しい時間をありがとうございまーすぅ」
また来てねー神戸にも来てねーーと会場から声が掛かります。
「神戸にも行きたい、全国どこへでも行きたいっ!」
「また来るから絶対来てねっ!また逢おうねーー」
「仕事も頑張れるとか思ってくれる、そんな栄養剤になれば良いなって思ってまーす」
「ちょっと高い栄養剤だけどねっ(笑)」
「今日は本当にありがとうございましたぁー」

17曲目、「Life is beautiful」

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

「ありがとうございましたーー」

真子さんは、ステージの袖にはけて行かれました。

せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!
せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!
せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!

再び真子さんを、ステージにお呼びしないといけません、私たちは左右に分かれ息の続く限りコールを送ります。
会場からも、誰ともなく手拍子が始まり、私たちも力の限りコールを送ったーー・・(ノ*>□<)ノ

L・O・V・E!GO GO MAKO! L・O・V・E!GO GO MAKO! L・O・V・E!GO GO MAKO!
L・O・V・E!GO GO MAKO! L・O・V・E!GO GO MAKO! L・O・V・E!GO GO MAKO!
L・O・V・E!GO GO MAKO! L・O・V・E!GO GO MAKO! L・O・V・E!GO GO MAKO!
L・O・V・E!GO GO MAKO!・・・・・

な、なんと40回を超えるコール・・流石につらい・・(;´∀`)
トン♪ トントン♪ トントン♪の手拍子に合わせ真子さんが再び登場されました。

真子さんの衣装は紺色のノンスリーブのワンピースです♪

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

18曲目、「淑女はスリルがお好き!」

統制1発!せぇーのーー!まっこちゃーーん・・(ノ*>□<)ノ

真子さんMC
「ありがとー呼んでくれてーー」
「ほんとに逢えて良かったぁ」
「今日はほんとに来てくれてありがとーー」
「次は12月・・」
「12月ちょっと先だけど・・またその前に予定を組みたいと思ってますぅ」
「それまで元気でいて下さいねぇ・・」
「では最後の歌になりますぅ」

19曲目、「GOOD-BYEは出発」

30数年前、渋谷公会堂が最後のコンサート会場となり、親衛隊員皆が思いっきりコールをし、そして涙し完全燃焼した夏の日、あの日の事は真子ファンであれば、誰もが鮮明に覚えているはず・・
この曲を聴くと蘇る、青春の記憶・・真子さん、ありがとーーー(o;ω;o)ウゥ・・・

会場に居る全員が、中・高校生時代に戻り、オールスタンディングで真子さんを応援しました。

私達も渾身の力を振り絞り、身体全体を使い真子さんを応援しコールを送りますーー(ノ*>□<)ノ

そしてGOOD-BYEの間奏では、真子さんからこの言葉が・・泣けた(o;ω;o)ウゥ・・・
「ありがとーーー」
「これからも色んなことがあると思うけど、くじけないで頑張ろうねぇ!」
「私もくじけそうな時はみんなの顔を想い出すから、お互い頑張りましょ」・・(o;ω;o)ウゥ・・・
「ありがとーまた逢いましょーーー」・・(o;ω;o)ウゥ・・・

大阪JANUSは客席とステージとの高低差が殆どありません、真子さんは立っている私達ファンのみんなに気遣って、見えにくいだろうと一人掛けの椅子を用意して、不安定で有りながら椅子に上がり唄って下さいました・・(o;ω;o)ウゥ・・・

せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!
せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!
せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!
せぇーのーー!まっこちゃーーん!せぇーのーー!まっこちゃーーん!

オールスタンディングで感動のなか、メンバー全員でサンキューソングを合唱し真子さんを名残惜しく見送り、大阪ライブは終演の時を迎えた。

ライブが終わり、親衛隊恒例の打ち上げの席では、ライブツアーをやり遂げた達成感と切なさが入り混じる空間の中、真子さんに感謝しつつ命の水で祝杯を交わし、仲間たちは終始笑顔で楽しい時を過ごした。

おしまい
2015年5月20日 TOUR2015 SWITCH 名古屋公演



親衛隊の連絡用メッセージボードに名古屋公演に参加しますと記入すると、すぐに管理さんから、以下の返信がきたー
「名古屋公演のイベントレポートは、ミモザ君にお願いしましたーっと。」
何の連絡もなく承諾も得ずかってにお願いしましたーって書くなー。アホ!ボケ!カス!(笑)と思いましたが、私は大人です。
「承知ました ミモザ」 と返信しました。

 さぁー。どうしようか?
 今回のツアーは、東京・名古屋・大阪の3カ所。真子さんが歌う曲名などは最後の大阪公演が終わるまでは、お楽しみが無くなってしまうので書けない。衣装の事などは東京公演のひさぴょん作のライブレポートに詳細に書かれている
 でも書かなければ管理さんから、ひどい仕打ちを受ける(笑)

 そうだ!ライブのレポートですがライブ前後の内容を濃くし、文字数を増やす作戦でいこう。このように考え、このライブレポートを書き進めます。

前日の夜
 東京公演にも参加した私は、どうしても確認しておかなければならない事があった。1曲目に歌われるアイドル時代の曲のコールの一部がどうしてもわからなかった。コールブックを見てもその曲は載っていない。youtubeで調べてもコールが入っている動画はない。そうだ!あの伝説の渋谷公会堂のDVDを見るしかない。
 DVDを早送りにし、やっと探していた曲の場面が出てきたが、何度聞いてもコールが聞き取れない。もういいやっと、さっさと諦めましたー
 映像を見ていると、とてつもなく懐かしい。真子さんも私たちも若かったなぁ。あの時は紙テープを投げてたんだ。紙テープの芯が真子さんに当たると危ないので取り出して投げていたなぁ。真子さんにふわーっと紙テープが降りてくるように投げるには、目標地点よりも相当上方向に投げないと途中落下したなぁ。
 ライブの最後の方で、真子さんが「行くよ?」と何度も叫び、それに応えるように、親衛隊も「オー」って叫びステージに向かって集まったなぁ。そしてとうとう大阪公演では、数十人が舞台に上がってしまい、警備員のお兄さんに「しゃがみ込みなさい!」と注意された事もあったなぁ。誰にもわからないが私だけが「これ!俺!」っていうのも映っている自慢も入れておきます

当日朝
 7:00起床。いつもは俺の愛車「真子ちゃん3号」で出勤するのですが、今日はライブ終了後に懇親会があるのでお留守番。8:00出発。タクシーとJRを乗り継ぎ、8:40分頃出社。
 昨日の営業日報に目を通し、売上状況を確認。そして全体朝礼、各リーダーに状況報告を受け、ようやく本当の自分の仕事が出来る時間10:30。
 いろんな事の決済や検討をしなければいけないが、今日は名古屋ライブの日。なんだか仕事が手につかない。でも頑張らなければいけません。だって真子さんの大切な曲の一部を会社名に冠した大事な会社を守らなければない。仕事を真面目にしなければ真子さんのライブにも行けないから...

当日15:00
 16:30頃に名古屋駅で角刈りさんとKimちゃんと待ち合わせをしているので、バス・JR・新幹線を乗り継ぎ、いざ名古屋へ

当日16:30
 3人で名古屋駅近くの居酒屋さんに直行。Kimちゃんはお酒を飲まないので、2人でちょっぴり飲むのかと思っていたが、角刈りさんと二人で焼酎「さつま司」をボトルで注文。いつもながらよく飲む角刈りさんです。私も飲みましたが...(笑)

当日18:30頃
 今まで何度も真子さんのライブが開催されたTHE BOTTOM LINEに移動。会場に着くと、そこは真子ちゃんファン約200人の長蛇の列。管理人さん、シュウ君、常連さんと合流。整理番号A15を持っていましたが、私たち親衛隊は後方から応援するので整理番号C15を持っていた常連さんと交換。

当日19:00開場
受付で600円を支払い、ドリンクコイン(?)と交換。
今日はコールをする親衛隊メンバーが5人。いつも以上に声を出し、がんばるぞー

当日19:30ライブ開始
 ここから何を書くのかが大問題です。ほぼ流れは、東京と同じだから...。印象に残った事だけを記します。
 バンド紹介の時に真子さんがメンバーを一人ひとりを紹介された時、続いて親衛隊もメンバーの名前をコールするのですが、ここで真子さんから、ちょっとアドバイスをいただきました。「もっとすばやく入れた方がいいよ」って。真子さんアドバイスありがとう。これからはきっちりすばやく入れますね
 またまた常連さんのダンディー野郎が事件を起こしました(笑)。
 真子さんがスカートの丈がちょっぴり短いお洋服で登場され、椅子に腰をかけた、その瞬間!ダンディー野郎が体を傾け覗こうとしたではありませんか...真子さん「今覗こうとしたでしょ(笑)」
 ライブ後のダンディー野郎の言い訳も含め、詳細に説明すると...
 親衛隊メンバー:「真子さんのスカートの中を覗こうとしたでしょ?」
 ダンディー野郎:「体を傾けたが、舞台上にあるスピーカーが邪魔で見えなかったよ」
 こら?アホ・ボケ・カス!(笑)。それは言い訳になっていない!スピーカーが邪魔で見えなかったよ。って言うことは覗こうとしたんだ?
弘前事件(?)もあったし、私にはなんの権限もないのですが、君は真子さんのライブ会場出入り禁止だ?(笑)
 真子さん。今日もありがとう。真子さんが最近よく歌われる曲の歌詞に「最近の仕事はどう?」っていうのがあります。私はいつも心の中で「忙しいって」一人コールを入れています(笑)
本当に元気をもらいました。またいつか「ミモザの季節」も歌ってくださいね。

ライブ終演後
同じビルの地下にある居酒屋で、常連さんを含め8人で懇親会。
大いに盛り上がり、明日も仕事があるので早い目に解散
明日は、大阪。
そして6月には、ファンクラブのイベント。ダンディーさん、また一緒に応援しましょうね。
2015年5月16日 誰もが安心して暮らし続けられるわが町(三豊市)づくりフェア



今回のレポート担当は4月から高知へ単身赴任になったワッスムが担当します

高松市内のアパートへ前日から帰り、5月16日の朝は窓から見える瀬戸内海やサンポートタワーが少し霧で霞んでます。
そこへ東京から高松方面への飛行機は飛行場が霧のため引き返すかもしれないという角刈りさんからのメール。
管理人さんと円音さんは前回の高松同様にジャンボフェリーで神戸からいらっしゃるはずが欠航により急遽高速バスにしたというメール。
そういえば真子さんのイベントはよく天候が荒れることがあるので心配していると、角刈りさんと常連のてっちゃんさんが無事高松空港に9時ごろ到着。管理人さんと円音さんも明石大橋から淡路島を通り鳴門海峡を渡ったバスが11時ごろ高松駅に到着。
先に到着した角刈りさんとてっちゃんさんは私のアパート近くのうどん屋さん「いちみ」で本格的手打ちのぶっかけ大(2玉)とお好み天ぷら3点のいちみセット(550円)で本場讃岐うどんを3人で満喫。管理人さんと円音さんは高松市内の骨付き鳥専門店「一鶴」で骨付き鳥と鳥めしをご堪能。管理人さんは堅?い親鳥を頼んでしまい、食べきれなかったとか・・・。私も失敗したことがありましたが、ひな鳥が柔らかいという説明を管理人さんにするのを忘れてました。すいません・・・。

角刈りさんとてっちゃんさんはレンタカーで、私の車で管理人さんと円音さんを高松市内で拾って、高松から約1時間弱の三豊市詫間のマリンウェーブへ向かいました。
マリンウェーブという名のとおり瀬戸内海が見える立地で今回の講演やパネルディスカッションはマーガレットホールという770人収容できる立派な会場で行われました。
入口のイベントホールや屋外には出店もあり地元の方々で盛り上がってます。

今回のテーマは認知症の理解、予防、対応方法だけではなく、認知症の方が安心して暮らし続けるためには何が必要なのか考えるという、高齢化社会では避けられない内容です。三豊市立西香川病院が主催で、介護する方にこの講演を聞いて知ってほしいという想いから、その世代がちょうど私を含め石野真子さんを若かりし時にファンであったりヒット曲を聴いていたり、なによりも大塚医院長先生自身が石野真子さんの大ファンであるというご縁からこの企画が実現したとお聞きしました。
私ごとですが父も認知症で2年前に他界しました。父に何を言っても怒りっぽく、ひどい時には母に暴力をふるったりと大変でした。ちょうど会場に到着した時に日本医科大学の上田先生の講演が始まっており、「認知症は病気ではない」「認知症は治らない」「認知症になっても本人の気持ちになって接して一緒に暮らしていける方法を見つけることが重要」という今まで私自身が考えていた認知症との向き方が180度違っていました。先生のお話を聞いて、父が怒っていたことも理解でき、思いやりが足りなかったんだなともう遅いですが反省しました。真子さんを応援するために駆けつけましたが、それを忘れてしまうくらい、衝撃的な内容でした。
時間を計ったかのように先生の講演が14時きっかりに終了し、いよいよパネルディスカッションに我らが真子さんが登場します。
ステージ準備のため一旦幕が下がります。

会場が明るくなると、前の方に広島から車でウエノさんと智恵ママさん、奈良からJRでシュウさんの親衛隊メンバーと合流して総勢7名になりました。
常連さんは久しぶりにお会いしたキャバ王さん、てっちゃんさん、おったいさん、たっちゃんさん、Sさん、東北から起こしのエリカさんとみんなで真子さんを待ちます。

幕が上がり、左側にパネルディスカッションコーディネーターの大塚医院長先生、右側に認知症当事者の方1名、三豊市健康福祉部 森部長、先ほどの講演の上田先生
そして市民代表?という肩書で石野真子さんが黒いスーツに大き目の銀ぶちメガネで着席されてます。

デスカッションのテーマは「認知症になっても住みなれた地域で安心して暮らし続けるために必要なこと」というちょっぴり真子さんには重た?いと思われるテーマです。
おのおの自己紹介のあと、いよいよ真子さんの順番です。
「たくさんの男性に聞いてもらいたいからと医院長先生からお誘いがあり勉強しに来ました」少々控え目なコメントでした。

認知症は体験したことを忘れるので、介護者は繰り返すことでイライラして人間関係を破壊していくといったようなデスカッションの中で、真子さんからの質問で
「認知症の本人が傷ついて自分はだめな人間だという不安は続いていくものですか」
に対して医院長先生が「不安を無くせれば認知症の方でも普通の生活ができるのではと考える。認知症と言われると誰でもショックを受ける。でもそれを回りが受け入れて、やりがいを持たせて暖かい雰囲気つくりが必要。」とコメント。

もうひとつ真子さんからの質問で「認知症であることを本人にどうやって伝えたらいいのですか」に対して上田先生から「認知症の方は常に不安に思っている。介護者には伝えるが本人には慎重にしなくてはいけない。現代は介護者の視点に片寄っている。本人が何も言えない環境、社会を変えていかなければならない。」とコメント。

最後に真子さんから「今回のデスカッションに参加していい機会だった。認知症のご本人の心を理解しようという気持ちでお互いが豊かになれる。当たり前のことをがんばる、意識することが重要だとわかりました。」

なかなか難しい内容だったので、デスカッションの内容を正確に伝えられたか不安ですがご容赦ください。

今回のデスカッションを通じてわかったことは、高齢者になると物忘れするのは当たり前、認知症は病気ではない。
本人の気持ちを考えて介護し、ありのままでやりがいを見つけてあげて、普通に生活すること、周りが理解することが大切だと教わりました。
認知症を特別扱いせず、絶望を希望に変えればみんな幸せになれる気がしました。

真子さんのブログに「表情から汲み取れないときもあるけれど認知症の方の心情を理解して敬意をもって、愛をもって、寄り添うことが一番のケア。当たり前の事だけどね。」とも。
勉強になりました。真子さん、パネラーのみなさん、ありがとうございました。
そしていよいよ真子さんのミニライブです。

「大会開催記念ライブ あの名曲をもう一度」と題して
三豊市出身の宮武アナウンサーより、真子さんのプロフィールの紹介があり、
「石野真子さんで〜す。」

大きな幕が上がるとそこには、ピンクのスパンコールハンカチーフドレスをお召しになったきらびやかな真子さんが真ん中にご登場です。

770人収容のホールに約300人ほどの観客から歓声が上がりました。

1曲目は春ラ・ラ・ラ
せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!
かわいいとの掛け声に ありがとう?と応える真子さん

神妙な顔つきで、認知症のお話で当たり前のことを当たり前のようにする。
思いやり・・・そこに繋がる
そのように真子さんは言われました

2曲目はジュリーがライバル
親衛隊のコールを少人数ながら、大きいホールの後ろから力の限りの声を出して真子さんを応援します
ホール内が熱気に包まれたせいかハチマキに汗がにじみます

今回は三豊市へ京都から新幹線で岡山へ来て、岡山からマリンライナーで宇多津まで
瀬戸大橋からの瀬戸内海 サイコーね!

それと骨付き鳥 食べたよー
この間のイオンインストアライブの時はうどんしか食べられなかったけど
骨付き鳥 ひな鳥 親じゃないのよ  
(私はそーっと管理人さんを見てしまいました・・・)

それと丸亀城もあって、浦島太郎の発祥の地とか竜宮城に似たお寺もあるのね
とご当地のことを語られました

3曲目は彼が初恋
さすがにコールはできず、静かに聴き入ります

4曲目はロンサムロードの赤電話
いつものように会場から名前を募られます
ショウイチロー、マサコ、カツヤ、メグミ、ショウジ
女性の名前はどうなのかな?と思いながら、会場が盛り上がります

認知症の方と直接ふれ合えて、いい経験をさせていただきました
愛なのよ? 一言につきる
それがあれば乗り越えていける
私自身もその通りと心の中でつぶやきました・・・

次はみんなも飛んでね。
5曲目 最後は私の首領
精一杯汗を飛ばしながらコールをして、ポーズしながら飛びました
最後に統制一発 せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!

そしてアンコール、アンコール のコールがホールに響きます

すぐに真子さんが再登場して、何を歌うか思案されて
やっぱりデビュー曲にしようかとつぶやかれると

アンコールは狼なんか怖くない
せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!渾身の統制

最後は壇上に花束を持った大塚医院長先生が登場され
真子さんに花束を贈呈され、役得?の記念撮影(うらやまし?)

まぁーこちゃーん!と統制して幕を閉じました

今回は握手もサイン会もありませんでしたが、認知症の講演をされた上田先生の本を購入して上田先生のサインをいただきました。(上田先生、ありがとうございました)

マリンウェーブをあとに丸亀へ移動して、本日参加の親衛隊7名と常連さん6名と懇親を深める命の水でかんぱ?い!そのあと、真子さんも行かれた丸亀駅裏の一鶴本店(真子さんは土器川店に行かれたそうですが・・・)に移動。みんなで柔らかい真子さんと同じひな鳥(管理人さんごめんなさい・・・)
をみんなで舌鼓を打ちました。そのあと大塚医院長先生も合流して、おでん屋風居酒屋さんで3次会で盛り上がるとなんと夜中の1時に。

今回の企画で大塚医院長先生にお世話になったお礼と遠く四国までお越しいただいた真子さんを応援するお仲間のみなさんに感謝して、名残惜しい気持ちを抑えつつ次回の再会を約束して帰途につきました。

おわり
2015年5月12日 TOUR2015 SWITCH 東京公演



久々に私は前日の夜勤が無くゆっくりと寝て体力満タンで真子さんのライブに参加する予定であった
ところがそう上手く行かないのが世の常
少しは寝れましたがアレコレと考えると目が冴えて来ます
15時少し前に家を出て電車で新宿を目指します
16時10分西武新宿駅に到着、改札を出て暫く行くと右側前方より甘ーい香りが・・・
パイを焼いているようです
以前に食べた事があったので食べたい衝動に駆られましたが何とかスルー
しかし少し過ぎると更に匂いが私の鼻をくすぐります
チョット立ち止まりスマホを操作するふりをしながらお店を覗きます
女性ばかり5人程の列が有り並ぶのが嫌いな私は先へ行こうとしますが・・・
ふと、まだ親衛隊コール練習まで時間があるし会場の入り口がわかり難いようなので会場の下見と真子さんへのお土産を兼ねてお店に並んでアップルパイを買う事にしました
お店には3人の女性、並ぶのなら今しかない?と意を決して並びました
私の番になりアップルパイを2つ注文します
熱々のアップルパイを受取りライブ会場の下見に行こうとすると私の後ろには5人の女性の列
女性ばかりの所に並ぶ事なんて普段ならあり得ない?貴重な体験ですね、これも真子さんのおかげでしょうか?
ライブ会場を目指し馴染みの新宿警察署の前を通って会場の下まで来ると見慣れた髪型が・・・
角刈りさんです。スマホを見ながらどうやら入り口を見つけているようです
角刈りさんとしばし入り口を探しようやく2Fの入り口まで来るとそこには、オレンジ色がトレードマークのオレンジ大好きひろしさんがおりました
入り口からはガラス張りなので中にいる社長さんやスタッフの方々が見えます
入り口のスタッフさんにお土産をお渡しして、コール練習に向かいます

当初コール練習参加者は少ないかな?と、思いましたがなかなかの盛況ぶり
一通りコール練習を終えて外へ出ると、まだ雨は降ってません
さぁ、会場へ向かいます

まだ入場までは時間が有りますがもう既に会場へ着くと推定200人位の人の列
平均50の真子さんファンの我々は30分前集合が身体に染み付いているのでしょうか?いやいや、真子さんに早く会いたいから早く集合するのでしょう
入場時間を少し過ぎて入場が開始します
我々は定位置のセンター最後尾に陣取ります
混み合うので早めにドリンクを引換え、物販コーナーでTシャツを買ってライブ開始を待ちます
開始時間になりましたがまだ始まる気配なし、定刻10分過ぎにメンバーが入場し軽く音合わせ
この時武藤さんが会場のモニターさんに指示しておりましたが、会場のモニターさんメンバー入場したら場内音楽は早めに消しましょうね
さぁTOUR2015 SWITCH 新宿公演のスタートです!

まず最初に、何度かレポートを書いているが、いずれもセットリストを書いても支障の無いイベントやライブ最終日などでしたので、今回は初の曲名無しレポートなのでチョット難しいですが皆様宜しくお願い致します
先ずは新宿公演の全体の流れを
1曲目→2曲目→MC→3曲目→4曲目→MC→5曲目→6曲目→MC→7曲目→8曲目→MC→9曲目→MC?ありがとうと一言→10曲目
衣装替え
11曲目→MC→12曲目→MC→13曲目→MC→14曲目→15曲目→16曲目→MC→17曲目
アンコール
18曲目→MC→19曲目
ライブの流れを書いていて、楽曲のメモを見ていて改めて感じましたが、暑くなって来た最近の時節を取り込んだイメージの楽曲を何曲か真子さんはセットリストに入れて下さってます
それに◯◯(書けない??)も・・・
とにかく、20日の名古屋、21日の大阪へ行こうか?行くまいか?悩んでいる方は是非行った方が良いですよーーー!!

ずん。ちゃ・ちゃ。とドラムのリズムに乗り軽やかなメロディーがホットパンツの面々の手に寄り奏でられます
そして、台風をモノともせずに集まったファンの前に人魚姫の御光臨
すかさず角刈りさんの真っ赤な統制棒が振り下ろされます
「真子ちゃーーーん」と統制2発
と同時に聞き慣れた○を連想させるイントロが流れます
イントロが流れた瞬間会場から「ウォーーー」と悲鳴とも怒号とも取れそうな腹に響く会場中の声
いきなりの真子さんサプライズでしょうか?
楽曲もそうですがお衣装がまた大変なサプライズ振り
上は白地のタンクトップに小さなシルバーのスパンコール付き
下は大きなスパンコール付きの前は膝が隠れる位の長さで後ろが長めの斜めカットのスカート
首にもシルバーのキラキラ光るアクセサリーを襟元とバスト位置の二カ所にされてます
耳元はダイヤでしょうか?5連か6連のストレートなタイプのもの
全身キラキラの真子さんです
私的には次のお衣装がお気に入りでしたがこのシルバースパンコールのお衣装だけでも台風を越えて来たかいが有ります
イベントでは握手会の時に椅子にお座りになるのでこのお衣装を見れるのは、人魚姫な真子さんを見れるのは、もしかしたら20日名古屋、21日大阪だけかもしれません
後のMC部分で出て来ますが「しあわせのレシピ 札幌公演」にて椅子に座る時に「お尻にスパンコール刺さった事件」が起きてますので、行くか?行かないか?悩んでいる方は是非今回のツアーに参加して人魚姫の真子さんに会いに行きましょう
真子さんが歌い出します「○○○○と・・・」
「真子ちゃーん」とスタートからコールが入ります
曲が終わり統制1発
間髪入れずに2曲目へ
この曲も最初の音でわかります
○○の○○な○○(←書けない)
ノリの良い曲が続き会場のファンもテンションが上がると歌っている真子さんも物凄くノリノリに
曲が終わりMC
「どうもーー、最後まで宜しくねー」
3曲目のイントロが流れます
会場中拍手で包まれます
続いて4曲目
落ち着いたイントロが流れます
こちらの曲も拍手で応援
「皆さんありがとう、ウワォー」
「最初から飛ばしているわー、大丈夫かなー?」
「楽しいねー本当にねー、皆さん来て下さってありがとう」
「急なお知らせにも関わらず駆けつけて下さって」
「平日で仕事も大変だったでしょう?」
「休んだーー」と最後尾から私の声(笑)
「や、休んだ?」
会場が笑いに包まれます
「それは、いい。じゃあ今日はゆっくりしてって、楽しんでいってね」
しばし間があり
「急だけど、今だ!と思って強行しました」
「皆さんにはキラキラな時をHAPPYな時間を私にもHAPPYな時間をと言う事で最後まで楽しんでいって頂けたらなぁーと」
衣装を指しながら「見てよー、眩しい!本当に眩しい!」
「本当に素晴らしい眩しい感じで・・・」
人魚みたい!の声に真子さん
「人魚ねぇー、マーメイド!」
すると手を前ポッケの辺りに伸ばし手を前ポッケに入れながら
「ポケットも有るのよ。フフフ」
「もっと美しい話をしようとしたのに、本当に」(笑)
「でも本当に楽しんでいってね。それが私の願いでもあるし」
では○○○○の中から
5曲目
赤のLEDライトが途中ステージを照らしますがとても綺麗です
間奏でのキーボードが少しシンセぽい感じでした
続いて6曲目
ピアノの前奏がこの曲とマッチしてます
MC
「ありがとうございます○○を聞いて貰いました」
「あのー、昨日まで土曜ワイドのドラマを撮っていたのよ。フフフ」
「京都の太秦(うずまさ)でロケやっていて、夜神社でさぁフフフ」
「神社でロケやっていてね、そんで山の中で怪しい人影がこうチラリと」
「そんでさ、私がこう石を持って発見してさ、あらーってさ、石見つけちゃってさ、何なのコレはーってさ、フフフ」
「そんな事を昨日はやっていましたよ。フフフ」
「早くコレ仕舞わきゃって」
「見てね、6月にね何かオンエアされるみたいだから見てね」
犯人?との質問に真子さん
「犯人?まさかーーー!まさかの犯人じゃ・・・わかんないナイショ!フフフ」
「言っちゃいけないのよ。本当にさぁ、聞かれたら私正直だからさぁ言ってしまうのよ、ポロッと、良く無い、良く無い」
「昨日もしくじり先生出てさぁ、本当にバラエティー下手よ、何話して良いかわかんなくてさぁ」
「小倉優子さんって知っている?」
反応が無い会場に
「えーっ、知らないのぉーー?」
「コリン星コリン星と言って失敗しちゃったのって」
「で、コメントでさぁ、私良かれと思ってさ、誰もゆうこりんの事コリン星から来ただなんて本当に思ってないから」
会場(笑)
「イチゴの馬車に乗って来たって言ったって可愛いし、全然おかしくないしって言ったんだけどー」
「何か言っちゃ悪かったみたいな、誰も思ってない!そんな事は言っちゃいけないとか・・・もうダメだわぁ」
「昨日姫路城のBSのテレビにもお出になられたのよ!」会場(笑)
「姫路城までロケに行って・・・いや、コレ言ってしまうと時間が無くなる」会場(笑)
突然「バンドのメンバーを紹介します!」
「キーボード西池達也」
達也さーん
「ベース紺野光広」
光広さーん
「ドラム小宮山純平」
純平さーん
「バンマス武藤良明」
良明さーん
「フフフ、そして武藤良明とホットパンツのメンバーです!」会場(笑)と大きな拍手
ここで武藤さんの解説MC
「えーっ、この度石野真子バンドが本当のバンドになってしまったのですね。7月にライブを・・・」
おぉと会場
「7月にファーストライブが開催されます」
真子さん
「まさかね、冗談半分で名前付けたバンドがねぇー、楽しんで出来れば」
武藤さん
「真子さんの元で皆でやっていて、コレはバンドとして皆さんの前でやれるのでは?と」
真子さん
「色んな事が出来そうだよね、夢が膨らむよねー」
「そんな武藤さんですが○○・・・」←この先は書けません
メモ帳必死に書いたのに今は書けません
きっと大阪公演後には、シュウさんのレポートによってベールを脱ぐ事でしょう
また、ボーカルは真子さんなのか?
どうなのか?人によって認識が違うようなので公式発表を待ちましょう

7曲目

MC無しで8曲目
間奏の部分が喜太郎さんのシンセサイザーみたいな感じのアレンジで最高
皆様もこの曲が名古屋、大阪でも真子さんが歌われた際には是非キーボードの西池さんにも注目です!

拍手後の真子さんの第一声が非常に可愛いのですが・・・
ネタバレしますので泣く泣くカットです(泣)
しかもしばらくの時間カットMCなので話が飛んで夜空の星の話からMCスタートです
「毎日私の頭の中は、空が綺麗→風が春の匂い→雨の匂いがする→1日が過ぎる→あっ!セリフ覚えなきゃ」(笑)
「星が綺麗だった日には→ずーっと眺める→セリフ覚えるのが遅くなる・・・そんな日々が・・・」(笑)
コレだけじゃ何のこっちゃですな(汗)
9曲目
武藤さんのアコースティックギターが流れます
「ありがとう」と一言
10曲目
歌い終わるとお着替えの為真子さんは袖に
その間演奏は続きます

私の手元の時計で2分40秒で真子さん再登場
すると方々から「可愛い!」の声、声、声。
私もただ一言「このお衣装は本当に可愛い!」
真子さんには是非このお衣装の写真をMako Mixにアップして欲しいです
それか、マルベル堂でブロマイド作って物販して欲しいです!
事務所の方々売れますぜ(笑)
と、悪徳代官と悪徳商人の会話みたいになりましたが・・・
お衣装は、ピンクのフリフリの半袖ワンピースで膝がチョットだけ見える最近のお衣装では、私一番好きでございます(笑)
「今回は短い時間だったけども色々考えて、皆を驚かしたいよねーーーって、昔のアルバムからね、チョットね」
ウワー、とかオォーとかワーイとかあちらこちらから声が出ます
「ね、こうして驚かしたいが為に無理をしたみたいな・・・」(笑)
「何やってんだぁーって、昔のままのキーでね。大丈夫かなぁー?」
方々から大丈夫の声
「この曲は◯◯の中の曲です」
11曲目
歌えるけど中々題名が思い出せない
結局最後まで歌いようやく題名が出て来る始末
これじゃあイントロクイズ今年もダメか?
イントロクイズに正解する為に管理人さんは日々CDを聴きまくっているとかいないとか?
CD聴きまくってプレイヤーを壊し、買い直したとか?
いやいや、レコードを真空管アンプで聴いて特訓しているとかいないとか?
給食のおばさんにイントロ特訓やるからiPod touch買って送りなさいと言われたとかいないとか?
マロンさんに特訓やるからカラオケに来なさい!と呼出を受けたとかいないとか?
色々巷では噂になっておるようですが真相や如何に(汗)
「◯◯と言う曲を聴いて貰いました」と真子さん
この後色々有るのですが曲名を伏せる関係で申し訳ありませんがカットさせて頂きます
「レコーディングしたまま歌って無い歌が本当に沢山有って、レコーディングしたのは三十・・・(笑)本当に37年とか38年とか前になるけどいい歌が本当に一杯有って」
「で、当時十代の頃忙しかったから、朝学校に行って、校門の前にマネージャーさんが車で来て、色々な番組に行って、ラジオして、夜中にレコーディング」
「三年半だったけど、アルバム何枚出したのよって言う位贅沢で」
「そんな感じだからライブでまだまだ歌って無い曲が有るのよねー」
「もっと昔の曲聴きたい?」
ウオーーーーーーーーーーーと、大歓声
「次の曲は気にいってくれると思うわー」
次の曲は何だろう?右隣のシュウさん、左隣のブーちゃん、その隣の石野真子昭和三十◯年会、会長のボギーさんに問います
「何だろうね?」
私がボギー会長が大好きな(皆も好きですね)「アリババでは?」と言うとボギー会長は大変喜んでおりました
果たして真子さんはアリババを歌われたのでしょうか?(汗)
アリババと私が書いている時点で今回は歌われ無かった事は想像して頂けたと思いますが、ボギー会長と私は何とかアリババを歌って下さる様にこれからもやんわりと真子さんに言上致しまするm(_ _)m
アリババ宣言が終わり話を戻します(^_^;)
真子さんのMCが少し有るのですが曲名がわかるのでカット
洋楽で非常に似た出だしの曲が有るのですがコレも曲名がわかるのでカット
敢えて言うならドラムが「ドン、ドン」と鳴ると言うより「ズン、チャ。ズンズン、チャ」と言う感じかな?
「◯◯の◯◯よね?やっとわかったハハハ(笑)」
「もう一曲行っちゃう?」
「行っちゃうーーー」と会場中
13曲目
またまた真子さんと歌を一緒に歌わないと曲名が思い出せない曲が・・・(汗)
「◯◯と言う曲を聴いて貰いました」
そしてそしてココで真子さんが会場中に問い掛けます
「◯◯△△△△?」←言えない(泣)
「あまり◯◯だと◯◯になっちゃうからねぇーー」
「じゃあこの曲です」
14曲目
待ってましたと少し水を飲んで我々は備えます
歌い終わって統制1発「真子ちゃーーーん」
間髪入れず15曲目
歌い終わって統制1発「真子ちゃーーーん」
「私さぁ、何時も思うんだけど・・・トントントンと歌った方が良いのか?ねぇー(笑)」
「MC入れちゃうともっさりしてしまうと言うか、話にリズム感が無いと言うか・・・」
「それでは次に◯◯を歌おうと思うんだけど・・・」
ココで会場から「お!」と言うリアクション
少しNGワードが続きアイドル時代のお話になり
「それでは歌って頂きましょう、狼なんて怖くない!って」
「何時もどうしよう?って思うのよ、言って良いのか?悪いのか?って」
「よくラジオとかであったのよ」
「狼なんかですって言うのもなぁ?とか」
「阿久悠さんは一文字でも違ったらとかとも思うけどぉ」
「私の首領と私が首領は(笑)違うけど、微妙なのよ狼なんて怖くないと狼なんか怖くないって、そんなにね、何時も迷っていたのを打ち明けます(笑)」
会場が和んだ所で
16曲目
歌い終わり統制1発「真子ちゃーーーん」
「◯◯で◯◯に◯◯だもんねーー」
「長い間応援してくれて、何時も足を運んでくれたり、本当にどうもありがとう」
「今回も忙しい中平日なのに駆けつけてくれて嬉しく思います」
「ねー、嬉しいわーーー」
「20日名古屋、21日大阪、旅に参ります(笑)」ココで拍手
「仕事片ずけて遊びに来て!(笑)」
「毎年こういう機会が有ると皆さん一緒になって旅をしてくれて、奥様とどこそこ行きましたとか、友達と一緒に旅をしましたとかこういう機会が無いと旅が出来なかったとか教えてくれて、何だか私も嬉しくなって、良い事したなぁ・・・(笑)」照れて笑う真子さん
「今日は足元の悪い中足を運んでくれて本当にありがとうございます」会場一同拍手
「では最後の曲です」
17曲目
歌い出しが声が少し詰まっている感じ
今にも泣き出しそうな感じが最後尾の私達にもわかります
皆、声には出さぬが「真子さん頑張れ!」の気持ちで、一生懸命手拍子で真子さんを盛り上げます
歌い終わり統制3発「真子ちゃーーーん、真子ちゃーーーん、真子ちゃーーーん」
「ありがとう!みんなーーーどうもありがとーーーう」
「ありがとうございました」ココで統制5連発
真子さんがステージの袖に下がると早速アンコールのお呼び出し
お馴染みとなりましたライブでの「L.O.V.E GO GO MAKO」のお呼び出し
暖かい会場の皆様よりお呼び出しに併せて拍手を頂いたり、一緒になってお呼び出し頂いたり致しました事、この場をお借りして感謝致します
29.3回と言う少ない回数で真子さん再登場

アンコールのお衣装は紺色?藍色?の半袖のワンピースです
ドラムがドンドンと独特のリズムを刻みます
この曲はリズムを取るのがチョット難しいかもしれません
日頃からスマホをお持ちの方々はメトロノームのアプリを入れて色々なテンポやリズムをズレ無い様に拍手するだけでもリズムに慣れて来ますよ
真子さん再登場統制1発「真子ちゃーーーん」
18曲目
「ありがとう!呼んでくれてー」
「改めて本当にありがとうございました、またねみんなと会える事を楽しみに、笑顔になって貰える様に、私も頑張るわ!」
「明日はタ、タ、ターン(土曜ワイドの曲真似)」(笑)
「今日の料理はこんなもんじゃない!ってセリフが有るんだけど(笑)」
「明日はそのセリフを言ってくるわ(笑)」
「今度は名古屋でね」
「12月はチョット詳しい日は決まって無いんだけど8月にホットパンツのみんながライブやる時には行けたら良いナーと思うんだけども」
「また色々なイベントでも皆さんにお会いしたいし、12月は教会も、ディナーショーも」
ココで会場「オォー」と、どよめく
「ねぇー、やりたいよねーーー」パチパチと拍手
「ディナーショー・・・、なので12月はコレで決まりだ!(笑)」拍手
「チャンとオシャレして来てね(笑)」(紋付袴か燕尾服で行くか?と真剣に考えた私(笑))「これから季節の変わり目だし、本当にお互いにだけど身体に気を付けてねー」
「また笑顔でね、待ってます。ありがとうございます」拍手
19曲目
Aメロが終わった所で前の方の常連さんが徐々に立ち始める
2、3割が立ち上がった所で真子さんが「みんな立って!」と手招き
真子さんに促され全員がスタンディング
過去に他の会場で実際に目撃した事だが、腕組みして仏頂面で、ほぼ全員立っていても座っている人を見かけた事が有るが、立たないまでもせめて「笑顔で・・・」と言う所は何とか出来なかったのかなぁ?
間奏に入るとあの、あのセリフが・・・涙、涙
そして真子さんが歌い終わり統制5連発
外の雨の心配をしながら、初めての会場の新宿ReNYでのライブは幕を閉じました
ありがとうございますm(_ _)m
2015年5月2日 イオン高松・インストアライブ


小学生の頃・・・ 社会の時間に「日本は島国だぁ!」と教わった。
確かに教科書の日本地図を見ると、ちっこい島がたくさんあるのが解った!

そして公立小学校を優秀な成績で卒業してから、ほぼ40年!
改めて日本が島国であろう事を再確認してみたぁ!

すると・・・ 日本列島には海岸線が100Mを超える島が6,852もある事が解ったぁ@o@;

6,852は凄い! 

それに、国際的な定義では・・・オーストラリア大陸より小さいのは全部「島」扱いされるそうだ!
なので本州も北海道も九州も四国も「島」だぁ!

因に国内で海に面しているが「島」の無い都道府県は大阪府だけだそうだぁ!

大阪生まれで大阪育ちの私としては・・・ちょい寂しい(;ω; )

大阪にも島が欲しい!

けどちょいと考えてみると・・・大阪湾を埋め立てて作った「夢島」というのをはじめ、そういった広大な埋め立て地が大阪には幾つもある!

それら埋め立て地は「島」じゃないのか???

関西新空港も「島」じゃないのかぁ???

「島」という定義がイマイチ解んない(;ω; )

まぁ、とにかく島国! 日本だぁ!

さて! 真子さんのイベントが四国の香川県・高松で開催される!

鉄道か?! 高速バスや車か?! 或いは飛行機か?! なにを利用して高松に向かうのか!

大阪と四国の香川県は瀬戸内海を挟んで(淡路島が邪魔してるけど)お隣さんなんだ!

船で行けるのかぁ?! そりゃ私が大金持ちでクルーザーでも持っていたら、行けるだろうが!
もちろんそなん筈はない(;ω; )

念のために調べてみよう・・・ すると神戸港からフェリーが出ている!

「ジャンボフェリー」というカーフェリーが神戸港と高松港を1日4往復している!

もちろん車なしで、歩きの客も乗せてくれるらしいが・・・ その料金が凄いヽ(*`3´)ノ

普段なら片道1,900円! 4枚綴りの割引券なら1,600円!
チケットショップのバラ売りで1,450円ヽ(*`3´)ノ

但し・・・ ゴールデンウィークなので、300円UPヽ(*`3´)ノ

とにかく割増料金を支払っても、激しく家計に優しい???ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

それに瀬戸内海は「東洋のエーゲ海」と呼ばれている程、風光明媚だぁ!

船上で心地よい潮風と景色を楽しみつつ、真子さんに逢いに行く!

なんてロマンティックなんだろうぅぅぅ???ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

と、ニンマリしていると・・・ 親衛隊のコールの先生ことマロンさんから連絡が入った・・・

「管理人は高松のイベントに行くのか?」

ほぼ、そういった内容の問い合わせだった・・・

「えぇ、私は神戸港からフェリーで真子さんに逢いに出掛けます」

ほぼ、そういった内容の返答をした・・・

「なに一人で、えぇことすんのよぉ??? 私も連れて行きなさいよぉ???ヽ(*`3´)ノ」

ほぼ、そういった内容の返信があった・・・

「朝、早い出発ですが大丈夫ですか?」

私は、ほぼそういった内容の返信をした・・・

「大丈夫! 数日前から早起きする癖をつけて、当日は寝過ごさない様にするから!」

ほぼ、そういう内容の返信があった・・・

そういう訳で、私は彼女と「ジャンボフェリー」で高松に向かう事になったが・・・
イベントの前日、即ち昨夜、再びメールがあった・・・

「今から寝るから、朝5時にモーニングコールしなさいよぉ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ」

ほぼ、そういう内容のメールだった・・・

そして私は早朝5時キッカリに、彼女に電話した・・・

しかし・・・ コールを20回をしても、彼女は電話に出なかった・・・
マロンさんは爆睡中のようだ・・・

しかし、いつまでも彼女に電話をかけ続けている訳にも行かない
私がフェリーに乗り遅れてしまう・・・

出掛けよう〜〜〜!!!

そして・・・ 思う存分、言い訳をしながら待ち合わせ場所に数分遅れでマロンさんはやって来た・・・

まぁ、とにかくフェリーの出航に間に合ったのだから良いだろう・・・



フェリーターミナルには、私達を高松まで運んでくれる「ジャンボフェリー」は既に着岸していた。
しかし、船齢30年近い「こんぴら2」という老巧艦だった(´_`。)

でも文句は言えない! なにしろ追加料金を含めて、片道1,900円なんだ(´_`。)

排水量3,000トンちょいの「こんぴら2」は定刻を15分遅れて、静かに出港した・・・

船足、18.5ノット(時速35キロ程)、4時間30分の船旅の始まりだぁ!

明石海峡大橋をくぐり抜け、途中、小豆島に寄港し高松港に向かう!

デッキの潮風は心地よいし! なにより好天に恵まれ景色が素晴らしい!

命の水を片手に船旅を存分に楽しんでいるのは私だけではない・・・
マロンさんも船旅に至極ご機嫌のようだぁ・・・

これでイルカでも現れたら、彼女は更に喜ぶだろうが・・・
あいにくイルカは現れなかったし、そもそも瀬戸内海にイルカが居るのかどうか私は知らない・・・(´_`。)

4時間30分の船旅も終わりに近づこうとしている頃、船内アナウンスが流れた・・・

「当船は出航が15分遅れたため、高松港への到着も15分遅れ、12時45分に到着の予定です・・・」

ほぼ、そういった内容のアナウンスだった・・・

そ・それはマズイ・・・ヾ(@~▽~@)ノ

真子さんのイベントは13時から始まるんだぁ・・・定刻到着でもギリギリなのに・・・(;ω; )

「こんぴら2」急いでくれぇ〜〜〜(;ω; )

私の願いは通じず、相変わらず老巧艦の「こんぴら2」はノロノロと走行している・・・

やっと高松港に到着した! 時刻は12時52分(;ω; )

タクシーに乗り込もうと必死で駈けたぁ〜〜〜┌(;・_・)┘トコトコ ┌(;・_・)┘トコトコ

が・・・ しかし・・・ 高松港のフェリー乗り場には、タクシーは1台もいなかったぁ
>┼○ バタッ >┼○ バタッ

無線でタクシーを呼んでもらうよりも、無料バスで高松駅まで行き、そこからタクシーに乗った方が早いだろうと、フェリー会社の老人はアドバイスしてくれた・・・

高松駅行きの無料バスに乗り込んだ・・・
他のお客達も次々にバスに乗り込んで来る・・・
バスは満杯になったぁ! さぁ出発してくれぇ〜〜〜!
1分、1秒でも早く出発してくれぇ〜〜〜!

し・か・し・・・ バスの運転手が居ない・・・>┼○ バタッ >┼○ バタッ

数分して、いかにも呑気そうなバスの運転手がやって来た・・・ やっとバスは発車した

バスは高松駅に向かう途中、県立病院に立ち寄った・・・

なんで病院なんかに寄り道すんだよぉ〜〜〜ヾ(@~▽~@)ノ

しかし、そういうルートになっているそうなので、文句も言えない・・・

だが・・・ 県立病院のバス停の横に、客待ちしているタクシーがあったぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ

もちろんタクシーに乗り換えた!

運転手さん! イオンモール高松まで大至急ぅぅぅ お願いしますぅ〜〜〜ヽ(*`3´)ノ

「大至急」と言ったにも関わらず・・・ 年老いたタクシー運転手は、至極、安全運転だった(´_`。)

必ず黄色信号で停車した・・・>┼○ バタッ >┼○ バタッ

13時22分・・・ やっとイオンモール高松に到着した!

入り口を入ると「首領」の演奏と真子さんの歌声が聴こえた!

会場は大スター石野真子を一目観ようと、大勢の観客で立錐の余地もない!

猛ダッシュで最後尾の仲間達のもとに駆け込んだ・・・┌(;・_・)┘トコトコ ┌(;・_・)┘トコトコ


という訳で・・・ 大切な真子さんのイベントに大遅刻してしまい、イベントの前半が全くどういう構成だったのか??? 私には解んない・・・(;ω; )

なので、緻密なメモをとっていた角刈り君が、イベントが始まる冒頭部分より引き続き詳しくレポートしてくれる手筈になっている・・・    以上


管理人さんから代わって、話の続きを・・・
と言うか、場所は変わって、前日移動した私は、高松で地元ワッスムさん、常
連さん達と合流し、ちょっと高松の美味しい料理を満喫(!?)して・・・
途中、なぜか徳島ラーメンらしき食事もしたりで、連休前日のせいか、行く
ところ行くところ大繁盛で骨付き鳥には有り着けませんでした。
22時前には、布団に入り、翌日のメインイベントに臨むことに・・・
そんなに早く寝ても、数時間で目が覚め、久しぶりのイベントで興奮している
せいか、その後はなかな寝付けないものです。
テレビを点けても、朝方の3時頃では、テレビショッピングばかりで、面白い
放送もやっていません。
スマホのゲームなどで時間潰しをして何とか朝を迎える事が出来ましたが、
今度は眠くてたまりません。
一番前の席を確保したいと言う常連さん達の都合で開店前には行こうと言う
事で、8時半に宿泊先のホテルを出る事に。
ワッスムさんからは美味しいうどんを食べて行きましょうとお誘いいただいた
のですが、真子さんに会うのを優先して、それは諦め、まっしぐらにワスッス
ムさんのスポーツカーでイオンモール高松へ向かいました。
さすがはワッスムさんです。軽快な運転でアッという間に、会場に到着。
ですが、イベント会場近くの入り口へ行くと、すでに20人以上の列が出来てい
てビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
管理人さん達とは違い、ジャンボフェリーで早朝到着のシュウさん夫婦は、
一番前に並んでいました。
9時丁度。イオンモール高松開店の時間です!みんな、ダッシュで席取り
に・・・早い早い。
50席程度の椅子が有る会場でしたが、アッという間に最前列は埋まってしま
い、常連さん達は前のほうをしっかり確保されたようで取りあえず良かったと。
私はまだまだ時間が有るので後ろでゆっくり。いつもなら、2時間前くらいに
リハーサルが有るのでそれを待とうかとしていたところ、真子さんはどうやら
当日日帰りらしいとの情報が・・・
真子さんは、まだ高松には来ていないんじゃないかって、10時過ぎ到着の
飛行機なんじゃない!?って話が・・・
という事は、イオン到着は11時頃、すぐにはリハーサルは無いなぁーと。
早くても、11時半頃、きっと12時頃かと。
それまでは、ここを動けない。
9時からほんの3時間かぁー、まぁ、こんなのは軽く我慢出来るなぁー。
久しぶりの真子さんに会うためなら何時間でも待ち続けようと。
10時になり、イベントスタッフらしき方が数人、それに司会役のお姉さまらしき
方が到着。
しかし、真子さんの事務所のスタッフの方はいない・・・やはりまだか!?と。
11時になっても、まだ現れない・・・時間も11時半を回り、まさかリハーサルは
無いの!?なんて思いったりで、いつになれば真子さんが現れんるだぁーって、
気持ちばかりが逸ります。
そうしていたところに真子さんの事務所のスタッフの方が現れ、そろそろかと
思って気持ちが更に逸ります。
12時過ぎ、司会の方より「石野真子さんのリハーサルを行います」と(ヤッ
ター!!)。
白っぽい大きめのワンピース、白に何やら模様が入ったパンツ姿で真子さん
登場。
「幸せのレシピ」で軽く音合せの後、「My Friend 旅に出よう」で仕上げ。
ほんの5分と無い時間でしたが、元気な真子さんに会えて私達は大満足。
13時からミニライブやるのでみなさん見に来てねぇーと、出口とは反対側
に・・・
何やらイベントスタッフの方に挨拶をされてます。
お辞儀しながらステージ出口から下がっていきました。
ミニライブ開始まで、1時間を切っているので、食事にも行けず、ブラブラと
時間を待ちます。
そろそろ管理人さん達が乗っているジャンボフェリーが高松港に到着する
12時半頃、到着15分遅れとの連絡が・・・
えぇ?ダッシュで来て下さい!って連絡するも、今度はタクシーがいなぁー
い!と。
みんなで、
これは、管理人さん達は終わったね(+_+)
これは間に合わないね(*_*;と、ため息。
でもそんな事は言ってられません。
久しぶりの真子さんのインストアライブなので、思いっきり盛り上げないと
いけません。
私達親衛隊は、ステージ中央最後方に陣取り真子さんの登場を待ちます。
開始15分前には、会場には溢れかえんばかりの観客で一杯です。
13時丁度。どうやら真子さんは、会場控室に入られたようで、もうすぐ始ま
ります。
司会のお姉さんがステージに登場。
(そろそろかぁ?、早く真子さん出てきてぇ?と心で叫びます)

(インストアライブ第一部)

司会のお姉さんより、真子さんのプロフィールの紹介があり、
さぁー、それでは、石野真子さんでぇーす。

春ラ・ラ・ラ(1曲目)の音楽で軽快に真子さん登場。
渾身の統制一発。せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!

ありがとう。14年ぶりに高松に来ましたぁー。
高松に来たら、とり、とり、とり・・・(?)
骨付き鳥が食べたぁーい、ねぇー!

My Friend -旅に出よう-(2曲目)

次の曲も新しいアルバムの中から・・・喜びも悲しみも全部ごっちゃに
してしあわせのレシピにしってって歌です。

しあわせのレシピ(3曲目)

真子さんが歌っている最中に子供たち3人が前に来て、ニコニコしながら
こっちにガンミしています。
一緒に手拍子しようとお願いして、一緒に手拍子を。
これで、今日のちびっ子真子隊の誕生です。

うれしいー、手を振っていただけるとうれしくなっちゃうぅー。
次は、みんな、飛ぶ?
楽しいよー。みんなも飛んでね。

私の首領(4曲目)

渾身のコールをしながら・・・飛びながら・・・
最後に、渾身の統制一発。せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!
首領が終わると、遅くなりましたぁ?、と管理人さんと円音さんが遅れて
登場。

ステージでは
昔のアルバムの中に有って、たかしさんの名前を変えて、先着5人までよ。
しょういちろうさん、たつやさん・・・、・・・・・

ロムサムロードの赤電話(5曲目)

最後の曲という事で、精一杯の手拍子を。

ありがとうございましたぁー

せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!渾身の統一発。

最後のはずが、MCへ。
16日は三豊で病院の先生とパネルディスカッション、その後はお楽しみ。
それと、ツアーが有って、21日に大阪でライブやります。
20日は名古屋です。
今日は有難うございましたぁー。

せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!
渾身の統二発。

アンコール、アンコール、アンコール・・・・・・・・・

呼んでくれてありがとう!
この歌を歌いたいと思いまぁーす。

渾身の統制一発。せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!

狼なんか怖くない(6曲目)
親衛隊コール爆裂!!!

せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!
渾身の統二発。

ありがとうございましたぁー

司会の方から、かわいい、かわいいの連発が。

・・・恒例の握手会へと続きます。

握手会では、新しいアルバムがそろそろ欲しいですねぇーとお願いして
みましたが、いつ出るかは秘密のようでした・・・

握手会も終り、まだ時間が有るので、腹ごしらえに行き、第二部に備えます。

(インストアライブ第二部)

司会のお姉さんより、真子さんのプロフィールの紹介があり、
さぁー、それでは、早速歌ってもらいましょう、石野真子さんでぇーす。

日曜日はストレンジャー(1曲目)の音楽で軽快に真子さん登場。
渾身の統制一発。せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!

ありがとうございまぁーす、石野真子です。
二回目も来ましたぁー。みんな、どうやって時間潰してたのぉー。
次も10代の頃の歌を・・・

彼が初恋(2曲目)

西の方に来ると、姫路城だぁー、とか、空気が違う、風とか海とか違うん
ですよぉー。
瀬戸内海で食べていた魚とか見ると懐かしいって思います。
ライブとか音楽活動をして来て、新しいアルバムとか出して、そのアルバムの
中から。

しあわせのレシピ(3曲目)

アルバムの中から聞いていただきました。
さっきも楽しかったから、また首領やっちゃうぅ?

私の首領(4曲目)

今回も渾身のコールをしながら・・・飛びながら・・・
最後に、渾身の統制一発。せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!

最後になってしまいました。
そうそう、ライブのお知らせがあります。
チラシが有ったね。
5月21日大阪でやります。
来て来て!!楽しいから!
あとね、5月16日にトーク&ライブが有ります。
病院の先生と一緒にパネルディスカッションして、その後、楽しい歌も
有ります。
(高松から)近いので来て下さい。

金木犀の香る頃(5曲目)

最後の曲という事で、精一杯の手拍子を。

せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!
渾身の統二発。

ありがとうございましたぁー

アンコール、アンコール、アンコール・・・・・・・・・

呼んでくれてありがとう!

渾身の統制一発。せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!

会場から「ジュリー」と。
最後にジュリーがライバルを歌います。

ジュリーがライバル(6曲目)
親衛隊コール爆裂!!!

せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!
せぇーのぉー!まぁーこちゃーん!・・・・
渾身の統多発。

ありがとうございましたぁー

・・・2回目の握手会も終え、高松・瓦町での打上げへ・・・・

四国の人妻さんも仲間に入っていただき、総勢13名で大宴会を行い、
次回、三豊市のイベントで再開する事を約束して、今回の高松イオンモール
でのイベントは終了しました。

忘れてました。
第一部の衣装は、白のタイトスカートのワンピースに黒のヒール
(ちょっとだけ、胸元がセクシーでした・・・)
第二部の衣装は、黒のレースのワンピース、これもセクシーでした。

おわり
2015年3月8日 イオン姫路リバーシティ・インストアライブ



真子さんの、ブログを読む限り3月5日の禁酒法時代で、大阪に来てそのまま実家で8日のイベントまで、関西に滞在されていたようだ。

あべのハルカス 近鉄アート館は、観客席が一段3-40センチありどこの席からも舞台がよく見える、こじんまりとした、とってもすてきな会場だ。

その会場で初めて伝説の「給食のおばさん」こと、アキココさんに出会った。

どんな、人かと思ったら意外と素敵な女性じゃない、またイベントレポートを拝見させてもらったところ、文才もある。その次のイベントレポートに、私が当たるなんて、きっとこれは、管理人さんの「いぢめ」に違いない。禁酒法時代で席を替わってあげたのに、ひどい仕打ちだ。

岐阜羽島から10:05の新幹線に乗り、11:42に姫路着だ、そこからイオンモールへ12;00ぐらいに到着する。

管理人さんに電話するも、つながらない。いつもはそんな事は無いのにと、思いながら待つこと5分位で折り返しの連絡が入る。とにかく中に入れば解るから、つらそうな様子が電話でわかる。。

 どこの入り口かわからないけど、中に入っていくと、人だかりがあり、その中に親衛隊のメンバーがいた。リハが1-2時間前に有るだろうから、それを見たら飯を食いましょう。と言って待つことにする。けど、親衛隊の雰囲気が、いつもと違う、そうだ、いつもは、皆を引っ張って行ってくれる管理人さんが何も話さない。

メンバーに聞くと、どうも食あたりをしたようだ。しかし食あたりをしてまで大阪から姫路に来るだけ素晴らしい。

さて、リハがもうそろそろ始まるんじゃないのか?と思いながらもなかなか始まらない。そんなに遅れたら昼ごはんが食べられへんじゃないか。1時間ぐらい前になったところで、真子さんのいつものスタッフが、行ったり来たりしだした。

ひょっとして真子さん行方不明????

ここで、勝手な妄想が始まる。

いつかのインストアーライブでも、うどん屋さんに行ったら、真子さんが、普通に食事してたよ、とか、さっき2階のあの辺でウインドショッピングしてたよとか。

ひょっとして真子さんは、控え室なんかで待ってるのが嫌で、ついつい行方不明になっているんじゃないのか。

うちの妻もそうだが、女性は携帯電話をバックに入れて持ち歩く人が多い、きっとウインドショッピングなんかして、「あら、これいいじゃない、これ下さい」なんて言いながら
財布を取り出した時に、携帯が鳴って、急いで戻ってきたのだ。

そんな妄想を巡らせ、待つこと1時間チョイ、やっと公開リハが始まる。リハでは、カラオケ?っでいいのか、それの音量が出ない、真子さんのマイクの音も出ない、今度は出すぎてうるさい、何てことを修正して、「しあわせのレシピ」の、さわりをちょっと。

あと14時の本番まで30分位しかない、あと握手会のチケットを貰うためにCDを買いにいかなければ。

昼飯は2時のライブが終わった後だ、CD販売の列に並ぶ。かなりの人数が並んでいるが、販売しているのは、1名だ、これじゃ列も伸びるわなと思いながら最後尾に並ぶ、何とか14時までにチッケとをゲットし、舞台に向かって左斜め最後方に陣地をとった。

14時を少し回ったころ舞台左手から、いよいよ真子さんの登場です。いつものごとく角刈りのTさんが統制一発、。最初の曲「しあわせのレシピ」を歌います。

ここで親衛隊の位置関係を解説、舞台に向かい左最後列、真子さんの歌われる舞台の高さはは、ほんの数十センチ。最後列からでは、真子さんがどこにいるのかも解らない位です。

そして、真子さんをミニライブに見ている人は、500人は優に超えています。買い物のお客さんがライブ会場を行き来もできない状態です。

ガードマンが一番後ろを、二メートルぐらい通路として一生懸命確保しています。ガードマンの、絶叫にも近い声で最後列を舞台側に移動させます。

さすが真子さん、これだけの参加者の多いインストアライブは、初めてじゃないのか?

MCも無く2曲目に入ります、「KISS KISS KISS」を歌われています、歌の最中、「あれ、この歌、こんな歌詞だっけ」て思ったとき、スルスルと舞台左手で歌います。様子がおかしかったので、なぜそこで歌うの?と思って、思い切り背伸びをして舞台の上を確認すると、
真子さんの歌う場所に、譜面台が存在感を消してたたずんでいます。

あらー真子さん、歌詞が飛んだのね。何とか歌い終え、MCが始まります。しかーし500人以上のお客さんと、最後尾、そして、その会場が吹抜けになっていまして、MCがよく聞こえません。何とか聞こえるとこだけですが、レポートします。

実家からJRの新快速で一人で姫路駅まで来たそうです。真子さんの実家も兵庫にあるので、新快速で来る途中、止まる駅で懐かしさを感じられたようです。その写真がブログにアップされていますが、先頭車両、運転手さんの真後ろからのアングル、真子さんって鉄道ファンかな。

続いて3曲目は、My Friend!?旅に出よう?です。

うんーとここで短めのMCが、有ったはずなんですが、メモには何も書いてない。
最近健忘症気味で、iphoneで、何かをしようと、持った瞬間何をしようか忘れていたり、老眼鏡を頭の上にさしておいて、あれ、メガネがないぞと探しまっくたり、50歳を過ぎると、本当に大変ですな。

なんて、ごまかしておいて、4曲目に入ります。
リハを待っている時、今日はどんな曲が聞けるかなと予想して、出てきたのが
今日は日曜日だから「日曜日はストレンジャー」でしょ、
あとはもう春だから「春ラ!ラ!ラ!」かな?なんて予想していた時の一つ
「春ラ!ラ!ラ!」です。
待ってましたと統制一発、親衛隊のコールが真子さんをの歌とシンクロします。

楽しい時間はあっという間ねと、次で最後の曲ですと真子さんがおっしゃります。
会場のあちこちで、「えー」と声が上がります。
その後、真子さんが会場の人たちに名前をたずねます。
このパターンは「ロンサム・ロードの赤電話」です。会場のあちこちから名前が上がります。真子さんは、上がった名前と人を確認して、歌に入ります。

歌の最中、その人の顔を見ながら、それぞれの名前を呼びます。自分がそんなことをされたら、きっとひっくり返るだろうな、そんな想像をしながら最後の曲が終わります。

控え室みたいな、簡単なテントの中に消えた真子さんをもう一度呼び出さなければいけません。親衛隊を先頭に会場のあちこちから、「アンコール・アンコール」の声が上がります。

ほどなく真子さんが控えテントから舞台上へ、アンコール曲は定番のデビュー曲「狼なんか怖くない」です。親衛隊の皆もめいっぱいの声でコールを送ります。歌が終わると統制3発、そして、真子さんは、いったん控えテントへ、今度はサイン会の準備です。

舞台にテーブルとイスがセットされます。サイン会に並ぶ人は、300人。そこへ真子さんが登場しサイン会の始まりです。親衛隊の皆は最後に並びます。CDの販売は、その間も続いています。サイン会が終わったら第2部の分も買っておこうかな?て言ったら、親衛隊のメンバーが、え、さっき買ってないの?そーだ本当に私は馬鹿もんです。ま、サイン会が終わったら第2部の分も買っておこう。

結局、最後尾に並んだはずの私たちは、きっと今CDを買った人たちだろう20名ぐらいが行列に並んだ。私の番になり、サインをもらう時に、「夏のライブツアーは無いですか?」の問いかけに、「うーんなかなか時間が取れなくてごめんなさいね。」と言われ、妙に納得して握手をして頂いて、真子さんの前から離れていった。その間CDの販売所でCDを買って第2回のサイン会の参加権を貰った。

その時ふと、小学生のころの、仮面ライダースナックを思い出した。あの時は仮面ライダーのカード欲しさに、食べれないくせに、お小遣いのすべてを使って仮面ライダースナックを買っていた。
ということは、真子さんが仮面ライダーで、CDが仮面ライダースナックか?(真子さんすいません)私がCDを買ったときにサイン会の最後の一人が終わり、真子さんが、終わったーっという表情で、サインペンを片手に思いきり背伸びをした、真子さんの表情がとっても素敵でした。

あれ、会場に管理人さんがいない。さすがに食あたりが、しんどくて今回ははやびきしたようだ。それじゃ第2部は管理人さんの分まで頑張るぞ。そのためには、まずは、腹ごしらえだ、イオンモール2階フードコートのサイゼリアに入る。3時も有に回った辺りで、お腹がペコペコだ。一番ボリュームが有りそうな、ステーキを食べる。他のメンバーもそれぞれ自分の好みのものを食べて、やっと一息付いたみたいだ。

第2部が始まる30分ぐらい前に会場へ降りていく。開始の数分前に親衛隊のメンバーはフル装備になる。さあ、第2部はどんなセットリストになるのだろう。1部と同じなのか、少し変化するのか、そんなたわいもない話で真子さんの登場を待っていたところ、進行役の方から、石野真子さんの登場です!と声がかかる。
待ってましたと、統制一発。

1曲目は1部と同じ「しあわせのレシピ」だ。1部同様MCなしで2曲目に入る。
2曲目は、曲を変えてきた「Life is beautiful」だ。ここで、短めのMCが有ったのだが、メモには、MCのあとに、ミミズが貼った様な文字が一行だけ書いてある。うーん・えーっと、そのー、ということで3曲目に入る。(ごめんなさい)第1部は3曲目も音楽活動再開後の歌だったけれども、第2部はアイドル時代の曲を入れてきた。

「日曜日はストレンジャー」だ。さすが真子さんの追っかけ予想した2曲ともセットリストに入れてきた。親衛隊のコールの出番です。続いて「プリティー・プリティー」です、この曲も親衛隊の、コールが入ります。

そして、5曲目は第1部と同じ「ロンサムロードの赤電話」です。真子さんがこれが最後の歌ですと告げると、会場から「えーー」と、もっと歌ってほしそうな声が上がります。

ロンサムロードの赤電話はコールを入れる曲ではないので、ある意味、ほっとします。コールが入る歌が3曲連続で入ると、次の日はのど枯れ確実です。真子さんは1部の様に、会場から、名前と顔を確認して歌に入ります。

歌が終わると、統制3発。真子さんはありがとうと言いながら、控えテントに入っていきます。

ここから、真子さんをもう一度舞台に戻さなくてはなりません。親衛隊がアンコールのかけ声をすると、会場のあちらこちらから、アンコールの声がかかります。

ほどなく真子さんは呼んでくれてありがとうとおしゃると、「狼なんて怖くない」を歌います。これが本当に最後の曲だと親衛隊の皆は、理解しているから、最後の力を振り絞り真子さんにコールを、送ります。歌い終わられた真子さんが控えテントに向かっている時に、統制3発。

さあ、この次はサイン会だ、皆で特攻服を脱ぎ、列が最後になるまで、片付けをします。さー大事な、サイン会券を、だしてっと・・・・ない、カバンの中を探し回るがない。無いものはない。探すこと5分。あきらめた、もう一枚CDを買ってこよう。後でこんなとこに有ったて、出てくるんでしょうね、と思いながら、もう1枚買ってきた。さてと、列も最後になってきたし、皆でならびましょう。そして、無事サイン会も終わり、皆はちょっと疲れたけど、いい意味での疲労感で、親衛隊の皆の顔がすがすがしく見えました。

親衛隊のメンバーは、全員日帰りです。サイン会が終わった時刻は、6時くらいです。メンバーは、時間的な余裕をもって電車の時間をとっていますが、私は7時ちょうどの列車を、予約していました。これを逃すと次の列車では、岐阜羽島に、1時間後の到着になります。私事ですが、高校2年生の長男が、次の日から三泊四日で沖縄まで修学旅行に行くことになっています。お小遣い等も私からじかに手渡してあげたかったため、急いで会場を後にします。建物を出た後にタクシー乗り場がありますが、タクシーが来る気配が全くありません。仕方がないので、最寄の駅まで歩くことにしました。すると、駅の手前にタクシーの列があり、先頭のタクシーに飛び乗ります。何とか列車には間に合いそうです。姫路駅に到着しお金を払おうとして、財布を開けたとき、お札の前に白い紙がある、サイン券が・・・

乱文・乱筆すいませんでした。
以上、イオンモール姫路ミニライブレポートでした。
2015年3月5日 Drunken Songbook・禁酒法時代



皆さん、ご無沙汰しております。
昨年の8月に4年ぷりに活動を再起させていただきました。

再起早々のこの任務、、、与えられたときから、気の落ち着かない日々を過ごしていた私に追い討ちをかけるような悲劇が訪れた。突然、右肩の激痛に襲われ、右腕が挙がらなくなったのだ。病院に駆け込むと、下された診断は「五十肩」だった(T▽T) 2週間前の事である。

三角巾で腕を吊られ、痛み止めも全く効かず、夜も眠れず、日常生活にも困難をしいられた私に、このイベントの参加は絶望的だった。
しかし「五十肩で行けなくなった」などと言うと、心配されるどころか、「給食のオバサンから給食のおばあちゃんに改名だーーー」などと鬼の管理人に言われ兼ねない。だから、意地でも参加しようと心に決めて1週間が過ぎた頃、劇的に痛みは引き、ほとんどの動作は無理なくできるまでに回復した(^o^)

それにしても、この掲示板に久しぶりに書き込むというだけでも、正直、気の重かった私に、「給食のオバサンが3日以内に仕上げてくださいます」などと更なるプレッシャーをかけてくる管理人は、やはり鬼である。
ついでに、この場を借りてお伝えするが、私は、給食を作る仕事に就いているわけではない。
当たらぬ野生の勘と妄想癖をお持ちの管理人さんが、何年か前にその限りない妄想をふくらませて書いた小説?に何故か私が、給食のオバサン役で登場させられていた。ただ、それだけである。なのに、私は、今まで何人の人に言われてきただろう。「どちらで給食を作っておられるんですか?」「給食のお仕事、大変ですね」「頑張って美味しい給食作ってくださいね」、、、その度、説明するのに蓄積された疲労から五十肩になったのかも知れない。

3月に入ったというのに、かなり寒い。
3月5日の12時過ぎ、阿倍野ハルカスの12階にあるレストランで、今夜のライブがどんなものなのかワクワク想像しながら、円音と私はランチを楽しんでいた。
ほどなく智恵ママも合流し、3人揃って春ラ!ラ!ラ!組が揃った。しばらく女子会で盛り上がった後、コール練習の場所へ移動。

管理人さん、角刈りさん、ミモザさん、広島の植野さん、奈良のシュウさん、ひさぴょん、金田さん、常連さんのてっちゃんが集まり、今日は真子さんが何を歌われるのか全くわからないまま、ひととおりのコール練習をした後、阿倍野ハルカス内にある会場、アート館へ向かった。

会場前に建てられた親衛隊のスタンド花をバックに皆で記念写真を撮った後、会場入り。

会場に足を踏み入れると、正面と左右にある客席から囲んだステージに、水の入ったペットボトル5本が置いてあるテーブルに椅子5脚。
一見、トークショーかと思うようなセットだが、後ろにはバンドの楽器のセットもある。なんとも奇妙だが、始まる前から何かアットホーム的な温かみを感じる。不思議な空間だ。
何か起きるのかちんぷんかんぷんのまま幕が開け、大王こと後藤ひろひとさんがゆっくりリズムを取りながら登場された。

今回のライブの企画、構成、出演者である後藤さんは、三方にある300ほどの客席を見回しながら、共にステップを踏むように促し、ウクレレを奏でながら歌い始める。
その後、トンガリ帽子のミクロムス、グラマーなガブリエルみきさんが登場し、皆で楽しく、まずは「ひよこまめのうた」

小さい所でやり始めたこのライブが、こんなに大きな場所でできるようになりました。しかし、やることは一緒です!と
後藤さんが挨拶がてら笑わせたところで、「関西で、ギダタローさんの次に曲を多く作っている方」である石田雄一さんの登場。なんと、あのイボコロリのうたや業務用スーパーのCMソングも石田さん作であり、最近ではあるサプリメントのCMソングを作り、近々それは全国ネットで流れるらしい。

次は、サバイバーの「アイ・オブ・ザ・タイガー」
これまでの出演者の演奏で後藤さんが、カジュアルポップな曲調で、実に軽く歌い上げる。重みのある激しいこの曲がこんなバージョンで聴けるなんてオドロキ!新鮮ーーー!

ここで、ドラマーの藤井さんに続き、
ぼんちおさむさんの登場!おさむさんが登場されるなり会場は爆笑に包まれる。
そのぼんちさんが英語でバラードを歌い出した。
ぼんちさん、こんなに歌がお上手だったんですね。

歌い終えたぼんちさんが、5脚のうちの1脚の椅子に腰掛けると、新世界在住の歌手、大西ユカリさんがそろばんギターを抱えて颯爽と登場。しっとりバラードからガラリとまた会場の雰囲気が変わる。
「名字が4文字、名前が3文字の人はいませんかぁーーー」
との呼びかけに客席の女性1人が反応。
「♪あなたのお名前なんてーの?♪」
「さかもと○○子ともうしますー♪」
とやりとりするテンポいい爆笑ソングの
「新・ミッチー音頭」に会場も大いに盛り上がり、2脚目の椅子に大西さんが着席。

後藤さん、おさむさん、大西さんの3人でしばしのトーク。今日3月5日は、後藤さんが尊敬するアメリカの俳優でありコメディアンのジョンペルーシの命日であり、不思議な縁を感じるとそんな話の後、後藤さんと大西さんのデュエットで、愛と青春の旅立ちのテーマソング
「Up Where We Belong 」
お二人の素晴らしい歌声にしばし酔いしれた。

そしてこの後は、、
お待たせしました!!
いよいよ、我らが真子さんの登場です!!

「さあ、いよいよお呼びしましょうか」そう言いながら後藤さんはジャケットの胸ポケットに手を入れる。
「あっ!こんなものが!」とポケットから出した手には、緑のハチマキが!!!(^○^)(^○^)(^○^)
「お呼び致しましょう!石野真子さんです!!」
インストアライブでもお召しになられていた赤のワンピース姿の真子さんが、アイドルオーラ全開で、ご登場!

「せーのーーー!!!」

万を期した角刈りさんの統制が跳ぶ。

「真っ子ちゃぁーーーん!!!」

待ち焦がれた真子さんの登場に会場が揺れんばかりの親衛隊一同の声援が響く。

まず歌われたのは、定番中の定番の「狼」だ。
歌手石野真子を誕生させた「狼なんか怖くない」に会場のボルテージもまたまた上がる!
コール炸裂で歌い終えた次の曲は、意表をつかれた「失恋」
落とされた照明の中、新人賞を総なめにした「失恋記念日」を歌われる真子さんに会場はうっとり静かに聴き入った。

「アイドル時代と全然変わらんなぁーー!」
「可愛いなぁーーー!!」
「細いなぁーーー!」
出演者たちからも、賞賛の声が舞う中、次に歌われたのは、橋幸夫さんの
「いつでも夢を」
ぼんちさんとのデュエットだった。
「可愛すぎて、目、合わせられへん!」
ぼんちさんは、しきりに照れていた。

デュエット後、3脚目の椅子に腰掛けた真子さん。
昔、バラエティーでよくぼんちさんと共演されたなどとのトークが弾むなか、親衛隊の一員が8日の姫路でのインストアライブの宣伝をかって出る。
会場に真子さんのアイドルオーラが蔓延した。

5脚の椅子のうちの4脚目にぼんちさんが腰掛けたところで、最後の5脚目に座る方が紹介される。

「演歌介の唯一の黒人歌手です!」(笑)

ポロローン♪、、誰もが知るあのイントロと共に真っ黒な物体が登場!松崎しげるさんではないか!!黒すぎて、お顔を確認するのに時間がかかってしまった(´▽`;)ゞ
名曲「愛のメモリー」を圧巻の声量で聴かせてくださった。
生で聴けるなんて贅沢ーー♪♪

これで、5脚の椅子が全て埋まった。
着席した松崎さんは、大場久美子ファンだと公言している後藤さんに言う。

「大場久美子より絶対、石野真子だよ!」

そうですよね!松崎さん、お目が高い、(^o^)

5人揃ったところで飛び出したお次の曲は
「愛のボラーレ」(余談だが、私はこのタイトルを愛のコリーダと聞き間違えていた。歌が始まり、違うと気が付いたが、、汗)
この曲は5人とも立ち上がって踊り、大盛り上がり!
真子さんのツイスト、可愛かったなぁ(*^^*)

踊りまくった後、再び着席。

「松崎って、不調のときないのか?リハーサルのときからずっと同じテンションだよなぁ」

「おさむほどじゃないよ!」

と言い合い出した2人に

「そんな話は楽屋で!」

と後藤さんがピシッと止める。(笑)

後藤ひろひと、ぼんちおさむ、大西ユカリ、松崎しげる、石野真子、、

「いったいこの並びはなんなんだ!?」

確かに見かけない奇妙な光景である。実に面白い!

続いての曲は、おさむさんのあの大ヒット曲「恋のぼんちシート」だ。

♪A地点からーB地点までー♪ 、、、懐かしいー(^^)
この曲が聴けるとは思わなかったなぁ、楽しいっ!
営業部の鈴木さんという方以外、吉本の社員は誰1人として売れると思わなかったこの曲は80万枚を売り上げたそう\(◎o◎)/
そんな話の最中、舞台袖から太鼓が運び込まれてきた。
河内家菊水丸さんの登場だ。

「この曲は客席で聴きたいなぁ」という後藤さんの提案に出演者たちも賛同。5人各々が空いている座席へと自由に散らばる。
この時、真子さんが座られたのは、、、
なんと偶然に空いていた私の真後ろの席だった!!
私の隣に続いて座っている円音と智恵ママは大喜びではしゃいでいる。もちろん、私も大喜びには違いないが、それよりも断然、緊張の方が勝っている! それまでもたれていたのに背筋が伸び、そのまま硬直してしまった。
円音と智恵ママは時々、視線を斜め後ろに泳がせて、真子さんをチラ見し、その様子を伝えてくれたりする。羨ましい!
私が真後ろの真子さんを見るには、頭の後ろにも目が付いていない限り不可能だ。振り返る事などできる訳がない。チラ見すらできないのだ。ただただ硬直するのみだ。ある意味、拷問だーー(T▽T)

そんな状態で菊水丸さんの「河内音頭」が始まったが、、
もう私には何も聞こえず見えず、時間がその間は完全に止まってしまった。
菊水丸さん、ごめんなさい。・゜゜(ノД`)

そして、この後は、、

そう、あの奇蹟の出来事である!

こんな事があっていいのだろうか!

夢ではなかろうか!!

私のメモはこの瞬間(正確には真子さんが後ろに座られた瞬間)から完全にとだえている(--;)

しかし、ここからが、何より!一番!お伝えしなきゃいけない箇所なのだ!

河内家音頭が終わり、5人が再び、ステージに戻る。
私の横を真子さんが通りすぎ、続いて大西ユカリさんが通られたのだが、この時、大西さんはまた気遣って、
「行ってほしくないやろうけど、、ごめんな」
と声をかけてくださった。本当にやさしい人である。ありがとうございます、大西さん(*^_^*)

ステージに5人が戻ったところで、後藤さんが、

「どうでしょう、真子さんにもう1曲ぐらい歌ってもらいましょうか」\(^o^)/

親衛隊は皆、激しく賛同する!

「真子さんの曲で、なんか夏の歌ってある?」

後藤さんの問いかけに隣の女子たちが

「ワンダーブギ!!」

と即答する。

すると「踊れるか?」

もちろん、深くうなずく。

この時はまだ、何が起きるかわかっていない。その場のスタンディングで踊るのだと当然思っていた。

しかし、後藤さんは、手招きされたのだ!

!?  !?  !?

私はまだよく把握できずに、ボーツどしている。
そんな私に円音が、「行こう!」と先導し出した。
円音はふだんは、ホワホワと危なかしく見えるのだが、いざというときは、実行力が半端なく頼もしい。智恵ママと共に後に続く。

気付いた時には、私たち親衛隊女子3名と、愛情がこもった手作りの真子ウチワで応援していた一般の女性1名との4人が、なんと真子さんと共にステージに立っていた!

「ワンダーブギ」のイントロが流れ出した。

歴史的瞬間の幕開けだ!

真子さん、その場にいた出演者全員と私たちが皆でワンダーを踊ったのである!
あの名ゼリフ「やめなさぁーーーい!」
も飛び出した!うわぁーー!!スゴすぎる!!

親衛隊男子たちのコールも絶叫のようにになっている。
客席も笑顔だ!

後からわかった事だが、この為に、大西さんはワンダーダンスを練習していたらしい。夏の真子ソング=ワンダーと答えが出るのは、計算済みだったのだ。さすが後藤さんだ。
「恋のサマーダンス」などと答えなくて良かった(^-^;

練習していたというだけあって、大西さんのワンダーダンスはバッチリで、円音に智恵ママ、一般の女性も完璧だ。
私と言えば、特攻服姿で阿波おどりみたいにヘナヘナとしていたのではなかろうか。完全にパニクっていた。また怒られるσ( ̄∇ ̄;)

てんやわんやの中、ワンダーを歌い上げた真子さんに「ありがとうー」と言っていただき、雲の上を歩くような足取りで席に戻った。

「良かったねー♪」
「夢みたいー♪」

隣の女子2人の声さえも私には夢の中の声のように聞こえていた。正気に戻るまで、かなりの時間が費やされた気がする。

続いて「route66」(申し訳ありません、私はこの時、興奮状態の為、歌われた方を思い出せません)

ラストは出演者全員で歌う江利チエミさんの「テネシーワルツ」真子さんもムーディーな雰囲気を漂わせて歌われ、大盛況のフィナーレを迎え、出演者たちは舞台袖へと消えていった。

鳴りやまない拍手。アンコールに答えるため、出演者たちが再び登場。
「Twinstin The Night Away」

アンコールの曲も無事終了。
出演者たちは大きな拍手を浴びながら、袖へと消えた。

まだ鳴りやまない拍手。

最後は後藤さんが1人で登場された。

「もうこれ以上は誰も出てきませんよ」
と言いながら、手にしていたのは、ナントお酒ではないか。

「すみません、1人出来上がっております」

いいよ、いいよ、本当にお疲れ様でした!

伝え遅れていたが、この舞台は、後藤さんと、その仲間たちが舞台上で酒を酌み交わしながら、自由気ままに歌い、話すという、音楽ライブでもトークライブでもなく、いや、どちらでもある、何が起きるかはそのときまかせのハチャメチャライブというものなのだが、今回の劇場ではアルコールは禁止だったらしい。だから、「禁酒法時代」だったようだ。

アイドルポップスにスクリーンミュージック、歌謡曲、はたまた河内音頭まで様々なジャンルの曲たちのいっしょくたに聴けるなんて、なんて贅沢なんだろうか、おなかいっぱいだ。
後藤さん、最高な舞台を本当にありがとうございました!

今回の曲のリストを改めてここに記しておく。

I Don't Live Monday

ミクロムスのテーマ

ひよこ豆のうた

The Eye Of The Tiger

Eight Days A Week

新ミッチー音頭

Up Where We Belong

狼なんか怖くない

失恋記念日

いつでも夢を

愛のメモリー

恋のぼんちシート

河内音頭

ワンダーブギ

Route66

The Tennessee Waltz


(アンコール)

Twinstin The Night Away

One More Night


激しい余韻にひたりながら、近くの居酒屋へと移動し、仕事終わりに、東京から直接会場へと駆けつけた河合さんも合流して恒例の打ち上げをして、この奇蹟の日は終わりを告げました。この日のビールは格別中の格別でした((o(^∇^)o))

下手なレポートを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。

それにしても、肩と首のコリが激しい。
もしかして、五十肩の悪化だろうか、、σ( ̄∇ ̄;)